モジュール java.base
パッケージ java.net

クラスURISyntaxException

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public class URISyntaxException
    extends Exception
    文字列をURI参照として解析できなかったことを示すためにスローされたチェック例外です。
    導入されたバージョン:
    1.4
    関連項目:
    URI, 直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • URISyntaxException

        public URISyntaxException​(String input,
                                  String reason,
                                  int index)
        指定された入力文字列、理由、およびエラー・インデックスからインスタンスを構築します。
        パラメータ:
        input - 入力文字列
        reason - 入力を解析できなかった理由を説明する文字列
        index−解析エラーが発生したインデックス。インデックスが不明の場合は-1
        例外:
        NullPointerException - 入力または理由文字列がnullの場合
        IllegalArgumentException−エラー・インデックスが-1より小さい場合
      • URISyntaxException

        public URISyntaxException​(String input,
                                  String reason)
        指定された入力文字列と理由からインスタンスを構築します。 結果として得られるオブジェクトのエラー・インデックスは、-1になります。
        パラメータ:
        input - 入力文字列
        reason - 入力を解析できなかった理由を説明する文字列
        例外:
        NullPointerException - 入力または理由文字列がnullの場合
    • メソッドの詳細

      • getInput

        public String getInput()
        入力文字列を返します。
        戻り値:
        入力文字列
      • getReason

        public String getReason()
        入力文字列を解析できなかった理由を説明する文字列を返します。
        戻り値:
        理由文字列
      • getIndex

        public int getIndex()
        解析エラーが発生した入力文字列内の位置を示すインデックスを返します。位置が不明な場合は-1を返します。
        戻り値:
        エラー・インデックス
      • getMessage

        public String getMessage()
        解析エラーを記述する文字列を返します。 結果として得られる文字列では、理由文字列のあとにコロン文字(「:」)、空白、入力文字列が順次続きます。 エラー・インデックスが定義されている場合は、文字列「 at index 」とその10進インデックスが、理由文字列とコロン文字の間に挿入されます。
        Overrides:
        getMessage、クラス: Throwable
        戻り値:
        解析エラーを記述する文字列