モジュール java.base

パッケージ java.net

ネットワーク・アプリケーションを実装するためのクラスを提供します。

java.netパッケージは、大きく次の2つの部分に分けられます。

  • 低レベルのAPI: 次の抽象概念を扱います。

    • アドレス: IPアドレスのような、ネットワーク上の識別子です。

    • ソケット: 基本的な双方向データ通信メカニズムです。

    • インタフェース: ネットワーク・インタフェースを記述します。

  • 高レベルのAPI: 次の抽象概念を扱います。

    • URI: Universal Resource Identifierを表します。

    • URL: Universal Resource Locatorを表します。

    • 接続: URLによって参照されるリソースへの接続を表します。

アドレス

アドレスは、ホスト識別子、ソケット端点識別子のいずれかとして、java.net APIの全体で使用されます。

InetAddressクラスは、IP (Internet Protocol)アドレスを表す抽象オブジェクトです。 これには次の2つのサブクラスがあります。

ただし、ほとんどの場合、サブクラスを直接扱う必要はありません。InetAddress抽象オブジェクトが必要な機能の大部分をカバーするはずだからです。

IPv6について

すべてのシステムがIPv6プロトコルをサポートしているわけではありません。また、Javaネットワーク・スタックはIPv6が使用可能な場合はそれを透過的に検出して使用しようとしますが、システム・プロパティを使ってその使用を無効にすることもできます。 IPv6が使用可能でないか明示的に無効化されている場合、Inet6Addressが、大部分のネットワーク操作で有効な引数ではなくなります。 InetAddress.getByName(java.lang.String)のようなメソッドがホスト名を検索する際にInet6Addressを返すことは決してありませんが、リテラルを渡すことでそのようなオブジェクトを生成することは可能です。 その場合、大部分のメソッドは、Inet6Addressを指定して呼び出されると、例外をスローします。

ソケット

ソケットは、ネットワーク上のマシン間で通信リンクを確立するための手段です。 java.netパッケージは次の4種類のソケットを提供します。

TCPソケットによる送受信は、InputStreamとOutputStreamを使って行われます。これらを取得するには、Socket.getInputStream()メソッドとSocket.getOutputStream()メソッドを使用します。

インタフェース

NetworkInterfaceクラスは、ローカル・マシンのすべてのネットワーク・インタフェース(Ethernet接続やPPP端点など)の参照やクエリーを行うためのAPIを提供します。 ローカル・インタフェースのいずれかがIPv6をサポートするように構成されているかどうかをチェックできるのは、このクラスを通じてです。

適合する実装はすべて、NetworkInterfaceオブジェクトを少なくとも1つサポートする必要があります。そのオブジェクトは、ネットワークに接続されているか、同じマシン上のエンティティとだけ通信できる「ループバック」インタフェースであることが必要です。

高レベルのAPI

java.netパッケージ内の多くのクラスは、非常に高レベルの抽象化オブジェクトを提供しており、ネットワーク上のリソースへの容易なアクセスを可能にします。 それらのクラスを次に示します。

  • URI: RFC 2396で規定されているUniversal Resource Identifierを表すクラスです。 名前からわかるように、これは単なる識別子であり、リソースへのアクセス手段を直接的には提供しません。
  • URL: Universal Resource Locatorを表すクラスであり、URIの従来の概念とリソースへのアクセス手段の両方を兼ね備えています。
  • URLConnectionはURLから作成されます。これは、URLが指し示すリソースへのアクセスに使用される通信リンクです。 この抽象クラスは、その処理のほとんどを、HTTPやHTTPSといった基本となるプロトコル・ハンドラに委譲します。
  • HttpURLConnection: URLConnectionのサブクラスであり、HTTPプロトコルに固有の追加機能をいくつか提供します。 このAPIは、新しい「HTTPクライアントAPI」によって置き換えられました。

推奨の使用方法は、URIを使ってリソースを識別したあと、そのリソースにアクセスする段階でそれをURLに変換するというものです。 そのURLから、きめ細かな制御が可能なURLConnectionを取得することも、InputStreamを直接取得することもできます。

次はその例です。

 URI uri = new URI("http://java.sun.com/");
 URL url = uri.toURL();
 InputStream in = url.openStream();
 

プロトコル・ハンドラ

前述のとおり、URLとURLConnectionはプロトコル・ハンドラに依存しており、それらが存在していなければいけません。そうでない場合は、例外がスローされます。 これがURIとの主な違いです。URIはリソースを識別するだけなので、プロトコル・ハンドラにアクセスする必要はありません。 したがって、URIの作成時には、myproto://myhost.mydomain/resource/のようにどのような種類のプロトコル・スキームでも含めることができるのに対し、同様のURLは、指定されたプロトコルのハンドラをインスタンス化しようとします。そして、そのようなハンドラが存在しない場合は例外がスローされます。

プロトコル・ハンドラはデフォルトで、デフォルトの場所から動的にロードされます。 ただし、追加のプロトコル・ハンドラをservicesとしてデプロイすることは可能です。 URLStreamHandlerProviderのサービス・プロバイダは、「URLコンストラクタ」で指定されているように、実行時に配置されます。

追加仕様

導入されたバージョン:
1.0