モジュール java.desktop

パッケージjavax.swing.text


パッケージjavax.swing.text
編集可能なテキスト・コンポーネントと編集不能なテキスト・コンポーネントを処理するクラスとインタフェースを提供します。 テキスト・コンポーネントには、テキスト・フィールドやテキスト領域などがあり、そのパスワード・フィールドとドキュメント・エディタは特別にインスタンスが生成されたものです。 このパッケージでサポートする機能には、選択/ハイライト、編集、スタイル、キー・マッピングなどがあります。

ノート: ほとんどのSwing APIはスレッド・セーフではありません 詳細は、「The Java Tutorial」の「Concurrency in Swing」セクションを参照してください。

関連項目

概要、チュートリアル、例、ガイド、およびツールのドキュメントについては、以下を参照してください。
導入されたバージョン:
1.2
  • クラス
    説明
    ドキュメント・インタフェースの実装であり、各種のドキュメントを実装するときのベースになります。
    このインタフェースは、プラグイン可能な属性圧縮手法をMutableAttributeSetの実装で使用可能にするために使用できます。
    編集可能な文字のシーケンスを示すインタフェースです。
    ドキュメントのイベントに追加できるElementChangeの実装です。
    AbstractWriterは、属性を含む要素ツリーを実際に書き出すabstractクラスです。
    非同期にレイアウトを行うボックスです。
    一意な属性のコレクションです。
    このインタフェースはタイプ・シグニチャであり、文字レベル表現に関与するあらゆる属性のキーに現れることが期待されます。
    このインタフェースはタイプ・シグニチャであり、色の表示に関与するあらゆる属性のキーに現れることが期待されます。
    このインタフェースはタイプ・シグニチャであり、テキストの描画に使用するフォントの決定に関与するあらゆる属性のキーに現れることが期待されます。
    このインタフェースはタイプ・シグニチャであり、段落レベルの表現に関与する属性のキーに現れることが期待されます。
    存在しない位置を参照しようとした場合などの、ドキュメント・モデル中の不正な位置を報告します。
    ビューは、ビューの子を軸に沿ってタイリングすることで、1つのボックスの形状に配置します。
    ドキュメント・モデル内に内容を挿入できる、ドキュメント・ビュー内の場所を示します。
    ChangedCharSetExceptionは、名前が示すとおり、文字セットが変更されたときにスローされる例外です。
    ビューのインタフェースを実装するコンポーネント・デコレータです。
    CompositeViewは、1つ以上の子ビューを管理するabstractクラスのViewの実装です。
    DateFormatterは、java.text.DateFormatのインスタンス経由で書式設定を行うInternationalFormatterです。
    Caretのデフォルト実装です。
    特定のタイプのテキスト・ドキュメントに対して適切なエディタとして機能するために、テキスト・コンポーネントに必要なセットです。
    ビープ音を作成します。
    選択した領域をコピーして、その内容をシステム・クリップボードに格納します。
    選択した領域を切り取り、その内容をシステム・クリップボードに格納します。
    キー入力イベントを受け取ったとき、キーマップ・エントリがない場合にデフォルトで実行されるアクションです。
    ドキュメントに行または段落の区切りを配置します。
    関連するドキュメントに内容を格納します。
    ドキュメントにタブ文字を配置します。
    システム・クリップボードの内容を、選択された範囲、あるいはキャレットの前(何も選択されていない場合)に貼り付けます。
    DefaultFormatterは、任意のオブジェクトのフォーマットを行います。
    JFormattedTextField.AbstractFormatterFactoryの実装です。
    このクラスは、Highlighterインタフェースを実装します。
    ハイライト領域をソリッド・カラーで塗りつぶす簡単なハイライト・ペインタです。
    Rich Text Formatに類似した方式を使って、字体や段落書式をマークアップできるドキュメントです。
    UndoableEditは、ElementのAttributeSetに加えられた変更を記憶するために使います。
    要素を構築する実装です。
    Deprecated 
    Documentはswingテキスト・コンポーネントのモデルとなるテキストのコンテナです。
    DocumentFilterは、名前が示すようにDocument変更メソッドのフィルタです。
    Documentへのコールバックを回避して、Documentを変更する場合に使用されます。
    特定のタイプのテキスト・コンテンツに対して適切なエディタとして機能するために、テキスト・コンポーネントが必要とするもののセットを確立します。
    ドキュメントの構造上の部品を記述するインタフェースです。
    ElementIteratorは、名前が示すとおり、Elementツリーを反復処理します。
    複数行のプレーン・テキスト・ビューを単一行エディタのビューに適合するように拡張します。
    子を一部制約のある空間へ並べようとするビューです。
    フローの物理的なフォームを維持するための方法です。
    emacsが使うものと類似したギャップ付きバッファを使って実装されたAbstractDocument.Contentインタフェースの実装です。
    テキスト・モデルの要素上にマッピングされたビューを表す、テキストの書式付きチャンクです。
    グリフの描画を行うクラスです。
    バックグラウンドを色付き領域でマークアップできるようにするオブジェクトのインタフェースです。
    ハイライト。
    ハイライト・レンダラです。
    ビュー・インタフェースを実装するアイコン・デコレータです。
    InternationalFormatterは、Stringへの変換とStringからの変換を処理するjava.text.Formatのインスタンスを使用して、DefaultFormatterを拡張します。
    JTextComponentは、Swingテキスト・コンポーネントのための基底クラスです。
    JTextComponentのドロップ位置を表します。
    キー・バインド作成用のレコードを割り当てます。
    アクションに対するキー・ストローク割当てのコレクションです。
    LabelViewは、テキスト・モデルの要素上にマッピングされたビューを表す、テキストの書式付きチャンクです。
     
    階層化されたハイライト・レンダラです。
    テキスト・レイアウト・タスクのキューです。
    MaskFormatterは、文字列の書式設定および編集に使用されます。
    一意な属性を集めた可変コレクションのジェネリック・インタフェースです。
    NavigationFilterは、カーソルを配置する場所を限定するために使用されます。
    カーソルを配置するキャレットのコールバックを回避する方法として使用されます。
    NumberFormatterは、数に関する特殊な動作を追加するInternationalFormatterをサブクラス化します。
    複数のフォント、色、コンポーネント、アイコンなどをサポートする単純な行折返し段落のビューです。
    JPasswordFieldのUIの実装で使用するのに適したViewを実装します。
    文字の属性をまったく保持しないプレーンなドキュメントです。
    フォントと色が1種類ずつのテキストを含む単純な複数行テキスト・ビューのために、Viewインタフェースを実装します。
    ドキュメント内の位置を表します。
    モデル内の位置に対するバイアスを示す型保証された列挙です。
    テキストのフラグメントを表す文字配列のセグメントです。
    ハッシュ・テーブルを使用する、MutableAttributeSetの直接の実装です。
    比較的小さなドキュメントおよびデバッグには便利な、強引な実装であるAbstractDocument.Contentインタフェースの実装です。
    ドキュメント内の要素に関連した属性のコレクションです。
    型保証でプロパティを取得または設定するためにAttributeSetまたはMutableAttributeSetに適用する、既知または共通の属性キーおよびメソッドのコレクションです。
    文字の書式に寄与する既知の属性の型保証された列挙型です。
    色に寄与する既知の属性の型保証された列挙型です。
    フォントに寄与する既知の属性の型保証された列挙型です。
    段落の書式に寄与する既知の属性の型保証された列挙型です。
    書式および関連するリソースのプールです。
    書式付きドキュメントのジェネリック・インタフェースです。
    特定のタイプのテキスト・ドキュメントに対して適切なエディタとして機能するために、テキスト・コンポーネントに必要なセットです。
    段落の配置方法を設定するアクションです。
    ボールド属性を切り替えるアクションです。
    関連するJEditorPaneのフォント・ファミリを設定するアクションです。
    関連するJEditorPaneのフォント・サイズを設定するアクションです。
    フォアグラウンド・カラーを設定するアクションです。
    イタリック属性を切り替えるアクションです。
    StyledEditorKit (またはサブクラス)がインストールされたJEditorPaneでトリガーされると見なされるアクションです。
    下線属性を切り替えるアクションです。
    サイズがタブに依存するViewのインタフェースです。
    タブ拡張の複数の型の実装を実現する単純なインタフェースです。
    テーブルのViewインタフェースを実装します。テーブルは、このビューが扱う要素の子要素が行を表し、行要素の子要素がセルである要素構造で構成されます。
    タブ・セットは、多くのタブストップで構成されます。
    1つのタブストップをカプセル化します。RTFは、基本的にタブストップを考慮します。
    いくつかの異なるテキスト・コンポーネントで共有されるキー・バインディングに便利なアクション実装です。
    さまざまなテキスト関連のアクティビティを処理するメソッドのコレクションです。
    Viewクラスは、テキスト・パッケージの非常に重要な部分です。
    ドキュメント対象の一部のビューを作成するファクトリです。
    折返しを行うプレーン・テキスト(フォントおよび色が1種類ずつのテキスト)のビューです。
    ZoneViewはViewの実装で、子ビューが表示またはモデルとビューの変換のために必要になるまで生成または格納されないゾーンを生成します。