モジュール java.scripting
パッケージ javax.script

クラスAbstractScriptEngine

  • すべての実装されたインタフェース:
    ScriptEngine
    直系の既知のサブクラス:
    NashornScriptEngine

    public abstract class AbstractScriptEngine
    extends Object
    implements ScriptEngine
    evalメソッドの複数のバリアントに対する標準の実装を提供します。

    eval(Reader)

    eval(String)

    eval(String, Bindings)

    eval(Reader, Bindings)

    は、抽象メソッド

    eval(Reader,ScriptContext)またはSimpleScriptContextを使用してeval(String, ScriptContext)

    で実装されます。


    SimpleScriptContextは、AbstractScriptEngineのデフォルトのScriptContextとして使用されます。

    導入されたバージョン:
    1.6
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      AbstractScriptEngine()
      SimpleScriptContextをデフォルトのScriptContextとして使用して、AbstractScriptEngineの新しいインスタンスを作成します。
      AbstractScriptEngine​(Bindings n)
      指定されたBindingsを、保護されたcontextフィールド内のENGINE_SCOPE Bindingsとして使用して、新しいインスタンスを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      Object eval​(Reader reader)
      eval(Reader)は、eval(Reader, ScriptContext)抽象メソッドを呼び出します。その際、contextフィールドの値を渡します。
      Object eval​(Reader reader, Bindings bindings)
      eval(Reader, Bindings)eval(Reader, ScriptContext)抽象メソッドを呼び出します。その際、ENGINE_SCOPEではなくReader、Writers、およびBindingsが、保護されたcontextフィールドのメンバーと等しいScriptContextを受け渡します。
      Object eval​(String script)
      abstract eval(String, ScriptContext)が使用される点を除けば、eval(Reader)と同じです。
      Object eval​(String script, Bindings bindings)
      abstract eval(String, ScriptContext)が使用される点を除けば、eval(Reader, Bindings)と同じです。
      Object get​(String key)
      保護されたcontextフィールドのENGINE_SCOPE内に指定されたキーを持つ値を取得します。
      Bindings getBindings​(int scope)
      保護されたcontextフィールド内に指定されたスコープ値を持つBindingsを返します。
      ScriptContext getContext()
      保護されたcontextフィールドの値を返します。
      protected ScriptContext getScriptContext​(Bindings nn)
      SimpleScriptContextを返します。
      void put​(String key, Object value)
      protected contextフィールドのENGINE_SCOPE Bindings内で、指定されたキーの指定された値を設定します。
      void setBindings​(Bindings bindings, int scope)
      contextフィールド内に対応するスコープ値を持つBindingsを設定します。
      void setContext​(ScriptContext ctxt)
      保護されたcontextフィールドの値を、指定されたScriptContextに設定します。
    • フィールドの詳細

      • context

        protected ScriptContext context
        このAbstractScriptEngineのデフォルトのScriptContextです。
    • コンストラクタの詳細

      • AbstractScriptEngine

        public AbstractScriptEngine()
        SimpleScriptContextをデフォルトのScriptContextとして使用して、AbstractScriptEngineの新しいインスタンスを作成します。
      • AbstractScriptEngine

        public AbstractScriptEngine​(Bindings n)
        指定されたBindingsを、保護されたcontextフィールド内のENGINE_SCOPE Bindingsとして使用して、新しいインスタンスを作成します。
        パラメータ:
        n - 指定されたBindings
        例外:
        NullPointerException - nがnullの場合。
    • メソッドの詳細

      • setContext

        public void setContext​(ScriptContext ctxt)
        保護されたcontextフィールドの値を、指定されたScriptContextに設定します。
        定義:
        setContext、インタフェース: ScriptEngine
        パラメータ:
        ctxt - 指定されたScriptContext
        例外:
        NullPointerException - ctxtがnullの場合。
      • getContext

        public ScriptContext getContext()
        保護されたcontextフィールドの値を返します。
        定義:
        getContext、インタフェース: ScriptEngine
        戻り値:
        保護されたcontextフィールドの値。
      • getBindings

        public Bindings getBindings​(int scope)
        保護されたcontextフィールド内に指定されたスコープ値を持つBindingsを返します。
        定義:
        getBindings、インタフェース: ScriptEngine
        パラメータ:
        scope - 指定されたスコープ
        戻り値:
        対応するBindings
        例外:
        IllegalArgumentException - スコープの値が、保護されたcontextフィールドの型に対して無効な場合。
      • setBindings

        public void setBindings​(Bindings bindings,
                                int scope)
        contextフィールド内に対応するスコープ値を持つBindingsを設定します。
        定義:
        setBindings、インタフェース: ScriptEngine
        パラメータ:
        bindings - 指定されたBindings
        scope - 指定されたスコープ。
        例外:
        IllegalArgumentException - スコープの値が、contextフィールドの型に対して無効な場合。
        NullPointerException - bindingsがnullで、スコープがScriptContext.ENGINE_SCOPEである場合
      • put

        public void put​(String key,
                        Object value)
        protected contextフィールドのENGINE_SCOPE Bindings内で、指定されたキーの指定された値を設定します。
        定義:
        put、インタフェース: ScriptEngine
        パラメータ:
        key - 指定されたキー。
        value - 指定された値。
        例外:
        NullPointerException - キーがnullの場合。
        IllegalArgumentException - keyが空の場合。
      • get

        public Object get​(String key)
        保護されたcontextフィールドのENGINE_SCOPE内に指定されたキーを持つ値を取得します。
        定義:
        get、インタフェース: ScriptEngine
        パラメータ:
        key - 値が返されるキー
        戻り値:
        指定されたキーの値。
        例外:
        NullPointerException - キーがnullの場合。
        IllegalArgumentException - keyが空の場合。
      • eval

        public Object eval​(Reader reader,
                           Bindings bindings)
                    throws ScriptException
        eval(Reader, Bindings)eval(Reader, ScriptContext)抽象メソッドを呼び出します。その際、ENGINE_SCOPEではなくReader、Writers、およびBindingsが、保護されたcontextフィールドのメンバーと等しいScriptContextを受け渡します。 ENGINE_SCOPEの代わりに、指定されたBindingsが使用されますcontextフィールドのBindings
        定義:
        eval、インタフェース: ScriptEngine
        パラメータ:
        reader - スクリプトのソースを格納するReader
        bindings - スクリプトの実行時にENGINE_SCOPEとして使用するBindings
        戻り値:
        eval(Reader, ScriptContext)からの戻り値
        例外:
        ScriptException - スクリプトでエラーが発生した場合。
        NullPointerException - パラメータのいずれかがnullの場合。
      • eval

        public Object eval​(String script,
                           Bindings bindings)
                    throws ScriptException
        abstract eval(String, ScriptContext)が使用される点を除けば、eval(Reader, Bindings)と同じです。
        定義:
        eval、インタフェース: ScriptEngine
        パラメータ:
        script - スクリプトのソースを格納するString
        bindings - スクリプトの実行時にENGINE_SCOPEとして使用するBindings
        戻り値:
        eval(String, ScriptContext)からの戻り値
        例外:
        ScriptException - スクリプトでエラーが発生した場合。
        NullPointerException - パラメータのいずれかがnullの場合。
      • eval

        public Object eval​(Reader reader)
                    throws ScriptException
        eval(Reader)は、eval(Reader, ScriptContext)抽象メソッドを呼び出します。その際、contextフィールドの値を渡します。
        定義:
        eval、インタフェース: ScriptEngine
        パラメータ:
        reader - スクリプトのソースを格納するReader
        戻り値:
        eval(Reader, ScriptContext)からの戻り値
        例外:
        ScriptException - スクリプトでエラーが発生した場合。
        NullPointerException - パラメータのいずれかがnullの場合。
      • eval

        public Object eval​(String script)
                    throws ScriptException
        abstract eval(String, ScriptContext)が使用される点を除けば、eval(Reader)と同じです。
        定義:
        eval、インタフェース: ScriptEngine
        パラメータ:
        script - スクリプトのソースを格納するString
        戻り値:
        eval(String, ScriptContext)からの戻り値
        例外:
        ScriptException - スクリプトでエラーが発生した場合。
        NullPointerException - パラメータのいずれかがnullの場合。
      • getScriptContext

        protected ScriptContext getScriptContext​(Bindings nn)
        SimpleScriptContextを返します。 SimpleScriptContext:

        • そのENGINE_SCOPEとして指定されたBindingsを使用する
        • GLOBAL_SCOPEとしてgetGlobalScope抽象メソッドによって返されるBindingsを使用する
        • このScriptEngineのデフォルトのScriptContext内にあるReaderおよびWriterを使用する


        このメソッドによって返されるSimpleScriptContextは、eval(Reader,Bindings)およびeval(String,Bindings)の抽象バージョンを使用して、evalメソッドを実装するのに使用されます。
        パラメータ:
        nn - ENGINE_SCOPEに使用するBindings。
        戻り値:
        SimpleScriptContext