モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing.event

クラスTreeExpansionEvent

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    public class TreeExpansionEvent
    extends EventObject
    ツリー内単一のパスを識別するために使用するイベントです。 getSourceによって返されるソースはJTreeのインスタンスとなります。

    詳細および例は、The Java Tutorialの次のセクションを参照してください。How to Write a Tree Expansion ListenerおよびHow to Write a Tree-Will-Expand Listener

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    関連項目:
    直列化された形式
    • フィールドの詳細

      • path

        protected TreePath path
        このイベントが表す値へのパスです。
    • コンストラクタの詳細

      • TreeExpansionEvent

        public TreeExpansionEvent​(Object source,
                                  TreePath path)
        TreeExpansionEventオブジェクトを構築します。
        パラメータ:
        source - イベントの発生元のオブジェクト(通常はthis)
        path - 新しく展開されたノードを識別するTreePathオブジェクト
    • メソッドの詳細

      • getPath

        public TreePath getPath()
        展開または折りたたみが行われている値へのパスを返します。
        戻り値:
        このイベントTreePathオブジェクト