直列化された形式

  • パッケージ com.sun.jdi

  • パッケージ com.sun.jdi.connect

  • パッケージ com.sun.jdi.connect.spi

  • パッケージ com.sun.jdi.request

  • パッケージ com.sun.nio.sctp

  • パッケージ com.sun.security.auth

  • パッケージ com.sun.security.jgss

  • パッケージ com.sun.tools.attach

  • パッケージ java.applet

  • パッケージ java.awt

    • エラーjava.awt.AWTError

      class AWTError extends Error implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1819846354050686206L
    • クラスjava.awt.AWTEvent

      class AWTEvent extends EventObject implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1825314779160409405L
      • 直列化されたフィールド

        • bdata
          byte[] bdata
          プライベート・データ。
        • consumed
          boolean consumed
          転送元の処理後にイベントをピアに送り返すかどうかを制御します。trueの場合は送り返されず、falseの場合は送り返されます。 セマンティック・イベントは低レベル・イベントに反応してピアで生成されるため、この値は常にtrueになります。
          関連項目:
        • id
          int id
          イベントのID
          関連項目:
    • 例外java.awt.AWTException

      class AWTException extends Exception implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1900414231151323879L
    • クラスjava.awt.AWTKeyStroke

      class AWTKeyStroke extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -6430539691155161871L
      • 直列化メソッド

        • readResolve
          protected Object readResolve() throws ObjectStreamException
          このインスタンスに等しい、AWTKeyStrokeのキャッシュされたインスタンス(またはAWTKeyStrokeのサブクラス)を返します。
          例外:
          ObjectStreamException - 直列化の問題が発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • keyChar
          char keyChar
          キーボード・キーの文字値。
        • keyCode
          int keyCode
          このAWTKeyStrokeのキー・コード。
        • modifiers
          int modifiers
          任意の修飾子のビット単位の組合せ。
        • onKeyRelease
          boolean onKeyRelease
          このAWTKeyStrokeがキー・リリースに対応する場合はtrue、そうでない場合はfalse
    • クラスjava.awt.AWTPermission

      class AWTPermission extends BasicPermission implements Serializable
      serialVersionUID:
      8890392402588814465L
    • クラスjava.awt.BorderLayout

      class BorderLayout extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8658291919501921765L
    • クラスjava.awt.Button

      class Button extends Component implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8774683716313001058L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          ObjectInputStreamを読み込み、それがnullではない場合、ボタンによってトリガーされるアクション・イベントを受信するためのリスナーを追加します。 認識できないキーまたは値は無視されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返す場合
          関連項目:
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。 オプションのデータとして、直列化可能なActionListenersのリストを書き込みます。 直列化可能でないActionListenersは検出され、それらの直列化は試行されません。
          シリアル・データ:
          nullで終了する0個以上のペアのシーケンス。ペアはStringObjectで構成されます。Stringはオブジェクトの型を示し、次のいずれかになります。ActionListenerオブジェクトを示すactionListenerK
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
      • 直列化されたフィールド

    • クラスjava.awt.Button.AccessibleAWTButton

      class AccessibleAWTButton extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -5932203980244017102L
    • クラスjava.awt.Canvas

      class Canvas extends Component implements Serializable
      serialVersionUID:
      -2284879212465893870L
    • クラスjava.awt.Canvas.AccessibleAWTCanvas

      class AccessibleAWTCanvas extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -6325592262103146699L
    • クラスjava.awt.CardLayout

      class CardLayout extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4328196481005934313L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          直列化可能フィールドをストリームから読み込みます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • currentCard
          int currentCard
          現在表示されているComponentのインデックス
        • hgap
          int hgap
          水平方向のレイアウト・ギャップ
        • tab
          Hashtable tab
          非推奨。上方互換性のためだけに存在
        • vector
          Vector vector
          コンポーネントとその名前のペア
        • vgap
          int vgap
          垂直方向のレイアウト・ギャップ
    • クラスjava.awt.Checkbox

      class Checkbox extends Component implements Serializable
      serialVersionUID:
      7270714317450821763L
    • クラスjava.awt.Checkbox.AccessibleAWTCheckbox

      class AccessibleAWTCheckbox extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      7881579233144754107L
    • クラスjava.awt.CheckboxGroup

      class CheckboxGroup extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      3729780091441768983L
    • クラスjava.awt.CheckboxMenuItem

      class CheckboxMenuItem extends MenuItem implements Serializable
      serialVersionUID:
      6190621106981774043L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          ObjectInputStreamを読み取り、nullでない場合は、Checkboxメニュー・アイテムによって起動されるアイテム・イベントを受信するリスナーを追加します。 認識できないキーまたは値は無視されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。 オプションのデータとして、直列化可能なItemListenersのリストを書き込みます。 直列化可能でないItemListenersは検出され、それらの直列化は試行されません。
          シリアル・データ:
          nullで終了する0個以上のペアのシーケンス。このペアはStringObjectで構成されます。Stringはオブジェクトの型を示し、次のいずれかになります。ItemListenerオブジェクトを示すitemListenerK
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
      • 直列化されたフィールド

    • クラスjava.awt.CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItem

      class AccessibleAWTCheckboxMenuItem extends MenuItem.AccessibleAWTMenuItem implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1122642964303476L
    • クラスjava.awt.Choice

      class Choice extends Component implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4075310674757313071L
    • クラスjava.awt.Choice.AccessibleAWTChoice

      class AccessibleAWTChoice extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      7175603582428509322L
    • クラスjava.awt.Color

      class Color extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      118526816881161077L
    • クラスjava.awt.Component

      class Component extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -7644114512714619750L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          ObjectInputStreamを読み込み、それがnullではない場合、コンポーネントによってトリガーされる複数のイベントを受信するためのリスナーを追加します。 認識できないキーまたは値は無視されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
          • Component.writeObject(ObjectOutputStream)
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。 直列化可能なリスナーはオプションのデータとして書き込まれます。 直列化できないリスナーは検出され、それらの直列化は試行されません。
          シリアル・データ:
          nullで終了する0個以上のペアのシーケンス。このペアはStringObjectで構成されます。Stringはオブジェクトの型を示し、次のいずれかになります(1.4以降)。ComponentListenerオブジェクトを示すcomponentListenerKFocusListenerオブジェクトを示すfocusListenerKKeyListenerオブジェクトを示すkeyListenerKMouseListenerオブジェクトを示すmouseListenerKMouseMotionListenerオブジェクトを示すmouseMotionListenerKInputMethodListenerオブジェクトを示すinputMethodListenerKHierarchyListenerオブジェクトを示すhierarchyListenerKHierarchyBoundsListenerオブジェクトを示すhierarchyBoundsListenerKMouseWheelListenerオブジェクトを示すmouseWheelListenerK、オプションのComponentOrientation (inputMethodListenerのあと、1.2以降)
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
      • 直列化されたフィールド

        • accessibleContext
          AccessibleContext accessibleContext
          このComponentに関連付けられたAccessibleContext
        • autoFocusTransferOnDisposal
          boolean autoFocusTransferOnDisposal
          親コンテナの破棄プロセスでフォーカス所有者の破棄時に自動フォーカス転送を禁止するために使用されます。
        • background
          Color background
          このコンポーネントのバックグラウンド・カラーです。backgroundnullの場合もあります。
          関連項目:
        • boundsOp
          int boundsOp
          直接のGeometry API (setBoundsに変更点を通知するsetLocation、setBounds、setSize)の擬似パラメータです。 TreeLockの状態で使用する必要があります。 これはpublicメソッドおよび非推奨メソッドの相互呼出し順を変更できないため必要です。
        • changeSupport
          PropertyChangeSupport changeSupport
          PropertyChangeListenersが登録されている場合、changeSupportフィールドがそれらを記述します。
          導入されたバージョン:
          1.2
          関連項目:
        • componentSerializedDataVersion
          int componentSerializedDataVersion
          コンポーネントの直列化されたデータのバージョンです。
        • cursor
          Cursor cursor
          このコンポーネントにポインタがあるときに表示されるカーソルです。 この値には、nullも指定できます。
          関連項目:
        • dropTarget
          DropTarget dropTarget
          このコンポーネントに関連付けられたDropTargetです。
          導入されたバージョン:
          1.2
          関連項目:
        • enabled
          boolean enabled
          オブジェクトが使用可能な場合はtrueです。 使用できないオブジェクトはユーザーと対話しません。
          関連項目:
        • eventMask
          long eventMask
          eventMaskは、enableEventsを使ったサブクラスだけが設定します。 リスナーがイベントを要求するときと、サブクラスがイベントを要求するときの違いを区別するために、リスナーを登録するときは、このマスクを使用しないでください。 入力メソッドが使用可能かどうかを示すために、1ビットが使用されます。このビットはenableInputMethodsによって設定され、デフォルトではオンになります。
          関連項目:
        • focusable
          boolean focusable
          このコンポーネントにフォーカスが設定可能かどうかを示します。
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
        • focusTraversalKeys
          Set<AWTKeyStroke>[] focusTraversalKeys
          フォーカス・トラバーサル・キーです。 フォーカス・トラバーサル・キーを使用できるコンポーネントのフォーカス・トラバーサル動作を決定します。 トラバーサル・キーにnullが指定される場合、このコンポーネントは親からトラバーサル・キーを継承します。 このコンポーネントの上位コンポーネントすべてのトラバーサル・キーにnullが指定されている場合、現在のKeyboardFocusManagerのデフォルト・トラバーサル・キーが使用されます。
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
        • focusTraversalKeysEnabled
          boolean focusTraversalKeysEnabled
          このコンポーネントに対してフォーカス・トラバーサル・キーが使用できるかどうかを示します。 フォーカス・トラバーサル・キーが使用できないコンポーネントは、フォーカス・トラバーサル・キーに対応するキー・イベントを受け取ります。 フォーカス・トラバーサル・キーが使用できるコンポーネントはキー・イベントをそのまま受け取らず、トラバーサル操作に変換して受け取ります。
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
        • font
          Font font
          コンポーネントで使用するフォントです。 fontnullの場合もあります。
          関連項目:
        • foreground
          Color foreground
          このコンポーネントのフォアグラウンド・カラーです。foregroundnullの場合もあります。
          関連項目:
        • height
          int height
          コンポーネントの高さです。
          関連項目:
        • ignoreRepaint
          boolean ignoreRepaint
          オブジェクトがすべての再描画イベントを無視する場合はtrueが返されます。
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
        • isFocusTraversableOverridden
          int isFocusTraversableOverridden
          このコンポーネントがデフォルトのフォーカス・トラバービリティに依存しているかどうかを追跡します。
          導入されたバージョン:
          1.4
        • isPacked
          boolean isPacked
          コンポーネントが梱包されているかどうか
        • locale
          Locale locale
          コンポーネントに使用するロケールです。
          関連項目:
        • maxSize
          Dimension maxSize
          最大サイズ
        • maxSizeSet
          boolean maxSizeSet
          null以外の値でsetMaximumSizeを呼び出しているかどうかを示します。
        • minSize
          Dimension minSize
          最小サイズ このフィールドは、本来は一時フィールドです。
        • minSizeSet
          boolean minSizeSet
          null以外の値でsetMinimumSizeを呼び出しているかどうかを示します。
        • name
          String name
          コンポーネント名です。 このフィールドにはnullを指定することができます。
          関連項目:
        • nameExplicitlySet
          boolean nameExplicitlySet
          名前が明示的に設定されているかどうかを示すboolean型の値です。nameExplicitlySetは、名前が設定されていない場合はfalseになり、名前が設定されている場合はtrueになります。
          関連項目:
        • newEventsOnly
          boolean newEventsOnly
          このイベントがコンポーネントの使用可能なイベントの1つである場合、newEventsOnlyはtrueです。 通常の処理で継続して使用可能です。 falseの場合、イベントは消費されるまで上位クラスの親に渡されます。
          関連項目:
        • peerFont
          Font peerFont
          ピアが現在使用しているフォントです。(ピアが存在しない場合はnullになります。)
        • ポップアップ
          Vector<PopupMenu> popups
          関連項目:
        • prefSize
          Dimension prefSize
          適切なサイズです。 このフィールドは、本来は一時フィールドです。
        • prefSizeSet
          boolean prefSizeSet
          null以外の値でsetPreferredSizeを呼び出しているかどうかを示します。
        • 有効
          boolean valid
          オブジェクトが有効な場合はtrueです。 無効なオブジェクトを配置する必要があります。 オブジェクト・サイズが変更されている場合、このフラグはfalseに設定されます。
          関連項目:
        • visible
          boolean visible
          オブジェクトが可視の場合はtrueです。 可視でないオブジェクトは画面上に描画されません。
          関連項目:
        • width
          int width
          コンポーネントの幅です。
          関連項目:
        • x
          int x
          親の座標系にあるコンポーネントのx位置です。
          関連項目:
        • y
          int y
          親の座標系にあるコンポーネントのy位置です。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponent

      class AccessibleAWTComponent extends AccessibleContext implements Serializable
      serialVersionUID:
      642321655757800191L
      • 直列化されたフィールド

        • accessibleAWTComponentHandler
          ComponentListener accessibleAWTComponentHandler
          show/hide/resizeイベントを追跡し、PropertyChangeイベントに変換するコンポーネント・リスナー。
        • accessibleAWTFocusHandler
          FocusListener accessibleAWTFocusHandler
          フォーカス・イベントを追跡し、それらをPropertyChangeイベントに変換するリスナーです。
    • クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler

      class AccessibleAWTComponentHandler extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1009684107426231869L
    • クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTFocusHandler

      class AccessibleAWTFocusHandler extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      3150908257351582233L
    • クラスjava.awt.ComponentOrientation

      class ComponentOrientation extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4113291392143563828L
      • 直列化されたフィールド

        • orientation
          int orientation
          フラグのビット単位の組み合わせ。
    • クラスjava.awt.Container

      class Container extends Component implements Serializable
      serialVersionUID:
      4613797578919906343L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          指定されたObjectInputStreamからこのContainerを直列化復元します。
          • デフォルトの直列化可能フィールドをストリームから読み込みます。
          • 直列化可能なContainerListenerのリストをオプション・データとして読み込みます。 リストがnullの場合、リスナーはインストールされません。
          • このコンテナのFocusTraversalPolicyをオプション・データとして読み込みます。nullの場合もあります。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          このContainerを、指定されたObjectOutputStreamに直列化します。
          • デフォルト直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。
          • 直列化可能なContainerListenerのリストをオプションのデータとして書き込みます。 非直列化可能なContainerListenerが検出され、それらを直列化しようとしません。
          • このコンテナのFocusTraversalPolicyを直列化可能な場合だけ書き込みます。直列化不可能な場合はnullを書き込みます。
          シリアル・データ:
          nullで終了する0個以上のペアのシーケンス。このペアはStringObjectで構成されます。Stringはオブジェクトの型を示し、次のいずれかになります。ContainerListenerオブジェクトを示すcontainerListenerKContainerFocusTraversalPolicy、またはnull
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
      • 直列化されたフィールド

        • component
          Component[] component
          コンテナ内のコンポーネント。
        • containerSerializedDataVersion
          int containerSerializedDataVersion
          コンテナの直列化されたデータのバージョン。
        • ディスパッチャ
          java.awt.LightweightDispatcher dispatcher
          軽量コンポーネントのイベント・ルーター。 このコンテナがネイティブである場合、このディスパッチャは、格納される軽量コンポーネント(存在する場合)へのイベントの転送およびターゲット変更を処理する。
        • focusCycleRoot
          boolean focusCycleRoot
          このコンポーネントがフォーカス・トラバーサル・サイクルのルートであるかどうかを示す。 フォーカスが一度トラバーサル・サイクルに設定されると、サイクルを上位または下位に切り替えるキーを押さなければ、通常はフォーカス・トラバーサルを離れることはできません。 通常のトラバーサルは、このコンテナとこのコンテナのすべての子孫(下層のフォーカス・サイクル・ルートの子孫でないもの)に制限されています。
        • focusTraversalPolicyProvider
          boolean focusTraversalPolicyProvider
          focusTraversalPolicyProviderプロパティの値を格納する。
        • layoutMgr
          LayoutManager layoutMgr
          コンテナのレイアウト・マネージャ。
        • maxSize
          Dimension maxSize
          このコンテナの最大サイズ。
        • ncomponents
          int ncomponents
          コンテナ内のコンポーネントの数。 nullも指定できます。
    • クラスjava.awt.Container.AccessibleAWTContainer

      class AccessibleAWTContainer extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      5081320404842566097L
      • 直列化されたフィールド

        • accessibleContainerHandler
          ContainerListener accessibleContainerHandler
          子が追加または削除されたときにPropertyChangeを発生させるハンドラ
    • クラスjava.awt.Container.AccessibleAWTContainer.AccessibleContainerHandler

      class AccessibleContainerHandler extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -480855353991814677L
    • クラスjava.awt.ContainerOrderFocusTraversalPolicy

      class ContainerOrderFocusTraversalPolicy extends FocusTraversalPolicy implements Serializable
      serialVersionUID:
      486933713763926351L
      • 直列化されたフィールド

        • BACKWARD_TRAVERSAL
          int BACKWARD_TRAVERSAL
          この定数は、後方フォーカス・トラバーサル順序がアクティブな場合に使用されます。
        • FORWARD_TRAVERSAL
          int FORWARD_TRAVERSAL
          この定数は、フォーカス・フォーカス・トラバーサル順序がアクティブな場合に使用されます。
        • implicitDownCycleTraversal
          boolean implicitDownCycleTraversal
          このContainerOrderFocusTraversalPolicyがフォーカスを暗黙的にダウン・サイクルで転送するかどうか。
    • クラスjava.awt.Cursor

      class Cursor extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      8028237497568985504L
      • 直列化されたフィールド

        • name
          String name
          ユーザーに表示されるカーソルの名前です。
          関連項目:
        • type
          int type
          DEFAULT_CURSORに最初に設定される、選択されたカーソルのタイプです。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.DefaultFocusTraversalPolicy

      class DefaultFocusTraversalPolicy extends ContainerOrderFocusTraversalPolicy implements Serializable
      serialVersionUID:
      8876966522510157497L
    • クラスjava.awt.Dialog

      class Dialog extends Window implements Serializable
      serialVersionUID:
      5920926903803293709L
    • クラスjava.awt.Dialog.AccessibleAWTDialog

      class AccessibleAWTDialog extends Window.AccessibleAWTWindow implements Serializable
      serialVersionUID:
      4837230331833941201L
    • クラスjava.awt.Dimension

      class Dimension extends Dimension2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      4723952579491349524L
    • クラスjava.awt.Event

      class Event extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      5488922509400504703L
      • 直列化されたフィールド

        • arg
          Object arg
          非推奨。
          イベントの任意の引数です。 このフィールドの値は、イベントの型に依存します。argは、イベント固有のプロパティで置き換えられています。
        • clickCount
          int clickCount
          非推奨。
          MOUSE_DOWNイベントの場合、このフィールドは連続したクリックの数を示します。 ほかのイベントの場合、その値は0です。 このフィールドはMouseEvent.getClickCount()で置き換えられています。
          関連項目:
        • consumed
          boolean consumed
          非推奨。
          このフィールドは、ターゲットによって処理されたあとにイベントがピアに送り返されるかどうかを制御します。falseの場合はピアに送られ、trueの場合は送られません。
          関連項目:
          • Event.isConsumed()
        • evt
          Event evt
          非推奨。
          次のイベントです。 このフィールドは、イベントがリンクされたリストに入れられるときに設定されます。 このフィールドはEventQueueで置き換えられています。
          関連項目:
        • id
          int id
          非推奨。
          このイベントがどのタイプのイベントか、およびこのイベントにほかのどのEvent変数が関連するかを示します。 AWTEvent.getID()で置き換えられています。
          関連項目:
        • key
          int key
          非推奨。
          キーボード・イベントで押されたキーのキー・コードです。 KeyEvent.getKeyCode()で置き換えられています。
          関連項目:
        • modifiers
          int modifiers
          非推奨。
          修飾キーの状態です。 InputEvent.getModifiers() で置き換えられています。 Java 1.1 では、MouseEvent および KeyEvent は InputEvent のサブクラスです。
          関連項目:
        • target
          Object target
          非推奨。
          ターゲット・コンポーネントです。 これは、イベントが発生したコンポーネント、またはイベントが関連付けられたコンポーネントを示します。 このオブジェクトは、AWTEvent.getSource()で置き換えられています。
          関連項目:
        • when
          long when
          非推奨。
          タイムスタンプです。 InputEvent.getWhen()で置き換えられています。
          関連項目:
        • x
          int x
          非推奨。
          イベントのx座標。 MouseEvent.getX()で置き換えられています。
          関連項目:
        • y
          int y
          非推奨。
          イベントのy座標。 MouseEvent.getY()で置き換えられています。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.FileDialog

      class FileDialog extends Dialog implements Serializable
      serialVersionUID:
      5035145889651310422L
    • クラスjava.awt.FlowLayout

      class FlowLayout extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -7262534875583282631L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream stream) throws IOException, ClassNotFoundException
          現在使用されているすべてのフィールドを持つとは限らない古いバージョンのクラスで記述されたオブジェクトを処理し、直列化ストリームからこのオブジェクトを読み込みます。
          パラメータ:
          stream - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • align
          int align
          alignは各行の空白領域を決定するプロパティです。 次のいずれかの値です。
          • LEFT
          • RIGHT
          • CENTER
          関連項目:
        • alignOnBaseline
          boolean alignOnBaseline
          trueの場合、コンポーネントはベースライン上に整列されます。
        • hgap
          int hgap
          フロー・レイアウト・マネージャは、ギャップを有するコンポーネントの分離を可能にします。 水平方向の間隔は、コンポーネント間およびコンポーネントとContainerのボーダー間のスペースを指定します。
          関連項目:
        • newAlign
          int newAlign
          Java 2プラットフォームv1.2以降では、newAlignプロパティで各行の空白領域を決定します。 プロパティの値は次の5つのどれかになります。
          • LEFT
          • RIGHT
          • CENTER
          • LEADING
          • TRAILING
          導入されたバージョン:
          1.2
          関連項目:
        • serialVersionOnStream
          int serialVersionOnStream
          これは使用されているcurrentSerialVersionを表します。 それは2つの値の1つになります: Java 2プラットフォームv1.2より前の0バージョン、Java 2プラットフォームv1.2より後の1バージョン。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • vgap
          int vgap
          フロー・レイアウト・マネージャは、ギャップを有するコンポーネントの分離を可能にします。 垂直方向の間隔は、行間および行とContainerのボーダー間のスペースを指定します。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.Font

      class Font extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4206021311591459213L
      • 直列化メソッド

      • 直列化されたフィールド

        • fontSerializedDataVersion
          int fontSerializedDataVersion
          Fontの直列化可能データ形式。
        • fRequestedAttributes
          Hashtable<Object,Object> fRequestedAttributes
          現在は、直列化の際にのみ使用されます。 通常はnullです。
          関連項目:
        • name
          String name
          コンストラクタに渡される、このFontの論理名。
          導入されたバージョン:
          1.0
          関連項目:
        • pointSize
          float pointSize
          floatで表された、このFontのポイント・サイズ。
          関連項目:
        • size
          int size
          整数に丸められた、このFontのポイント・サイズ。
          導入されたバージョン:
          1.0
          関連項目:
        • style
          int style
          コンストラクタに渡される、このFontのスタイル。 PLAIN、BOLD、ITALIC、またはBOLD+ITALICのいずれかです。
          導入されたバージョン:
          1.0
          関連項目:
    • 例外java.awt.FontFormatException

      class FontFormatException extends Exception implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4481290147811361272L
    • クラスjava.awt.FontMetrics

      class FontMetrics extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      1681126225205050147L
      • 直列化されたフィールド

        • font
          Font font
          フォント・メトリックスの作成元になる実際のFont nullを指定することはできません。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.Frame

      class Frame extends Window implements Serializable
      serialVersionUID:
      2673458971256075116L
      • 直列化メソッド

      • 直列化されたフィールド

        • frameSerializedDataVersion
          int frameSerializedDataVersion
          Frameの直列化されたデータのバージョンです。
        • maximizedBounds
          Rectangle maximizedBounds
          このフレームの最大化された境界です。
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
        • mbManagement
          boolean mbManagement
          mbManagementはMotif実装だけで使用できます。
        • menuBar
          MenuBar menuBar
          フレームのメニュー・バーです。 menuBar = nullの場合はフレームにメニュー・バーは表示されません。
          関連項目:
        • ownedWindows
          Vector<Window> ownedWindows
          フレームが所有するWindows。 ノート: 1.2では、これはWindow.ownedWindowListに置き換えられています
          関連項目:
          • Window.ownedWindowList
        • resizable
          boolean resizable
          このフィールドはフレームがサイズ変更できるかどうかを示します。 このプロパティはいつでも変更できます。フレームがサイズ変更可能な場合はresizableはtrue、そうでない場合はfalseになります。
          関連項目:
        • state
          int state
          フレーム状態定数のビット単位のマスクです。
        • title
          String title
          これはフレームのタイトルです。 いつでも変更できます。titleはnullでもかまいませんが、その場合はtitle = ""になります。
          関連項目:
        • undecorated
          boolean undecorated
          このフィールドはフレームの装飾をなくすことができるかどうかを示します。 このプロパティを変更できるのはフレームが非表示になっているときだけです。このフレームの装飾をなくすことができる場合、undecoratedはtrue、なくすことができない場合はfalseになります。
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
    • クラスjava.awt.Frame.AccessibleAWTFrame

      class AccessibleAWTFrame extends Window.AccessibleAWTWindow implements Serializable
      serialVersionUID:
      -6172960752956030250L
    • クラスjava.awt.GraphicsConfigTemplate

      class GraphicsConfigTemplate extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8061369279557787079L
    • クラスjava.awt.GridBagConstraints

      class GridBagConstraints extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1000070633030801713L
      • 直列化されたフィールド

        • anchor
          int anchor
          このフィールドはコンポーネントがその表示領域より小さい場合に使用されます。 これは表示領域内にコンポーネントを配置する場所を指定します。

          方向相対値、ベースライン相対値および絶対値の3種類の値があります。 方向相対値は、コンテナのコンポーネントの方向プロパティを基準に解釈され、ベースライン相対値はベースラインを基準に解釈されます。絶対値の解釈はありません。 絶対値には次のものがあります。CENTERNORTHNORTHEASTEASTSOUTHEASTSOUTHSOUTHWESTWEST、およびNORTHWEST 方向相対値には次のものがあります。PAGE_STARTPAGE_ENDLINE_STARTLINE_ENDFIRST_LINE_STARTFIRST_LINE_ENDLAST_LINE_START、およびLAST_LINE_END ベースライン相対値は、BASELINEBASELINE_LEADINGBASELINE_TRAILINGABOVE_BASELINEABOVE_BASELINE_LEADINGABOVE_BASELINE_TRAILINGBELOW_BASELINEBELOW_BASELINE_LEADINGおよびBELOW_BASELINE_TRAILINGです。 デフォルト値はCENTERです。

          関連項目:
        • fill
          int fill
          コンポーネントの表示領域がコンポーネントの必須サイズよりも大きいときに使用されます。 これは、コンポーネントをサイズ変更するかどうかを指定し、サイズ変更を行う場合にはその方法も指定します。

          fillには、次の値が有効です。

          • NONE: コンポーネントのサイズを変更しません。
          • HORIZONTAL: コンポーネントの幅を水平表示領域の最大サイズにし、高さは変更しません。
          • VERTICAL: コンポーネントの高さを垂直表示領域の最大サイズにし、幅は変更しません。
          • BOTH: コンポーネントを表示領域の最大サイズにします。

          デフォルト値はNONEです。

          関連項目:
        • gridheight
          int gridheight
          コンポーネントの表示領域の1列のセル数を指定します。

          コンポーネントの表示領域がgridyから列の最後のセルまでであることを指定する場合は、REMAINDERを使用します。 コンポーネントの表示領域がgridyからその列の最後の1つ手前のセルまでであることを指定する場合は、RELATIVEを使用します。

          gridheightには負の値を指定することはできず、デフォルト値は1になります。

          関連項目:
        • gridwidth
          int gridwidth
          コンポーネントの表示領域の1行のセル数を指定します。

          コンポーネントの表示領域がgridxから行の最後のセルまでであることを指定する場合は、REMAINDERを使用します。 コンポーネントの表示領域がgridxからその行の最後の1つ手前のセルまでであることを指定する場合は、RELATIVEを使用します。

          gridwidthには負の値を指定することはできず、デフォルト値は1になります。

          関連項目:
        • gridx
          int gridx
          コンポーネントの表示領域のリーディング・エッジを含むセルを指定します。ここで、行内の最初のセルにはgridx=0が割り当てられています。 コンポーネントの表示領域のリーディング・エッジは、水平方向に左から右方向のコンテナに対して左端、および水平方向に右から左方向のコンテナに対して右端になります。 RELATIVEは、このコンポーネントを直前にコンテナに追加されたコンポーネントの直後に配置するように指定します。

          デフォルト値はRELATIVEです。gridxは負の値にするべきではありません。

          関連項目:
        • gridy
          int gridy
          コンポーネントの表示領域のいちばん上にあるセルを指定します。ここで、いちばん上のセルにはgridy=0が割り当てられています。 RELATIVEは、このコンポーネントを直前にコンテナに追加されたコンポーネントの真下に配置するように指定します。

          デフォルト値はRELATIVEです。gridyは負の値にするべきではありません。

          関連項目:
        • insets
          Insets insets
          コンポーネントの外側のパディング、つまりコンポーネントとその表示領域の端までの領域の最小値を指定します。

          デフォルト値はnew Insets(0, 0, 0, 0)です。

          関連項目:
        • ipadx
          int ipadx
          コンポーネントの内側のパディング、つまりコンポーネントの最小幅に追加する領域の値を指定します。 コンポーネントの幅は、少なくともその最小幅にipadxピクセルを足したものです。

          デフォルト値は0です。

          関連項目:
        • ipady
          int ipady
          コンポーネントの内側のパディング、つまりコンポーネントの最小の高さに追加する領域の値を指定します。 コンポーネントの高さは、少なくともその最小の高さにipadyピクセルを足したものです。

          デフォルト値は0です。

          関連項目:
        • minHeight
          int minHeight
          コンポーネントの最小の高さです。 これはipadxの計算に使用されます(デフォルトは0)。
          関連項目:
        • minWidth
          int minWidth
          コンポーネントの最小の幅です。 これはipadyの計算に使用されます(デフォルトは0)。
          関連項目:
        • tempHeight
          int tempHeight
          コンポーネントの高さの一時的なプレースホルダーです。
        • tempWidth
          int tempWidth
          コンポーネントの幅の一時的なプレースホルダーです。
        • tempX
          int tempX
          x座標の一時的なプレースホルダーです。
        • tempY
          int tempY
          y座標の一時的なプレースホルダーです。
        • weightx
          double weightx
          余分の水平スペースを分配する方法を指定します。

          グリッド・バッグ・レイアウト・マネージャは、1列のウエイトが1列のすべてのコンポーネントの最大のweightxになるように計算します。 結果のレイアウトが塗りつぶす必要のある領域の幅より小さい場合、余分のスペースが各列のウエイトに比例して分配されます。 ウエイトがゼロの列には、余分のスペースは分配されません。

          すべてのウエイトがゼロの場合、すべての余分のスペースがセルのグリッドと左右両端の間に表示されます。

          このフィールドのデフォルト値は0です。weightxは負の値にするべきではありません。

          関連項目:
        • weighty
          double weighty
          垂直の余分なスペースを分配する方法を指定します。

          グリッド・バッグ・レイアウト・マネージャは、1行のウエイトが1行のすべてのコンポーネントの最大のweightyになるように計算します。 結果のレイアウトが塗りつぶす必要のある領域の高さより小さい場合、余分のスペースが各行のウエイトに比例して分配されます。 ウエイトがゼロの行には、余分のスペースは分配されません。

          すべてのウエイトがゼロの場合、すべての余分のスペースがセルのグリッドと上下の両端の間に表示されます。

          このフィールドのデフォルト値は0です。weightyは負の値にするべきではありません。

          関連項目:
    • クラスjava.awt.GridBagLayout

      class GridBagLayout extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      8838754796412211005L
      • 直列化されたフィールド

        • columnWeights
          double[] columnWeights
          このフィールドは、列のウエイトに対するオーバーライドを保持します。 このフィールドがnullではない場合、すべての列のウエイトが計算されたあとで、その値がグリッド・バッグに適用されます。 列iのcolumnWeights[i] >の重みがcolumnWeights[i]の重みに割り当てられると、列iには重みが割り当てられます。 columnWeightsに列数より多くの要素がある場合、超過した要素は無視され、列の作成は行われません。
        • columnWidths
          int[] columnWidths
          このフィールドは、列の最小幅に対するオーバーライドを保持します。 このフィールドがnullではない場合、すべての最小列幅が計算されたあとで、その値がグリッド・バッグに適用されます。 columnWidthsに列数より多くの要素がある場合、columnWidthの要素数に合わせるためにグリッド・バッグに列が追加されます。
          関連項目:
        • componentAdjusting
          Component componentAdjusting
          配置されるコンポーネント。 これはadjustForGravityへ呼び出す前に設定されます。
        • comptable
          Hashtable<Component,GridBagConstraints> comptable
          このハッシュ表は、コンポーネントとコンポーネントのグリッド・バッグ制約との関連性を維持します。 comptable内のキーはコンポーネントで、値はGridBagConstraintsのインスタンスです。
          関連項目:
        • defaultConstraints
          GridBagConstraints defaultConstraints
          このフィールドには、デフォルト値を含むグリッド・バッグ制約のインスタンスが保持されているため、コンポーネントにグリッド・バッグ制約が関連付けられていない場合、そのコンポーネントにはdefaultConstraintsのコピーが割り当てられます。
          関連項目:
        • layoutInfo
          GridBagLayoutInfo layoutInfo
          このフィールドは、グリッド・バッグのレイアウト情報を保持します。 このフィールドの情報は、グリッド・バッグの最新の検査に基づきます。 layoutInfonullの場合は、グリッド・バッグにコンポーネントがないか、またはコンポーネントがあってもそれがまだ検査を受けていないことを意味します。
          関連項目:
        • rowHeights
          int[] rowHeights
          このフィールドは、行の最小の高さに対するオーバーライドを保持します。 このフィールドがnullではない場合、すべての最小の行の高さが計算されたあとで、その値がグリッド・バッグに適用されます。 rowHeightsに行数より多くの要素がある場合、rowHeightsの要素数に合わせるために、グリッド・バッグに行が追加されます。
          関連項目:
        • rowWeights
          double[] rowWeights
          このフィールドは、行のウエイトに対するオーバーライドを保持します。 このフィールドがnullではない場合、すべての行のウエイトが計算されたあとで、その値がグリッド・バッグに適用されます。 行iのrowWeights[i] > の重みの場合、rowWeights[i]の重みに行iが割り当てられます。 rowWeightsに行数より多くの要素がある場合、超過した要素は無視され、行の作成は行われません。
    • クラスjava.awt.GridBagLayoutInfo

      class GridBagLayoutInfo extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4899416460737170217L
      • 直列化されたフィールド

        • baselineType
          short[] baselineType
          特定の行のベースラインのタイプ。 BaselineResizeBehavior定数(1 << ordinal())の混在
        • hasBaseline
          boolean hasBaseline
          ベースライン・レイアウトがリクエストされたかどうか、およびいずれかのコンポーネントに有効なベースラインがあるかどうか。
        • height
          int height
          セルの数: 水平および垂直方向。
        • maxAscent
          int[] maxAscent
          最大アセント(baseline)。
        • maxDescent
          int[] maxDescent
          最大降下(height - baseline)
        • minHeight
          int[] minHeight
          各行の最大のminHeight。
        • minWidth
          int[] minWidth
          各列の最大のminWidth。
        • startx
          int startx
          レイアウトの開始点。
        • starty
          int starty
          レイアウトの開始点。
        • weightX
          double[] weightX
          各列の最大の重み。
        • weightY
          double[] weightY
          各行の最大の重み。
        • width
          int width
          セルの数: 水平および垂直方向。
    • クラスjava.awt.GridLayout

      class GridLayout extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -7411804673224730901L
      • 直列化されたフィールド

        • cols
          int cols
          グリッドに指定された列の数です。 列数はいつでも変更できます。 ゼロまたは正の整数にします。'0' は「任意の数」を意味し、これは、その寸法の Column の数は行の寸法に依存するということです。
          関連項目:
        • hgap
          int hgap
          列間の空間を指定する水平方向の間隔(ピクセル単位)です。 いつでも変更できます。 ゼロまたは正の整数にします。
          関連項目:
        • int rows
          グリッドに指定された行の数です。 行数はいつでも変更できます。 ゼロまたは正の整数にします。'0' は「任意の数」を意味し、これは、その寸法の Row の数は列の寸法に依存するということです。
          関連項目:
        • vgap
          int vgap
          行間の空間を指定する垂直方向の間隔(ピクセル単位)です。 いつでも変更できます。 ゼロまたは正の整数にします。
          関連項目:
    • 例外java.awt.HeadlessException

      class HeadlessException extends UnsupportedOperationException implements Serializable
      serialVersionUID:
      167183644944358563L
    • 例外java.awt.IllegalComponentStateException

      class IllegalComponentStateException extends IllegalStateException implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1889339587208144238L
    • クラスjava.awt.Insets

      class Insets extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -2272572637695466749L
      • 直列化されたフィールド

        • bottom
          int bottom
          下部からのイン・セットです。 この値が矩形のBottomから減算され、Bottomの新しい位置となります。
          関連項目:
        • left
          int left
          左側からのイン・セットです。 この値が矩形のLeftに追加され、Leftの新しい位置となります。
          関連項目:
        • right
          int right
          右側からのイン・セットです。 この値が矩形のRightから減算され、Rightの新しい位置となります。
          関連項目:
        • top
          int top
          上部からのイン・セットです。 この値が矩形のTopに追加され、Topの新しい位置となります。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.Label

      class Label extends Component implements Serializable
      serialVersionUID:
      3094126758329070636L
    • クラスjava.awt.Label.AccessibleAWTLabel

      class AccessibleAWTLabel extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -3568967560160480438L
    • クラスjava.awt.List

      class List extends Component implements Serializable
      serialVersionUID:
      -3304312411574666869L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          ObjectInputStreamを読み込みます。これがnullではない場合、リスナーを追加してListによってトリガーされた項目イベントとアクション・イベントの両方を、このストリームに格納されたキーによって指定されたとおり受け取ります。 認識できないキーまたは値は無視されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返す場合
          関連項目:
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。 オプションのデータとして、直列化可能なItemListenersActionListenersのリストを書き込みます。 直列化できないリスナーは検出され、それらの直列化は試行されません。
          シリアル・データ:
          nullで終了する0個以上のペアのシーケンス。このペアはStringObjectで構成されます。Stringはオブジェクトの型を示し、次のいずれかになります。ItemListenerオブジェクトを示すitemListenerKActionListenerオブジェクトを示すactionListenerK
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
      • 直列化されたフィールド

        • items
          Vector<String> items
          List Componentの一部になる項目を保持するために作成されたベクターです。
          関連項目:
        • listSerializedDataVersion
          int listSerializedDataVersion
          Listコンポーネントの直列化されたデータのバージョンです。
        • multipleMode
          boolean multipleMode
          multipleModeは、リスト・コンポーネントが複数選択モードに設定された場合にtrueと設定される変数で、ユーザーは一度にリスト内の複数の項目を選択できます。リスト・コンポーネントが単一選択モードに設定されている場合はmultipleModeはfalseと設定され、ユーザーは毎回リスト内の1項目だけしか選択できません。
          関連項目:
        • int rows
          このフィールドにはList Componentの表示行の数を表します。 実際にリスト・コンポーネントを作成するときに1度だけ指定します。 変更はできません。
          関連項目:
        • selected
          int[] selected
          selectedは、選択した項目のインデックスを含む配列です。
          関連項目:
        • visibleIndex
          int visibleIndex
          この変数には特定のリスト項目を表示する際に使用する値が含まれます。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.List.AccessibleAWTList

      class AccessibleAWTList extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      7924617370136012829L
    • クラスjava.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild

      class AccessibleAWTListChild extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      4412022926028300317L
      • 直列化されたフィールド

        • indexInParent
          int indexInParent
          親の索引。
        • parent
          List parent
          List
    • クラスjava.awt.MediaTracker

      class MediaTracker extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -483174189758638095L
    • クラスjava.awt.Menu

      class Menu extends MenuItem implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8809584163345499784L
      • 直列化メソッド

      • 直列化されたフィールド

        • isHelpMenu
          boolean isHelpMenu
          このフィールドは、該当するMenuが実際にヘルプ・メニューである場合はtrueと設定されます。 そうでない場合はfalseに設定されます。
        • items
          Vector<MenuItem> items
          Menuの一部となる項目のベクター。
          関連項目:
        • menuSerializedDataVersion
          int menuSerializedDataVersion
          メニューの直列化されたデータのバージョンです。
        • tearOff
          boolean tearOff
          このフィールドはメニューにプロパティのティアがあるかを示します。 メニューにティア・オフ・プロパティがある場合は、trueが設定され、ない場合はfalseが設定されます。 メニューがティア・オフされ、その後不要になった場合、ユーザーが削除できます。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.Menu.AccessibleAWTMenu

      class AccessibleAWTMenu extends MenuItem.AccessibleAWTMenuItem implements Serializable
      serialVersionUID:
      5228160894980069094L
    • クラスjava.awt.MenuBar

      class MenuBar extends MenuComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4930327919388951260L
    • クラスjava.awt.MenuBar.AccessibleAWTMenuBar

      class AccessibleAWTMenuBar extends MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8577604491830083815L
    • クラスjava.awt.MenuComponent

      class MenuComponent extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4536902356223894379L
      • 直列化メソッド

      • 直列化されたフィールド

        • accessibleContext
          AccessibleContext accessibleContext
          実際にはインタフェースを実装しませんが、MenuComponentにはAccessibleインタフェースのすべてのメソッドが含まれます - これは、MenuComponentを拡張する個々のオブジェクトになります。
        • font
          Font font
          メニュー・コンポーネントのフォントです。 この値は、デフォルトが使用されるポイントではnullを指定できます。 このデフォルトはnullです。
          関連項目:
        • name
          String name
          メニュー・コンポーネントの名前です。デフォルトはnullです。
          関連項目:
        • nameExplicitlySet
          boolean nameExplicitlySet
          名前が明示的に設定されるかどうかを示す変数です。 trueの場合は、名前が明示的に設定されます。 このデフォルトはfalseです。
          関連項目:
        • newEventsOnly
          boolean newEventsOnly
          デフォルトはfalseです。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent

      class AccessibleAWTMenuComponent extends AccessibleContext implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4269533416223798698L
    • クラスjava.awt.MenuItem

      class MenuItem extends MenuComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -21757335363267194L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          ObjectInputStreamを読み込み、それがnullではない場合、Menu項目によってトリガーされるアクション・イベントを受信するためのリスナーを追加します。 認識できないキーまたは値は無視されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返す場合
          関連項目:
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。 オプションのデータとして、直列化可能なActionListenersのリストを書き込みます。 直列化できないリスナーは検出され、それらの直列化は試行されません。
          シリアル・データ:
          nullで終了する0個以上のペアのシーケンス。このペアはStringObjectで構成されます。Stringはオブジェクトの型を示し、次のいずれかになります。ActionListenerオブジェクトを示すactionListenerK
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
      • 直列化されたフィールド

        • actionCommand
          String actionCommand
          このフィールドは、特定のメニュー・アイテムによって発行されたコマンドを示します。 デフォルトでは、setActionCommandを使用して設定されていない場合はactionCommandがメニュー項目のラベルです。
          関連項目:
        • enabled
          boolean enabled
          メニュー項目が有効かどうかを示す値です。 有効な場合は、enabledがtrueに設定されます。 そうでない場合は、enabledがfalseに設定されます。
          関連項目:
        • eventMask
          long eventMask
          eventMaskは、enableEventsを使ったサブクラスだけが設定します。 リスナーがイベントを要求するときと、サブクラスがイベントを要求するときの違いを区別するために、リスナーを登録するときは、このマスクを使用しないでください。
        • label
          String label
          labelはメニュー項目のラベルです。 任意の文字列で表します。
          関連項目:
        • menuItemSerializedDataVersion
          int menuItemSerializedDataVersion
          メニュー項目の直列化されたデータのバージョンです。
        • shortcut
          MenuShortcut shortcut
          メニュー項目に関連しているキー・ストロークのシーケンスです。 ノート: 1.1.2でショートカットを機能させるには、メニュー項目でsetActionCommand()を使用する必要があります。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.MenuItem.AccessibleAWTMenuItem

      class AccessibleAWTMenuItem extends MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -217847831945965825L
    • クラスjava.awt.MenuShortcut

      class MenuShortcut extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      143448358473180225L
      • 直列化されたフィールド

        • key
          int key
          メニュー・ショートカットの仮想キー・コードです。 これはメニュー・ショートカットを作成するキー・コードです。 これは文字ではなく仮想キー・コードです。たとえば、キー「a」はKeyEvent.VK_Aで表されることに注意してください。 ノート:また、バージョン1.1.xではメニュー項目にsetActionCommand()を使用してショートカットを機能させる必要があります。そうしないと、nullアクション・コマンドをトリガーします。
          導入されたバージョン:
          1.1
          関連項目:
        • usesShift
          boolean usesShift
          シフト・キーが押されたかどうかを示します。 シフト・キーを押した場合はtrue、 falseの場合は、シフト・キーは押されませんでした。
          導入されたバージョン:
          1.1
          関連項目:
    • クラスjava.awt.Panel

      class Panel extends Container implements Serializable
      serialVersionUID:
      -2728009084054400034L
    • クラスjava.awt.Panel.AccessibleAWTPanel

      class AccessibleAWTPanel extends Container.AccessibleAWTContainer implements Serializable
      serialVersionUID:
      -6409552226660031050L
    • クラスjava.awt.Point

      class Point extends Point2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      -5276940640259749850L
      • 直列化されたフィールド

        • x
          int x
          このPointのX座標。 X座標が設定されていない場合はデフォルトで0になります。
          導入されたバージョン:
          1.0
          関連項目:
        • y
          int y
          このPointのY座標。 Y座標が設定されていない場合はデフォルトで0になります。
          導入されたバージョン:
          1.0
          関連項目:
    • クラスjava.awt.Polygon

      class Polygon extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -6460061437900069969L
      • 直列化されたフィールド

        • bounds
          Rectangle bounds
          このPolygonの境界。 nullも指定できます。
          導入されたバージョン:
          1.0
          関連項目:
        • npoints
          int npoints
          点の総数です。 npointsの値はこのPolygonの有効な点の数を表し、xpointsまたはypointsの数よりも小さくなる可能性があります。 この値は0にすることができます。
          導入されたバージョン:
          1.0
          関連項目:
        • xpoints
          int[] xpoints
          X座標の配列です。 この配列の要素の数は、このPolygonのX座標の数よりも大きくなる可能性があります。 余分な要素により、この配列を再作成せずに、このPolygonに新しい点を追加できます。 npointsの値は、このPolygon内の有効な点の数と同じです。
          導入されたバージョン:
          1.0
          関連項目:
        • ypoints
          int[] ypoints
          Y座標の配列です。 この配列の要素の数は、このPolygonのY座標の数よりも大きくなります。 余分な要素により、この配列を再作成せずに、このPolygonに新しい点を追加できます。 npointsの値は、このPolygon内の有効な点の数と同じです。
          導入されたバージョン:
          1.0
          関連項目:
    • クラスjava.awt.PopupMenu

      class PopupMenu extends Menu implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4620452533522760060L
    • クラスjava.awt.PopupMenu.AccessibleAWTPopupMenu

      class AccessibleAWTPopupMenu extends Menu.AccessibleAWTMenu implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4282044795947239955L
    • クラスjava.awt.Rectangle

      class Rectangle extends Rectangle2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4345857070255674764L
    • クラスjava.awt.Scrollbar

      class Scrollbar extends Component implements Serializable
      serialVersionUID:
      8451667562882310543L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          ObjectInputStreamを読み込み、それがnullではない場合、Scrollbarによってトリガーされる調整イベントを受信するためのリスナーを追加します。 認識できないキーまたは値は無視されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返す場合
          関連項目:
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。 オプションのデータとして、直列化可能なAdjustmentListenersのリストを書き込みます。 直列化できないリスナーは検出され、それらの直列化は試行されません。
          シリアル・データ:
          nullで終了する0個以上のペアのシーケンス。このペアはStringObjectで構成されます。Stringはオブジェクトの型を示し、次のいずれかになります。AdjustmentListenerオブジェクトを示すadjustmentListenerK
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
      • 直列化されたフィールド

        • lineIncrement
          int lineIncrement
          スクロール・バーが行単位で上下するときにスクロール・バー値が変化する量です。 この値は0(ゼロ)より大きい必要があります。
          関連項目:
        • maximum
          int maximum
          Scrollbarの最大値です。 この値はminimum値より大きくなければいけません。
          関連項目:
        • minimum
          int minimum
          Scrollbarの最小値です。 この値はmaximum値より小さくなければいけません。
          関連項目:
        • orientation
          int orientation
          Scrollbarの方向で、水平または垂直です。 この値はスクロール・バーの作成時に指定すべきです。
          orientationはVERTICALまたはHORIZONTALのいずれかのみです。
          関連項目:
        • pageIncrement
          int pageIncrement
          スクロール・バーがページ単位で上下するときにスクロール・バー値が変化する量です。 この値は0(ゼロ)より大きい必要があります。
          関連項目:
        • scrollbarSerializedDataVersion
          int scrollbarSerializedDataVersion
          スクロール・バーの直列化されたデータのバージョンです。
        • value
          int value
          Scrollbarの値。 このプロパティはminimum以上かつmaximum - visibleAmount以下である必要があります。
          関連項目:
        • visibleAmount
          int visibleAmount
          Scrollbarのバブルのサイズです。 値の範囲の選択にスクロール・バーを使用する場合、visibleAmountはこの範囲のサイズを表します。 プラットフォームによっては、これはバブルのサイズによって視覚的に示される場合があります。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.Scrollbar.AccessibleAWTScrollBar

      class AccessibleAWTScrollBar extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -344337268523697807L
    • クラスjava.awt.ScrollPane

      class ScrollPane extends Container implements Serializable
      serialVersionUID:
      7956609840827222915L
      • 直列化メソッド

      • 直列化されたフィールド

        • hAdjustable
          ScrollPaneAdjustable hAdjustable
          調整可能な水平スクロール・バーです。 3つのAdjustableメソッド、つまりsetMinimum()setMaximum()setVisibleAmount()は絶対に呼び出さないでください。
          関連項目:
        • scrollbarDisplayPolicy
          int scrollbarDisplayPolicy
          スクロール・バーを表示する方法は3つあります。 この整数値は、3つの表示方法(SCROLLBARS_ALWAYS、SCROLLBARS_AS_NEEDED、SCROLLBARS_NEVER)のいずれかを表します。
          関連項目:
        • vAdjustable
          ScrollPaneAdjustable vAdjustable
          調整可能な垂直スクロール・バーです。 3つのAdjustableメソッド、つまりsetMinimum()setMaximum()setVisibleAmount()は絶対に呼び出さないでください。
          関連項目:
        • wheelScrollingEnabled
          boolean wheelScrollingEnabled
          MouseWheelEventが受け取られたときにスクロールを行うようにするかどうかを示します。
          導入されたバージョン:
          1.4
    • クラスjava.awt.ScrollPane.AccessibleAWTScrollPane

      class AccessibleAWTScrollPane extends Container.AccessibleAWTContainer implements Serializable
      serialVersionUID:
      6100703663886637L
    • クラスjava.awt.ScrollPaneAdjustable

      class ScrollPaneAdjustable extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -3359745691033257079L
      • 直列化されたフィールド

        • adjustmentListener
          AdjustmentListener adjustmentListener
          このScrollPaneAdjustableから調整イベントを受信するために指定された調整リスナー。
        • blockIncrement
          int blockIncrement
          スクロール・バーがページ単位で上下するときにスクロール・バー値が変化する量です。 この値は負でない整数値にします。
          関連項目:
        • maximum
          int maximum
          このスクロール・バーの最大値です。 この値は、ScrollPaneによってのみ設定できます。
          関連項目:
        • minimum
          int minimum
          このスクロール・バーの最小値です。 この値は、ScrollPaneによってのみ設定できます。

          ATTN: 現在の実装では、minimumは常に0です。 このフィールドはsetSpanメソッドによってのみ変更でき、ScrollPaneは常に最小値0を持つメソッドを呼び出します。getMinimumメソッドは、このフィールドを調べずに常に0を返します。

          関連項目:
        • orientation
          int orientation
          このスクロール・バーの方向です。
          関連項目:
        • sp
          ScrollPane sp
          このオブジェクトがスクロール・バーであるScrollPaneです。
        • unitIncrement
          int unitIncrement
          スクロール・バーが行単位で上下するときにスクロール・バー値が変化する量です。 この値は負でない整数値にします。
          関連項目:
        • value
          int value
          このスクロール・バーの値です。valueminimumより大きく、maximumより小さくするようにしてください
          関連項目:
        • visibleAmount
          int visibleAmount
          このスクロール・バーの可視部分のサイズです。 この値は、ScrollPaneによってのみ設定できます。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.SystemColor

      class SystemColor extends Color implements Serializable
      serialVersionUID:
      4503142729533789064L
      • 直列化メソッド

        • readResolve
          private Object readResolve()
          SystemColorクラスの設計では、static finalフィールドに保存されるSystemColorオブジェクトのすべてのインスタンスを開発者が使用できることを前提としています。 このメソッドは、オブジェクトの直列化された形式の値フィールドに保存されているインデックスを使用して、直列化されたオブジェクトを同等のSystemColorのstaticオブジェクト定数フィールドで置き換えることで、インスタンス化でこれらの制限を維持するために役立ちます。 これらのオブジェクトの直列化された形式についての詳細は、SystemColor.writeReplace()メソッドを参照してください。
        • writeReplace
          private Object writeReplace() throws ObjectStreamException
          直列化されたストリームに書き込むための、SystemColorオブジェクトの直列化されたバージョンを返します。
          シリアル・データ:
          直列化されたSystemColorオブジェクトの値フィールドには、システム・カラーのRGBデータではなく、システム・カラーの配列インデックスが含まれます。 このインデックスは、SystemColor.readResolve()メソッドによって使用され、各SystemColorオブジェクトのインスタンスが一意になるように、直列化復元されたオブジェクトを元のstatic定数のバージョンに解決します。
          例外:
          ObjectStreamException - このオブジェクトを置き換える新しいオブジェクトを作成できなかった場合
    • クラスjava.awt.TextArea

      class TextArea extends TextComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      3692302836626095722L
      • 直列化メソッド

      • 直列化されたフィールド

        • columns
          int columns
          TextArea内の列数です。 列幅は、プラットフォームにより異なり、およそ平均文字幅になります。 このパラメータはテキスト領域の幅を判定します。 負でない数になることが保証されています。
          関連項目:
        • int rows
          TextArea内の行数です。 このパラメータはテキスト領域の高さを判定します。 負でない数になることが保証されています。
          関連項目:
        • scrollbarVisibility
          int scrollbarVisibility
          テキスト領域にどのスクロール・バーが作成されるかを判定します。 次の 4 つの値のいずれかです。SCROLLBARS_BOTH =両方のスクロール・バー。
          SCROLLBARS_HORIZONTAL_ONLY =水平スクロール・バーのみ。

          SCROLLBARS_VERTICAL_ONLY =垂直スクロール・バーのみ。

          SCROLLBARS_NONE = スクロール・バーなし。
          関連項目:
        • textAreaSerializedDataVersion
          int textAreaSerializedDataVersion
          textAreaの直列化されたデータのバージョンです。
    • クラスjava.awt.TextArea.AccessibleAWTTextArea

      class AccessibleAWTTextArea extends TextComponent.AccessibleAWTTextComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      3472827823632144419L
    • クラスjava.awt.TextComponent

      class TextComponent extends Component implements Serializable
      serialVersionUID:
      -2214773872412987419L
      • 直列化メソッド

      • 直列化されたフィールド

        • backgroundSetByClientCode
          boolean backgroundSetByClientCode
          バックグラウンドが開発者コード(AWTコードとは対照的)によって設定されたかどうかを示すために使用されるフラグ。 編集不可能なTextComponentsのバックグラウンド色を決定するために使用されます。
        • checkForEnableIM
          boolean checkForEnableIM
          インプット・メソッドのサポートをチェックするかどうか。
        • editable
          boolean editable
          このTextComponentが編集可能かどうかを示すboolean型です。 テキスト・コンポーネントが編集可能な場合はtrue、そうでない場合はfalseです。
          関連項目:
        • selectionEnd
          int selectionEnd
          選択テキストに関する選択です。selectionEndは選択されたテキストの終点です。
          関連項目:
        • selectionStart
          int selectionStart
          選択テキストに関する選択です。selectionStartは選択されたテキストの始点です。
          関連項目:
        • text
          String text
          テキストの値です。 null値は""と同じです。
          関連項目:
        • textComponentSerializedDataVersion
          int textComponentSerializedDataVersion
          TextComponentの直列化されたデータのバージョンです。
    • クラスjava.awt.TextComponent.AccessibleAWTTextComponent

      class AccessibleAWTTextComponent extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      3631432373506317811L
    • クラスjava.awt.TextField

      class TextField extends TextComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -2966288784432217853L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          ObjectInputStreamを読み込み、それがnullではない場合、TextFieldによってトリガーされるアクション・イベントを受信するためのリスナーを追加します。 認識できないキーまたは値は無視されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返す場合
          関連項目:
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。 直列化可能なActionListener(s)のリストはオプションのデータとして書き込まれます。 直列化できないActionListener(s)は検出され、それらの直列化は試行されません。
          シリアル・データ:
          null で終了する 0 個以上のペアのシーケンス。 ペアは String と Object で構成される。 String はオブジェクトの型を示し、次のいずれかとなります。ActionListener オブジェクトか、これを示す actionListenerK のいずれか。
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
      • 直列化されたフィールド

        • columns
          int columns
          このテキスト・フィールドの列数を設定します。 列幅は、プラットフォームにより異なり、およそ平均文字幅になります。 負でない数になることが保証されています。
          関連項目:
        • echoChar
          char echoChar
          エコー文字です。この文字は、テキスト・フィールドに打ち込む文字を表示したくないときに使われます。 echoChar = 0の場合、この設定は解除されます。
          関連項目:
        • textFieldSerializedDataVersion
          int textFieldSerializedDataVersion
          テキスト・フィールドの直列化されたデータのバージョンです。
    • クラスjava.awt.TextField.AccessibleAWTTextField

      class AccessibleAWTTextField extends TextComponent.AccessibleAWTTextComponent implements Serializable
      serialVersionUID:
      6219164359235943158L
    • クラスjava.awt.Window

      class Window extends Container implements Serializable
      serialVersionUID:
      4497834738069338734L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          ObjectInputStreamおよびリスナーのオプションのリストを読み込み、コンポーネントによってトリガーされるさまざまなイベントを受け取ります。また、子のウィンドウ(nullの可能性がある)のリストも読み込みます。 認識できないキーまたは値は無視されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返す場合
          関連項目:
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。 オプションのデータとして、直列化可能なWindowListenerWindowFocusListenerのリストを書き込みます。 オプションのデータとして、子のウィンドウのリストを書き込みます。 オプションのデータとして、アイコン・イメージのリストを書き込みます。
          シリアル・データ:
          nullで終了する0個以上のペアのシーケンス。このペアはStringObjectで構成されます。Stringはオブジェクトの型を示し、次のいずれかになります。WindowListenerオブジェクトを示すwindowListenerKWindowFocusListenerオブジェクトを示すwindowFocusWindowK、子のWindowオブジェクトを示すownedWindowK
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          関連項目:
      • 直列化されたフィールド

        • alwaysOnTop
          boolean alwaysOnTop
          Windowの最前面の状態を表すboolean値です。
          導入されたバージョン:
          1.5
          関連項目:
        • autoRequestFocus
          boolean autoRequestFocus
          このウィンドウが、そのあとに表示されるフォーカス(setVisible(true)の呼出しを使用)、または前面に移動されるフォーカス(toFront()の呼出しを使用)のどちらを受信するかを示します。
          導入されたバージョン:
          1.7
          関連項目:
        • focusableWindowState
          boolean focusableWindowState
          このWindowがフォーカスされたWindowになれるかどうかを指定します。
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
        • focusMgr
          java.awt.FocusManager focusMgr
          未使用 直列化に関する下位互換のために保持されています。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • locationByPlatform
          boolean locationByPlatform
          このウィンドウをデフォルトのロケーションに表示する場合はtrue、現在のロケーションに表示する場合はfalse
        • modalExclusionType
          Dialog.ModalExclusionType modalExclusionType
          導入されたバージョン:
          1.6
          関連項目:
        • opacity
          float opacity
          ウィンドウの不透明性レベル
          導入されたバージョン:
          1.7
          関連項目:
        • shape
          Shape shape
          ウィンドウに割り当てられた形状。 形状が設定されていない場合(矩形のウィンドウ)、このフィールドはnullに設定されます。
          導入されたバージョン:
          1.7
          関連項目:
        • state
          int state
          Window状態を表現する整数値です。
          導入されたバージョン:
          1.2
          関連項目:
        • syncLWRequests
          boolean syncLWRequests
          軽量コンポーネント・リクエストの場合、フォーカス転送は同期的である必要があります。
        • type
          Window.Type type
          ウィンドウ・タイプです。 同期: ObjectLock
        • warningString
          String warningString
          ウィンドウがセキュリティ保護されていない時に表示される警告メッセージを表します。つまり、セキュリティ・マネージャがインストールされているウィンドウはAWTPermission("showWindowWithoutWarningBanner")を拒否します。 このメッセージはウィンドウのどこにでも表示することができます。
          関連項目:
        • windowSerializedDataVersion
          int windowSerializedDataVersion
          ウィンドウの直列化されたデータのバージョンです。
    • クラスjava.awt.Window.AccessibleAWTWindow

      class AccessibleAWTWindow extends Container.AccessibleAWTContainer implements Serializable
      serialVersionUID:
      4215068635060671780L
  • パッケージ java.awt.color

    • 例外java.awt.color.CMMException

      class CMMException extends RuntimeException implements Serializable
      serialVersionUID:
      5775558044142994965L
    • クラスjava.awt.color.ColorSpace

      class ColorSpace extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -409452704308689724L
      • 直列化されたフィールド

        • numComponents
          int numComponents
          カラー・スペース内のコンポーネントの数。
        • type
          int type
          ColorSpaceタイプの定数のいずれか。
    • クラスjava.awt.color.ICC_ColorSpace

      class ICC_ColorSpace extends ColorSpace implements Serializable
      serialVersionUID:
      3455889114070431483L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          オブジェクト入力ストリームから読み取られたICC_ColorSpaceを検証します。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • diffMinMax
          float[] diffMinMax
          最小値と最大値の差。
        • invDiffMinMax
          float[] invDiffMinMax
          最小値と最大値の差の反転値。
        • maxVal
          float[] maxVal
          正規化されたコンポーネントの最小値。
        • minVal
          float[] minVal
          正規化されたコンポーネントの最大値。
        • needScaleInit
          boolean needScaleInit
          値をスケーリングするかどうか。
        • thisProfile
          ICC_Profile thisProfile
          指定されたICC_Profileオブジェクト。
    • クラスjava.awt.color.ICC_Profile

      class ICC_Profile extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -3938515861990936766L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws IOException, ClassNotFoundException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームから読み込みます。 追加データとしてストリームから文字列とバイト配列を読み込みます。
          シリアル・データ:
          Stringは、プロファイル・オブジェクトが事前定義済のカラー・スペース(例"CS_sRGB")のプロファイルである場合に、ColorSpaceクラス内で定義されているCS_*定数のいずれかの名前です。 それ以外の場合、この文字列はnullです。

          byte[]配列は、プロファイルのプロファイル・データです。 通常、定義済みのプロファイル・データはnullです。

          文字列が定義済みのカラー・スペースの定数名として認識される場合、オブジェクトはgetInstance(int cspace)で取得されたプロファイルに解決し、プロファイル・データは無視されます。 そうでない場合は、オブジェクトはgetInstance(byte[] data)で取得されたプロファイルに解決します。

          パラメータ:
          s - 直列化復元に使用されるストリーム
          例外:
          IOException - ObjectInputStreamによってスローされます
          ClassNotFoundException - ObjectInputStreamによってスローされます
          関連項目:
        • readResolve
          protected Object readResolve() throws ObjectStreamException
          直列化復元されるインスタンスをCMMに登録されるインスタンスに解決します。
          例外:
          ObjectStreamException - スローされることはないが、直列化仕様によって要求される
          導入されたバージョン:
          1.3
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルト直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。 追加データとしてストリームに文字列とバイト配列を書き込みます。
          シリアル・データ:
          Stringは、プロファイル・オブジェクトが事前定義済のカラー・スペース(例"CS_sRGB")のプロファイルである場合に、ColorSpaceクラス内で定義されているCS_*定数のいずれかの名前です。 それ以外の場合、この文字列はnullです。

          byte[]配列は、プロファイルのプロファイル・データです。 定義済みのカラー・スペースには、プロファイル・データではなくnullが書き込まれます。 将来Java APIのバージョンで新しい定義済みのカラー・スペースを追加するときは、このクラスの新バージョンは新しい定義済みのカラー・スペースのカラー・スペース名だけでなくプロファイル・データも書き込み、引き続き旧バージョンがオブジェクトを直列化復元できるようにする。

          パラメータ:
          s - 直列化に使用されるストリーム
          例外:
          IOException - ObjectInputStreamによってスローされます
      • 直列化されたフィールド

        • iccProfileSerializedDataVersion
          int iccProfileSerializedDataVersion
          ストリームの追加直列化データのフォーマットのバージョンです。 バージョン 1はJava 2プラットフォーム v1.3に対応します。
          導入されたバージョン:
          1.3
    • クラスjava.awt.color.ICC_ProfileGray

      class ICC_ProfileGray extends ICC_Profile implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1124721290732002649L
    • クラスjava.awt.color.ICC_ProfileRGB

      class ICC_ProfileRGB extends ICC_Profile implements Serializable
      serialVersionUID:
      8505067385152579334L
    • 例外java.awt.color.ProfileDataException

      class ProfileDataException extends RuntimeException implements Serializable
      serialVersionUID:
      7286140888240322498L
  • パッケージ java.awt.datatransfer

  • パッケージ java.awt.desktop

  • パッケージ java.awt.dnd

    • クラスjava.awt.dnd.DragGestureEvent

      class DragGestureEvent extends EventObject implements Serializable
      serialVersionUID:
      9080172649166731306L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          このDragGestureEventを直列化復元します。 このメソッドはまず、transientでないすべてのフィールドに対してデフォルトの直列化復元を実行します。 次に、このオブジェクトのジェスチャ・イベントのListを同様に直列化復元しようとします。 1.4より前のリリースでは、この名前の非transientフィールドがジェスチャ・イベントのListを格納したため、これはeventsフィールドの直列化復元によるはじめての試行となります。 失敗すると、ストリーム内の次のオブジェクトが代わりに使われます。 結果のListnullの場合、このオブジェクトのジェスチャ・イベントのListは空のListに設定されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          このDragGestureEventを直列化します。 デフォルトの直列化を行い、次に、Listを直列化できる場合にだけ、このオブジェクトのジェスチャ・イベントのListを書き出します。 そうでない場合は、代わりにnullが書き込まれます。 この場合、結果の直列化復元されたストリームから作成されるDragGestureEventには、ジェスチャ・イベントの空のListが含まれます。
          シリアル・データ:
          アルファベット順に並んだデフォルトの直列化可能フィールドであり、そのあとにListインスタンスまたはnullのどちらかが続きます。
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
      • 直列化されたフィールド

        • action
          int action
          ユーザーの希望するアクションです。
        • component
          Component component
          DragGestureEventに関連したComponentです。
        • dragSource
          DragSource dragSource
          DragGestureEventに関連したDragSourceです。
        • origin
          Point origin
          ドラッグの起点です。
    • クラスjava.awt.dnd.DragGestureRecognizer

      class DragGestureRecognizer extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      8996673345831063337L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          このDragGestureRecognizerを直列化復元します。 このメソッドはまず、transientでないすべてのフィールドに対してデフォルトの直列化復元を実行します。 次に、ストリームの次のオブジェクトを使用して、このオブジェクトのDragGestureListenerが同様に直列化復元されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          このDragGestureRecognizerを直列化します。 このメソッドは、まずデフォルトの直列化を実行します。 次に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトのDragGestureListenerが書き出されます。 そうでない場合は、代わりにnullが書き込まれます。
          シリアル・データ:
          アルファベット順に並んだデフォルトの直列化可能フィールドであり、そのあとにDragGestureListenerまたはnullのどちらかが続きます。
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
      • 直列化されたフィールド

        • component
          Component component
          このDragGestureRecognizerに関連付けられているComponent
        • dragSource
          DragSource dragSource
          このDragGestureRecognizerに関連付けられているDragSource
        • イベント
          ArrayList<InputEvent> events
          ドラッグをトリガーする「ジェスチャ」としてDragGestureRecognizerによって「認識」された(順番に並べられた)イベントのリスト。
        • sourceActions
          int sourceActions
          このドラッグ・アンド・ドロップ操作で使用されるアクションのタイプを表すint
    • クラスjava.awt.dnd.DragSource

      class DragSource extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      6236096958971414066L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          このDragSourceを直列化復元します。 このメソッドは、まずデフォルトの直列化復元を実行します。 次に、ストリームの次のオブジェクトを使用して、このオブジェクトのFlavorMapが直列化復元されます。 結果のFlavorMapnullの場合、このオブジェクトのFlavorMapは、このスレッドのClassLoaderに対するデフォルトのFlavorMapに設定されます。 次に、0個以上のキーと値のペアの、nullで終わるシーケンスをストリームから読み取ることで、このオブジェクトのリスナーが直列化復元されます。
          • キー・オブジェクトがdragSourceListenerKに等しいStringである場合は、対応する値オブジェクトを使用してDragSourceListenerが直列化復元され、このDragSourceに追加されます。
          • キー・オブジェクトがdragSourceMotionListenerKに等しいStringである場合は、対応する値オブジェクトを使用してDragSourceMotionListenerが直列化復元され、このDragSourceに追加されます。
          • そうでない場合は、キーと値のペアがスキップされます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          このDragSourceを直列化します。 このメソッドは、まずデフォルトの直列化を実行します。 次に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトのFlavorMapが書き出されます。 そうでない場合は、代わりにnullが書き込まれます。 次に、このオブジェクトで登録されたSerializableリスナーが書き出されます。 リスナーは、0個以上のペアの、nullで終わるシーケンスで書き出されます。 ペアはStringObjectで構成されます。StringObjectの型を示し、次のいずれかになります。
          • DragSourceListenerオブジェクトを示すdragSourceListenerK
          • DragSourceMotionListenerオブジェクトを示すdragSourceMotionListenerK
          シリアル・データ:
          FlavorMapインスタンスまたはnullnullで終わる0個以上のペアが続きます。ペアはStringObjectのペアで構成されます。StringObjectの型を示し、次のいずれかになります。
          • DragSourceListenerオブジェクトを示すdragSourceListenerK
          • DragSourceMotionListenerオブジェクトを示すdragSourceMotionListenerK
          .
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
    • クラスjava.awt.dnd.DragSourceContext

      class DragSourceContext extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -115407898692194719L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          このDragSourceContextを直列化復元します。 このメソッドはまず、transientでないすべてのフィールドに対してデフォルトの直列化復元を実行します。 次に、ストリームの次の2つのオブジェクトを使用して、このオブジェクトのTransferableDragSourceListenerが同様に直列化復元されます。 結果のTransferablenullの場合、このオブジェクトのTransferableは、DataFlavorをサポートしないダミーのTransferableに設定されます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          このDragSourceContextを直列化します。 このメソッドは、まずデフォルトの直列化を実行します。 次に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトのTransferableが書き出されます。 そうでない場合は、代わりにnullが書き込まれます。 この場合、結果の直列化復元されたストリームから作成されるDragSourceContextには、DataFlavorをサポートしないダミーのTransferableが含まれます。 最後に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトのDragSourceListenerが書き出されます。 そうでない場合は、代わりにnullが書き込まれます。
          シリアル・データ:
          アルファベット順に並んだ、デフォルトの直列化可能なフィールドであり、Transferableインスタンスまたはnullが続き、さらにDragSourceListenerインスタンスまたはnullが続きます。
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
      • 直列化されたフィールド

        • cursor
          Cursor cursor
          現在のドラッグ・カーソルです。
        • sourceActions
          int sourceActions
          このDragSourceContextに関連したドラッグ操作のドラッグ・ソースでサポートされている一連のドロップ・アクションを表すDnDConstantsのビット単位のマスクです。
        • trigger
          DragGestureEvent trigger
          ドラッグの開始をトリガーしたイベントです。
        • useCustomCursor
          boolean useCustomCursor
          カスタムのドラッグ・カーソルがデフォルトのドラッグ・カーソルの代わりに使用されている場合はtrueです。
    • クラスjava.awt.dnd.DragSourceDragEvent

      class DragSourceDragEvent extends DragSourceEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      481346297933902471L
      • 直列化されたフィールド

        • dropAction
          int dropAction
          ユーザー・ドロップ・アクションです。
        • gestureModifiers
          int gestureModifiers
          ユーザーのジェスチャに関連した入力デバイス修飾子の状態です。
        • invalidModifiers
          boolean invalidModifiers
          gestureModifiersが無効かどうかを示します。
        • targetActions
          int targetActions
          ターゲット・ドロップ・アクションです。
    • クラスjava.awt.dnd.DragSourceDropEvent

      class DragSourceDropEvent extends DragSourceEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -5571321229470821891L
      • 直列化されたフィールド

        • dropAction
          int dropAction
          ドロップ・アクションです。
        • dropSuccess
          boolean dropSuccess
          ドロップが成功した場合はtrueです。
    • クラスjava.awt.dnd.DragSourceEvent

      class DragSourceEvent extends EventObject implements Serializable
      serialVersionUID:
      -763287114604032641L
      • 直列化されたフィールド

        • locationSpecified
          boolean locationSpecified
          このイベントにカーソル位置が指定されているかどうかを示すboolean値です。
        • x
          int x
          このイベントにカーソル位置が指定されている場合は、このイベントが発生したときのカーソル位置の水平方向の座標です。そうでない場合は0です。
        • y
          int y
          このイベントにカーソル位置が指定されている場合は、このイベントが発生したときのカーソル位置の垂直方向の座標です。そうでない場合は0です。
    • クラスjava.awt.dnd.DropTarget

      class DropTarget extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -6283860791671019047L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          このDropTargetを直列化復元します。 このメソッドはまず、transientでないすべてのフィールドに対してデフォルトの直列化復元を実行します。 次に、このオブジェクトのDropTargetListenerを同様に直列化復元しようとします。 1.4より前のリリースではこの名前の非transientフィールドがDropTargetListenerを格納したため、これはdtListenerフィールドの直列化復元によるはじめての試行となります。 失敗すると、ストリーム内の次のオブジェクトが代わりに使われます。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          このDropTargetを直列化します。 デフォルトの直列化を行い、次に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトのDropTargetListenerを書き出します。 そうでない場合は、代わりにnullが書き込まれます。
          シリアル・データ:
          アルファベット順に並んだデフォルトの直列化可能フィールドであり、そのあとにDropTargetListenerインスタンスまたはnullのどちらかが続きます。
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.4
      • 直列化されたフィールド

        • actions
          int actions
          このDropTargetでサポートされる、デフォルトで許可されたアクションです。
          関連項目:
        • active
          boolean active
          DropTargetがドラッグ・アンド・ドロップ操作を受け入れる場合はtrueです。
        • component
          Component component
          このDropTargetに関連したComponentです。
        • dropTargetContext
          DropTargetContext dropTargetContext
          このDropTargetに関連したDropTargetContextです。
    • クラスjava.awt.dnd.DropTargetContext

      class DropTargetContext extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -634158968993743371L
      • 直列化されたフィールド

        • dropTarget
          DropTarget dropTarget
          このDropTargetContextに関連したDropTargetです。
    • クラスjava.awt.dnd.DropTargetDragEvent

      class DropTargetDragEvent extends DropTargetEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8422265619058953682L
      • 直列化されたフィールド

        • actions
          int actions
          ソース・ドロップ・アクションです。
        • dropAction
          int dropAction
          ユーザー・ドロップ・アクションです。
        • location
          Point location
          Componentの座標でのドラッグ・カーソルのホット・スポットの位置です。
    • クラスjava.awt.dnd.DropTargetDropEvent

      class DropTargetDropEvent extends DropTargetEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1721911170440459322L
      • 直列化されたフィールド

        • actions
          int actions
          ソース・ドロップ・アクションです。
        • dropAction
          int dropAction
          ユーザー・ドロップ・アクションです。
        • isLocalTx
          boolean isLocalTx
          転送元がターゲットと同じJVMにある場合はtrueです。
        • location
          Point location
          Componentの座標でのドラッグ・カーソルのホット・スポットの位置です。
    • クラスjava.awt.dnd.DropTargetEvent

      class DropTargetEvent extends EventObject implements Serializable
      serialVersionUID:
      2821229066521922993L
      • 直列化されたフィールド

        • context
          DropTargetContext context
          このDropTargetEventに関連付けられているDropTargetContext
    • 例外java.awt.dnd.InvalidDnDOperationException

      class InvalidDnDOperationException extends IllegalStateException implements Serializable
      serialVersionUID:
      -6062568741193956678L
    • クラスjava.awt.dnd.MouseDragGestureRecognizer

      class MouseDragGestureRecognizer extends DragGestureRecognizer implements Serializable
      serialVersionUID:
      6220099344182281120L
  • パッケージ java.awt.event

    • クラスjava.awt.event.ActionEvent

      class ActionEvent extends AWTEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -7671078796273832149L
      • 直列化されたフィールド

        • actionCommand
          String actionCommand
          実際にイベントを発生させる原因の詳細を示す、ローカライズされていない文字列です。 この情報は、イベントを発生させたコンポーネントに特有のものです。
          関連項目:
        • modifiers
          int modifiers
          選択されたキー修飾子を表します。選択されたキーの状態判定に使用します。 修飾子が選択されない場合、デフォルトではゼロになります。
          関連項目:
        • when
          long when
          このイベント発生時のタイムスタンプです。 ActionEventが高レベルのセマンティック・イベントであるため、タイムスタンプは通常は基本となるInputEventと同じです。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.event.AdjustmentEvent

      class AdjustmentEvent extends AWTEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      5700290645205279921L
      • 直列化されたフィールド

        • adjustable
          Adjustable adjustable
          イベントをトリガーした調整可能オブジェクトです。
          関連項目:
        • adjustmentType
          int adjustmentType
          adjustmentTypeは、調整可能オブジェクトの値がどのように変化したかを示すものです。 この値はブロック量またはユニット量で増加または減少させることができます。ブロックはページの増分および減分に関連し、ユニットは行の増分および減分に関連しています。
          関連項目:
        • isAdjusting
          boolean isAdjusting
          イベントが一連の複数の調整イベントの1つである場合、isAdjustingはtrueです。
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
        • value
          int value
          valueには調整可能オブジェクトの新しい値が含まれます。 この値は常に、調整可能オブジェクトに関連した範囲内になります。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.event.ComponentEvent

      class ComponentEvent extends AWTEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      8101406823902992965L
    • クラスjava.awt.event.ContainerEvent

      class ContainerEvent extends ComponentEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4114942250539772041L
      • 直列化されたフィールド

    • クラスjava.awt.event.FocusEvent

      class FocusEvent extends ComponentEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      523753786457416396L
      • 直列化メソッド

        • readResolve
          Object readResolve() throws ObjectStreamException
          この直列化復元されたFocusEventインスタンスが、フォーカス・イベントにnull以外のcause値を持つことを意味する現在の仕様と互換性があるかどうかを確認します。 チェックが失敗すると、新しいFocusEventインスタンスが返され、causeフィールドはFocusEvent.Cause.UNKNOWNに等しく、他のフィールドはこのFocusEventインスタンスと同じ値を持ちます。
          例外:
          ObjectStreamException - このオブジェクトを置き換える新しいオブジェクトを作成できなかった場合
          導入されたバージョン:
          9
          関連項目:
          • FocusEvent.cause
      • 直列化されたフィールド

        • cause
          FocusEvent.Cause cause
          フォーカス・イベントには、このイベントが生成された理由があります。 原因はフォーカス・イベントの作成中に設定されます。
          導入されたバージョン:
          9
          関連項目:
        • 一時
          boolean temporary
          フォーカス・イベントは、パーマネントとテンポラリの2つのレベルを保持できます。 操作が一時的にフォーカスを奪い、イベントが完了すると元に戻す場合は true に、 そうでない場合は false に設定されます。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.event.HierarchyEvent

      class HierarchyEvent extends AWTEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -5337576970038043990L
      • 直列化されたフィールド

        • changed
          Component changed
          変更された階層の最上位のComponent
        • changedParent
          Container changedParent
          changedコンポーネントの親。 これは、変更のタイプに応じて、変更前または変更後の親です。
        • changeFlags
          long changeFlags
          このイベント・オブジェクトで表されるHIERARCHY_CHANGEDイベントのタイプを示すビット・マスク。 許容される値については、HierarchyEventのクラスの説明を参照してください。
    • クラスjava.awt.event.InputEvent

      class InputEvent extends ComponentEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -2482525981698309786L
    • クラスjava.awt.event.InputMethodEvent

      class InputMethodEvent extends AWTEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      4727190874778922661L
      • 直列化メソッド

      • 直列化されたフィールド

        • when
          long when
          イベント作成時を示すタイムスタンプです。
          導入されたバージョン:
          1.4
          関連項目:
    • クラスjava.awt.event.InvocationEvent

      class InvocationEvent extends AWTEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      436056344909459450L
      • 直列化されたフィールド

        • catchExceptions
          boolean catchExceptions
          dispatch()がThrowableをキャッチして例外インスタンス変数に格納する場合は、trueに設定します。 falseの場合は、ThrowableはEventDispatchThreadのディスパッチ・ループまで伝達されます。
        • dispatched
          boolean dispatched
          runnablerun()メソッドが実行されたかどうかを示します。
          導入されたバージョン:
          1.7
          関連項目:
        • exception
          Exception exception
          Runnable.run()メソッドの実行中にスローされるExceptionです(nullの場合もある)。 この変数は、特定のインスタンスが例外をキャッチしなかった場合にもnullになります。
        • リスナー
          Runnable listener
          イベントがディスパッチされるか、破棄された直後に、run()メソッドが呼び出されるRunnableです(nullの場合もある)。
          導入されたバージョン:
          1.8
          関連項目:
        • notifier
          Object notifier
          Runnable.run()メソッドの復帰後または例外のスロー後、あるいはイベントの破棄後、notifyAll()メソッドがただちに呼び出されるObjectです(nullの場合もあります)。
          関連項目:
        • runnable
          Runnable runnable
          run()メソッドが呼び出されるRunnableです。
        • throwable
          Throwable throwable
          Runnable.run()メソッドの実行中にスローされるThrowableです(nullの場合もある)。 この変数は、特定のインスタンスが例外をキャッチしなかった場合にもnullになります。
        • when
          long when
          このイベント発生時のタイムスタンプです。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.event.ItemEvent

      class ItemEvent extends AWTEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -608708132447206933L
      • 直列化されたフィールド

        • item
          Object item
          選択状態が変更された項目です。
          関連項目:
        • stateChange
          int stateChange
          itemが選択されたのか選択解除されたのかを示すstateChangeオブジェクトです。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.event.KeyEvent

      class KeyEvent extends InputEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -2352130953028126954L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws IOException, ClassNotFoundException
          古い修飾子を無効にして、新しい修飾子を設定します。 キー修飾子は、オーバーラップするマウス修飾子をオーバーライドします。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • isProxyActive
          boolean isProxyActive
          ネイティブのイベント・ディスパッチ・システムの状態を格納します。このイベントが作成されたときに、イベント・プロキシ・メカニズムがアクティブであった場合はtrue、プロキシがアクティブなときに、イベントを正常にディスパッチするために使用されるComponent.dispatchEventImplがアクティブでなかった場合はfalseになります。
        • keyChar
          char keyChar
          keyCharは、キーボード上のキーまたはキーの組み合わせでトリガーされる有効なUnicode文字です。
          関連項目:
        • keyCode
          int keyCode
          キーボードの各キーに割り当てられた一意の値です。 ほとんどのキーボードがトリガーできる共通のキー・コード・セットがあります。 キー・コードのシンボリック名はコード自体の値以外になります。
          関連項目:
        • keyLocation
          int keyLocation
          キーボード上のキーの位置です。 左Shiftキーや右Shiftキーなど一部のキーは、キーボード上で複数回発生します。 さらに、一部のキーは数値入力キー・パッドで発生します。 このようなキーを区別するために、変数が使用されます。 有効な値は、KEY_LOCATION_UNKNOWNKEY_LOCATION_STANDARDKEY_LOCATION_LEFTKEY_LOCATION_RIGHT、およびKEY_LOCATION_NUMPADのみです。
          関連項目:
        • originalSource
          Component originalSource
          元のイベント・ソース。 イベント・ソースは、処理中に変わる可能性がありますが、元のソースを取得できる必要がある場合があります。
          導入されたバージョン:
          1.8
    • クラスjava.awt.event.MouseEvent

      class MouseEvent extends InputEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -991214153494842848L
      • 直列化メソッド

      • 直列化されたフィールド

        • button
          int button
          状態が変更されたマウス・ボタンがある場合、そのマウス・ボタンを示します。 有効な値の範囲は、0からMouseInfo.getNumberOfButtons()に返される値までです。 この範囲には、NOBUTTONBUTTON1BUTTON2、およびBUTTON3の定数が含まれます(これらのボタンが存在する場合)。 このため、これらの定数も使用できます。 たとえば、ボタンが2つのマウスの場合は、このフィールドには次の値が含まれます。
          • 0 (NOBUTTON)
          • 1 (BUTTON1)
          • 2 (BUTTON2)
          ボタンが5つのマウスの場合は、このフィールドには次の値が含まれます。
          • 0 (NOBUTTON)
          • 1 (BUTTON1)
          • 2 (BUTTON2)
          • 3 (BUTTON3)
          • 4
          • 5
          拡張マウス・ボタンのサポートがJavaでToolkit.areExtraMouseButtonsEnabled() disabledにされている場合は、このフィールドにBUTTON3よりも大きい値が含まれることはありません。
          関連項目:
        • causedByTouchEvent
          boolean causedByTouchEvent
          イベントがタッチ・イベントの結果であるかどうかを示します。
        • clickCount
          int clickCount
          マウス・ボタンをすばやく連続してクリックする回数を示します。clickCountは次の3つのマウス・イベントにのみ有効です。
          MOUSE_CLICKEDMOUSE_PRESSED、およびMOUSE_RELEASED
          上記の場合、clickCountは1以上になります。 その他のイベントの場合、カウントは 0 になります。
          関連項目:
        • popupTrigger
          boolean popupTrigger
          Popup Menuが特定のジェスチャを保持するかどうかを示すプロパティです。 popupTrigger = falseの場合、ポップアップ・メニューは表示されません。 trueの場合、ポップアップ・メニューが表示されます。
          関連項目:
        • x
          int x
          マウス・イベントのx座標です。 x値はイベントをトリガーするコンポーネントに対する相対位置になります。
          関連項目:
        • xAbs
          int xAbs
          マウス・イベントの絶対x座標です。 デスクトップ領域が複数の物理画面デバイスにまたがっている可能性のある仮想デバイス・マルチスクリーン環境では、この座標は仮想の座標系を基準にしています。 それ以外の場合、この座標は、コンポーネントのGraphicsConfigurationに関連付けられた座標系を基準にしています。
        • y
          int y
          マウス・イベントのy座標です。 y値はイベントをトリガーするコンポーネントに対する相対位置になります。
          関連項目:
        • yAbs
          int yAbs
          マウス・イベントの絶対y座標です。 デスクトップ領域が複数の物理画面デバイスにまたがっている可能性のある仮想デバイス・マルチスクリーン環境では、この座標は仮想の座標系を基準にしています。 それ以外の場合、この座標は、コンポーネントのGraphicsConfigurationに関連付けられた座標系を基準にしています。
    • クラスjava.awt.event.MouseWheelEvent

      class MouseWheelEvent extends MouseEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      6459879390515399677L
      • 直列化されたフィールド

        • preciseWheelRotation
          double preciseWheelRotation
          マウス・ホイールが回転した距離を示します。
          関連項目:
        • scrollAmount
          int scrollAmount
          scrollTypeがWHEEL_UNIT_SCROLLの場合にのみ有効です。 プラットフォームの設定に基づき、マウス・ホイールの回転クリックごとにスクロールされるユニット数を示します。
          関連項目:
        • scrollType
          int scrollType
          プラットフォームの設定に基づいて、このイベントに応答して発生するスクロールの種類を示します。 有効な値は次のとおりです。
          • WHEEL_UNIT_SCROLL
          • WHEEL_BLOCK_SCROLL
          関連項目:
        • wheelRotation
          int wheelRotation
          マウス・ホイールが回転した距離を示します。
          関連項目:
    • クラスjava.awt.event.PaintEvent

      class PaintEvent extends ComponentEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      1267492026433337593L
    • クラスjava.awt.event.TextEvent

      class TextEvent extends AWTEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      6269902291250941179L
    • クラスjava.awt.event.WindowEvent

      class WindowEvent extends ComponentEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1567959133147912127L
      • 直列化されたフィールド

        • newState
          int newState
          ウィンドウ状態変更イベントのウィンドウの新しい状態です。
        • oldState
          int oldState
          ウィンドウ状態変更イベントのウィンドウの以前の状態。
  • パッケージ java.awt.font

    • クラスjava.awt.font.NumericShaper

      class NumericShaper extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8022764705923730308L
      • 直列化メソッド

        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream stream) throws IOException
          NumericShaper.Range列挙ベースのパラメータがある場合はビット・マスクベースのパラメータに変換し、このオブジェクトをstreamに書き込みます。 この変換では、対応するビット・マスクベースの定数を持たない列挙型定数は無視されます。
          パラメータ:
          stream - 書込み先の出力ストリーム
          例外:
          IOException - ストリームへの書出し時に入出力エラーが発生した場合stream
          導入されたバージョン:
          1.7
      • 直列化されたフィールド

        • key
          int key
          コンテキスト依存の形状決定のコンテキストのインデックスです。値の範囲は0から18です。
        • mask
          int mask
          コンテキスト依存の形状決定を行うかどうか(上位ビット)、および形式変換する数字の範囲(0から18のビット)を示すフラグ。
        • shapingRange
          NumericShaper.Range shapingRange
          コンテキスト・シェーピングのためのコンテキストRange、または非コンテキスト・シェーピングのための Range。ビット・マスク・ベースのAPIの場合はnullです。
          導入されたバージョン:
          1.7
    • クラスjava.awt.font.TextAttribute

      class TextAttribute extends AttributedCharacterIterator.Attribute implements Serializable
      serialVersionUID:
      7744112784117861702L
      • 直列化メソッド

        • readResolve
          protected Object readResolve() throws InvalidObjectException
          直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。
          例外:
          InvalidObjectException - 解決するオブジェクトがAttributeのインスタンスではない場合
    • クラスjava.awt.font.TransformAttribute

      class TransformAttribute extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      3356247357827709530L
      • 直列化メソッド

        • readResolve
          private Object readResolve() throws ObjectStreamException
          直列化後にTransformAttributeオブジェクトを解決します。
          例外:
          ObjectStreamException - このオブジェクトを置き換える新しいオブジェクトを作成できなかった場合
          導入されたバージョン:
          1.6
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • transform
          AffineTransform transform
          このTransformAttributeAffineTransform、またはAffineTransformが恒等変換である場合はnullです。
  • パッケージ java.awt.geom

    • クラスjava.awt.geom.AffineTransform

      class AffineTransform extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      1330973210523860834L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          ObjectInputStreamを読み取ります。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • m00
          double m00
          3×3アフィン変換行列のX座標スケーリング要素です。
        • m01
          double m01
          3×3アフィン変換行列のX座標シャーリング要素です。
        • m02
          double m02
          3×3アフィン変換行列の平行移動要素のX座標です。
        • m10
          double m10
          3×3アフィン変換行列のY座標シャーリング要素です。
        • m11
          double m11
          3×3アフィン変換行列のY座標スケーリング要素です。
        • m12
          double m12
          3×3アフィン変換行列の平行移動要素のY座標です。
    • クラスjava.awt.geom.Arc2D.Double

      class Double extends Arc2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      728264085846882001L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          ObjectInputStreamからデフォルトの直列化可能フィールド、続いてこのArc2Dインスタンスの弧のタイプを示すバイトを読み取ります。
          シリアル・データ:
          1. デフォルトの直列化可能フィールド。
          2. 続いて、弧のタイプArc2D.OPENArc2D.CHORD、またはArc2D.PIEを示すbyte
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          ObjectOutputStreamにデフォルトの直列化可能フィールド、続いてこのArc2Dインスタンスの弧のタイプを示すバイトを書き込みます。
          シリアル・データ:
          1. デフォルトの直列化可能フィールド。
          2. 続いて、弧のタイプArc2D.OPENArc2D.CHORD、またはArc2D.PIEを示すbyte
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • エクステント
          double extent
          弧の角の大きさ(度単位)。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • height
          double height
          この弧が一部を構成する楕円の高さです(角の大きさは考慮しません)。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • start
          double start
          弧の始角(度単位)。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • width
          double width
          この弧が一部を構成する楕円の幅です(角の大きさは考慮しません)。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x
          double x
          弧の表示枠矩形の左上隅のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          double y
          弧の表示枠矩形の左上隅のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.Arc2D.Float

      class Float extends Arc2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      9130893014586380278L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          ObjectInputStreamからデフォルトの直列化可能フィールド、続いてこのArc2Dインスタンスの弧のタイプを示すバイトを読み取ります。
          シリアル・データ:
          1. デフォルトの直列化可能フィールド。
          2. 続いて、弧のタイプArc2D.OPENArc2D.CHORD、またはArc2D.PIEを示すbyte
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          ObjectOutputStreamにデフォルトの直列化可能フィールド、続いてこのArc2Dインスタンスの弧のタイプを示すバイトを書き込みます。
          シリアル・データ:
          1. デフォルトの直列化可能フィールド。
          2. 続いて、弧のタイプArc2D.OPENArc2D.CHORD、またはArc2D.PIEを示すbyte
          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • エクステント
          float extent
          弧の角の大きさ(度単位)。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • height
          float height
          この弧が一部を構成する楕円の高さです(角の大きさは考慮しません)。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • start
          float start
          弧の始角(度単位)。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • width
          float width
          この弧が一部を構成する楕円の幅です(角の大きさは考慮しません)。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x
          float x
          弧の表示枠矩形の左上隅のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          float y
          弧の表示枠矩形の左上隅のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.CubicCurve2D.Double

      class Double extends CubicCurve2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4202960122839707295L
      • 直列化されたフィールド

        • ctrlx1
          double ctrlx1
          3次曲線セグメントの最初の制御点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • ctrlx2
          double ctrlx2
          3次曲線セグメントの2番目の制御点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • ctrly1
          double ctrly1
          3次曲線セグメントの最初の制御点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • ctrly2
          double ctrly2
          3次曲線セグメントの2番目の制御点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x1
          double x1
          3次曲線セグメントの始点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x2
          double x2
          3次曲線セグメントの終点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y1
          double y1
          3次曲線セグメントの始点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y2
          double y2
          3次曲線セグメントの終点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.CubicCurve2D.Float

      class Float extends CubicCurve2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1272015596714244385L
      • 直列化されたフィールド

        • ctrlx1
          float ctrlx1
          3次曲線セグメントの最初の制御点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • ctrlx2
          float ctrlx2
          3次曲線セグメントの2番目の制御点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • ctrly1
          float ctrly1
          3次曲線セグメントの最初の制御点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • ctrly2
          float ctrly2
          3次曲線セグメントの2番目の制御点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x1
          float x1
          3次曲線セグメントの始点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x2
          float x2
          3次曲線セグメントの終点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y1
          float y1
          3次曲線セグメントの始点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y2
          float y2
          3次曲線セグメントの終点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.Ellipse2D.Double

      class Double extends Ellipse2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      5555464816372320683L
      • 直列化されたフィールド

        • height
          double height
          Ellipse2Dの全体の高さです。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • width
          double width
          このEllipse2Dの全体の幅。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x
          double x
          このEllipse2Dの表示枠矩形の左上隅のX座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          double y
          このEllipse2Dの表示枠矩形の左上隅のY座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.Ellipse2D.Float

      class Float extends Ellipse2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      -6633761252372475977L
      • 直列化されたフィールド

        • height
          float height
          このEllipse2Dの全体の高さ。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • width
          float width
          このEllipse2Dの全体の幅。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x
          float x
          このEllipse2Dの表示枠矩形の左上隅のX座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          float y
          このEllipse2Dの表示枠矩形の左上隅のY座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.GeneralPath

      class GeneralPath extends Path2D.Float implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8327096662768731142L
    • 例外java.awt.geom.IllegalPathStateException

      class IllegalPathStateException extends RuntimeException implements Serializable
      serialVersionUID:
      -5158084205220481094L
    • クラスjava.awt.geom.Line2D.Double

      class Double extends Line2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      7979627399746467499L
      • 直列化されたフィールド

        • x1
          double x1
          ライン・セグメントの始点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x2
          double x2
          ライン・セグメントの終点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y1
          double y1
          ライン・セグメントの始点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y2
          double y2
          ライン・セグメントの終点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.Line2D.Float

      class Float extends Line2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      6161772511649436349L
      • 直列化されたフィールド

        • x1
          float x1
          ライン・セグメントの始点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x2
          float x2
          ライン・セグメントの終点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y1
          float y1
          ライン・セグメントの始点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y2
          float y2
          ライン・セグメントの終点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • 例外java.awt.geom.NoninvertibleTransformException

      class NoninvertibleTransformException extends Exception implements Serializable
      serialVersionUID:
      6137225240503990466L
    • クラスjava.awt.geom.Path2D.Double

      class Double extends Path2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      1826762518450014216L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          ObjectInputStreamからデフォルトの直列化可能フィールド、続いてこのパスに格納されるパス・セグメントを明示的に直列化します。

          1.6では、デフォルトの直列化可能フィールドはない。

          このオブジェクトのシリアル・データはwriteObjectメソッドによって記述されます。

          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - I/Oエラーが発生した場合*
          導入されたバージョン:
          1.6
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          ObjectOutputStreamにデフォルトの直列化可能フィールド、続いてこのパスに格納されるパス・セグメントを明示的に直列化します。
          シリアル・データ:
          1. デフォルトの直列化可能フィールド。 1.6では、デフォルトの直列化可能フィールドはない。
          2. ヒントとして元のオブジェクトのストレージ・タイプを示すバイト(SERIAL_STORAGE_DBL_ARRAY)が続く
          3. 後続のパス・セグメントの数(NP)を示す整数値、または後続のパス・セグメントの数が不明であることを示す -1が続く
          4. 後続の座標の総数(NC)を示す整数値、または後続の座標の数が不明であることを示す -1が続く(座標は常にx,yペアで表されるペアで出現するため、NCは必ず偶数になる)
          5. 続いて、屈曲規則を示すバイト(WIND_EVEN_ODDまたはWIND_NON_ZERO)
          6. NP (またはNP < 0の場合は無制限)によって、パス・セグメントのタイプを示す1バイトと、パス・セグメントの座標を表すfloat型またはdouble型の1つ以上の値のペアからなる値が設定される
          7. パスの末尾を示すバイト(SERIAL_PATH_END)が続く。

          次のバイト値定数は、Path2Dオブジェクトの直列化された形式で使用されます。

          定数
          定数名 バイト値 後続の項目 説明
          SERIAL_STORAGE_FLT_ARRAY 0x30 元のPath2Dオブジェクトが座標をfloat型のJava配列に格納したというヒント。
          SERIAL_STORAGE_DBL_ARRAY 0x31 元のPath2Dオブジェクトが座標をdouble型のJava配列に格納したというヒント。
          SERIAL_SEG_FLT_MOVETO 0x40 float 2つ moveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_FLT_LINETO 0x41 float 2つ lineToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_FLT_QUADTO 0x42 float 4つ quadToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_FLT_CUBICTO 0x43 float 6つ curveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_DBL_MOVETO 0x50 double 2つ moveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_DBL_LINETO 0x51 double 2つ lineToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_DBL_QUADTO 0x52 double 4つ curveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_DBL_CUBICTO 0x53 double 6つ curveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_CLOSE 0x60 closePathパス・セグメント。
          SERIAL_PATH_END 0x61 これ以上パス・セグメントは続きません。

          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.6
    • クラスjava.awt.geom.Path2D.Float

      class Float extends Path2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      6990832515060788886L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          ObjectInputStreamからデフォルトの直列化可能フィールド、続いてこのパスに格納されるパス・セグメントを明示的に直列化します。

          1.6では、デフォルトの直列化可能フィールドはない。

          このオブジェクトのシリアル・データはwriteObjectメソッドによって記述されます。

          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.6
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          ObjectOutputStreamにデフォルトの直列化可能フィールド、続いてこのパスに格納されるパス・セグメントを明示的に直列化します。
          シリアル・データ:
          1. デフォルトの直列化可能フィールド。 1.6では、デフォルトの直列化可能フィールドはない。
          2. ヒントとして元のオブジェクトのストレージ・タイプを示すバイト(SERIAL_STORAGE_FLT_ARRAY)が続く
          3. 後続のパス・セグメントの数(NP)を示す整数値、または後続のパス・セグメントの数が不明であることを示す -1が続く
          4. 後続の座標の総数(NC)を示す整数値、または後続の座標の数が不明であることを示す -1が続く(座標は常にx,yペアで表されるペアで出現するため、NCは必ず偶数になる)
          5. 続いて、屈曲規則を示すバイト(WIND_EVEN_ODDまたはWIND_NON_ZERO)
          6. NP (またはNP < 0の場合は無制限)によって、パス・セグメントのタイプを示す1バイトと、パス・セグメントの座標を表すfloat型またはdouble型の1つ以上の値のペアからなる値が設定される
          7. パスの末尾を示すバイト(SERIAL_PATH_END)が続く。

          次のバイト値定数は、Path2Dオブジェクトの直列化された形式で使用されます。

          定数
          定数名 バイト値 後続の項目 説明
          SERIAL_STORAGE_FLT_ARRAY 0x30 元のPath2Dオブジェクトが座標をfloat型のJava配列に格納したというヒント。
          SERIAL_STORAGE_DBL_ARRAY 0x31 元のPath2Dオブジェクトが座標をdouble型のJava配列に格納したというヒント。
          SERIAL_SEG_FLT_MOVETO 0x40 float 2つ moveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_FLT_LINETO 0x41 float 2つ lineToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_FLT_QUADTO 0x42 float 4つ quadToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_FLT_CUBICTO 0x43 float 6つ curveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_DBL_MOVETO 0x50 double 2つ moveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_DBL_LINETO 0x51 double 2つ lineToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_DBL_QUADTO 0x52 double 4つ curveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_DBL_CUBICTO 0x53 double 6つ curveToパス・セグメントが続きます。
          SERIAL_SEG_CLOSE 0x60 closePathパス・セグメント。
          SERIAL_PATH_END 0x61 これ以上パス・セグメントは続きません。

          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
          導入されたバージョン:
          1.6
    • クラスjava.awt.geom.Point2D.Double

      class Double extends Point2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      6150783262733311327L
      • 直列化されたフィールド

        • x
          double x
          このPoint2DのX座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          double y
          このPoint2DのY座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.Point2D.Float

      class Float extends Point2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      -2870572449815403710L
      • 直列化されたフィールド

        • x
          float x
          このPoint2DのX座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          float y
          このPoint2DのY座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.QuadCurve2D.Double

      class Double extends QuadCurve2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      4217149928428559721L
      • 直列化されたフィールド

        • ctrlx
          double ctrlx
          2次曲線セグメントの制御点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • ctrly
          double ctrly
          2次曲線セグメントの制御点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x1
          double x1
          2次曲線セグメントの始点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x2
          double x2
          2次曲線セグメントの終点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y1
          double y1
          2次曲線セグメントの始点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y2
          double y2
          2次曲線セグメントの終点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.QuadCurve2D.Float

      class Float extends QuadCurve2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8511188402130719609L
      • 直列化されたフィールド

        • ctrlx
          float ctrlx
          2次曲線セグメントの制御点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • ctrly
          float ctrly
          2次曲線セグメントの制御点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x1
          float x1
          2次曲線セグメントの始点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x2
          float x2
          2次曲線セグメントの終点のX座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y1
          float y1
          2次曲線セグメントの始点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y2
          float y2
          2次曲線セグメントの終点のY座標です。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.Rectangle2D.Double

      class Double extends Rectangle2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      7771313791441850493L
      • 直列化されたフィールド

        • height
          double height
          このRectangle2Dの高さ。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • width
          double width
          このRectangle2Dの幅。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x
          double x
          このRectangle2DのX座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          double y
          このRectangle2DのY座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.Rectangle2D.Float

      class Float extends Rectangle2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      3798716824173675777L
      • 直列化されたフィールド

        • height
          float height
          このRectangle2Dの高さ。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • width
          float width
          このRectangle2Dの幅。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x
          float x
          このRectangle2DのX座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          float y
          このRectangle2DのY座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.RoundRectangle2D.Double

      class Double extends RoundRectangle2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      1048939333485206117L
      • 直列化されたフィールド

        • archeight
          double archeight
          角を丸める弧の高さです。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • arcwidth
          double arcwidth
          角を丸める弧の幅です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • height
          double height
          このRoundRectangle2Dの高さ。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • width
          double width
          このRoundRectangle2Dの幅。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x
          double x
          このRoundRectangle2DのX座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          double y
          このRoundRectangle2DのY座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
    • クラスjava.awt.geom.RoundRectangle2D.Float

      class Float extends RoundRectangle2D implements Serializable
      serialVersionUID:
      -3423150618393866922L
      • 直列化されたフィールド

        • archeight
          float archeight
          角を丸める弧の高さです。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • arcwidth
          float arcwidth
          角を丸める弧の幅です。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • height
          float height
          このRoundRectangle2Dの高さ。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • width
          float width
          このRoundRectangle2Dの幅。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • x
          float x
          このRoundRectangle2DのX座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
        • y
          float y
          このRoundRectangle2DのY座標。
          導入されたバージョン:
          1.2
  • パッケージ java.awt.image

  • パッケージ java.awt.image.renderable

    • クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlock

      class ParameterBlock extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -7577115551785240750L
      • 直列化されたフィールド

        • パラメータ
          Vector<Object> parameters
          任意のObjectとして格納される、ソース以外のパラメータのVectorです。
        • ソース
          Vector<Object> sources
          任意のObjectとして格納される、ソースのVectorです。
  • パッケージ java.awt.print

  • パッケージ java.beans

    • クラスjava.beans.IndexedPropertyChangeEvent

      class IndexedPropertyChangeEvent extends PropertyChangeEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -320227448495806870L
      • 直列化されたフィールド

        • 索引
          int index
          変更されたプロパティ要素の索引。
    • 例外java.beans.IntrospectionException

      class IntrospectionException extends Exception implements Serializable
      serialVersionUID:
      -3728150539969542619L
    • クラスjava.beans.PropertyChangeEvent

      class PropertyChangeEvent extends EventObject implements Serializable
      serialVersionUID:
      7042693688939648123L
      • 直列化されたフィールド

        • newValue
          Object newValue
          プロパティの新しい値。 不明の場合はnullになります。
        • oldValue
          Object oldValue
          プロパティの古い値。 不明の場合はnullになります。
        • propagationId
          Object propagationId
          伝播ID。 nullも可。
          関連項目:
        • propertyName
          String propertyName
          変更されたプロパティの名前。 不明の場合はnullになります。
    • クラスjava.beans.PropertyChangeSupport

      class PropertyChangeSupport extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      6401253773779951803L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          ObjectInputStreamを読み取ります。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。
          シリアル・データ:
          PropertyChangeListenersのnullで終了するリスト。

          直列化の際、直列化可能でないリスナーはスキップされ、直列化可能なリスナーだけが直列化される。

          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • children
          Hashtable children
          PropertyChangeListenersのリスト
        • propertyChangeSupportSerializedDataVersion
          int propertyChangeSupportSerializedDataVersion
          バージョン
        • source
          Object source
          生成されたイベントの発生元として提供されるオブジェクトです
    • 例外java.beans.PropertyVetoException

      class PropertyVetoException extends Exception implements Serializable
      serialVersionUID:
      129596057694162164L
      • 直列化されたフィールド

    • クラスjava.beans.VetoableChangeSupport

      class VetoableChangeSupport extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -5090210921595982017L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream s) throws ClassNotFoundException, IOException
          ObjectInputStreamを読み取ります。
          パラメータ:
          s - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream s) throws IOException
          直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。
          シリアル・データ:
          VetoableChangeListenersのnullで終了するリスト。

          直列化の際、直列化可能でないリスナーはスキップされ、直列化可能なリスナーだけが直列化される。

          パラメータ:
          s - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • children
          Hashtable children
          PropertyChangeListenersのリスト
        • source
          Object source
          生成されたイベントの発生元として提供されるオブジェクトです
        • vetoableChangeSupportSerializedDataVersion
          int vetoableChangeSupportSerializedDataVersion
          バージョン
  • パッケージ java.beans.beancontext

    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextChildSupport

      class BeanContextChildSupport extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      6328947014421475877L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream ois) throws IOException, ClassNotFoundException
          持続オブジェクトを復元します。入れ子になっている新しいBeanContextから取得されたすべてのリソースが、後続のsetBeanContext()によって完全に復元されるまで待つ必要があります。
          パラメータ:
          ois - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream oos) throws IOException
          オブジェクトの持続性の状態を書き込みます。
          パラメータ:
          oos - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • beanContextChildPeer
          BeanContextChild beanContextChildPeer
          このBeanContextChildが入れ子になっているBeanContext
        • pcSupport
          PropertyChangeSupport pcSupport
          このBeanContextChildSupportに関連付けられているPropertyChangeSupport
        • vcSupport
          VetoableChangeSupport vcSupport
          このBeanContextChildSupportに関連付けられているVetoableChangeSupport
    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextEvent

      class BeanContextEvent extends EventObject implements Serializable
      serialVersionUID:
      7267998073569045052L
      • 直列化されたフィールド

        • propagatedFrom
          BeanContext propagatedFrom
          このイベントの伝達元のBeanContext
    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextMembershipEvent

      class BeanContextMembershipEvent extends BeanContextEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      3499346510334590959L
      • 直列化されたフィールド

        • children
          Collection children
          このイベント通知によって影響を受ける子のリストです。
    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextServiceAvailableEvent

      class BeanContextServiceAvailableEvent extends BeanContextEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -5333985775656400778L
      • 直列化されたフィールド

        • serviceClass
          Class<?> serviceClass
          新しく利用できるサービスへのClass参照
    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextServiceRevokedEvent

      class BeanContextServiceRevokedEvent extends BeanContextEvent implements Serializable
      serialVersionUID:
      -1295543154724961754L
      • 直列化されたフィールド

        • invalidateRefs
          boolean invalidateRefs
          現在のサービスが強制的に無効にされる場合、true
        • serviceClass
          Class<?> serviceClass
          取り消されるサービスへのClass参照。
    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport

      class BeanContextServicesSupport extends BeanContextSupport implements Serializable
      serialVersionUID:
      -8494482757288719206L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream ois) throws IOException, ClassNotFoundException
          インスタンスを直列化復元します。
          パラメータ:
          ois - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream oos) throws IOException
          インスタンスを直列化します。
          パラメータ:
          oos - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport.BCSSChild

      class BCSSChild extends BeanContextSupport.BCSChild implements Serializable
      serialVersionUID:
      -3263851306889194873L
    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport.BCSSServiceProvider

      class BCSSServiceProvider extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      861278251667444782L
      • 直列化されたフィールド

    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextSupport

      class BeanContextSupport extends BeanContextChildSupport implements Serializable
      serialVersionUID:
      -4879613978649577204L
      • 直列化メソッド

        • readObject
          private void readObject(ObjectInputStream ois) throws IOException, ClassNotFoundException
          コンテンツを直列化復元します。このインスタンスに重複しないピアが存在する場合、ここでは子は直列化されず、ピアのreadObject()はこのインスタンスを直列化復元したあとでreadChildren()を呼び出す必要があります。
          パラメータ:
          ois - 読み取るObjectInputStream
          例外:
          ClassNotFoundException - 直列化されたオブジェクトのクラスが見つからなかった場合
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
        • writeObject
          private void writeObject(ObjectOutputStream oos) throws IOException
          BeanContextSupport を直列化します。このインスタンスに重複しないピアが存在する場合 (つまり、このオブジェクトがほかのオブジェクトの委譲として動作している場合)、このインスタンスと同時に子の直列化復元で発生する「鶏が先かと卵が先か」の問題のために、このインスタンスの子はここでは直列化されません。 したがって、このインスタンスに対して重複のないピアがある状況では、常に writeObject() を呼び出してから writeChildren() を呼び出し、readObject() を呼び出してから readChildren() を呼び出します。
          パラメータ:
          oos - 書き込むObjectOutputStream
          例外:
          IOException - 入出力エラーが発生した場合
      • 直列化されたフィールド

        • designTime
          boolean designTime
          このオブジェクトが現在、設計時モードであるかどうかを示すboolean
        • locale
          Locale locale
          BeanContextの現在のロケールです。
        • okToUseGui
          boolean okToUseGui
          このインスタンスがGUIを描画できるかどうかを示すboolean
        • シリアライズ可能
          int serializable
          現在直列化可能な子。
    • クラスjava.beans.beancontext.BeanContextSupport.BCSChild

      class BCSChild extends Object implements Serializable
      serialVersionUID:
      -5815286101609939109L
      • 直列化されたフィールド

        • child
          Object child
          子。
        • proxyPeer
          Object proxyPeer
          子とピアがBeanContextProxyの実装によって関連付けられている場合はピア
  • パッケージ java.io