モジュール java.management
パッケージ javax.management

クラスNotification

java.lang.Object
java.util.EventObject
javax.management.Notification
すべての実装されたインタフェース:
Serializable
直系の既知のサブクラス:
AttributeChangeNotification, JMXConnectionNotification, MBeanServerNotification, MonitorNotification, RelationNotification, TimerNotification

public class Notification extends EventObject

Notificationクラスは、MBeanが発行する通知を表します。 このクラスには、ソースMBeanの参照が含まれます。通知がMBeanサーバー経由で送信され、この通知のもともとのソースが通知発行元のMBeanオブジェクトの参照であった場合、MBeanサーバーはこれをMBeanのObjectNameで置き換えます。 リスナーがMBeanに直接登録されている場合、これはオブジェクト名か、そのMBeanの直接参照になります。

通知を送信する際は、ソースとして、MBeanオブジェクトの参照ではなくオブジェクト名を使用することを強くお勧めします。

このクラスのserialVersionUID-7516092053498031989Lです。

導入されたバージョン:
1.5
関連項目:
  • フィールドのサマリー

    フィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    protected Object
    このフィールドは、親クラスでEventObject.sourceフィールドを隠すことにより非transientになり、直列化形式の一部になります。
  • コンストラクタのサマリー

    コンストラクタ
    コンストラクタ
    説明
    Notification(String type, Object source, long sequenceNumber)
    Notificationオブジェクトを作成します。
    Notification(String type, Object source, long sequenceNumber, long timeStamp)
    Notificationオブジェクトを作成します。
    Notification(String type, Object source, long sequenceNumber, long timeStamp, String message)
    Notificationオブジェクトを作成します。
    Notification(String type, Object source, long sequenceNumber, String message)
    Notificationオブジェクトを作成します。
  • メソッドのサマリー

    修飾子と型
    メソッド
    説明
    通知メッセージを取得します。
    long
    通知シーケンス番号を取得します。
    long
    通知タイムスタンプを取得します。
    通知型を取得します。
    ユーザー・データを取得します。
    void
    setSequenceNumber(long sequenceNumber)
    通知シーケンス番号を設定します。
    void
    setSource(Object source)
    ソースを設定します。
    void
    setTimeStamp(long timeStamp)
    通知タイムスタンプを設定します。
    void
    setUserData(Object userData)
    ユーザー・データを設定します。
    この通知のString表現を返します。

    クラス java.util.EventObjectで宣言されたメソッド

    getSource

    クラス java.lang.Objectで宣言されたメソッド

    clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
  • フィールド詳細

    • source

      protected Object source

      このフィールドは、親クラスでEventObject.sourceフィールドを隠すことにより非transientになり、直列化形式の一部になります。

  • コンストラクタの詳細

    • 通知

      public Notification(String type, Object source, long sequenceNumber)
      Notificationオブジェクトを作成します。 通知timeStampには現在の日付が設定されます。
      パラメータ:
      type - 通知タイプ。
      source - 通知ソース。
      sequenceNumber - ソース・オブジェクト内の通知シーケンス番号。
    • 通知

      public Notification(String type, Object source, long sequenceNumber, String message)
      Notificationオブジェクトを作成します。 通知timeStampには現在の日付が設定されます。
      パラメータ:
      type - 通知タイプ。
      source - 通知ソース。
      sequenceNumber - ソース・オブジェクト内の通知シーケンス番号。
      message - 詳細メッセージ。
    • 通知

      public Notification(String type, Object source, long sequenceNumber, long timeStamp)
      Notificationオブジェクトを作成します。
      パラメータ:
      type - 通知タイプ。
      source - 通知ソース。
      sequenceNumber - ソース・オブジェクト内の通知シーケンス番号。
      timeStamp - 通知発行日付。
    • 通知

      public Notification(String type, Object source, long sequenceNumber, long timeStamp, String message)
      Notificationオブジェクトを作成します。
      パラメータ:
      type - 通知タイプ。
      source - 通知ソース。
      sequenceNumber - ソース・オブジェクト内の通知シーケンス番号。
      timeStamp - 通知発行日付。
      message - 詳細メッセージ。
  • メソッドの詳細

    • setSource

      public void setSource(Object source)
      ソースを設定します。
      パラメータ:
      source - このオブジェクトの新しいソース。
      関連項目:
    • getSequenceNumber

      public long getSequenceNumber()
      通知シーケンス番号を取得します。
      戻り値:
      ソース・オブジェクト内の通知シーケンス番号。 通知ソースのコンテキストで、特定の通知を識別するシリアル番号。 通知モデルでは、通知が送信された順番で受信されることは保証されていない。 リスナーは、シーケンス番号を利用して、受信した通知を並べ替える。
      関連項目:
    • setSequenceNumber

      public void setSequenceNumber(long sequenceNumber)
      通知シーケンス番号を設定します。
      パラメータ:
      sequenceNumber - ソース・オブジェクト内の通知シーケンス番号。 通知ソースのコンテキストで、特定の通知を識別するシリアル番号。
      関連項目:
    • getType

      public String getType()
      通知型を取得します。
      戻り値:
      通知タイプ。 Javaプロパティと同様のドット表記法で表現された文字列。 Javaパッケージ名で使用される逆順ドメイン名規約に通知型が従うようにすることを推奨。 通知型の例はcom.example.alarm.router。
    • getTimeStamp

      public long getTimeStamp()
      通知タイムスタンプを取得します。
      戻り値:
      通知タイムスタンプ。
      関連項目:
    • setTimeStamp

      public void setTimeStamp(long timeStamp)
      通知タイムスタンプを設定します。
      パラメータ:
      timeStamp - 通知タイムスタンプ。 通知がいつ生成されたかを示す。
      関連項目:
    • getMessage

      public String getMessage()
      通知メッセージを取得します。
      戻り値:
      この通知オブジェクトのメッセージ文字列。
    • getUserData

      public Object getUserData()
      ユーザー・データを取得します。
      戻り値:
      ユーザー・データ・オブジェクト。 通知ソースからコンシューマに伝送されるあらゆるデータ用として使用される。
      関連項目:
    • setUserData

      public void setUserData(Object userData)
      ユーザー・データを設定します。
      パラメータ:
      userData - ユーザー・データ・オブジェクト。 通知ソースからコンシューマに伝送されるあらゆるデータ用として使用される。
      関連項目:
    • toString

      public String toString()
      この通知のString表現を返します。
      オーバーライド:
      toString、クラス: EventObject
      戻り値:
      この通知のString表現。