モジュール java.xml
パッケージ org.xml.sax

インタフェースAttributeList

  • 既知のすべての実装クラス:
    AttributeListImpl

    @Deprecated(since="1.5")
    public interface AttributeList
    非推奨。
    このインタフェースは、名前空間サポートを含むSAX2 Attributesインタフェースで置き換えられています。
    要素の属性指定のためのインタフェースです。
    このモジュールは、ソース・コード、文書ともに公開ドメインに置かれています。したがって、内容に関する保証は一切提供されません 詳細については、http://www.saxproject.orgを参照してください。

    これは、要素の属性を報告するSAX1インタフェースです。 新しいAttributesインタフェースとは異なり、名前空間関連情報のサポートは行いません。

    属性リストがstartElementイベントの一部として提供された場合、リストはイベントのスコープ内でのみ有効な結果を返します。イベント・ハンドラからパーサーに制御が移ると、属性リストは無効になります。 属性リストの永続的なコピーを保存するには、SAX1のAttributeListImplヘルパー・クラスを使用します。

    属性リストには、指定された属性または省略時属性だけが含まれます。#IMPLIED属性は含まれません。

    SAXアプリケーションがAttributeListから情報を取得する方法は2種類あります。 まず、リスト全体で繰返し処理を行うという方法があります。

    
     public void startElement (String name, AttributeList atts) {
       for (int i = 0; i < atts.getLength(); i++) {
         String name = atts.getName(i);
         String type = atts.getType(i);
         String value = atts.getValue(i);
         [...]
       }
     }
     

    属性が存在しない場合、getLength()の結果はゼロになります。

    次に、アプリケーションから特定の属性の値または型を要求するという方法があります。

     public void startElement (String name, AttributeList atts) {
       String identifier = atts.getValue("id");
       String label = atts.getValue("label");
       [...]
     }
     

    導入されたバージョン:
    1.4, SAX 1.0
    関連項目:
    startElement, AttributeListImpl
    • メソッドの詳細

      • getLength

        int getLength()
        非推奨。
        このリスト内にある属性の数を返します。

        SAXパーサーは、宣言された順序または指定された順序とは関係なく、任意の順序で属性を提供します。 属性数がゼロの場合もあります。

        戻り値:
        リスト内の属性の数。
      • getName

        String getName​(int i)
        非推奨。
        このリスト内の属性の名前(位置によって)を返します。

        名前は一意でなければいけません。SAXパーサーに同じ属性を重複して含めることはできません。 値を持たない属性(開始タグに指定された値を使用しないで#IMPLIEDを宣言した属性)はリストに記載されません。

        属性名に名前空間接頭辞が付いていても、この接頭辞が削除されることはありません。

        パラメータ:
        i - リスト内の属性のインデックス(0から始まる)。
        戻り値:
        インデックス属性の名前。インデックスが範囲外にある場合はnull。
        関連項目:
        getLength()
      • getType

        String getType​(int i)
        非推奨。
        このリスト内の属性の型(位置によって)を返します。

        属性型は、CDATA、ID、IDREF、IDREFS、NMTOKEN、NMTOKENS、ENTITY、ENTITIES、NOTATIONのいずれか1つになります(常に大文字を使用)。

        パーサーが属性の宣言を読み取らず、属性型を報告しない場合、XML 1.0勧告(3.3.3属性値の正規化)に従って、値CDATAが返されます。

        表記法以外の列挙型属性の型はNMTOKENと報告されます。

        パラメータ:
        i - リスト内の属性のインデックス(0から始まる)。
        戻り値:
        属性型を示す文字列。インデックスが範囲外の場合はnull。
        関連項目:
        getLength(), getType(java.lang.String)
      • getValue

        String getValue​(int i)
        非推奨。
        リスト内の属性の値(位置によって)を返します。

        属性値がIDREFS、ENTITIES、NMTOKENSのいずれかのトークンのリストである場合、トークンは空白文字で区切られた単一の文字列に連結されます。

        パラメータ:
        i - リスト内の属性のインデックス(0から始まる)。
        戻り値:
        属性値を示す文字列。インデックスが範囲外の場合はnull。
        関連項目:
        getLength(), getValue(java.lang.String)
      • getType

        String getType​(String name)
        非推奨。
        リスト内の属性の型(名前)を返します。

        戻り値はgetType(int)の戻り値と同じです。

        属性名に文書内の名前空間接頭辞が含まれている場合、アプリケーションはここに接頭辞を含める必要があります。

        パラメータ:
        name - 属性の名前。
        戻り値:
        属性型を表す文字列。該当する属性が存在しない場合はnull。
        関連項目:
        getType(int)
      • getValue

        String getValue​(String name)
        非推奨。
        リスト内の属性の値(名前)を返します。

        戻り値はgetValue(int)の戻り値と同じです。

        属性名に文書内の名前空間接頭辞が含まれている場合、アプリケーションはここに接頭辞を含める必要があります。

        パラメータ:
        name - 返す属性の名前
        戻り値:
        属性値を表す文字列。該当する属性が存在しない場合はnull。
        関連項目:
        getValue(int)