モジュール jdk.scripting.nashorn
パッケージ jdk.nashorn.api.scripting

クラスNashornException

  • すべての実装されたインタフェース:
    Serializable

    @Deprecated(since="11",
                forRemoval=true)
    public abstract class NashornException
    extends RuntimeException
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    Nashorn JavaScriptスクリプト・エンジンとAPIおよびjjsツールは、将来のリリースでこれらを削除する目的で非推奨になりました。
    これはすべてのNashorn例外の基底の例外です。 これらはユーザーのECMAScriptコードから生成されます。 例: スクリプト解析エラー、スクリプトからスローされる例外。 "eval"、"invokeMethod"、"invokeFunction"などのScriptEngineメソッドはScriptExceptionとしてこれをラップし、スローします。 ただし、ユーザーがこの例外(またはこの実装が定義されているサブタイプ)にアクセスする必要が生じることもあります。 たとえば、javaインタフェースがスクリプト・オブジェクトで実装されている場合、またはJavaがjava.util.Mapインタフェースを介してスクリプト・オブジェクト・プロパティにアクセスする場合です。 この場合、ユーザー・コードはこのインスタンス、または実装が定義されているサブクラスを取得します。
    導入されたバージョン:
    1.8u40
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      修飾子 コンストラクタ 説明
      protected NashornException​(String msg, String fileName, int line, int column)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      エラー・メッセージ、ファイル名、行番号、列番号を初期化するコンストラクタ。
      protected NashornException​(String msg, Throwable cause)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      エラー・メッセージを初期化して例外を発生させるコンストラクタです。
      protected NashornException​(String msg, Throwable cause, String fileName, int line, int column)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      エラー・メッセージを初期化し、例外、ファイル名、行番号、列番号を生成するコンストラクタ。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド 静的メソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 非推奨のメソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      int getColumnNumber()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このNashornExceptionの列を取得します
      Object getEcmaError()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      配下のECMAエラー・オブジェクトが利用可能であれば、それを返します。
      String getFileName()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このNashornExceptionソース・ファイル名を取得します
      int getLineNumber()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このNashornExceptionの行番号を取得します
      static StackTraceElement[] getScriptFrames​(Throwable exception)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定の例外オブジェクトから、配列のjavascriptスタック・フレームを返します。
      static String getScriptStackString​(Throwable exception)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      '\n'でフレーム情報を区切ったフォーマット済スクリプト・スタック・トレース文字列を返します
      protected Object getThrown()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      スローされたオブジェクトを取得します。
      void setColumnNumber​(int column)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このNashornExceptionの列を設定します
      void setEcmaError​(Object ecmaError)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      配下のECMAエラー・オブジェクトが利用可能であれば、それを返します。
      void setFileName​(String fileName)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このNashornExceptionソース・ファイル名を設定します
      void setLineNumber​(int line)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このNashornExceptionの行番号を設定します
    • コンストラクタの詳細

      • NashornException

        protected NashornException​(String msg,
                                   String fileName,
                                   int line,
                                   int column)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        エラー・メッセージ、ファイル名、行番号、列番号を初期化するコンストラクタ。
        パラメータ:
        msg - 例外メッセージ
        fileName - ファイル名
        line - 行番号
        column - 列番号
      • NashornException

        protected NashornException​(String msg,
                                   Throwable cause,
                                   String fileName,
                                   int line,
                                   int column)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        エラー・メッセージを初期化し、例外、ファイル名、行番号、列番号を生成するコンストラクタ。
        パラメータ:
        msg - 例外メッセージ
        cause - 例外の原因
        fileName - ファイル名
        line - 行番号
        column - 列番号
      • NashornException

        protected NashornException​(String msg,
                                   Throwable cause)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        エラー・メッセージを初期化して例外を発生させるコンストラクタです。
        パラメータ:
        msg - 例外メッセージ
        cause - 例外の原因
    • メソッドの詳細

      • getFileName

        public final String getFileName()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このNashornExceptionソース・ファイル名を取得します
        戻り値:
        ファイル名
      • setFileName

        public final void setFileName​(String fileName)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このNashornExceptionソース・ファイル名を設定します
        パラメータ:
        fileName - ファイル名
      • getLineNumber

        public final int getLineNumber()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このNashornExceptionの行番号を取得します
        戻り値:
        行番号
      • setLineNumber

        public final void setLineNumber​(int line)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このNashornExceptionの行番号を設定します
        パラメータ:
        line - 行番号
      • getColumnNumber

        public final int getColumnNumber()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このNashornExceptionの列を取得します
        戻り値:
        列番号
      • setColumnNumber

        public final void setColumnNumber​(int column)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        このNashornExceptionの列を設定します
        パラメータ:
        column - 列番号
      • getScriptFrames

        public static StackTraceElement[] getScriptFrames​(Throwable exception)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        指定の例外オブジェクトから、配列のjavascriptスタック・フレームを返します。
        パラメータ:
        exception - スタック・フレームを取得し、フィルタした例外
        戻り値:
        javascriptスタック・フレームの配列
      • getScriptStackString

        public static String getScriptStackString​(Throwable exception)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        '\n'でフレーム情報を区切ったフォーマット済スクリプト・スタック・トレース文字列を返します
        パラメータ:
        exception - スクリプト・スタック文字列が返された例外
        戻り値:
        フォーマット済スタック・トレース文字列
      • getThrown

        protected Object getThrown()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        スローされたオブジェクトを取得します。 サブクラスの責任
        戻り値:
        スローされたオブジェクト
      • getEcmaError

        public Object getEcmaError()
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        配下のECMAエラー・オブジェクトが利用可能であれば、それを返します。
        戻り値:
        基底のECMAエラー・オブジェクトのミラー、または文字列、数値、ブール値など、その他のものがスクリプトからスローされています。
      • setEcmaError

        public void setEcmaError​(Object ecmaError)
        削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
        配下のECMAエラー・オブジェクトが利用可能であれば、それを返します。
        パラメータ:
        ecmaError - 基底のECMAエラー・オブジェクトのミラー、または文字列、数値、ブール値など、その他のものがスクリプトからスローされています。