モジュール java.base
パッケージ java.security

クラスPrivilegedActionException

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public class PrivilegedActionException
    extends Exception
    この例外は、実行中のアクションからチェック例外がスローされたことを示すために、doPrivileged(PrivilegedExceptionAction)およびdoPrivileged(PrivilegedExceptionAction, AccessControlContext context)によってスローされます。 アクションによってスローされる例外は、getExceptionメソッドを呼び出すことによって取得できます。 基本的にはPrivilegedActionExceptionは特権付きアクションによってスローされる例外のラッパーです。

    1.4リリースでは、この例外は汎用的な例外チェーン・メカニズムに適合するように改良されています。 構築時に提供され、getException()メソッドを介してアクセスされる特権計算によってスローされた例外は、現在ではcauseとして知られています。また、これは前述した従来のメソッドと同様にThrowable.getCause()メソッドを介してアクセスできます。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    PrivilegedExceptionAction, AccessController.doPrivileged(PrivilegedExceptionAction), AccessController.doPrivileged(PrivilegedExceptionAction,AccessControlContext), 直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • PrivilegedActionException

        public PrivilegedActionException​(Exception exception)
        特定のExceptionをラップする新しいPrivilegedActionExceptionを構築します。
        パラメータ:
        exception - スローされた例外