Module java.base

パッケージjava.lang


パッケージjava.lang
Javaプログラミング言語の設計にあたり基本的なクラスを提供します。 もっとも重要なクラスは、クラス階層のルートである Objectと、実行時のクラスを表すインスタンスである Classです。

多くの場合は、プリミティブ型の値をオブジェクトのように表す必要があります。 ラッパー・クラスBooleanCharacterIntegerLongFloat、およびDoubleがこの目的に使用されます。 たとえば、 Double型のオブジェクトはdouble型のフィールドを含み、参照型の変数に格納される先への参照といった方法で値を表します。 このクラスはプリミティブ値の間で変換するメソッドを提供すると同時に、equalsおよびhashCodeなどの標準メソッドをサポートします。 Voidクラスは、インスタンスを生成できないクラスで、void型を表すClassオブジェクトへの参照を保持します。

Mathクラスは、正接(サイン)、余弦(コサイン)、平方根といった計算でよく使用される関数を提供します。 StringStringBuffer、およびStringBuilderクラスは文字列でよく使用されるオペレーションを提供します。

クラスClassLoaderProcess ProcessBuilderRuntimeSecurityManager、およびSystemは、動的なクラスのロード、外部プロセスの作成、日付などのホスト環境の照会、およびセキュリティ・ポリシーの実施を管理する「システム・オペレーション」を提供します

Throwableクラスはthrow文によってスローされるオブジェクトを包含します。 Throwableのサブクラスはエラーと例外を表します。

文字エンコーディング

java.nio.charset.Charsetクラスの仕様には、Javaプラットフォームの全実装がサポートする必要のある文字エンコーディングおよび標準エンコーディング・セットの命名規則について記述されています。
導入されたバージョン:
1.0
  • Class
    説明
    アプリケーションが抽象メソッドを呼び出そうとした場合にスローされます。
    charシーケンスと値を追加できるオブジェクトです。
    算術計算で例外的条件が発生した場合にスローされます。
    不正なインデックスを使って配列がアクセスされたことを示すためにスローされます。
    不正な型のオブジェクトをオブジェクトの配列に格納しようとしたことを示すためにスローされます。
    アサーションが失敗したことを示すためにスローされます。
    閉じられるまで、リソース(ファイルやソケット・ハンドルなど)を保持できるオブジェクト。
    Booleanクラスは、プリミティブ型booleanの値をオブジェクトにラップします。
    invokedynamic命令または動的定数がそのブートストラップ・メソッドと引数の解決に失敗したこと、またはブートストラップ・メソッドが適切な「メソッド・タイプ」targetを指定して「コール・サイト」を提供できなかったこと、または動的定数メソッドが必要な型定数を提供するために失敗したことを示すためにスローされます。
    Byteクラスは、プリミティブ型byteの値をオブジェクトにラップします。
    Characterクラスは、プリミティブ型charの値をオブジェクトにラップします。
    このクラスのインスタンスは、Unicode文字セットの特定のサブセットを表します。
    Unicode仕様で定義されている文字ブロックを表す文字サブセットのファミリです。
    Unicode Standard Annex#24: Script Names」で定義された文字書体を表す文字サブセットのファミリです。
    CharSequencechar値の読取り可能なシーケンスです。
    Classクラスのインスタンスは、実行中のJavaアプリケーションのクラスおよびインタフェースを表します。
    あるオブジェクトを継承関係にないサブクラスにキャストしようとしたことを示すためにスローされます。
    Java仮想マシンがロード中のクラスのスーパー・クラス階層内で循環を検出した場合に、スローされます。
    Java仮想マシンがクラス・ファイルを読み込もうとして、ファイルが壊れていると判断した場合、またはクラス・ファイルとして解釈できない場合にスローされます。
    クラス・ローダーは、クラスのロードを担当するオブジェクトです。
    アプリケーションが、クラスの文字列名を使用して次のメソッドでロードしようとしたが、指定された名前のクラスの定義が見つからなかった場合にスローされます。クラスClassforNameメソッド。
    計算値を(潜在的に)すべての型に遅延して関連付けます。
    クラスがCloneableインタフェースを実装することで、Object.clone()メソッドがそのクラスのフィールドからフィールドへとコピーしたインスタンスを作成することができることを表します。
    オブジェクトを複製するためにObjectクラスのcloneメソッドが呼び出されたが、そのオブジェクトのクラスがCloneableインタフェースを実装していないことを示すためにスローされます。
    このインタフェースを実装する各クラスのオブジェクトに全体順序付けを強制します。
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    JITコンパイラとその技術は、標準化されたインタフェースによって効果的に制御されるにはあまりにも幅があります。
    @Deprecatedの注釈を付けられたプログラム要素は、プログラマが使用することを薦められていないプログラム要素です。
    Doubleクラスは、プリミティブ型doubleの値をオブジェクトにラップします。
    Enum<E extends Enum<E>>
    これは、すべてのJava言語列挙型クラスの共通ベース・クラスです。
    Enum.EnumDesc<E extends Enum<E>>
    enum定数の場合、「名目記述子」
    アプリケーションが名前によりenum定数にアクセスしようとしたときや、指定された名前の定数を持たないenum型にアクセスしようとしたときにスローされます。
    ErrorThrowableのサブクラスで、通常のアプリケーションであればキャッチすべきではない重大な問題を示します。
    Exceptionクラスとそのサブクラスは、通常のアプリケーションでキャッチされる可能性のある状態を示すThrowableの形式の1つです。
    static初期化子で予想外の例外が発生したことを通知します。
    Floatクラスは、プリミティブ型floatの値をオブジェクトにラップします。
    インタフェース型の宣言を、Java言語仕様に定義されている関数型インタフェースとすることを目的としていることを示すために使われる情報目的の注釈型です。
    アクセスできないフィールドへのアクセスや変更、あるいはアクセスできないメソッドの呼出しをアプリケーションが試みた場合にスローされます。
    アプリケーションが、配列以外のインスタンス作成、フィールドの設定または取得、メソッドの呼出しを試みた場合に、IllegalAccessExceptionがスローされます。ただし、現在のところ、メソッドの実行により指定されたクラス、フィールド、メソッド、またはコンストラクタの定義へのアクセスは行われません。
    不正な引数、または不適切な引数をメソッドに渡したことを示すためにスローされます。
    メソッドが不適切な呼び出し元によって呼び出されたことを示すためにスローされます。
    所定のモニターを持たないスレッドがオブジェクトのモニターで待つことを試みたこと、あるいはほかのスレッドが所定のモニターを持たずにオブジェクトのモニターで待つことを通知したことを示すためにスローされます。
    不正または不適切なときにメソッドが呼び出されたことを示します。
    要求されたオペレーションに対してスレッドの状態が不適切であることを示すためにスローされます。
    クラス定義に互換性のない変更があった場合にスローされます。
    ある種のインデックス(配列、文字列、ベクトルなど)が範囲外であることを示すためにスローされます。
    このクラスは、親スレッドから子スレッドへの値の継承を提供するために、ThreadLocalを拡張します。子スレッドの作成時に、子は、親が値を保持する継承可能なスレッド・ローカル変数すべての初期値を受け取ります。
    アプリケーションがJavaのnew構文を使って抽象クラスやインタフェースのインスタンスを生成しようとしたときにスローされます。
    アプリケーションがClassクラスのnewInstanceメソッドを使ってクラスのインスタンスを生成しようとしたときに、指定されたクラス・オブジェクトのインスタンスを生成できない場合にスローされます。
    Integerクラスは、プリミティブ型intの値をオブジェクトにラップします。
    Java Virtual Machine内で予期しない内部エラーが発生したことを示すためにスローされます。
    あるスレッドが待ち状態、休止状態、または占有されているとき、アクティビティの前かその間のいずれかにそのスレッドで割込みが発生した場合にスローされます。
    このインタフェースを実装すると、オブジェクトが拡張for文("for-eachループ"文とも呼ばれる)のターゲットになることができます。
    「モジュール層」の作成に失敗したときにスローされます。
    LinkageErrorのサブクラスは、あるクラスが別のクラスに依存関係がある場合に、前者のクラスをコンパイルしたあと、後者のクラスへの変更によって互換性が失われたことを示します。
    Longクラスは、プリミティブ型 longの値をオブジェクトにラップします。
    Mathクラスは、指数関数、対数関数、平方根、および三角関数といった基本的な数値処理を実行するためのメソッドを含んでいます。
    ランタイム・モジュールnamedまたはunnamedのいずれかを表します。
    Java仮想マシン内のモジュールのレイヤー。
    モジュール・レイヤーを制御します。
    負のサイズを持った配列をアプリケーションが作成しようとした場合にスローされます。
    通常のメソッド呼び出し、あるいはnew式を使った新しいインスタンスの生成で、Java仮想マシンまたはClassLoaderインスタンスがクラス定義をロードしようとしたが、クラス定義が見からない場合にスローされます。
    オブジェクトの指定されたフィールドにアプリケーションがアクセス、または変更を試みたとき、オブジェクトにそのフィールドがない場合にスローされます。
    指定された名前のフィールドがクラスにはないことを通知します。
    あるクラスの特定のメソッド(staticメソッド、またはインスタンス・メソッド)をアプリケーションが呼び出そうとしたとき、すでにそのクラスには呼び出されたメソッドの定義がない場合にスローされます。
    特定のメソッドが見つからない場合にスローされます。
    オブジェクトが必要な場合に、アプリケーションがnullを使おうとするとスローされます。
    抽象クラスNumberは、プリミティブ型bytedoublefloat intlong、およびshortに変換可能な数値を表すプラットフォーム・クラスのスーパークラスです。
    アプリケーションが文字列を数値型に変換しようとしたとき、文字列の形式が正しくない場合にスローされます。
    Objectクラスは、クラス階層のルートです。
    メモリー不足のためにJava Virtual Machineがオブジェクトを割り当てることができず、ガベージ・コレクタによっても使用可能なメモリーをこれ以上確保できない場合にスローされます。
    メソッド宣言がスーパー・タイプのメソッド宣言をオーバーライドすることを示します。
    クラス・ローダーに関連付けられた実行時パッケージに関するメタデータを表します。
    Processは、ProcessBuilder.startおよびRuntime.execによって開始されたネイティブ・プロセスの制御を提供します。
    このクラスは、オペレーティング・システムのプロセスの作成に使用されます。
    サブプロセスの入力元またはサブプロセスの出力先を表します。
    ProcessBuilder.Redirectのタイプです。
    ProcessHandleは、ネイティブ・プロセスを識別して制御します。
    プロセスに関する情報スナップショット。
    Readableは、文字列のソースです。
    すべてのJava言語レコード・クラスの共通のベース・クラスです。
    コア・リフレクションのリフレクト操作からスローされる例外の、共通のスーパー・クラスです。
    インスタンスを1つのスレッドで実行するすべてのクラスで、Runnableインタフェースを実装する必要があります。
    JavaアプリケーションはすべてRuntimeクラスの単一のインスタンスを持ちます。このクラスは、アプリケーションとアプリケーション実行環境とのインタフェースになります。
    Java SE Platformの実装用のバージョン文字列の表現。
    RuntimeExceptionは、Java仮想マシンの通常の処理でスローすることができる各種の例外のスーパー・クラスです。
    このクラスは、実行時のアクセス権に関連します。
    注釈の付いたメソッドやコンストラクタの本体が自身の可変パラメータに対して安全でない可能性のある操作を実行しないことを示す、プログラマ・アサーションです。
    セキュリティ・マネージャによってスローされ、セキュリティ違反を示します。
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    Security Managerは非推奨であり、将来のリリースで削除される可能性があります。
    Shortクラスは、プリミティブ型 shortの値をオブジェクトにラップします。
    アプリケーションでの再帰の回数が多すぎてスタック・オーバーフローが起こる場合にスローされます。
    スタック・トレース内の要素で、Throwable.getStackTrace()により返される値。
    スタック・ウォーカ。
    StackWalkerで取得した「スタック・フレーム」情報を構成するオプション。
    StackFrameオブジェクトは、StackWalkerによって返されるメソッド呼び出しを表します。
    StrictMathクラスは、指数関数、対数関数、平方根、および三角関数といった基本的な数値処理を実行するためのメソッドを含んでいます。
    Stringクラスは文字列を表します。
    スレッドセーフな可変の文字列。
    文字の可変シーケンスです。
    Stringメソッドによりスローされ、インデックスが負または文字列のサイズより大きいことを示します。
    注釈を付けた要素(および注釈を付けた要素に含まれるすべてのプログラム要素)で、名前で指定されたコンパイラ警告が抑制されることを示します。
    Systemクラスには有用なクラス・フィールドおよびメソッドがあります。
    System.Loggerインスタンスは、LoggerFinderが使用する基礎となるロギング・フレームワークにルーティングされるログ・メッセージを記録します。
    システムloggersレベル。
    LoggerFinderサービスは、使用する基礎となるフレームワークへのロガーの作成、管理、および構成を担当します。
    スレッドとは、プログラム内での実行スレッドのことです。
    スレッドの状態です。
    キャッチされない例外により、Threadが突然終了したときに呼び出されるのハンドラのインタフェースです。
    ThreadDeathのインスタンスは、対象となるスレッド内で(非推奨の) Thread.stop()メソッドが呼び出されたときにスローされます。
    スレッド・グループは、スレッドの集合を表します。
    このクラスはスレッド・ローカル変数を提供します。
    Throwableクラスは、Java言語のすべてのエラーと例外のスーパー・クラスです。
    アプリケーションが型の名前を表す文字列を使って型にアクセスし、指定された名前の型の定義が見つからないときに、スローされます。
    未知であるが重大な例外がJava仮想マシンで発生した場合にスローされます。
    Java仮想マシンが、nativeと宣言されたメソッドの適切なネイティブ言語の定義を見つけることができない場合にスローされます。
    Java仮想マシンが、クラス・ファイルの読込み中に、そのファイルのメジャー・バージョン番号とマイナー・バージョン番号がサポートされていないと判定した場合にスローされます。
    要求されたオペレーションがサポートされていないことを示すためにスローされます。
    クラス・ファイルが適切な形式でも、ある種の内部矛盾またはセキュリティ上の問題があることを「ベリファイア(verifier)」が検出した場合にスローされます。
    Java仮想マシンが壊れているか、または動作を継続するのに必要なリソースが足りなくなったことを示すためにスローされます。
    Voidクラスは、インスタンスを生成できないプレースホルダーとしてのクラスであり、Javaキーワードvoidを表すClassオブジェクトへの参照を保持するのに使用されます。