モジュール java.base
パッケージ java.security

クラスTimestamp

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public final class Timestamp
    extends Object
    implements Serializable
    このクラスは、署名付きタイムスタンプに関する情報をカプセル化します。 このクラスは不変です。 タイムスタンプの日付と時間に加え、タイムスタンプの生成/署名を行ったタイムスタンプ発行局(TSA)に関する情報を含みます。
    導入されたバージョン:
    1.5
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • Timestamp

        public Timestamp​(Date timestamp,
                         CertPath signerCertPath)
        Timestampを構築します。
        パラメータ:
        timestamp - タイムスタンプの日付と時刻。 nullは指定不可。
        signerCertPath - TSAの証明書パス。 nullは指定不可。
        例外:
        NullPointerException - タイムスタンプまたはsignerCertPathがnullの場合。
    • メソッドの詳細

      • getTimestamp

        public Date getTimestamp()
        タイムスタンプが生成された日付と時刻を返します。
        戻り値:
        タイムスタンプの日付と時刻。
      • getSignerCertPath

        public CertPath getSignerCertPath()
        タイムスタンプ発行局の証明書パスを返します。
        戻り値:
        TSAの証明書パス。
      • hashCode

        public int hashCode()
        このタイムスタンプのハッシュ・コード値を返します。 ハッシュ・コードの生成時には、タイムスタンプの日付と時刻、およびTSAの証明書パスが使用されます。
        Overrides:
        hashCode 、クラス:  Object
        戻り値:
        このタイムスタンプのハッシュ・コード値。
        関連項目:
        Object.equals(java.lang.Object), System.identityHashCode(java.lang.Object)
      • equals

        public boolean equals​(Object obj)
        指定されたオブジェクトとこのタイムスタンプが等しいかどうかを判定します。 2つのタイムスタンプが等しいと見なされるのは、タイムスタンプの日付と時刻、および署名者の証明書パスが等しい場合です。
        Overrides:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        obj - このタイムスタンプと等しいかどうかを判定するオブジェクト。
        戻り値:
        タイムスタンプが等しいと見なされた場合はtrue、そうでない場合はfalse。
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • toString

        public String toString()
        このタイムスタンプを記述した文字列を返します。
        Overrides:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        タイムスタンプの日付と時刻、およびその署名者の証明書から構成される文字列。