モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing.event

クラスListDataEvent

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public class ListDataEvent
    extends EventObject
    リストへの変更をカプセル化するイベントを定義します。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    関連項目:
    直列化された形式
    • フィールドの詳細

      • CONTENTS_CHANGED

        public static final int CONTENTS_CHANGED
        リストの内容への1つ以上の変更を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • INTERVAL_ADDED

        public static final int INTERVAL_ADDED
        リストへの1つ以上の連続する項目の追加を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • INTERVAL_REMOVED

        public static final int INTERVAL_REMOVED
        リストからの1つ以上の連続する項目の削除を識別します。
        関連項目:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • ListDataEvent

        public ListDataEvent​(Object source,
                             int type,
                             int index0,
                             int index1)
        ListDataEventオブジェクトを構築します。 index0がindex1よりも大きい場合は、index0が常にindex1以下になるように、index0とindex1が入れ替えられます。
        パラメータ:
        source - 発生元のObject (通常はthis)
        type - CONTENTS_CHANGEDINTERVAL_ADDED、またはINTERVAL_REMOVEDを指定するint値
        index0 - 新しい範囲の一方の端
        index1 - 新しい範囲の他方の端
    • メソッドの詳細

      • getIndex0

        public int getIndex0()
        範囲の下限のインデックスを返します。 単一の要素の場合、返される値はgetIndex1()によって返される値と同じです。
        戻り値:
        下限のインデックス値を表すint値
      • getIndex1

        public int getIndex1()
        範囲の上限のインデックスを返します。 単一の要素の場合、返される値はgetIndex0()によって返される値と同じです。
        戻り値:
        上限のインデックス値を表すint値
      • toString

        public String toString()
        このListDataEventの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
        オーバーライド:
        toString、クラス: EventObject
        戻り値:
        このListDataEventの文字列表現。
        導入されたバージョン:
        1.4