モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.image

クラスDataBufferUShort

    • コンストラクタの詳細

      • DataBufferUShort

        public DataBufferUShort​(int size)
        1つのバンクを持ち、サイズが指定された、unsigned-shortベースのDataBufferを構築します。
        パラメータ:
        size - DataBufferのサイズ。
      • DataBufferUShort

        public DataBufferUShort​(int size,
                                int numBanks)
        指定されたサイズのバンクを指定された数だけ持つ、unsigned-shortベースのDataBufferを構築します。
        パラメータ:
        size - DataBuffer内のバンクのサイズ。
        numBanks - DataBuffer内のバンク数。
      • DataBufferUShort

        public DataBufferUShort​(short[] dataArray,
                                int size)
        1つのバンクを持つ、unsigned-shortベースのDataBufferを、指定された配列を使用して構築します。 最初のsize要素だけを、このDataBufferへのアクセスに使用します。dataArrayは、size要素を格納するために十分な大きさを持つ必要があります。

        このコンストラクタによって作成されたDataBufferオブジェクトが一部の実装(ビデオ・メモリーに関連イメージをキャッシュするなど)で使われているパフォーマンス最適化と互換性がないことがあるので注意してください。

        パラメータ:
        dataArray - DataBufferのunsigned-short配列。
        size - DataBufferバンクのサイズ。
      • DataBufferUShort

        public DataBufferUShort​(short[] dataArray,
                                int size,
                                int offset)
        指定された配列、サイズ、およびオフセットを使用して単一のバンクを持つunsigned-shortベースのDataBufferを構築します。dataArrayは、少なくともoffset + size要素を持つ必要があります。 offsetからoffset + size - 1までの要素だけを、このDataBufferへのアクセスに使用します。

        このコンストラクタによって作成されたDataBufferオブジェクトが一部の実装(ビデオ・メモリーに関連イメージをキャッシュするなど)で使われているパフォーマンス最適化と互換性がないことがあるので注意してください。

        パラメータ:
        dataArray - DataBufferのunsigned-short配列。
        size - DataBufferバンクのサイズ。
        offset - dataArrayへのオフセット。
      • DataBufferUShort

        public DataBufferUShort​(short[][] dataArray,
                                int size)
        unsigned-shortベースのDataBufferを、指定された配列を使用して構築します。 バンク数はdataArray.lengthの値と一致します。 各配列の最初のsize要素だけを、このDataBufferへのアクセスに使用します。

        このコンストラクタによって作成されたDataBufferオブジェクトが一部の実装(ビデオ・メモリーに関連イメージをキャッシュするなど)で使われているパフォーマンス最適化と互換性がないことがあるので注意してください。

        パラメータ:
        dataArray - DataBufferのunsigned-short配列。
        size - DataBuffer内のバンクのサイズ。
      • DataBufferUShort

        public DataBufferUShort​(short[][] dataArray,
                                int size,
                                int[] offsets)
        unsigned-shortベースのDataBufferを、指定された配列、サイズ、オフセットを使用して構築します。 バンク数はdataArray.lengthの値と一致します。 各配列は、size+対応するoffset以上の大きさである必要があります。 dataArrayエントリのoffset配列内にエントリが必要です。 バンクごとに、offsetからoffset+size - 1の要素だけをこのDataBufferにアクセスするために使用します。

        このコンストラクタによって作成されたDataBufferオブジェクトが一部の実装(ビデオ・メモリーに関連イメージをキャッシュするなど)で使われているパフォーマンス最適化と互換性がないことがあるので注意してください。

        パラメータ:
        dataArray - DataBufferのunsigned-short配列。
        size - DataBuffer内のバンクのサイズ。
        offsets - 各配列へのオフセット。
    • メソッドの詳細

      • getData

        public short[] getData()
        デフォルト(最初)のunsigned-shortデータ配列を返します。

        このメソッドを呼び出すと、このDataBufferオブジェクトが、一部の実装(ビデオ・メモリーに関連イメージをキャッシュするなど)で使われているパフォーマンス最適化と互換性がなくなることがあるので注意してください。

        戻り値:
        最初のunsigned-shortデータ配列
      • getData

        public short[] getData​(int bank)
        指定されたバンクのデータ配列を返します。

        このメソッドを呼び出すと、このDataBufferオブジェクトが、一部の実装(ビデオ・メモリーに関連イメージをキャッシュするなど)で使われているパフォーマンス最適化と互換性がなくなることがあるので注意してください。

        パラメータ:
        bank - データ配列を取得するバンク。
        戻り値:
        指定されたバンクのデータ配列
      • getBankData

        public short[][] getBankData()
        すべてのバンクについて、データ配列を返します。

        このメソッドを呼び出すと、このDataBufferオブジェクトが、一部の実装(ビデオ・メモリーに関連イメージをキャッシュするなど)で使われているパフォーマンス最適化と互換性がなくなることがあるので注意してください。

        戻り値:
        すべてのデータ配列
      • getElem

        public int getElem​(int i)
        要求されたデータ配列要素を、最初の(デフォルトの)バンクから返します。
        Overrides:
        getElem、クラス: DataBuffer
        パラメータ:
        i - 取得するデータ配列要素。
        戻り値:
        要求された整数型のデータ配列要素
        関連項目:
        setElem(int, int), setElem(int, int, int)
      • getElem

        public int getElem​(int bank,
                           int i)
        要求されたデータ配列要素を、指定されたバンクから返します。
        定義:
        getElem、クラス: DataBuffer
        パラメータ:
        bank - データ配列要素を取得するバンク。
        i - 取得するデータ配列要素。
        戻り値:
        要求された整数型のデータ配列要素
        関連項目:
        setElem(int, int), setElem(int, int, int)
      • setElem

        public void setElem​(int i,
                            int val)
        最初の(デフォルトの)バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された値に設定します。
        Overrides:
        setElem、クラス: DataBuffer
        パラメータ:
        i - 設定するデータ配列要素。
        val - データ配列要素を設定する整数値。
        関連項目:
        getElem(int), getElem(int, int)
      • setElem

        public void setElem​(int bank,
                            int i,
                            int val)
        指定されたバンク内の要求されたデータ配列要素を、指定されたint値で設定します。
        定義:
        setElem、クラス: DataBuffer
        パラメータ:
        bank - データ配列要素を設定するバンク。
        i - 設定するデータ配列要素。
        val - 指定されたデータ配列要素を設定する整数値。
        関連項目:
        getElem(int), getElem(int, int)