モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.image

クラスKernel

  • すべての実装されたインタフェース:
    Cloneable

    public class Kernel
    extends Object
    implements Cloneable
    Kernelクラスは、ある指定されたピクセルとその周囲のピクセルが、フィルタ・オペレーションの出力イメージ内のピクセルの位置に対して計算された値に、どのように影響するかを記述するマトリクスを定義します。 X原点とY原点は、カーネル・マトリックス要素の中で出力値の計算対象となるピクセル位置に対応する要素を示します。
    関連項目:
    ConvolveOp
    • コンストラクタの詳細

      • カーネル

        public Kernel​(int width,
                      int height,
                      float[] data)
        floatの配列からKernelオブジェクトを構築します。 そのdata配列の最初のwidth*height要素がコピーされます。 data配列の長さがwidth*heightよりも小さい場合は、IllegalArgumentExceptionがスローされます。 X原点は(width-1)/2に、Y原点は(height-1)/2になります。
        パラメータ:
        width - カーネルの幅
        height - カーネルの高さ
        data - 行のメジャー順序のカーネル・データ
        例外:
        IllegalArgumentException - dataの長さがwidthheightの積より小さい場合
    • メソッドの詳細

      • getXOrigin

        public final int getXOrigin()
        このKernelのX原点を返します。
        戻り値:
        X原点。
      • getYOrigin

        public final int getYOrigin()
        このKernelのY原点を返します。
        戻り値:
        Y原点。
      • getWidth

        public final int getWidth()
        このKernelの幅を返します。
        戻り値:
        このKernelの幅。
      • getHeight

        public final int getHeight()
        このKernelの高さを返します。
        戻り値:
        このKernelの高さ。
      • getKernelData

        public final float[] getKernelData​(float[] data)
        行メジャーの順序でカーネル・データを返します。 data配列が返されます。 datanullの場合は、新しい配列が割り当てられます。
        パラメータ:
        data - nullでない場合は、返されるカーネル・データを格納する
        戻り値:
        カーネル・データを行メジャーの順序で格納するdata配列、またはdatanullの場合は、カーネル・データを行メジャーの順序で格納する、新しく割り当てられた配列
        例外:
        IllegalArgumentException - dataがこのKernelのサイズよりも小さい場合
      • clone

        public Object clone()
        このオブジェクトを複製します。
        Overrides:
        clone、クラス: Object
        戻り値:
        このオブジェクトの複製。
        関連項目:
        Cloneable