8 JDKのインストール・ディレクトリの構造

JDK 11のモジュラ・ランタイム・イメージには次のフォルダが含まれています。

ノート:

macOSの場合、JDKのインストール・パスは/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-interim.update.patch.jdk/Contents/Homeです。
/jdk-interim.update.patch.jdk

JDKソフトウェアがインストールされるルート・ディレクトリです。このディレクトリには著作権、READMEおよびリリース・ファイルも格納されています。

/jdk-interim.update.patch.jdk/Contents/Home/

JDKソフトウェアがインストールされるmacOS上のルート・ディレクトリです。

/jdk-interim.update.patch.jdk/bin

イメージにリンクされているモジュールによって定義されている実行可能ファイルとコマンド行ランチャ。

/jdk-interim.update.patch.jdk/conf

.propertiesファイル、.policyファイル、および開発や展開を行うユーザーやエンド・ユーザーが編集するその他の構成ファイル。

/jdk-interim.update.patch.jdk/lib

ランタイム・システムのプライベート実装の詳細。これらのファイルは外部使用を意図していないので、編集しないでください。

macOS上のlibディレクトリまたはLinuxとSolaris上のlib/$ARCHディレクトリには、ランタイム・システムの動的リンク型のネイティブ・ライブラリが含まれています。

/jdk-interim.update.patch.jdk/jmods

コンパイルされたモジュール定義。

/jdk-interim.update.patch.jdk/legal

各モジュールの著作権およびライセンス関連のファイル。

/jdk-interim.update.patch.jdk/lib/src.zip

Javaプラットフォームのソース・コードを含むアーカイブ。

/jdk-interim.update.patch.jdk/include

Java Native InterfaceおよびJava Virtual Machine (JVM) Debugger Interfaceを使用したネイティブ・コードのプログラミングをサポートするC言語ヘッダー・ファイルです。

ノート:

2つのバージョンのJDKを同時にインストールできます。JDKの更新バージョンによって以前のバージョンは置き換えられずに、新しいディレクトリが作成されます。たとえば、JDK 11とJDK 11.0.1を同時にインストールできます。JDKのインストール場所にjdk-11jdk-11.0.1の各ディレクトリが作成されます。