モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスMenuComponent

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable
    直系の既知のサブクラス:
    MenuBar, MenuItem

    public abstract class MenuComponent
    extends Object
    implements Serializable
    抽象クラスMenuComponentは、メニューに関連するすべてのコンポーネントのスーパー・クラスです。 この点では、MenuComponentクラスは、AWTコンポーネントの抽象スーパー・クラスComponentと類似しています。

    メニュー・コンポーネントはprocessEventメソッドを使って、ほかのコンポーネントと同じようにAWTイベントを受け取って処理します。

    導入されたバージョン:
    1.0
    関連項目:
    直列化された形式
    • ネストされたクラスのサマリー

      ネストされたクラス 
      修飾子と型 クラス 説明
      protected class  MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent
      アクセシビリティのデフォルト・サポートを提供するために使用されるMenuComponentの内部クラスです。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      MenuComponent()
      MenuComponentを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void dispatchEvent​(AWTEvent e)
      このコンポーネントまたはそのサブコンポーネントの1つにイベントを送ります。
      AccessibleContext getAccessibleContext()
      このMenuComponentに関連付けられているAccessibleContextを取得します。
      Font getFont()
      このメニュー・コンポーネントに使用するフォントを返します。
      String getName()
      メニュー・コンポーネントの名前を返します。
      MenuContainer getParent()
      このメニュー・コンポーネントの親コンテナを返します。
      protected Object getTreeLock()
      AWTコンポーネント・ツリーおよびレイアウト操作に対する、このコンポーネントのロック・オブジェクト(スレッド同期化モニターを所有するオブジェクト)を取得します。
      protected String paramString()
      このMenuComponentの状態を表す文字列を返します。
      boolean postEvent​(Event evt)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、dispatchEventに置き換えられています。
      protected void processEvent​(AWTEvent e)
      このメニュー・コンポーネントで発生するイベントを処理します。
      void removeNotify()
      メニュー・コンポーネントのピアを削除します。
      void setFont​(Font f)
      このメニュー・コンポーネントに使用するフォントを、指定されたフォントに設定します。
      void setName​(String name)
      コンポーネントの名前を、指定された文字列に設定します。
      String toString()
      このメニュー・コンポーネントの表現を文字列として返します。
    • メソッドの詳細

      • getName

        public String getName()
        メニュー・コンポーネントの名前を返します。
        戻り値:
        メニュー・コンポーネントの名前
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        setName(java.lang.String)
      • setName

        public void setName​(String name)
        コンポーネントの名前を、指定された文字列に設定します。
        パラメータ:
        name - メニュー・コンポーネントの名前
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        getName()
      • getParent

        public MenuContainer getParent()
        このメニュー・コンポーネントの親コンテナを返します。
        戻り値:
        このメニュー・コンポーネントを含むメニュー・コンポーネントか、またはこのメニュー・コンポーネントがもっとも外側のコンポーネント(メニュー・バー自体)である場合はnull
      • getFont

        public Font getFont()
        このメニュー・コンポーネントに使用するフォントを返します。
        戻り値:
        このメニュー・コンポーネントで使用されるフォントがある場合はそのフォント、そうでない場合はnull
        関連項目:
        setFont(java.awt.Font)
      • setFont

        public void setFont​(Font f)
        このメニュー・コンポーネントに使用するフォントを、指定されたフォントに設定します。 このフォントは、そのサブコンポーネントが異なるフォントを指定している場合を除き、このメニュー・コンポーネントのすべてのサブコンポーネントによっても使用されます。

        プラットフォームによっては、メニュー・コンポーネントのすべてのフォント属性の設定をサポートしていない場合があります。そのような場合は、setFontを呼び出しても、このメニュー・コンポーネントのサポートされないフォント属性に対しては効果がありません。 このメニュー・コンポーネントのサブコンポーネントで別のフォントを指定していないかぎり、基本となるプラットフォームでサポートされていれば、このフォントがそれらのサブコンポーネントで使用されます。

        パラメータ:
        f - 設定されるフォント
        関連項目:
        getFont(), Font.getAttributes(), TextAttribute
      • removeNotify

        public void removeNotify()
        メニュー・コンポーネントのピアを削除します。 ピアを使うと、メニュー・コンポーネントの機能性を変えずに、メニュー・コンポーネントの外観を変更することができます。
      • postEvent

        @Deprecated
        public boolean postEvent​(Event evt)
        非推奨。
        JDK Version 1.1以降は、dispatchEventに置き換えられています。
        指定されたイベントをメニューに送ります。 このメソッドは、Java 1.0イベント・システムの一部で、下位互換を保持するためにだけ維持されています。 将来はサポートされない可能性があるので、使用することは非推奨です。
        パラメータ:
        evt - 発生するイベント
        戻り値:
        無条件にfalseを返す
      • dispatchEvent

        public final void dispatchEvent​(AWTEvent e)
        このコンポーネントまたはそのサブコンポーネントの1つにイベントを送ります。
        パラメータ:
        e - イベント
      • processEvent

        protected void processEvent​(AWTEvent e)
        このメニュー・コンポーネントで発生するイベントを処理します。

        イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

        パラメータ:
        e - イベント
        導入されたバージョン:
        1.1
      • paramString

        protected String paramString()
        このMenuComponentの状態を表す文字列を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
        戻り値:
        このメニュー・コンポーネントのパラメータ文字列
      • toString

        public String toString()
        このメニュー・コンポーネントの表現を文字列として返します。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このメニュー・コンポーネントの文字列表現
      • getTreeLock

        protected final Object getTreeLock()
        AWTコンポーネント・ツリーおよびレイアウト操作に対する、このコンポーネントのロック・オブジェクト(スレッド同期化モニターを所有するオブジェクト)を取得します。
        戻り値:
        このコンポーネントのロック・オブジェクト
      • getAccessibleContext

        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このMenuComponentに関連付けられているAccessibleContextを取得します。 この基底クラスによるメソッド実装ではnullが返されます。 MenuComponentを拡張するクラスは、サブクラスに関連付けられたAccessibleContextを返すために、このメソッドを実装します。
        戻り値:
        このMenuComponentAccessibleContext
        導入されたバージョン:
        1.3