モジュール java.base
パッケージ java.util.zip

クラスCheckedInputStream

  • すべての実装されたインタフェース:
    Closeable, AutoCloseable

    public class CheckedInputStream
    extends FilterInputStream
    読み込まれるデータのチェックサムも保持する入力ストリームです。 チェックサムは、このあと、入力データの整合性を検証するために使用できます。
    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    Checksum
    • コンストラクタの詳細

      • CheckedInputStream

        public CheckedInputStream​(InputStream in,
                                  Checksum cksum)
        指定されたChecksumを使用する入力ストリームを作成します。
        パラメータ:
        in - 入力ストリーム
        cksum - Checksum
    • メソッドの詳細

      • read

        public int read()
                 throws IOException
        バイトを読み込みます。 入力が利用できない場合はブロックされます。
        オーバーライド:
        read、クラス: FilterInputStream
        戻り値:
        読み込まれたバイト。ストリームの終わりに達した場合は -1。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合
        関連項目:
        FilterInputStream.in
      • read

        public int read​(byte[] buf,
                        int off,
                        int len)
                 throws IOException
        バイト配列に読み込みます。 lenが0でない場合、このメソッドは入力の一部が利用できるようになるまでブロックされます。それ以外の場合、バイトは読み込まれず、0が返されます。
        オーバーライド:
        read、クラス: FilterInputStream
        パラメータ:
        buf - データの読込み先のバッファ
        off - 転送先配列の開始オフセットb
        len - 読み込まれる最大バイト数
        戻り値:
        実際に読み込まれたバイト数。ストリームの最後に達した場合は -1。
        例外:
        NullPointerException - bufnullである場合。
        IndexOutOfBoundsException - offが負の値の場合、lenが負の値の場合、あるいはlenbuf.length - offより大きい場合
        IOException - 入出力エラーが発生した場合
        関連項目:
        FilterInputStream.in
      • skip

        public long skip​(long n)
                  throws IOException
        指定されたバイト数の入力をスキップします。
        オーバーライド:
        skip、クラス: FilterInputStream
        パラメータ:
        n - スキップするバイト数
        戻り値:
        実際にスキップされたバイト数
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • getChecksum

        public Checksum getChecksum()
        この入力ストリームのChecksumを返します。
        戻り値:
        Checksumの値