モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing.text

クラスUtilities

java.lang.Object
javax.swing.text.Utilities

public class Utilities extends Object
さまざまなテキスト関連のアクティビティを処理するメソッドのコレクションです。
  • コンストラクタの詳細

    • ユーティリティ

      public Utilities()
      Utilitiesを構築します。
  • メソッドの詳細

    • drawTabbedText

      @Deprecated(since="9") public static final int drawTabbedText(Segment s, int x, int y, Graphics g, TabExpander e, int startOffset)
      指定されたタブ拡張手法を使用して含まれているタブを拡張しながら、指定されたテキストをレンダリングします。 この特定の実装は、intが使用され、72dpiが仮定される1.1スタイルの座標系で描画します。
      パラメータ:
      s - テキストの転送元
      x - X原点>= 0
      y - Y原点>= 0
      g - グラフィックス・コンテキスト
      e - タブを拡張する方法。 この値がnullの場合タブは空白文字として拡張される。
      startOffset - ドキュメント内のテキストの開始オフセット>= 0
      戻り値:
      描画されたテキストの終了のX位置
    • drawTabbedText

      public static final float drawTabbedText(Segment s, float x, float y, Graphics2D g, TabExpander e, int startOffset)
      指定されたタブ拡張手法を使用して含まれているタブを拡張しながら、指定されたテキストをレンダリングします。
      パラメータ:
      s - テキストの転送元
      x - X原点>= 0
      y - Y原点>= 0
      g - グラフィックス・コンテキスト
      e - タブを拡張する方法。 この値がnullの場合タブは空白文字として拡張される。
      startOffset - ドキュメント内のテキストの開始オフセット>= 0
      戻り値:
      描画されたテキストの終了のX位置
      導入されたバージョン:
      9
    • getTabbedTextWidth

      @Deprecated(since="9") public static final int getTabbedTextWidth(Segment s, FontMetrics metrics, int x, TabExpander e, int startOffset)
      非推奨。
      タブを考慮しながら、指定されたテキスト・セグメントの幅を判定します。 このメソッドは、intが使用され、72dpiが仮定される1.1スタイルの座標系で実装されます。
      パラメータ:
      s - テキストの転送元
      metrics - 計算に使用するフォント・メトリックス
      x - X原点>= 0
      e - タブを拡張する方法。 この値がnullの場合タブは空白文字として拡張される。
      startOffset - ドキュメント内のテキストの開始オフセット>= 0
      戻り値:
      テキストの幅
    • getTabbedTextWidth

      public static final float getTabbedTextWidth(Segment s, FontMetrics metrics, float x, TabExpander e, int startOffset)
      タブを考慮しながら、指定されたテキスト・セグメントの幅を判定します。
      パラメータ:
      s - テキストの転送元
      metrics - 計算に使用するフォント・メトリックス
      x - X原点>= 0
      e - タブを拡張する方法。 この値がnullの場合タブは空白文字として拡張される。
      startOffset - ドキュメント内のテキストの開始オフセット>= 0
      戻り値:
      テキストの幅
      導入されたバージョン:
      9
    • getTabbedTextOffset

      @Deprecated(since="9") public static final int getTabbedTextOffset(Segment s, FontMetrics metrics, int x0, int x, TabExpander e, int startOffset)
      ビュー座標系内で指定された範囲をもっともよく表現する、指定されたテキストへの相対オフセットを判定します。 このメソッドは、intが使用され、72dpiが仮定される1.1スタイルの座標系で実装されます。
      パラメータ:
      s - テキストの転送元
      metrics - 計算に使用するフォント・メトリックス
      x0 - 指定されたテキストの開始を表すビューの開始位置>= 0。
      x - オフセットをテキストに変換するターゲット・ビューの位置>= 0。
      e - タブを拡張する方法。 この値がnullの場合タブは空白文字として拡張される。
      startOffset - ドキュメント内のテキストの開始オフセット>= 0
      戻り値:
      テキストに対するオフセット>= 0
    • getTabbedTextOffset

      @Deprecated(since="9") public static final int getTabbedTextOffset(Segment s, FontMetrics metrics, int x0, int x, TabExpander e, int startOffset, boolean round)
      ビュー座標系内で指定された範囲をもっともよく表現する、指定されたテキストへの相対オフセットを判定します。
      パラメータ:
      s - テキストの転送元
      metrics - 計算に使用するフォント・メトリックス
      x0 - 指定されたテキストの開始を表すビューの開始位置>= 0。
      x - オフセットをテキストに変換するターゲット・ビューの位置>= 0。
      e - タブを拡張する方法。 この値がnullの場合タブは空白文字として拡張される。
      startOffset - ドキュメント内のテキストの開始オフセット>= 0
      round - ラウンドするかどうか
      戻り値:
      テキストに対するオフセット>= 0
    • getTabbedTextOffset

      public static final int getTabbedTextOffset(Segment s, FontMetrics metrics, float x0, float x, TabExpander e, int startOffset, boolean round)
      ビュー座標系内で指定された範囲をもっともよく表現する、指定されたテキストへの相対オフセットを判定します。
      パラメータ:
      s - テキストの転送元
      metrics - 計算に使用するフォント・メトリックス
      x0 - 指定されたテキスト>= 0の先頭を表す開始ビューのロケーション。
      x - >= 0テキストへのオフセットに変換するターゲット・ビューのロケーション。
      e - タブを拡張する方法。 この値がnullの場合タブは空白文字として拡張される。
      startOffset - ドキュメント内のテキストの開始オフセット>= 0
      round - ラウンドするかどうか
      戻り値:
      テキスト>= 0へのオフセット
      導入されたバージョン:
      9
    • getBreakLocation

      @Deprecated(since="9") public static final int getBreakLocation(Segment s, FontMetrics metrics, int x0, int x, TabExpander e, int startOffset)
      指定された範囲に収まるように指定されたテキストを分割する位置を決定します。 このメソッドは、ワード境界を見つけようとします。
      パラメータ:
      s - テキストの転送元
      metrics - 計算に使用するフォント・メトリックス
      x0 - 指定されたテキストの開始を表すビューの開始位置。
      x - オフセットをテキストに変換するターゲット・ビューの位置。
      e - タブを拡張する方法。 この値がnullの場合タブは空白文字として拡張される。
      startOffset - テキストのドキュメント内の開始オフセット
      戻り値:
      指定されたテキストへのオフセット
    • getBreakLocation

      public static final int getBreakLocation(Segment s, FontMetrics metrics, float x0, float x, TabExpander e, int startOffset)
      指定された範囲に収まるように指定されたテキストを分割する位置を決定します。 このメソッドは、ワード境界を見つけようとします。
      パラメータ:
      s - テキストの転送元
      metrics - 計算に使用するフォント・メトリックス
      x0 - 指定されたテキストの開始を表すビューの開始位置。
      x - オフセットをテキストに変換するターゲット・ビューの位置。
      e - タブを拡張する方法。 この値がnullの場合タブは空白文字として拡張される。
      startOffset - テキストのドキュメント内の開始オフセット
      戻り値:
      指定されたテキストへのオフセット
      導入されたバージョン:
      9
    • getRowStart

      public static final int getRowStart(JTextComponent c, int offs) throws BadLocationException
      指定されたモデル位置を含む行の、開始行モデル位置を指定します。 このコンポーネントは、結果を計算するためのサイズが必要です。 コンポーネントに必要なサイズがない場合は、-1の値が返されます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメントのオフセット>= 0
      戻り値:
      要求を計算できる場合、位置は0以上。そうでない場合は、-1が返される。
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
    • getRowEnd

      public static final int getRowEnd(JTextComponent c, int offs) throws BadLocationException
      指定されたモデル位置を含む行の、終了行モデル位置を指定します。 このコンポーネントは、結果を計算するためのサイズが必要です。 コンポーネントに必要なサイズがない場合は、-1の値が返されます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメントのオフセット>= 0
      戻り値:
      要求を計算できる場合、位置は0以上。そうでない場合は、-1が返される。
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
    • getPositionAbove

      @Deprecated(since="9") public static final int getPositionAbove(JTextComponent c, int offs, int x) throws BadLocationException
      非推奨。
      getPositionAbove(JTextComponent, int, float)に置き換えられました
      上の行で指定されたビュー位置にもっとも近いモデル内の位置を決定します。 このコンポーネントは、結果を計算するためのサイズが必要です。 コンポーネントに必要なサイズがない場合は、-1の値が返されます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメントのオフセット>= 0
      x - X座標>= 0
      戻り値:
      要求を計算できる場合、位置は0以上。そうでない場合は、-1が返される。
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
    • getPositionAbove

      public static final int getPositionAbove(JTextComponent c, int offs, float x) throws BadLocationException
      上の行で指定されたビュー位置にもっとも近いモデル内の位置を決定します。 このコンポーネントは、結果を計算するためのサイズが必要です。 コンポーネントに必要なサイズがない場合は、-1の値が返されます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメント>= 0のオフセット
      x - X座標>= 0
      戻り値:
      >= 0の位置を計算できます。そうでない場合は -1が返されます。
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
      導入されたバージョン:
      9
    • getPositionBelow

      @Deprecated(since="9") public static final int getPositionBelow(JTextComponent c, int offs, int x) throws BadLocationException
      非推奨。
      getPositionBelow(JTextComponent, int, float)に置き換えられました
      下の行で指定されたビュー位置にもっとも近いモデル内の位置を決定します。 このコンポーネントは、結果を計算するためのサイズが必要です。 コンポーネントに必要なサイズがない場合は、-1の値が返されます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメントのオフセット>= 0
      x - X座標>= 0
      戻り値:
      要求を計算できる場合、位置は0以上。そうでない場合は、-1が返される。
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
    • getPositionBelow

      public static final int getPositionBelow(JTextComponent c, int offs, float x) throws BadLocationException
      下の行で指定されたビュー位置にもっとも近いモデル内の位置を決定します。 このコンポーネントは、結果を計算するためのサイズが必要です。 コンポーネントに必要なサイズがない場合は、-1の値が返されます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメント>= 0のオフセット
      x - X座標>= 0
      戻り値:
      >= 0の位置を計算できます。そうでない場合は -1が返されます。
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
      導入されたバージョン:
      9
    • getWordStart

      public static final int getWordStart(JTextComponent c, int offs) throws BadLocationException
      指定されたモデル位置の語の開始位置を決定します。 BreakIterator.getWordInstance()を使用すると、実際に語を取得できます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメントのオフセット>= 0
      戻り値:
      語が始まるモデル内の位置>= 0
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
    • getWordEnd

      public static final int getWordEnd(JTextComponent c, int offs) throws BadLocationException
      指定された位置の語の終了位置を決定します。 BreakIterator.getWordInstance()を使用すると、実際に語を取得できます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメントのオフセット>= 0
      戻り値:
      語が終了するモデル内の位置>= 0
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
    • getNextWord

      public static final int getNextWord(JTextComponent c, int offs) throws BadLocationException
      指定された位置の次の語の開始位置を決定します。 BreakIterator.getWordInstance()を使用すると、実際に語を取得できます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメントのオフセット>= 0
      戻り値:
      語が始まるモデル内の位置>= 0
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
    • getPreviousWord

      public static final int getPreviousWord(JTextComponent c, int offs) throws BadLocationException
      指定された位置の直前の語の開始位置を指定します。 BreakIterator.getWordInstance()を使用すると、実際に語を取得できます。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメントのオフセット>= 0
      戻り値:
      語が始まるモデル内の位置>= 0
      例外:
      BadLocationException - オフセットが範囲外の場合
    • getParagraphElement

      public static final Element getParagraphElement(JTextComponent c, int offs)
      段落または行に使用する要素を指定します。
      パラメータ:
      c - エディタ
      offs - ドキュメントの開始オフセット>= 0
      戻り値:
      要素