モジュール java.desktop
パッケージ java.beans

クラスPropertyChangeEvent

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable
    直系の既知のサブクラス:
    IndexedPropertyChangeEvent

    public class PropertyChangeEvent
    extends EventObject
    PropertyChangeイベントは、Beanが「バウンド」プロパティまたは「制約」プロパティを変更するたびに送信されます。 PropertyChangeEventオブジェクトは、引数としてPropertyChangeListenerとVetoableChangeListenerメソッドに送信されます。

    通常、PropertyChangeEventsは、変更されたプロパティの名前と変更前後の値とともに使用されます。 新しい値がプリミティブ型(intやbooleanなど)である場合、対応するjava.lang.* Object型(IntegerやBooleanなど)としてラップされる必要があります。

    変更前後の実際の値が不明な場合は、null値が使用されることがあります。

    イベント・ソースがnullオブジェクトを名前として送信し、そのプロパティの任意のセットが変更されたことを示す場合があります。 この場合は、変更前と変更後の値もnullになるはずです。

    導入されたバージョン:
    1.1
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • PropertyChangeEvent

        public PropertyChangeEvent​(Object source,
                                   String propertyName,
                                   Object oldValue,
                                   Object newValue)
        新しいPropertyChangeEventを構築します。
        パラメータ:
        source - イベントをトリガーしたBean
        propertyName - 変更されたプロパティのプログラム名
        oldValue - プロパティの古い値
        newValue - プロパティの新しい値
        例外:
        IllegalArgumentException - sourcenullである場合
    • メソッドの詳細

      • getPropertyName

        public String getPropertyName()
        変更されたプロパティのプログラム名を取得します。
        戻り値:
        変更されたプロパティのプログラム名。 複数のプロパティが変更された場合はnull。
      • getNewValue

        public Object getNewValue()
        プロパティの変更後の値(Objectで表される)を取得します。
        戻り値:
        プロパティの変更後の値(Objectで表される)。 複数のプロパティが変更された場合はnull。
      • getOldValue

        public Object getOldValue()
        プロパティの変更前の値(Objectで表される)を取得します。
        戻り値:
        プロパティの変更前の値(Objectで表される)。 複数のプロパティが変更された場合はnull。
      • setPropagationId

        public void setPropagationId​(Object propagationId)
        イベントのpropagationIdオブジェクトを設定します。
        パラメータ:
        propagationId - イベントのpropagationIdオブジェクト。
      • getPropagationId

        public Object getPropagationId()
        propagationIdフィールドは、今後使用するために予約されています。 Beans 1.0では、リスナーがPropertyChangeEventをキャッチしてから自身のPropertyChangeEventをトリガーする場合は、propagationIdフィールドを受信イベントから送信イベントに確実に伝達することが唯一の要件となります。
        戻り値:
        バウンド・プロパティまたは制約プロパティの更新に関連したpropagationIdオブジェクト。
      • toString

        public String toString()
        オブジェクトの文字列表現を返します。
        Overrides:
        toString、クラス: EventObject
        戻り値:
        このオブジェクトの文字列表現
        導入されたバージョン:
        1.7