モジュール jdk.javadoc
パッケージ com.sun.javadoc

インタフェースProgramElementDoc

  • すべてのスーパー・インタフェース:
    Comparable<Object>, Doc
    既知のすべてのサブインタフェース:
    AnnotationTypeDoc, AnnotationTypeElementDoc, ClassDoc, ConstructorDoc, ExecutableMemberDoc, FieldDoc, MemberDoc, MethodDoc

    @Deprecated(since="9",
                forRemoval=true)
    public interface ProgramElementDoc
    extends Doc
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このパッケージの宣言は、パッケージjdk.javadoc.docletの宣言に置き換えられました。 詳細は、そのパッケージのマニュアルの「移行ガイド」を参照してください。
    Javaプログラムの特定の要素(クラス、インタフェース、フィールド、コンストラクタ、メソッドのいずれか)を表します。 このインタフェースは、これらのプログラム要素に共通な情報を扱うabstractクラスです。
    関連項目:
    MemberDoc, ClassDoc
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      AnnotationDesc[] annotations()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラム要素の注釈を取得します。
      ClassDoc containingClass()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラム要素を含んでいるクラスまたはインタフェースを取得します。
      PackageDoc containingPackage()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラム要素を含んでいるパッケージを取得します。
      boolean isFinal()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラム要素がfinal指定されている場合は、trueを返します。
      boolean isPackagePrivate()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラム要素がpackage private指定されている場合は、trueを返します。
      boolean isPrivate()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラム要素がprivate指定されている場合は、trueを返します。
      boolean isProtected()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラム要素がprotected指定されている場合は、trueを返します。
      boolean isPublic()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラム要素がpublic指定されている場合は、trueを返します。
      boolean isStatic()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラム要素がstatic指定されている場合は、trueを返します。
      String modifiers()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      修飾子の文字列を取得します。
      int modifierSpecifier()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      修飾子を指定する整数を取得します。
      String qualifiedName()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このプログラムの要素の完全指定名を取得します。
    • メソッドの詳細

      • containingClass

        ClassDoc containingClass()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラム要素を含んでいるクラスまたはインタフェースを取得します。
        戻り値:
        この要素を含んでいるクラスまたはインタフェースのClassDoc。 クラスまたはインタフェースがトップ・レベルの場合はnull。
      • containingPackage

        PackageDoc containingPackage()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラム要素を含んでいるパッケージを取得します。
        戻り値:
        この要素を含んでいるパッケージのPackageDoc。 名前のないパッケージでは、このPackageDocは""という名前になる。
      • qualifiedName

        String qualifiedName()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラムの要素の完全指定名を取得します。 たとえば、java.util.Hashtableクラスの場合、「java.util.Hashtable」を返します。

        名前のないパッケージのクラスがFooでメソッドがbar()の場合は、「Foo.bar」が返されます。

        戻り値:
        プログラム要素のStringによる修飾名。
      • modifierSpecifier

        int modifierSpecifier()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        修飾子を指定する整数を取得します。
        戻り値:
        修飾子を指定する整数を取得します。
        関連項目:
        Modifier
      • modifiers

        String modifiers()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        修飾子の文字列を取得します。 次に例を示します。
           public abstract int foo() { ... }
         
        「public abstract」を返します。 注釈は含まれません。
        戻り値:
        "公開抄録"。
      • annotations

        AnnotationDesc[] annotations()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラム要素の注釈を取得します。 注釈がない場合は、空の配列を返します。
        戻り値:
        このプログラム要素の注釈。
        導入されたバージョン:
        1.5
      • isPublic

        boolean isPublic()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラム要素がpublic指定されている場合は、trueを返します。
        戻り値:
        このプログラム要素がpublicである場合はtrue。
      • isProtected

        boolean isProtected()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラム要素がprotected指定されている場合は、trueを返します。
        戻り値:
        このプログラム要素が保護されている場合はtrue。
      • isPrivate

        boolean isPrivate()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラム要素がprivate指定されている場合は、trueを返します。
        戻り値:
        このプログラム要素がプライベートである場合はtrue。
      • isPackagePrivate

        boolean isPackagePrivate()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラム要素がpackage private指定されている場合は、trueを返します。
        戻り値:
        このプログラム要素がパッケージprivateである場合はtrue。
      • isStatic

        boolean isStatic()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラム要素がstatic指定されている場合は、trueを返します。
        戻り値:
        このプログラム要素が静的である場合はtrue。
      • isFinal

        boolean isFinal()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このプログラム要素がfinal指定されている場合は、trueを返します。
        戻り値:
        このプログラム要素が最終的な場合はtrue。