モジュール java.base
パッケージ javax.crypto.spec

クラスDHParameterSpec

  • すべての実装されたインタフェース:
    AlgorithmParameterSpec

    public class DHParameterSpec
    extends Object
    implements AlgorithmParameterSpec
    このクラスは、PKCS#3: Diffie-Hellman Key-Agreement Standardで指定されている、Diffie-Hellmanアルゴリズムで使用されるパラメータのセットを指定します。

    中央の機関は、パラメータを生成して、秘密鍵を生成しようとしている2つのエンティティに送ります。 パラメータは、素数p、ベースg、および非公開値のビット単位の長さl (オプション)です。

    指定された中央の機関がパラメータの複数のインスタンスを生成することができ、複数の中央の機関が存在することもできます。 実際、各個人が自分自身の中央機関になり、エンティティによってパラメータを別々にすることもできます。

    このクラスは、指定されたパラメータの検査を一切行いません。 したがって、指定された値がnullであっても、それらが直接返されます。

    導入されたバージョン:
    1.4
    関連項目:
    KeyAgreement
    • コンストラクタの詳細

      • DHParameterSpec

        public DHParameterSpec​(BigInteger p,
                               BigInteger g)
        素数モジュラスpおよびベース・ジェネレータgを使用して、Diffie-Hellmanのパラメータ・セットを構築します。
        パラメータ:
        p - 素数モジュラス
        g - ベース・ジェネレータ
      • DHParameterSpec

        public DHParameterSpec​(BigInteger p,
                               BigInteger g,
                               int l)
        素数モジュラスp、ベース・ジェネレータg、およびランダム指数(非公開値)のビット単位のサイズlを使用して、Diffie-Hellmanのパラメータ・セットを構築します。
        パラメータ:
        p - 素数モジュラス
        g - ベース・ジェネレータ
        l - ランダム指数(非公開値)のビット単位のサイズ
    • メソッドの詳細

      • getP

        public BigInteger getP()
        素数モジュラスpを返します。
        戻り値:
        素数モジュラスp
      • getG

        public BigInteger getG()
        ベース・ジェネレータgを返します。
        戻り値:
        ベース・ジェネレータg
      • getL

        public int getL()
        ランダム指数(非公開値)のビット単位のサイズlを返します。
        戻り値:
        ランダム指数(非公開値)のビット単位のサイズl。サイズが設定されていない場合は0