モジュール java.desktop
パッケージ javax.print.attribute

クラスDateTimeSyntax

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, Cloneable
    直系の既知のサブクラス:
    DateTimeAtCompleted, DateTimeAtCreation, DateTimeAtProcessing, JobHoldUntil

    public abstract class DateTimeSyntax
    extends Object
    implements Serializable, Cloneable
    クラスDateTimeSyntaxは、値が日付と時間であるすべての属性の共通の実装を提供する抽象基本クラスです。

    背後にある実装では、日付と時刻属性はjava.util.Dateクラスの値として格納されます。 getValue()を呼び出すことによって、日時属性Dateの値を取得できます。 (DateTimeSyntax(Date)を参照してください)が構築されると、日時属性Dateの値が設定されます。 いったん構築されると、日付と時刻属性の値は変更できません。

    年、月、日、時、分など個別の値から日付と時刻属性を構築するには、java.util.Calendarオブジェクトを使用してjava.util.Dateオブジェクトを構築し、java.util.Dateオブジェクトを使用して日付と時刻属性を構築します。 日付と時刻属性を年、月、日、時、分など個別の値に変換するには、java.util.Calendarオブジェクトを作成して、それを日付と時刻属性から取得したjava.util.Dateに設定します。 クラスDateTimeSyntaxは、通常、java.util.Calendarよりもjava.util.Dateの形式でその値を格納します。これは、java.util.Datejava.util.Calendarと比較するのに必要なメモリーが少なく、比較に要する時間が短いためです。

    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      修飾子 コンストラクタ 説明
      protected DateTimeSyntax​(Date value)
      指定されたjava.util.Dateの値を持つ新しい日付と時刻属性を構築します。
    • コンストラクタの詳細

      • DateTimeSyntax

        protected DateTimeSyntax​(Date value)
        指定されたjava.util.Dateの値を持つ新しい日付と時刻属性を構築します。
        パラメータ:
        value - java.util.Dateの値
        例外:
        NullPointerException - valuenullの場合
    • メソッドの詳細

      • getValue

        public Date getValue()
        この日付と時刻属性のjava.util.Dateの値を返します。
        戻り値:
        the Date
      • equals

        public boolean equals​(Object object)
        日付と時刻属性が、オブジェクトに渡された日付と時刻属性と等しいかどうかを返します。 次の条件がすべてtrueの場合に同等とみなされます。
        1. objectnullではありません。
        2. objectDateTimeSyntaxクラスのインスタンスです。
        3. 日付と時刻属性のjava.util.Dateの値とobjectjava.util.Dateの値が等しい。
        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        object - 比較するObject
        戻り値:
        true objectがこの日付/時間属性に相当する場合はfalse、それ以外の場合はfalse
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • toString

        public String toString()
        日付と時刻属性に対応する文字列値を返します。 文字列値は、この属性のjava.util.Dateの値を文字列に変換した値です。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このオブジェクトの文字列表現