モジュール java.management

インタフェースOpenMBeanOperationInfo

    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      boolean equals​(Object obj)
      指定されたobjパラメータとこのOpenMBeanOperationInfoインスタンスが等しいかどうかを比較します。
      String getDescription()
      このOpenMBeanOperationInfoインスタンスによって記述されたオペレーションの説明を、人間が読める形式で返します。
      int getImpact()
      このOpenMBeanOperationInfoインスタンスによって記述されたオペレーションの影響を説明するint定数を返します。
      String getName()
      このOpenMBeanOperationInfoインスタンスによって記述されたオペレーションの名前を返します。
      OpenType<?> getReturnOpenType()
      このOpenMBeanOperationInfoインスタンスによって記述されたオペレーションによって返される値の公開型を返します。
      String getReturnType()
      このOpenMBeanOperationInfoインスタンスによって記述されたオペレーションによって返される値の完全修飾Javaクラス名を返します。
      MBeanParameterInfo[] getSignature()
      このOpenMBeanParameterInfoインスタンスによって記述されたオペレーションのシグニチャ内の各パラメータを記述するOpenMBeanParameterInfoインスタンスの配列を返します。
      int hashCode()
      このOpenMBeanOperationInfoインスタンスのハッシュ・コード値を返します。
      String toString()
      このOpenMBeanOperationInfoインスタンスの文字列表現を返します。
    • メソッドの詳細

      • getDescription

        String getDescription()
        このOpenMBeanOperationInfoインスタンスによって記述されたオペレーションの説明を、人間が読める形式で返します。
        戻り値:
        説明。
      • getName

        String getName()
        このOpenMBeanOperationInfoインスタンスによって記述されたオペレーションの名前を返します。
        戻り値:
        名前。
      • getSignature

        MBeanParameterInfo[] getSignature()
        このOpenMBeanParameterInfoインスタンスによって記述されたオペレーションのシグニチャ内の各パラメータを記述するOpenMBeanParameterInfoインスタンスの配列を返します。 返される配列内の各インスタンスは、OpenMBeanParameterInfoインタフェースを実装するMBeanParameterInfoのサブクラス(通常OpenMBeanParameterInfoSupport)になっている必要があります。
        戻り値:
        シグネチャ。
      • getReturnType

        String getReturnType()
        このOpenMBeanOperationInfoインスタンスによって記述されたオペレーションによって返される値の完全修飾Javaクラス名を返します。 このメソッドは、getReturnOpenType().getClassName()の呼び出しと同じ値を返す必要があります。
        戻り値:
        戻り型。
      • getReturnOpenType

        OpenType<?> getReturnOpenType()
        このOpenMBeanOperationInfoインスタンスによって記述されたオペレーションによって返される値の公開型を返します。
        戻り値:
        戻り型。
      • equals

        boolean equals​(Object obj)
        指定されたobjパラメータとこのOpenMBeanOperationInfoインスタンスが等しいかどうかを比較します。

        次のすべての条件が満たされている場合に限り、trueを返します。

        • objがnullでない
        • objOpenMBeanOperationInfoインタフェースも実装している
        • 名前が等しい
        • シグニチャが等しい
        • 返される公開型が等しい
        • 影響が等しい
        これらの条件が満たされていれば、このequalsメソッドは、OpenMBeanOperationInfoインタフェースの異なった実装であるobjパラメータに対して正常に機能します。
         

        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        obj - このOpenMBeanOperationInfoインスタンスと等しいかどうかを比較するオブジェクト。
        戻り値:
        指定されたオブジェクトがこのOpenMBeanOperationInfoインスタンスと等しい場合はtrue
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • hashCode

        int hashCode()
        このOpenMBeanOperationInfoインスタンスのハッシュ・コード値を返します。

        OpenMBeanOperationInfoインスタンスのハッシュ・コードは、equalsの比較で使用されたすべての情報要素(シグニチャhashCodeはjava.util.Arrays.asList(this.getSignature).hashCode()の呼出しによって計算される)のハッシュ・コードの合計です。

        これにより、Object.hashCode()メソッドの一般規約によって要求される、任意の2つのOpenMBeanOperationInfoインスタンスt1t2で、t1.equals(t2)であればt1.hashCode()==t2.hashCode()となることが保証されます。

        オーバーライド:
        hashCode 、クラス:  Object
        戻り値:
        このOpenMBeanOperationInfoインスタンスのハッシュ・コード値
        関連項目:
        Object.equals(java.lang.Object), System.identityHashCode(java.lang.Object)
      • toString

        String toString()
        このOpenMBeanOperationInfoインスタンスの文字列表現を返します。

        この文字列表現は、このクラスの名前(javax.management.openmbean.OpenMBeanOperationInfo)と、記述されたオペレーションの名前、シグニチャ、返される公開型、および影響で構成されます。

        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このOpenMBeanOperationInfoインスタンスの文字列表現