モジュール java.desktop
パッケージ java.beans

インタフェースDesignMode

  • 既知のすべてのサブインタフェース:
    BeanContext, BeanContextServices
    既知のすべての実装クラス:
    BeanContextServicesSupport, BeanContextSupport

    public interface DesignMode

    このインタフェースは、java.beans.beancontext.BeanContextChildのインスタンスの入れ子になっている階層に現在のdesignTimeプロパティを送るために、java.beans.beancontext.BeanContextのインスタンスによって実装、またはjava.beans.beancontext.BeanContextのインスタンスから委譲されます。

    JavaBeans™の仕様によると、設計時という概念は、対話型の設計、作成、構築ツールを使ってJavaBeansのインスタンスを作成したり、カスタマイズしたりしているときの動作モードを表します。一方、実行時という概念は、JavaBeanがアプレット、アプリケーション、その他の実行可能なJavaの抽象的概念の一部になっているときの動作モードを表します。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    BeanContext, BeanContextChild, BeanContextMembershipListener, PropertyChangeEvent
    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      static String PROPERTYNAME
      BeanContextやほかのPropertyChangeEventsのソースからトリガーされるpropertyNameの標準値です。
    • フィールドの詳細

      • PROPERTYNAME

        static final String PROPERTYNAME
        BeanContextやほかのPropertyChangeEventsのソースからトリガーされるpropertyNameの標準値です。
        関連項目:
        定数フィールド値
    • メソッドの詳細

      • setDesignTime

        void setDesignTime​(boolean designTime)
        designTimeプロパティの値を設定します。

        実装するオブジェクトがjava.beans.beancontext.BeanContextのインスタンスまたはそのサブインタフェースである場合、そのBeanContextは、次のパラメータを使って、登録されているBeanContextMembershipListenersに対してPropertyChangeEventをトリガーする必要があります。

        • propertyName - java.beans.DesignMode.PROPERTYNAME
        • oldValue - designTimeの以前の値
        • newValue - designTimeの現在の値
        このメソッドがそれ自身入れ子になっているBeanContextに関連している場合、BeanContextChildがこのメソッドを呼び出すことは不当です。

        パラメータ:
        designTime - designTimeプロパティの現在の値
        関連項目:
        BeanContext, BeanContextMembershipListener, PropertyChangeEvent
      • isDesignTime

        boolean isDesignTime()
        trueはJavaBeansが設計時モードで動作することを示し、falseは実行時の動作を示します。
        戻り値:
        designTimeプロパティの現在の値。