モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスComponent

java.lang.Object
java.awt.Component
すべての実装されたインタフェース:
ImageObserver, MenuContainer, Serializable
直系の既知のサブクラス:
Button, Canvas, Checkbox, Choice, Container, Label, List, Scrollbar, TextComponent

public abstract class Component extends Object implements ImageObserver, MenuContainer, Serializable
コンポーネントは、画面上に表示でき、ユーザーと対話できる、グラフィカルな表現を持つオブジェクトです。 コンポーネントとしては、典型的なグラフィカル・ユーザー・インタフェースのボタン、チェックボックス、スクロール・バーなどがあります。

Componentクラスは、メニューに関連していないAbstract Window Toolkitコンポーネントの抽象スーパー・クラスです。 また、Componentクラスを直接拡張して軽量コンポーネントを生成することもできます。 軽量コンポーネントは、ネイティブなウィンドウに関連していないコンポーネントです。 これに対して、重量コンポーネントはネイティブなウィンドウに関連しています。 isLightweight()メソッドを使用して2種類のコンポーネントを区別できます。

軽量コンポーネントと重量コンポーネントを1つのコンポーネント階層に混在させることができます。 ただし、そのような混在させたコンポーネント階層が正しく機能するためには、階層全体が有効である必要があります。 コンポーネントの境界を変更したり、コンテナに対してコンポーネントの追加や削除を行ったりしたために階層が無効になったときは、階層内で無効になっているもっとも上位のコンテナに対してあとでContainer.validate()メソッドを呼び出すことにより、階層全体を検証する必要があります。

直列化

オブジェクト保存時にはSerializableプロトコルに適合するAWTリスナーだけが保存されることに注意してください。 AWTオブジェクトが直列化可能なリスナーを持たない場合、writeObject時に処理対象外になります。 開発者側では通常と同じように、オブジェクト直列化の影響を考慮する必要があります。 たとえば次のような場合にはこの影響を考慮します。
    import java.awt.*;
    import java.awt.event.*;
    import java.io.Serializable;

    class MyApp implements ActionListener, Serializable
    {
        BigObjectThatShouldNotBeSerializedWithAButton bigOne;
        Button aButton = new Button();

        MyApp()
        {
            // Oops, now aButton has a listener with a reference
            // to bigOne!
            aButton.addActionListener(this);
        }

        public void actionPerformed(ActionEvent e)
        {
            System.out.println("Hello There");
        }
    }
 
この例では、aButtonをそれ自体で直列化すると、MyAppおよびそれが参照しているオブジェクトもすべて同様に直列化されます。 問題が発生するのはリスナーの設計によってではなく、偶然、直列化可能になっている場合です。 MyAppActionListenerのそれぞれが直列化可能かどうかの判断を独立して行うために、入れ子構造のクラスを使用できます。次にその例を挙げます。
    import java.awt.*;
    import java.awt.event.*;
    import java.io.Serializable;

    class MyApp implements java.io.Serializable
    {
         BigObjectThatShouldNotBeSerializedWithAButton bigOne;
         Button aButton = new Button();

         static class MyActionListener implements ActionListener
         {
             public void actionPerformed(ActionEvent e)
             {
                 System.out.println("Hello There");
             }
         }

         MyApp()
         {
             aButton.addActionListener(new MyActionListener());
         }
    }
 

ノート: 最も効率的なペイント・コードの記述方法など、AWTとSwingで使用されるペイント・メカニズムの詳細については、AWTとSwingでのペイントを参照してください。

フォーカス・サブシステムの詳細については、「The Java Tutorial」のセクション「How to Use the Focus Subsystem」、および「フォーカスの仕様」を参照してください。

関連項目:
  • ネストされたクラスのサマリー

    ネストされたクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    protected class 
    アクセシビリティのデフォルト・サポートの提供に使用するComponentの内部クラスです。
    static enum 
    コンポーネントのサイズが変化するにつれてベースラインが変化する共通の方法を列挙します。
    protected class 
    オフスクリーン表面のコンポーネントへのBlit用内部クラスです。
    protected class 
    コンポーネントのバッファ反転用内部クラス。
  • フィールドのサマリー

    フィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    このComponentに関連付けられたAccessibleContext
    static final float
    getAlignmentYのための便利な定数。
    static final float
    getAlignmentYおよびgetAlignmentXのための便利な定数。
    static final float
    getAlignmentXのための便利な定数。
    static final float
    getAlignmentXのための便利な定数。
    static final float
    getAlignmentY()のための便利な定数。

    インタフェース java.awt.image.ImageObserverで宣言されたフィールド

    ABORT, ALLBITS, ERROR, FRAMEBITS, HEIGHT, PROPERTIES, SOMEBITS, WIDTH
  • コンストラクタのサマリー

    コンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
    protected
    新しいコンポーネントを構築します。
  • メソッドのサマリー

    修飾子と型
    メソッド
    説明
    boolean
    action(Event evt, Object what)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、アクション・イベントをトリガーするコンポーネントのActionListenerとしてこのコンポーネントを登録する必要があります。
    void
    add(PopupMenu popup)
    指定されたポップアップ・メニューをコンポーネントに追加します。
    void
    このコンポーネントからコンポーネント・イベントを受け取るために、指定されたコンポーネント・リスナーを追加します。
    void
    このコンポーネントが入力フォーカスを取得したときにこのコンポーネントからフォーカス・イベントを受け取るために、指定されたフォーカス・リスナーを追加します。
    void
    このコンテナが所属する階層が変更されたときに、このコンポーネントから階層境界イベントを受け取るために、指定された階層境界リスナーを追加します。
    void
    このコンテナが所属する階層が変更されたときにこのコンポーネントから階層変更イベントを受け取るために、指定された階層リスナーを追加します。
    void
    このコンポーネントからインプット・メソッド・イベントを受け取るために、指定されたインプット・メソッド・リスナーを追加します。
    void
    このコンポーネントからキー・イベントを受け取るために、指定されたキー・リスナーを追加します。
    void
    このコンポーネントからマウス・イベントを受け取るために、指定されたマウス・リスナーを追加します。
    void
    このコンポーネントからマウス・モーション・イベントを受け取るために、指定されたマウス・モーション・リスナーを追加します。
    void
    このコンポーネントからマウス・ホイール・イベントを受け取るために、指定されたマウス・ホイール・リスナーを追加します。
    void
    ネイティブ画面リソースに接続することによって、このComponentを表示可能にします。
    void
    PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
    void
    特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
    void
    このコンポーネントと、その中に含まれているすべてのコンポーネントのComponentOrientationプロパティを設定します。
    boolean
    指定されたフォーカス・トラバーサル操作に対するフォーカス・トラバーサル・キーのセットが、このコンポーネントに明示的に定義されているかどうかを返します。
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、getBounds()に置き換えられています。
    int
    checkImage(Image image, int width, int height, ImageObserver observer)
    指定されたイメージの画面表現の構築ステータスを返します。
    int
    checkImage(Image image, ImageObserver observer)
    指定されたイメージの画面表現の構築ステータスを返します。
    protected AWTEvent
    coalesceEvents(AWTEvent existingEvent, AWTEvent newEvent)
    必要に応じて、送信されるイベントと既存のイベントを合体させます。
    boolean
    contains(int x, int y)
    このコンポーネントに、指定された点が「含まれている」かどうかをチェックします。ここで、xyは、このコンポーネントの座標系を基準にして定義されます。
    boolean
    このコンポーネントに、指定された点が「含まれている」かどうかをチェックします。ここで、この点のxおよびy座標は、このコンポーネントの座標系を基準にして定義されます。
    createImage(int width, int height)
    ダブル・バッファリングのために使用されるオフスクリーン描画イメージを生成します。
    指定されたイメージ・プロデューサからイメージを生成します。
    createVolatileImage(int width, int height)
    ダブル・バッファリングのために使用される揮発性オフスクリーン描画イメージを生成します。
    createVolatileImage(int width, int height, ImageCapabilities caps)
    指定された機能で、揮発性オフスクリーン描画イメージを作成します。
    void
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、dispatchEvent(AWTEvent e).に置き換えられています
    void
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setEnabled(boolean)に置き換えられています。
    protected final void
    disableEvents(long eventsToDisable)
    指定されたイベント・マスク・パラメータによって定義されたイベントについて、このコンポーネントへの送信を不可能にします。
    final void
    このコンポーネントまたはそのサブコンポーネントの1つにイベントをディスパッチします。
    void
    レイアウト・マネージャにこのコンポーネントの配置を促します。
    void
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setEnabled(boolean)に置き換えられています。
    void
    enable(boolean b)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setEnabled(boolean)に置き換えられています。
    protected final void
    enableEvents(long eventsToEnable)
    指定されたイベント・マスク・パラメータによって定義されたイベントについて、このコンポーネントへの送信を使用可能にします。
    void
    enableInputMethods(boolean enable)
    このコンポーネントのインプット・メソッド・サポートを使用可能または使用不可にします。
    protected void
    firePropertyChange(String propertyName, boolean oldValue, boolean newValue)
    boolean型プロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。
    void
    firePropertyChange(String propertyName, byte oldValue, byte newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    void
    firePropertyChange(String propertyName, char oldValue, char newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    void
    firePropertyChange(String propertyName, double oldValue, double newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    void
    firePropertyChange(String propertyName, float oldValue, float newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    protected void
    firePropertyChange(String propertyName, int oldValue, int newValue)
    整数型プロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。
    void
    firePropertyChange(String propertyName, long oldValue, long newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    void
    firePropertyChange(String propertyName, short oldValue, short newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    protected void
    firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
    Objectプロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。
    このComponentに関連付けられているAccessibleContextを取得します。
    float
    x軸方向の配置を返します。
    float
    y軸方向の配置を返します。
    このコンポーネントのバックグラウンド・カラーを取得します。
    int
    getBaseline(int width, int height)
    ベースラインを返します。
    サイズの変化に合わせてコンポーネントのベースラインがどのように変化するかを示す列挙を返します。
    このコンポーネントの境界をRectangleオブジェクトの形式で取得します。
    このコンポーネントの境界を「戻り値」rvに格納し、rvを返します。
    コンポーネントを出力デバイス上に表示するために使用されるColorModelのインスタンスを取得します。
    getComponentAt(int x, int y)
    このコンポーネントまたはその直接のサブコンポーネントのいずれかに(xy)位置が含まれているかどうかを判定し、該当する場合は含んでいるコンポーネントを返します。
    指定された点を含むコンポーネントまたはサブコンポーネントを返します。
    このコンポーネントに登録されたすべてのコンポーネント・リスナーの配列を返します。
    このコンポーネント内の要素またはテキストを整列するために使用する、言語に依存する方向を取得します。
    コンポーネントのカーソル・セットを取得します。
    このComponentに関連付けられているDropTargetを取得します。
    このComponentのフォーカス・トラバーサル・サイクルのフォーカス・サイクル・ルートであるContainerを返します。
    このコンポーネントに登録されたすべてのフォーカス・リスナーの配列を返します。
    このComponentの、指定されたトラバーサル操作のフォーカス・トラバーサル・キーのSetを返します。
    boolean
    このコンポーネントに対してフォーカス・トラバーサル・キーが使用できるかどうかを返します。
    このコンポーネントのフォントを取得します。
    指定されたフォントのフォント・メトリックを取得します。
    このコンポーネントのフォアグラウンド・カラーを取得します。
    このコンポーネントのグラフィックス・コンテキストを作成します。
    このComponentに関連付けられたGraphicsConfigurationを取得します。
    int
    このコンポーネントの現在の高さを返します。
    このコンポーネントに登録されているすべての階層境界リスナーの配列を返します。
    このコンポーネントに登録されているすべての階層リスナーの配列を返します。
    boolean
     
    テキストがこのコンポーネントに入力されたときに、インプット・メソッドとの通信を処理するためにこのコンポーネントによって使用される入力コンテキストを取得します。
    このコンポーネントに登録されているすべてのインプット・メソッド・リスナーの配列を返します。
    このコンポーネントのインプット・メソッドからの要求をサポートするインプット・メソッド要求ハンドラを取得します。
    このコンポーネントに登録されているすべてのキー・リスナーの配列を返します。
    <T extends EventListener>
    T[]
    getListeners(Class<T> listenerType)
    このComponentFooListenerとして現在登録されているすべてのオブジェクトの配列を返します。
    このコンポーネントのロケールを取得します。
    このコンポーネントの位置を、コンポーネントの左上隅を指定する点の形式で取得します。
    このコンポーネントのx,y原点を「戻り値」rvに格納し、rvを返します。
    このコンポーネントの位置を、画面の座標空間でのコンポーネントの左上隅を指定する点の形式で取得します。
    このコンポーネントの最大サイズを取得します。
    このコンポーネントの最小サイズを取得します。
    このコンポーネントに登録されたすべてのマウス・リスナーの配列を返します。
    このコンポーネントに登録されたすべてのマウス・モーション・リスナーの配列を返します。
    Componentがマウス・ポインタの直下にある場合は、このComponentの座標空間内のマウス・ポインタの位置を返します。それ以外の場合はnullを返します。
    このコンポーネントに登録されたすべてのマウス・ホイール・リスナーの配列を返します。
    コンポーネントの名前を取得します。
    このコンポーネントの親を取得します。
    このコンポーネントの推奨サイズを取得します。
    このコンポーネントに登録されているすべてのプロパティ変更リスナーの配列を返します。
    指定されたプロパティに関連付けられているすべてのリスナーの配列を返します。
    このコンポーネントのサイズをDimensionオブジェクトの形式で返します。
    このコンポーネントの幅と高さを「戻り値」rvに格納し、rvを返します。
    このコンポーネントのツールキットを返します。
    final Object
    AWTコンポーネント・ツリーおよびレイアウト操作に対する、このコンポーネントのロック・オブジェクト(スレッド同期化モニターを所有するオブジェクト)を取得します。
    int
    このコンポーネントの現在の幅を返します。
    int
    コンポーネントの原点の現在のx座標を返します。
    int
    コンポーネントの原点の現在のy座標を返します。
    boolean
    gotFocus(Event evt, Object what)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processFocusEvent(FocusEvent)に置き換えられています。
    boolean
    非推奨。
    JDK version 1.1以降は、processEvent(AWTEvent)に置き換えられています。
    boolean
    このComponentがフォーカス所有者である場合はtrueを返します。
    void
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setVisible(boolean)に置き換えられています。
    boolean
    imageUpdate(Image img, int infoflags, int x, int y, int w, int h)
    イメージが変更されたときにコンポーネントをふたたびペイントします。
    boolean
    inside(int x, int y)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、contains(int, int)に置き換えられています。
    void
    このコンポーネントとその祖先を無効にします。
    boolean
    バックグラウンド・カラーがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。
    boolean
    カーソルがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。
    boolean
    このコンポーネントが表示可能かどうかを判定します。
    boolean
    このコンポーネントが、あとで画面にコピーされるオフスクリーン・イメージ(バッファ)にペイントされる場合にtrueを返します。
    boolean
    このコンポーネントが使用可能であるかどうかを判定します。
    boolean
    このコンポーネントにフォーカスが設定可能かどうかを返します。
    boolean
    指定されたコンテナが、このコンポーネントのフォーカス・トラバーサル・サイクルのフォーカス・サイクル・ルートであるかどうかを返します。
    boolean
    このComponentがフォーカス所有者である場合はtrueを返します。
    boolean
    非推奨。
    1.4以降は、isFocusable()に置き換えられています。
    boolean
    フォントがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。
    boolean
    フォアグラウンド・カラーがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。
    boolean
    軽量コンポーネントはネイティブなツールキットのピアを持ちません。
    boolean
    最大サイズがnull以外の値に設定されている場合はtrueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。
    boolean
    setMinimumSizeがnull以外の値を使用して呼び出されたかどうかを返します。
    boolean
    このコンポーネントが完全に不透明である場合にtrueを返します。デフォルトでは、falseを返します。
    boolean
    優先サイズがnull以外の値に設定されている場合はtrueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。
    boolean
    このコンポーネントが画面に表示されているかどうかを判定します。
    boolean
    このコンポーネントが有効であるかどうかを判定します。
    boolean
    親が可視になったときにこのコンポーネントが可視になるかどうかを判定します。
    boolean
    keyDown(Event evt, int key)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processKeyEvent(KeyEvent)に置き換えられています。
    boolean
    keyUp(Event evt, int key)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processKeyEvent(KeyEvent)に置き換えられています。
    void
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、doLayout()に置き換えられています。
    void
    このコンポーネントの一覧を標準のシステム出力ストリームSystem.outに出力します。
    void
    指定された出力ストリームにこのコンポーネントの一覧を出力します。
    void
    list(PrintStream out, int indent)
    指定されたインデント位置から、指定された出力ストリームに一覧を出力します。
    void
    指定されたプリント・ライターに一覧を出力します。
    void
    list(PrintWriter out, int indent)
    指定されたインデント位置から、指定されたプリント・ライターに一覧を出力します。
    locate(int x, int y)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、getComponentAt(int, int)に置き換えられています。
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、getLocation()に置き換えられています。
    boolean
    lostFocus(Event evt, Object what)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processFocusEvent(FocusEvent)に置き換えられています。
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、getMinimumSize()に置き換えられています。
    boolean
    mouseDown(Event evt, int x, int y)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processMouseEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
    boolean
    mouseDrag(Event evt, int x, int y)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processMouseMotionEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
    boolean
    mouseEnter(Event evt, int x, int y)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processMouseEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
    boolean
    mouseExit(Event evt, int x, int y)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processMouseEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
    boolean
    mouseMove(Event evt, int x, int y)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processMouseMotionEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
    boolean
    mouseUp(Event evt, int x, int y)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、processMouseEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
    void
    move(int x, int y)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setLocation(int, int)に置き換えられています。
    void
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、transferFocus()に置き換えられています。
    void
    このコンポーネントをペイントします。
    void
    このコンポーネントおよびそのすべてのサブコンポーネントをペイントします。
    protected String
    このコンポーネントの状態を表す文字列を返します。
    boolean
    非推奨。
    JDK version 1.1以降は、dispatchEvent(AWTEvent)に置き換えられています。
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、getPreferredSize()に置き換えられています。
    boolean
    prepareImage(Image image, int width, int height, ImageObserver observer)
    このコンポーネント上に描画するための、指定された幅と高さのイメージを準備します。
    boolean
    prepareImage(Image image, ImageObserver observer)
    このコンポーネント上に描画するためのイメージを準備します。
    void
    このコンポーネントを出力します。
    void
    このコンポーネントおよびそのすべてのサブコンポーネントを出力します。
    protected void
    このコンポーネントで発生するコンポーネント・イベントを、登録されているComponentListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。
    protected void
    このコンポーネントで発生するイベントを処理します。
    protected void
    このコンポーネントで発生するフォーカス・イベントを、登録されているFocusListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。
    protected void
    このコンポーネントで発生する階層境界イベントを、登録されているHierarchyBoundsListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。
    protected void
    このコンポーネントで発生する階層イベントを、登録されているHierarchyListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。
    protected void
    このコンポーネントで発生するインプット・メソッド・イベントを、登録されているInputMethodListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。
    protected void
    このコンポーネントで発生するキー・イベントを、登録されているすべてのKeyListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。
    protected void
    このコンポーネントで発生するマウス・イベントを、登録されているMouseListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。
    protected void
    このコンポーネントで発生するマウス・モーション・イベントを、登録されているMouseMotionListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。
    protected void
    このコンポーネントで発生するマウス・ホイール・イベントを、登録されているMouseWheelListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。
    void
    指定されたポップアップ・メニューをコンポーネントから削除します。
    void
    以降このコンポーネントからコンポーネント・イベントを受け取らないように、指定されたコンポーネント・リスナーを削除します。
    void
    以降このコンポーネントからフォーカス・イベントを受け取らないように、指定されたフォーカス・リスナーを削除します。
    void
    以降このコンポーネントから階層境界イベントを受け取らないように、指定された階層境界リスナーを削除します。
    void
    以降このコンポーネントから階層変更イベントを受け取らないように、指定された階層リスナーを削除します。
    void
    以降このコンポーネントからインプット・メソッド・イベントを受け取らないように、指定されたインプット・メソッド・リスナーを削除します。
    void
    以降このコンポーネントからキー・イベントを受け取らないように、指定されたキー・リスナーを削除します。
    void
    以降このコンポーネントからマウス・イベントを受け取らないように、指定されたマウス・リスナーを削除します。
    void
    以降このコンポーネントからマウス・モーション・イベントを受け取らないように、指定されたマウス・モーション・リスナーを削除します。
    void
    以降このコンポーネントからマウス・ホイール・イベントを受け取らないように、指定されたマウス・ホイール・リスナーを削除します。
    void
    ネイティブ画面リソースを破棄することによって、このComponentを表示不可能にします。
    void
    PropertyChangeListenerをリスナー・リストから削除します。
    void
    特定のプロパティのリスナー・リストからPropertyChangeListenerを削除します。
    void
    このコンポーネントをふたたびペイントします。
    void
    repaint(int x, int y, int width, int height)
    このコンポーネントの指定された矩形をふたたびペイントします。
    void
    repaint(long tm)
    このコンポーネントをふたたびペイントします。
    void
    repaint(long tm, int x, int y, int width, int height)
    このコンポーネントの指定された矩形をtmミリ秒以内に再ペイントします。
    void
    このComponentが入力フォーカスを取得すること、およびこのComponentのトップ・レベルの祖先がフォーカスされたWindowになることを要求します。
    protected boolean
    requestFocus(boolean temporary)
    このComponentが入力フォーカスを取得すること、およびこのComponentのトップ・レベルの祖先がフォーカスされたWindowになることを要求します。
    protected boolean
    requestFocus(boolean temporary, FocusEvent.Cause cause)
    causeの理由により、このComponentが入力フォーカスを取得し、このComponentトップレベル祖先がフォーカスされたWindowになることがリクエストされます。
    void
    causeの理由により、このComponentが入力フォーカスを取得し、このComponentのトップレベル祖先がフォーカスされたWindowになることをリクエストします。
    boolean
    このコンポーネントのトップ・レベルの祖先がフォーカスされている場合、コンポーネントが入力フォーカスを取得することを要求します。
    protected boolean
    requestFocusInWindow(boolean temporary)
    このComponentのトップ・レベルの祖先がすでに、フォーカスされたWindowである場合は、このComponentが入力フォーカスを取得することを要求します。
    boolean
    このコンポーネントのトップレベル祖先が既にフォーカスされている場合、causeの理由でこのコンポーネントが入力フォーカスを取得するようにリクエストします。
    void
    reshape(int x, int y, int width, int height)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setBounds(int, int, int, int)に置き換えられています。
    void
    resize(int width, int height)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setSize(int, int)に置き換えられています。
    void
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setSize(Dimension)に置き換えられています。
    void
    コンポーネント階層をもっとも近い有効なルートまで再検証します。
    void
    このコンポーネントのバックグラウンド・カラーを設定します。
    void
    setBounds(int x, int y, int width, int height)
    このコンポーネントを移動し、サイズ変更します。
    void
    新しい境界の矩形rに適合するように、このコンポーネントを移動し、サイズ変更します。
    void
    このコンポーネント内の要素またはテキストを整列するために使用する、言語に依存する方向を設定します。
    void
    setCursor(Cursor cursor)
    カーソル・イメージを指定されたカーソルに設定します。
    void
    DropTargetをこのコンポーネントに関連付けます。
    void
    setEnabled(boolean b)
    パラメータbの値に応じて、このコンポーネントを有効または無効にします。
    void
    setFocusable(boolean focusable)
    このコンポーネントのフォーカス可能性を指定された値に設定します。
    void
    setFocusTraversalKeys(int id, Set<? extends AWTKeyStroke> keystrokes)
    このComponentの、指定されたトラバーサル操作のフォーカス・トラバーサル・キーを設定します。
    void
    setFocusTraversalKeysEnabled(boolean focusTraversalKeysEnabled)
    このコンポーネントに対してフォーカス・トラバーサル・キーが使用できるかどうかを設定します。
    void
    このコンポーネントのフォントを設定します。
    void
    このコンポーネントのフォアグラウンド・カラーを設定します。
    void
    setIgnoreRepaint(boolean ignoreRepaint)
    オペレーティング・システムからの、ペイントについてのメッセージを無視するかどうかを設定します。
    void
    このコンポーネントのロケールを設定します。
    void
    setLocation(int x, int y)
    このコンポーネントを新しい位置に移動します。
    void
    このコンポーネントを新しい位置に移動します。
    void
    このコンポーネントの最大サイズを定数値に設定します。
    void
    このコンポーネントの最小サイズを定数値に設定します。
    void
    この軽量コンポーネントの'mixing-cutout'シェイプを設定します。
    void
    コンポーネントの名前を、指定された文字列に設定します。
    void
    setPreferredSize(Dimension preferredSize)
    このコンポーネントの推奨サイズに定数値を設定します。
    void
    setSize(int width, int height)
    幅がwidthで、高さがheightになるように、このコンポーネントのサイズを変更します。
    void
    幅がd.widthで、高さがd.heightになるように、このコンポーネントのサイズを変更します。
    void
    setVisible(boolean b)
    パラメータbの値に応じて、このコンポーネントを表示または非表示にします。
    void
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setVisible(boolean)に置き換えられています。
    void
    show(boolean b)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、setVisible(boolean)に置き換えられています。
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、getSize()に置き換えられています。
    このコンポーネントおよびその値の文字列表現を返します。
    void
    このコンポーネントがフォーカス所有者であるかのように、フォーカスを次のコンポーネントに転送します。
    void
    このコンポーネントがフォーカス所有者であるかのように、フォーカスを前のコンポーネントに転送します。
    void
    フォーカスを1フォーカス・トラバーサル・サイクルだけ上位に移動します。
    void
    このコンポーネントを更新します。
    void
    このコンポーネントを検証します。

    クラス java.lang.Objectで宣言されたメソッド

    clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
  • フィールド詳細

    • TOP_ALIGNMENT

      public static final float TOP_ALIGNMENT
      getAlignmentY()のための便利な定数。 コンポーネントの上への配置を指定します。
      関連項目:
    • CENTER_ALIGNMENT

      public static final float CENTER_ALIGNMENT
      getAlignmentYおよびgetAlignmentXのための便利な定数。 コンポーネントの中央への配置を指定します。
      関連項目:
    • BOTTOM_ALIGNMENT

      public static final float BOTTOM_ALIGNMENT
      getAlignmentYのための便利な定数。 コンポーネントの下への配置を指定します。
      関連項目:
    • LEFT_ALIGNMENT

      public static final float LEFT_ALIGNMENT
      getAlignmentXのための便利な定数。 コンポーネントの左側への配置を指定します。
      関連項目:
    • RIGHT_ALIGNMENT

      public static final float RIGHT_ALIGNMENT
      getAlignmentXのための便利な定数。 コンポーネントの右側への配置を指定します。
      関連項目:
    • accessibleContext

      protected AccessibleContext accessibleContext
      このComponentに関連付けられたAccessibleContext
  • コンストラクタの詳細

    • Component

      protected Component()
      新しいコンポーネントを構築します。 Componentクラスは、不透明なネイティブのウィンドウを使用しない軽量コンポーネントを作成するために直接拡張できます。 軽量コンポーネントはコンポーネント・ツリーの上位のどこかでネイティブなコンテナ(Frameオブジェクトなど)によってホストされる必要があります。
  • メソッドの詳細

    • getName

      public String getName()
      コンポーネントの名前を取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントの名前
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • setName

      public void setName(String name)
      コンポーネントの名前を、指定された文字列に設定します。
      パラメータ:
      name - このコンポーネントの名前にする文字列
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getParent

      public Container getParent()
      このコンポーネントの親を取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントの親コンテナ
      導入されたバージョン:
      1.0
    • setDropTarget

      public void setDropTarget(DropTarget dt)
      DropTargetをこのコンポーネントに関連付けます。 Componentは、使用可能な場合だけドロップを受け取ります。
      パラメータ:
      dt - DropTarget
      関連項目:
    • getDropTarget

      public DropTarget getDropTarget()
      このComponentに関連付けられているDropTargetを取得します。
      戻り値:
      ドロップ・ターゲット
    • getGraphicsConfiguration

      public GraphicsConfiguration getGraphicsConfiguration()
      このComponentに関連付けられたGraphicsConfigurationを取得します。 Componentに特定のGraphicsConfigurationが割り当てられていない場合、Componentオブジェクトのトップ・レベルのコンテナのGraphicsConfigurationが返されます。 Componentが生成されているが、Containerにまだ追加されていない場合、このメソッドはnullを返します。
      戻り値:
      このComponentが使用するGraphicsConfiguration、またはnull
      導入されたバージョン:
      1.3
    • getTreeLock

      public final Object getTreeLock()
      AWTコンポーネント・ツリーおよびレイアウト操作に対する、このコンポーネントのロック・オブジェクト(スレッド同期化モニターを所有するオブジェクト)を取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントのロック・オブジェクト
    • getToolkit

      public Toolkit getToolkit()
      このコンポーネントのツールキットを返します。 コンポーネントを格納するフレームは、どのツールキットがそのコンポーネントによって使用されるかを制御します。 そのため、コンポーネントが1つのフレームから別のフレームに移動した場合、使用するツールキットが変更されることもあります。
      戻り値:
      このコンポーネントのツールキット
      導入されたバージョン:
      1.0
    • isValid

      public boolean isValid()
      このコンポーネントが有効であるかどうかを判定します。 コンポーネントは、適切なサイズで親コンテナの中に配置されており、すべての子が有効な場合に、有効になります。 ピアのサイズ要件を考慮するため、コンポーネントは、画面に最初に表示されるまで無効にされます。 親コンテナが完全に実現された時点で、そのすべてのコンポーネントは有効になります。
      戻り値:
      コンポーネントが有効な場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • isDisplayable

      public boolean isDisplayable()
      このコンポーネントが表示可能かどうかを判定します。 コンポーネントは、ネイティブ・スクリーン・リソースに接続されている場合に表示可能になります。

      コンポーネントが表示可能になるのは、表示可能な包含関係の階層に追加されたとき、あるいはその包含関係の階層が表示可能になったときです。 包含関係の階層は、その祖先のウィンドウがパックされるか、可視になると表示可能になります。

      コンポーネントが表示不可になるのは、表示可能な包含関係の階層から削除されたとき、あるいはその包含関係の階層が表示不可になったときです。 包含関係の階層は、祖先のウィンドウが破棄されると表示不可になります。

      戻り値:
      コンポーネントが表示可能な場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • isVisible

      public boolean isVisible()
      親が可視になったときにこのコンポーネントが可視になるかどうかを判定します。 初期状態ではコンポーネントは可視ですが、Frameオブジェクトなどのトップレベル・コンポーネントの場合は例外です。
      戻り値:
      コンポーネントが可視の場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • getMousePosition

      public Point getMousePosition() throws HeadlessException
      Componentがマウス・ポインタの直下にある場合は、このComponentの座標空間内のマウス・ポインタの位置を返します。それ以外の場合はnullを返します。 Componentが画面に表示されていない場合は、Componentが表示されるべき領域の上にマウス・ポインタがある場合でも、このメソッドはnullを返します。 このComponentがほかのComponentやネイティブ・ウィンドウによって部分的または完全に隠されている場合、このメソッドはマウス・ポインタがComponentの隠されていない部分の上にある場合にのみ、null以外の値を返します。

      Containerの場合、このメソッドはマウス・ポインタがContainer自体の上またはその子孫の上にある場合、null以外の値を返します。 子を除外する必要がある場合は、Container.getMousePosition(boolean)を使用します。

      正確なマウス座標は重要ではなく、特定のComponentがマウス・ポインタの下にあるかどうかだけが重要な場合もあります。 このメソッドの戻り値がnullの場合、マウス・ポインタはComponentの真上にありません。

      戻り値:
      このComponentを基準にしたマウス座標、またはnull
      例外:
      HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • isShowing

      public boolean isShowing()
      このコンポーネントが画面に表示されているかどうかを判定します。 コンポーネントが可視であり、可視で表示されているコンテナ内にある必要があります。

      ノート: Componentが実際にユーザーに表示されているかどうかを検出できない場合もあります。 これは次の場合に発生する可能性があります。

      • Componentが可視のScrollPaneに追加されているが、現在はスクロール・ペインのビュー・ポート内にない。
      • Componentが別のComponentまたはContainerで隠されている。

      戻り値:
      コンポーネントが表示されている場合はtrue、それ以外の場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • isEnabled

      public boolean isEnabled()
      このコンポーネントが使用可能であるかどうかを判定します。 使用可能なコンポーネントはユーザー入力に応答したり、イベントを生成したりできます。 デフォルトでは、コンポーネントは初期状態で使用可能になります。 setEnabledメソッドを呼び出すことによって、コンポーネントを使用可能または使用不可にできます。
      戻り値:
      コンポーネントが使用可能な場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • setEnabled

      public void setEnabled(boolean b)
      パラメータbの値に応じて、このコンポーネントを有効または無効にします。 使用可能なコンポーネントはユーザー入力に応答したり、イベントを生成したりできます。 デフォルトでは、コンポーネントは初期状態で使用可能になります。

      ノート: 軽量化コンポーネントを無効化してもMouseEventは受信されます。

      ノート: 重量コンテナを無効化すると、このコンテナ内のすべてのコンポーネントは、入力イベントを一切受信できません。 ただし、軽量化コンテナを無効化した場合は、このコンテナのみに影響します。

      パラメータ:
      b - trueの場合はこのコンポーネントを使用可能にし、そうでない場合はこのコンポーネントを使用不可にする
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • enable

      @Deprecated public void enable()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setEnabled(boolean)に置き換えられています。
    • enable

      @Deprecated public void enable(boolean b)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setEnabled(boolean)に置き換えられています。
      このコンポーネントを有効または無効にします。
      パラメータ:
      b - このコンポーネントを有効にするにはtrue;そうでなければfalse
    • disable

      @Deprecated public void disable()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setEnabled(boolean)に置き換えられています。
    • isDoubleBuffered

      public boolean isDoubleBuffered()
      このコンポーネントが、あとで画面にコピーされるオフスクリーン・イメージ(バッファ)にペイントされる場合にtrueを返します。 ダブル・バッファリングが使用可能な場合、ダブル・バッファリングをサポートするコンポーネント・サブクラスは、trueを返すようにこのメソッドをオーバーライドする必要があります。
      戻り値:
      デフォルトではfalse
    • enableInputMethods

      public void enableInputMethods(boolean enable)
      このコンポーネントのインプット・メソッド・サポートを使用可能または使用不可にします。 インプット・メソッド・サポートが使用可能で、コンポーネントがキー・イベントも処理する場合、入力イベントは現在のインプット・メソッドに提供され、そのコンポーネントによってだけ処理されるか、インプット・メソッドが使用しなければ、そのリスナーに送られます。 デフォルトでは、インプット・メソッド・サポートは使用可能です。
      パラメータ:
      enable - 有効にするにはtrue、無効にするにはfalse
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • setVisible

      public void setVisible(boolean b)
      パラメータbの値に応じて、このコンポーネントを表示または非表示にします。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      b - trueの場合はこのコンポーネントを表示し、そうでない場合はこのコンポーネントを隠す
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • show

      @Deprecated public void show()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setVisible(boolean)に置き換えられています。
    • show

      @Deprecated public void show(boolean b)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setVisible(boolean)に置き換えられています。
      このコンポーネントを表示または非表示にします。
      パラメータ:
      b - trueを使用してこのコンポーネントを表示させます。そうでなければfalse
    • hide

      @Deprecated public void hide()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setVisible(boolean)に置き換えられています。
    • getForeground

      public Color getForeground()
      このコンポーネントのフォアグラウンド・カラーを取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントのフォアグラウンド・カラー。このコンポーネントにフォアグラウンド・カラーがない場合は、親のフォアグラウンド・カラーが返される
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • setForeground

      public void setForeground(Color c)
      このコンポーネントのフォアグラウンド・カラーを設定します。
      パラメータ:
      c - このコンポーネントのフォアグラウンド・カラーになる色。このパラメータがnullの場合、このコンポーネントは親のフォアグラウンド・カラーを継承する
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • isForegroundSet

      public boolean isForegroundSet()
      フォアグラウンド・カラーがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。 falseを返す場合、このコンポーネントは祖先からフォアグラウンド・カラーを継承しています。
      戻り値:
      このコンポーネントにフォアグラウンド・カラーが明示的に設定されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
    • getBackground

      public Color getBackground()
      このコンポーネントのバックグラウンド・カラーを取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントのバックグラウンド・カラー。このコンポーネントにバックグラウンド・カラーがない場合は、親のバックグラウンド・カラーが返される
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • setBackground

      public void setBackground(Color c)
      このコンポーネントのバックグラウンド・カラーを設定します。

      バックグラウンド・カラーが各コンポーネントにそれぞれ異なる影響を与えます。またコンポーネントのどの部分に影響を与えるかは、オペレーティング・システムによって異なります。

      パラメータ:
      c - このコンポーネントのカラーになる色。このパラメータがnullの場合、このコンポーネントは親のバックグラウンド・カラーを継承する
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • isBackgroundSet

      public boolean isBackgroundSet()
      バックグラウンド・カラーがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。 falseを返す場合、このコンポーネントは祖先からバックグラウンド・カラーを継承しています。
      戻り値:
      このコンポーネントにバックグラウンド・カラーが明示的に設定されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
    • getFont

      public Font getFont()
      このコンポーネントのフォントを取得します。
      定義:
      getFont 、インタフェース: MenuContainer
      戻り値:
      このコンポーネントのフォント。このコンポーネントにフォントが設定されていない場合、その親のフォントが返される
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • setFont

      public void setFont(Font f)
      このコンポーネントのフォントを設定します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      f - このコンポーネントに設定するフォント。このパラメータがnullの場合、このコンポーネントは親のフォントを継承する
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • isFontSet

      public boolean isFontSet()
      フォントがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。 falseを返す場合、このコンポーネントは祖先からフォントを継承しています。
      戻り値:
      このコンポーネントにフォントが明示的に設定されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
    • getLocale

      public Locale getLocale()
      このコンポーネントのロケールを取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントのロケール。このコンポーネントがロケールを持たない場合、その親のロケールが返される
      例外:
      IllegalComponentStateException - Componentが独自のロケールを持たず、まだ包含関係の階層に追加されていない場合(追加されている場合は包含している親からロケールが決められる)
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • setLocale

      public void setLocale(Locale l)
      このコンポーネントのロケールを設定します。 これはバウンド・プロパティです。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      l - このコンポーネントに設定するロケール
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getColorModel

      public ColorModel getColorModel()
      コンポーネントを出力デバイス上に表示するために使用されるColorModelのインスタンスを取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントが使用するカラー・モデル
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • getLocation

      public Point getLocation()
      このコンポーネントの位置を、コンポーネントの左上隅を指定する点の形式で取得します。 位置は親の座標空間に対する相対位置です。

      ネイティブ・イベント処理は本質的に非同期なので、このメソッドは更新されていない値を返すことがあります(たとえば、相次いでsetLocation()の呼出しがあったあとなど)。 このため、コンポーネントの位置の取得は、オペレーティング・システムがコンポーネントの移動を完了したあとに呼び出されるjava.awt.event.ComponentListener.componentMoved()の中で行うことをお薦めします。

      戻り値:
      コンポーネントの親の座標空間でのコンポーネントの境界の左上隅を表すPointのインスタンス
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getLocationOnScreen

      public Point getLocationOnScreen()
      このコンポーネントの位置を、画面の座標空間でのコンポーネントの左上隅を指定する点の形式で取得します。
      戻り値:
      画面の座標空間でのコンポーネントの境界の左上隅を表すPointのインスタンス
      例外:
      IllegalComponentStateException - コンポーネントが画面に表示されていない場合
      関連項目:
    • location

      @Deprecated public Point location()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getLocation()に置き換えられています。
      このコンポーネントの左上隅のロケーションを返します。
      戻り値:
      このコンポーネントの左上隅のロケーション
    • setLocation

      public void setLocation(int x, int y)
      このコンポーネントを新しい位置に移動します。 新しい位置の左上隅は、このコンポーネントの親の座標空間内のxおよびyパラメータによって指定されます。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      x - 親の座標空間内の新しい位置の左上隅のx座標
      y - 親の座標空間内の新しい位置の左上隅のy座標
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • move

      @Deprecated public void move(int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setLocation(int, int)に置き換えられています。
      このコンポーネントを新しい位置に移動します。
      パラメータ:
      x - 親の座標空間内の新しい位置の左上隅のx座標
      y - 親の座標空間内の新しい位置の左上隅のy座標
    • setLocation

      public void setLocation(Point p)
      このコンポーネントを新しい位置に移動します。 新しい位置の左上隅は、点pによって指定されます。 pは、親の座標空間で指定されます。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      p - このコンポーネントの親の座標空間で指定された、新しい位置の左上隅を定義する点
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getSize

      public Dimension getSize()
      このコンポーネントのサイズをDimensionオブジェクトの形式で返します。 Dimensionオブジェクトのheightフィールドは、このコンポーネントの高さを格納し、Dimensionオブジェクトのwidthフィールドは、このコンポーネントの幅を格納します。
      戻り値:
      このコンポーネントのサイズを示すDimensionオブジェクト
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • size

      @Deprecated public Dimension size()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getSize()に置き換えられています。
      このコンポーネントのサイズをDimensionオブジェクトの形式で返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのサイズを示すDimensionオブジェクト
    • setSize

      public void setSize(int width, int height)
      幅がwidthで、高さがheightになるように、このコンポーネントのサイズを変更します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      width - このコンポーネントの新しい幅(ピクセル単位)
      height - このコンポーネントの新しい高さ(ピクセル単位)
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • resize

      @Deprecated public void resize(int width, int height)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setSize(int, int)に置き換えられています。
      このコンポーネントのサイズを変更します。
      パラメータ:
      width - コンポーネントの新しい幅
      height - コンポーネントの新しい高さ
    • setSize

      public void setSize(Dimension d)
      幅がd.widthで、高さがd.heightになるように、このコンポーネントのサイズを変更します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      d - このコンポーネントの新しいサイズを指定する寸法
      例外:
      NullPointerException - dnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • resize

      @Deprecated public void resize(Dimension d)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setSize(Dimension)に置き換えられています。
      幅がd.widthで、高さがd.heightになるように、このコンポーネントのサイズを変更します。
      パラメータ:
      d - このコンポーネントの新しいサイズ
    • getBounds

      public Rectangle getBounds()
      このコンポーネントの境界をRectangleオブジェクトの形式で取得します。 境界はこのコンポーネントの幅、高さ、および親を基準にした位置を指定します。
      戻り値:
      このコンポーネントの境界を示す矩形
      関連項目:
    • bounds

      @Deprecated public Rectangle bounds()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getBounds()に置き換えられています。
      このコンポーネントの境界矩形を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントの境界矩形
    • setBounds

      public void setBounds(int x, int y, int width, int height)
      このコンポーネントを移動し、サイズ変更します。 左上隅の新しい位置はxyによって指定され、新しいサイズはwidthheightによって指定されます。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      x - このコンポーネントの新しいx座標
      y - このコンポーネントの新しいy座標
      width - このコンポーネントの新しい
      height - このコンポーネントの新しい高さ
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • reshape

      @Deprecated public void reshape(int x, int y, int width, int height)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、setBounds(int, int, int, int)に置き換えられています。
      このコンポーネントの境界矩形を再整形します。
      パラメータ:
      x - 矩形の左上隅のx座標
      y - 矩形の左上隅のy座標
      width - 矩形の幅
      height - 矩形の高さ
    • setBounds

      public void setBounds(Rectangle r)
      新しい境界の矩形rに適合するように、このコンポーネントを移動し、サイズ変更します。 このコンポーネントの新しい位置はr.xr.yによって指定され、その新しいサイズはr.widthr.heightによって指定されます。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      r - このコンポーネントの新しい境界の矩形
      例外:
      NullPointerException - rnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getX

      public int getX()
      コンポーネントの原点の現在のx座標を返します。 このメソッドは、ヒープの割り当てをまったく発生させないため、component.getBounds().xまたはcomponent.getLocation().xの記述より推奨されます。
      戻り値:
      コンポーネントの原点の現在のx座標
      導入されたバージョン:
      1.2
    • getY

      public int getY()
      コンポーネントの原点の現在のy座標を返します。 このメソッドは、ヒープの割り当てをまったく発生させないため、component.getBounds().yまたはcomponent.getLocation().yの記述より推奨されます。
      戻り値:
      コンポーネントの原点の現在のy座標
      導入されたバージョン:
      1.2
    • getWidth

      public int getWidth()
      このコンポーネントの現在の幅を返します。 このメソッドは、ヒープの割り当てをまったく発生させないため、component.getBounds().widthまたはcomponent.getSize().widthの記述より推奨されます。
      戻り値:
      このコンポーネントの現在の幅
      導入されたバージョン:
      1.2
    • getHeight

      public int getHeight()
      このコンポーネントの現在の高さを返します。 このメソッドは、ヒープの割り当てをまったく発生させないため、component.getBounds().heightまたはcomponent.getSize().heightの記述より推奨されます。
      戻り値:
      このコンポーネントの現在の高さ
      導入されたバージョン:
      1.2
    • getBounds

      public Rectangle getBounds(Rectangle rv)
      このコンポーネントの境界を「戻り値」rvに格納し、rvを返します。 rvがnullである場合は、新しいRectangleが割り当てられます。 このバージョンのgetBoundsは、呼出し元がヒープ上での新しいRectangleオブジェクトの割り当てを回避したい場合に役立ちます。
      パラメータ:
      rv - コンポーネントの境界に変更された戻り値
      戻り値:
      rv
    • getSize

      public Dimension getSize(Dimension rv)
      このコンポーネントの幅と高さを「戻り値」rvに格納し、rvを返します。 rvがnullである場合は、新しいDimensionオブジェクトが割り当てられます。 このバージョンのgetSizeは、呼出し元がヒープ上での新しいDimensionオブジェクトの割り当てを回避したい場合に役立ちます。
      パラメータ:
      rv - コンポーネント・サイズに変更された戻り値
      戻り値:
      rv
    • getLocation

      public Point getLocation(Point rv)
      このコンポーネントのx,y原点を「戻り値」rvに格納し、rvを返します。 rvがnullである場合は、新しいPointが割り当てられます。 このバージョンのgetLocationは、呼出し元がヒープ上での新しいPointオブジェクトの割り当てを回避したい場合に役立ちます。
      パラメータ:
      rv - コンポーネント位置に変更された戻り値
      戻り値:
      rv
    • isOpaque

      public boolean isOpaque()
      このコンポーネントが完全に不透明である場合にtrueを返します。デフォルトでは、falseを返します。

      不透明コンポーネントは、矩形領域内のすべてのピクセルをペイントします。 不透明でないコンポーネントは、一部のピクセルだけをペイントし、その下のピクセルが透けて見えるようにします。 ピクセルを完全にペイントしないコンポーネントはある程度の透明度があります。

      常にその内容を完全にペイントすることを保証するサブクラスは、このメソッドをオーバーライドしてtrueを返すようにしてください。

      戻り値:
      このコンポーネントが完全に不透明な場合はtrue
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • isLightweight

      public boolean isLightweight()
      軽量コンポーネントはネイティブなツールキットのピアを持ちません。 ButtonScrollbarのようにこのパッケージで定義されているもの以外のComponentおよびContainerのサブクラスは軽量コンポーネントになります。 Swingコンポーネントはすべて軽量です。

      表示不可能なコンポーネントの重みは判定できないため、このコンポーネントが表示可能でない場合は、このメソッドは必ずfalseを返します。

      戻り値:
      このコンポーネントに軽量ピアがある場合はtrue。ネイティブ・ピアがあるか、あるいはピアがない場合は、false
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • setPreferredSize

      public void setPreferredSize(Dimension preferredSize)
      このコンポーネントの推奨サイズに定数値を設定します。 以降のgetPreferredSizeの呼出しでは、常にこの値が返されます。 推奨サイズをnullに設定すると、デフォルトの動作に戻ります。
      パラメータ:
      preferredSize - 新しい推奨サイズ、またはnull
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • isPreferredSizeSet

      public boolean isPreferredSizeSet()
      優先サイズがnull以外の値に設定されている場合はtrueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。
      戻り値:
      setPreferredSizeがnull以外の値を使用して呼び出された場合はtrue。
      導入されたバージョン:
      1.5
    • getPreferredSize

      public Dimension getPreferredSize()
      このコンポーネントの推奨サイズを取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントの推奨サイズを示す寸法オブジェクト
      関連項目:
    • preferredSize

      @Deprecated public Dimension preferredSize()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getPreferredSize()に置き換えられています。
      コンポーネントの優先サイズを返します。
      戻り値:
      コンポーネントの優先サイズ
    • setMinimumSize

      public void setMinimumSize(Dimension minimumSize)
      このコンポーネントの最小サイズを定数値に設定します。 以降のgetMinimumSizeの呼出しでは、常にこの値が返されます。 最小サイズをnullに設定すると、デフォルトの動作に戻ります。
      パラメータ:
      minimumSize - このコンポーネントの新しい最小サイズ
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • isMinimumSizeSet

      public boolean isMinimumSizeSet()
      setMinimumSizeがnull以外の値を使用して呼び出されたかどうかを返します。
      戻り値:
      setMinimumSizeがnull以外の値を使用して呼び出された場合はtrue。
      導入されたバージョン:
      1.5
    • getMinimumSize

      public Dimension getMinimumSize()
      このコンポーネントの最小サイズを取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントの最小サイズを示す寸法オブジェクト
      関連項目:
    • minimumSize

      @Deprecated public Dimension minimumSize()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getMinimumSize()に置き換えられています。
      このコンポーネントの最小サイズを返します。
      戻り値:
      このコンポーネントの最小サイズ
    • setMaximumSize

      public void setMaximumSize(Dimension maximumSize)
      このコンポーネントの最大サイズを定数値に設定します。 以降のgetMaximumSizeの呼出しでは、常にこの値が返されます。 最大サイズをnullに設定すると、デフォルトの動作に戻ります。
      パラメータ:
      maximumSize - 目的の最大許容サイズを含むDimension
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • isMaximumSizeSet

      public boolean isMaximumSizeSet()
      最大サイズがnull以外の値に設定されている場合はtrueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。
      戻り値:
      maximumSizenull以外の値の場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.5
    • getMaximumSize

      public Dimension getMaximumSize()
      このコンポーネントの最大サイズを取得します。
      戻り値:
      このコンポーネントの最大サイズを示す寸法オブジェクト
      関連項目:
    • getAlignmentX

      public float getAlignmentX()
      x軸方向の配置を返します。 これは、ほかのコンポーネントを基準にこのコンポーネントをどのように配置するかを指定します。 この値は0から1の間の数値であるはずです(0は原点に沿った配置を表し、1は原点からもっとも遠いところに、0.5は中央に配置されます)。
      戻り値:
      このコンポーネントの水平方向の整列
    • getAlignmentY

      public float getAlignmentY()
      y軸方向の配置を返します。 これは、ほかのコンポーネントを基準にこのコンポーネントをどのように配置するかを指定します。 この値は0から1の間の数値であるはずです(0は原点に沿った配置を表し、1は原点からもっとも遠いところに、0.5は中央に配置されます)。
      戻り値:
      このコンポーネントの垂直方向の整列
    • getBaseline

      public int getBaseline(int width, int height)
      ベースラインを返します。 ベースラインは、コンポーネントの上端から測定されます。 このメソッドは、主にLayoutManagerがそのベースラインに沿ってコンポーネントを配置するために使用します。 戻り値が0より小さい場合、このコンポーネントのベースラインは適切ではありません。LayoutManagerは、そのベースライン上にこのコンポーネントを配置しないでください。

      デフォルト実装は -1を返します。 ベースラインをサポートするサブクラスで適切にオーバーライドする必要があります。 戻り値が0以上の場合、コンポーネントのベースラインは最小サイズ以上の任意のサイズに対して有効であり、getBaselineResizeBehaviorを使ってサイズによるベースラインの変化を特定できます。

      パラメータ:
      width - ベースラインを取得する幅
      height - ベースラインを取得する高さ
      戻り値:
      ベースラインまたは0より小さい値(適切なベースラインがないことを示す)
      例外:
      IllegalArgumentException - 幅または高さが0より小さい場合
      導入されたバージョン:
      1.6
      関連項目:
    • getBaselineResizeBehavior

      public Component.BaselineResizeBehavior getBaselineResizeBehavior()
      サイズの変化に合わせてコンポーネントのベースラインがどのように変化するかを示す列挙を返します。 このメソッドは、主にレイアウト・マネージャとGUIビルダーで使用されます。

      デフォルトの実装ではBaselineResizeBehavior.OTHERを返します。 ベースラインを持つサブクラスでは、適切にオーバーライドするようにしてください。 サブクラスはnullを返さないようにしてください。ベースラインを計算できない場合は、BaselineResizeBehavior.OTHERを返します。 呼出し元はまず、getBaselineを使用して、ベースラインを要求するようにしてください。0以上の値が返された場合に、このメソッドを使用します。 getBaselineで0未満の値が返された場合でも、このメソッドでBaselineResizeBehavior.OTHER以外の値を返すことは可能です。

      戻り値:
      コンポーネント・サイズの変化に合わせてベースラインがどのように変化するかを示す列挙
      導入されたバージョン:
      1.6
      関連項目:
    • doLayout

      public void doLayout()
      レイアウト・マネージャにこのコンポーネントの配置を促します。 通常は、コンポーネント(具体的にはコンテナ)が検証されたときに呼び出されます。
      関連項目:
    • layout

      @Deprecated public void layout()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、doLayout()に置き換えられています。
    • validate

      public void validate()
      このコンポーネントを検証します。

      検証という語の意味は、このクラスの祖先によって定義されます。 詳細は、Container.validate()を参照してください。

      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • invalidate

      public void invalidate()
      このコンポーネントとその祖先を無効にします。

      デフォルトでは、階層の最上位コンテナまで、コンポーネントのすべての祖先が無効とマークされます。 java.awt.smartInvalidateシステム・プロパティがtrueに設定されている場合、無効化はこのコンポーネントのもっとも近い有効なルートで停止します。 コンテナを無効とマークすることにより、そのコンテナを配置する必要があることを示します。

      レイアウトに関連する情報が変更されるたびに(コンポーネントの境界の設定、コンテナへのコンポーネントの追加など)、このメソッドは自動的に呼び出されます。

      このメソッドは頻繁に呼び出される可能性があるため、高速に動作するべきです。

      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • revalidate

      public void revalidate()
      コンポーネント階層をもっとも近い有効なルートまで再検証します。

      このメソッドはまず、このコンポーネントから始めてもっとも近い有効なルートまで、コンポーネント階層を無効にします。 その後、もっとも近い有効なルートから始めてコンポーネント階層を検証します。

      これは、アプリケーション開発者が有効なルートを手動で検索しなくても済むように支援する簡易メソッドです。 基本的には、このコンポーネントでinvalidate()メソッドを呼び出してから、もっとも近い有効なルートでvalidate()を呼び出すことと等価です。

      導入されたバージョン:
      1.7
      関連項目:
    • getGraphics

      public Graphics getGraphics()
      このコンポーネントのグラフィックス・コンテキストを作成します。 このメソッドは、コンポーネントが現在表示可能でない場合、nullを返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのグラフィックス・コンテキスト。ない場合はnull
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • getFontMetrics

      public FontMetrics getFontMetrics(Font font)
      指定されたフォントのフォント・メトリックを取得します。 警告: フォント・メトリックスはFontRenderContextの影響を受けますが、このメソッドではサポートされていないため、デフォルトのレンダリング・コンテキストのフォント・メトリックスだけが返されます。Graphics2D機能が使用されている場合、このコンポーネント上にレンダリングする際に使用されるフォント・メトリックスとは一致しないことがあります。 かわりに、Graphics.getFontMetrics()またはテキスト測定APIをFontクラスに対して呼び出すことで、レンダリング時にフォント・メトリックスを取得できます。
      パラメータ:
      font - フォント・メトリックスを取得するフォント
      戻り値:
      fontのフォント・メトリックス
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • setCursor

      public void setCursor(Cursor cursor)
      カーソル・イメージを指定されたカーソルに設定します。 このカーソル・イメージは、このコンポーネントのcontainsメソッドが現在のカーソル位置に対してtrueを返し、このコンポーネントが可視、表示可能、かつ使用可能である場合に表示されます。 Containerのカーソルを設定すると、コンテナのすべてのサブコンポーネントでそのカーソルが表示されます。ただし、null以外のカーソルを使用しているサブコンポーネントでは表示されません。

      Javaプラットフォームの実装やネイティブ・システムでマウス・カーソルの形状変更がサポートされていない場合、このメソッドには視覚効果がない場合があります。

      パラメータ:
      cursor - Cursorクラスで定義されている定数の1つ。このパラメータがnullの場合、このコンポーネントは親のカーソルを継承する
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getCursor

      public Cursor getCursor()
      コンポーネントのカーソル・セットを取得します。 コンポーネントにカーソル・セットがない場合、親のカーソルが返されます。 階層全体にカーソルが設定されていない場合は、Cursor.DEFAULT_CURSORが返されます。
      戻り値:
      このコンポーネントのカーソル
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • isCursorSet

      public boolean isCursorSet()
      カーソルがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。 falseを返す場合、このコンポーネントは祖先からカーソルを継承しています。
      戻り値:
      このコンポーネントにカーソルが明示的に設定されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
    • paint

      public void paint(Graphics g)
      このコンポーネントをペイントします。

      コンポーネントが最初に表示される場合、または損傷して修復が必要な場合など、コンポーネントの内容をペイントする必要があるときにこのメソッドを呼び出します。 Graphicsパラメータのクリップ矩形を、ペイントが必要な領域に設定します。 このメソッドをオーバーライドするComponentのサブクラスは、super.paint(g)を呼び出す必要はありません。

      パフォーマンス上の理由から、幅または高さがゼロのComponentは、最初に表示されるときにはペイント対象とみなされず、また修復も不要であるとみなされます。

      ノート: もっとも効率的なペイント・コードを記述する方法に関する情報を含む、AWTやSwingで使用されているペイント・メカニズムの詳細は、「Painting in AWT and Swing」を参照してください。

      パラメータ:
      g - ペイントに使用するグラフィックス・コンテキスト
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • update

      public void update(Graphics g)
      このコンポーネントを更新します。

      このコンポーネントが軽量コンポーネントでない場合、AWTはrepaintの呼出しに応答して、updateメソッドを呼び出します。 バックグラウンドがクリアされていないと考えることができます。

      Componentupdateメソッドがこのコンポーネントのpaintメソッドを呼び出し、このコンポーネントを再描画します。 このメソッドは一般的に、repaintの呼出しに応答して追加処理が必要なサブクラスによってオーバーライドされます。 このメソッドをオーバーライドするコンポーネントのサブクラスは、super.update(g)を呼び出すか、updateメソッドからpaint(g)を直接呼び出す必要があります。

      グラフィックス・コンテキストの原点(その(00)座標の点)は、このコンポーネントの左上隅です。 グラフィックス・コンテキストのクリッピング領域はこのコンポーネントの境界の矩形になります。

      ノート: もっとも効率的なペイント・コードを記述する方法に関する情報を含む、AWTやSwingで使用されているペイント・メカニズムの詳細は、「Painting in AWT and Swing」を参照してください。

      パラメータ:
      g - 更新に使用する、指定されたコンテキスト
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • paintAll

      public void paintAll(Graphics g)
      このコンポーネントおよびそのすべてのサブコンポーネントをペイントします。

      グラフィックス・コンテキストの原点(その(00)座標の点)は、このコンポーネントの左上隅です。 グラフィックス・コンテキストのクリッピング領域はこのコンポーネントの境界の矩形になります。

      パラメータ:
      g - ペイントに使用するグラフィックス・コンテキスト
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • repaint

      public void repaint()
      このコンポーネントをふたたびペイントします。

      このコンポーネントが軽量コンポーネントである場合は、このメソッドはこのコンポーネントのpaintメソッドをできるだけ早く呼び出します。 それ以外の場合は、このメソッドはこのコンポーネントのupdateメソッドをできるだけ早く呼び出します。

      ノート: もっとも効率的なペイント・コードを記述する方法に関する情報を含む、AWTやSwingで使用されているペイント・メカニズムの詳細は、「Painting in AWT and Swing」を参照してください。

      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • repaint

      public void repaint(long tm)
      このコンポーネントをふたたびペイントします。 このコンポーネントが軽量コンポーネントの場合、tmミリ秒内にpaintを呼び出します。

      ノート: もっとも効率的なペイント・コードを記述する方法に関する情報を含む、AWTやSwingで使用されているペイント・メカニズムの詳細は、「Painting in AWT and Swing」を参照してください。

      パラメータ:
      tm - 更新までの最大時間(ミリ秒単位)
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • repaint

      public void repaint(int x, int y, int width, int height)
      このコンポーネントの指定された矩形をふたたびペイントします。

      このコンポーネントが軽量コンポーネントである場合は、このメソッドはこのコンポーネントのpaintメソッドをできるだけ早く呼び出します。 それ以外の場合は、このメソッドはこのコンポーネントのupdateメソッドをできるだけ早く呼び出します。

      ノート: もっとも効率的なペイント・コードを記述する方法に関する情報を含む、AWTやSwingで使用されているペイント・メカニズムの詳細は、「Painting in AWT and Swing」を参照してください。

      パラメータ:
      x - x座標
      y - y座標
      width - 幅
      height - 高さ
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • repaint

      public void repaint(long tm, int x, int y, int width, int height)
      このコンポーネントの指定された矩形をtmミリ秒以内に再ペイントします。

      このコンポーネントが軽量コンポーネントである場合、このメソッドは、このコンポーネントのpaintメソッドを呼び出します。 そうでない場合は、このコンポーネントのupdateメソッドを呼び出します。

      ノート: もっとも効率的なペイント・コードを記述する方法に関する情報を含む、AWTやSwingで使用されているペイント・メカニズムの詳細は、「Painting in AWT and Swing」を参照してください。

      パラメータ:
      tm - 更新までの最大時間(ミリ秒単位)
      x - x座標
      y - y座標
      width - 幅
      height - 高さ
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • print

      public void print(Graphics g)
      このコンポーネントを出力します。 出力する前に特殊な処理が必要なコンポーネントの場合、または通常と異なる方法で出力する必要があるコンポーネントの場合、アプリケーションはこのメソッドをオーバーライドする必要があります。

      このメソッドのデフォルトの実装はpaintメソッドを呼び出します。

      グラフィックス・コンテキストの原点(その(00)座標の点)は、このコンポーネントの左上隅です。 グラフィックス・コンテキストのクリッピング領域はこのコンポーネントの境界の矩形になります。

      パラメータ:
      g - 出力に使用するグラフィックス・コンテキスト
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • printAll

      public void printAll(Graphics g)
      このコンポーネントおよびそのすべてのサブコンポーネントを出力します。

      グラフィックス・コンテキストの原点(その(00)座標の点)は、このコンポーネントの左上隅です。 グラフィックス・コンテキストのクリッピング領域はこのコンポーネントの境界の矩形になります。

      パラメータ:
      g - 出力に使用するグラフィックス・コンテキスト
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • imageUpdate

      public boolean imageUpdate(Image img, int infoflags, int x, int y, int w, int h)
      イメージが変更されたときにコンポーネントをふたたびペイントします。 ImageObserverのこのimageUpdateメソッドが呼び出されるのは、GraphicsdrawImageメソッドなどの非同期ルーチンを使って、以前に要求されていたイメージについての詳細情報が利用可能になったときです。 このメソッドとその引数についての詳細は、imageUpdateの定義を参照してください。

      ComponentimageUpdateメソッドは、利用できるイメージのビットが多くなるにつれて、インクリメンタルにコンポーネント・イメージを描画します。

      システム・プロパティawt.image.incrementaldrawがないか、trueの値を持つ場合、イメージはインクリメンタルに描画されます。 システム・プロパティの値がほかの値である場合は、イメージは全体がロードされてから描画されます。

      また、インクリメンタルな描画が有効である場合、システム・プロパティawt.image.redrawrateの値は、ミリ秒単位で最大の再描画レートを与える整数値として解釈されます。 システム・プロパティがないか、または整数値として解釈できない場合、再描画レートは100ミリ秒ごとに1回になります。

      xywidth、およびheight引数の解釈は、infoflags引数の値によって異なります。

      定義:
      imageUpdate 、インタフェース: ImageObserver
      パラメータ:
      img - 監視対象のイメージ
      infoflags - 詳細は、imageUpdateを参照してください
      x - x座標
      y - y座標
      w - 幅
      h - 高さ
      戻り値:
      イメージ全体がロードされることをinfoflagsが示す場合はfalse、そうでない場合はtrue
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • createImage

      public Image createImage(ImageProducer producer)
      指定されたイメージ・プロデューサからイメージを生成します。
      パラメータ:
      producer - イメージ・プロデューサ
      戻り値:
      生成されたイメージ
      導入されたバージョン:
      1.0
    • createImage

      public Image createImage(int width, int height)
      ダブル・バッファリングのために使用されるオフスクリーン描画イメージを生成します。
      パラメータ:
      width - 指定された幅
      height - 指定された高さ
      戻り値:
      ダブル・バッファリングに使用できるオフスクリーン描画イメージ。 コンポーネントが表示可能でない場合はnullの値、GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返します。
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • createVolatileImage

      public VolatileImage createVolatileImage(int width, int height)
      ダブル・バッファリングのために使用される揮発性オフスクリーン描画イメージを生成します。
      パラメータ:
      width - 指定された幅
      height - 指定された高さ
      戻り値:
      ダブル・バッファリングに使用できるオフスクリーン描画イメージ。 コンポーネントが表示可能でない場合はnullの値、GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返します。
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • createVolatileImage

      public VolatileImage createVolatileImage(int width, int height, ImageCapabilities caps) throws AWTException
      指定された機能で、揮発性オフスクリーン描画イメージを作成します。 このイメージの内容はオペレーティング・システム側の問題で何らかのときに失われる可能性があるので、VolatileImageインタフェースで管理する必要があります。
      パラメータ:
      width - 指定された幅
      height - 指定された高さ
      caps - イメージ機能
      戻り値:
      表面内容の損失と機能の管理に使用できるVolatileImageオブジェクト コンポーネントが表示可能でない場合はnullの値、GraphicsEnvironment.isHeadless()trueを返します。
      例外:
      AWTException - 指定された機能を使用してイメージが生成できない場合
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • prepareImage

      public boolean prepareImage(Image image, ImageObserver observer)
      このコンポーネント上に描画するためのイメージを準備します。 イメージ・データは別のスレッドで非同期にダウンロードされ、イメージの適切な画面表現が生成されます。
      パラメータ:
      image - 画面表現を準備するImage
      observer - イメージが準備されているときに通知を受けるImageObserverオブジェクト
      戻り値:
      イメージがすでに完全に準備されている場合はtrue、それ以外の場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.0
    • prepareImage

      public boolean prepareImage(Image image, int width, int height, ImageObserver observer)
      このコンポーネント上に描画するための、指定された幅と高さのイメージを準備します。

      イメージ・データは別のスレッドで非同期にダウンロードされ、イメージの適切にスケーリングされた画面表現が生成されます。

      パラメータ:
      image - 画面表現を準備するImageのインスタンス
      width - 目的の画面表現の幅
      height - 目的の画面表現の高さ
      observer - イメージが準備されているときに通知を受けるImageObserverオブジェクト
      戻り値:
      イメージがすでに完全に準備されている場合はtrue、それ以外の場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • checkImage

      public int checkImage(Image image, ImageObserver observer)
      指定されたイメージの画面表現の構築ステータスを返します。

      このメソッドはイメージのロードを開始しません。 イメージを強制的にロードするには、アプリケーションがprepareImageメソッドを使用する必要があります。

      このメソッドによって返されるフラグについては、ImageObserverインタフェースの説明を参照してください。

      パラメータ:
      image - ステータスがチェックされているImageオブジェクト
      observer - イメージが準備されているときに通知を受けるImageObserverオブジェクト
      戻り値:
      イメージに関するどのような情報が現在使用可能かを示す、ImageObserverフラグのビット単位のインクルーシブOR
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • checkImage

      public int checkImage(Image image, int width, int height, ImageObserver observer)
      指定されたイメージの画面表現の構築ステータスを返します。

      このメソッドはイメージのロードを開始しません。 イメージを強制的にロードするには、アプリケーションがprepareImageメソッドを使用する必要があります。

      ComponentcheckImageメソッドは、フラグを計算するためにピアのcheckImageメソッドを呼び出します。 このコンポーネントにまだピアがない場合、コンポーネントのツールキットのcheckImageメソッドが代わりに呼び出されます。

      このメソッドによって返されるフラグについては、ImageObserverインタフェースの説明を参照してください。

      パラメータ:
      image - ステータスがチェックされているImageオブジェクト
      width - ステータス・チェックの対象となるスケーリングされたバージョンの幅
      height - ステータス・チェックの対象となるスケーリングされたバージョンの高さ
      observer - イメージが準備されているときに通知を受けるImageObserverオブジェクト
      戻り値:
      イメージに関するどのような情報が現在使用可能かを示す、ImageObserverフラグのビット単位のインクルーシブOR
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • setIgnoreRepaint

      public void setIgnoreRepaint(boolean ignoreRepaint)
      オペレーティング・システムからの、ペイントについてのメッセージを無視するかどうかを設定します。 OSレベルのペイント・メッセージへの即時の反応でないかぎり、AWTによってソフトウェア内で生成されるペイント・イベントには影響を与えません。

      これはたとえば、全画面モードでのパフォーマンス向上が要求されている場合、バッファ制御方針としてページ反転が使用されている場合に有効です。

      パラメータ:
      ignoreRepaint - true OSからのペイント・メッセージを無視する必要がある場合。そうでなければfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getIgnoreRepaint

      public boolean getIgnoreRepaint()
      戻り値:
      オペレーティング・システムからの、ペイントについてのメッセージを無視するかどうか
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • contains

      public boolean contains(int x, int y)
      このコンポーネントに、指定された点が「含まれている」かどうかをチェックします。ここで、xyは、このコンポーネントの座標系を基準にして定義されます。
      パラメータ:
      x - 点のx座標
      y - 点のy座標
      戻り値:
      trueポイントがコンポーネント内にある場合;そうでなければfalse
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • INSIDE

      @Deprecated public boolean inside(int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、contains(int, int)に置き換えられています。
      ポイントがこのコンポーネントの内部にあるかどうかを確認します。
      パラメータ:
      x - 点のx座標
      y - 点のy座標
      戻り値:
      trueポイントがコンポーネント内にある場合;そうでなければfalse
    • contains

      public boolean contains(Point p)
      このコンポーネントに、指定された点が「含まれている」かどうかをチェックします。ここで、この点のxおよびy座標は、このコンポーネントの座標系を基準にして定義されます。
      パラメータ:
      p - 点
      戻り値:
      trueポイントがコンポーネント内にある場合;そうでなければfalse
      例外:
      NullPointerException - pnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getComponentAt

      public Component getComponentAt(int x, int y)
      このコンポーネントまたはその直接のサブコンポーネントのいずれかに(xy)位置が含まれているかどうかを判定し、該当する場合は含んでいるコンポーネントを返します。 このメソッドは1つ下のレベルまでしか調べません。 点(xy)がサブコンポーネントを持つサブコンポーネント内にある場合、サブコンポーネント・ツリーの下方は調べられません。

      (xy)座標の位置がバウンディング・ボックス内にある場合、Componentlocateメソッドは、単にコンポーネント自身を返し、そうでない場合はnullを返します。

      パラメータ:
      x - x座標
      y - y座標
      戻り値:
      (xy)の位置を含むコンポーネントまたはサブコンポーネント。その位置がこのコンポーネントの外である場合はnull
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • locate

      @Deprecated public Component locate(int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getComponentAt(int, int)に置き換えられています。
      (このコンポーネントまたは直下の子コンポーネント。最初の2つのどちらもそのロケーションを占有していない場合はnull)で指定された位置を占めるコンポーネントを返します。
      パラメータ:
      x - x座標でコンポーネントを検索
      y - y座標でコンポーネントを検索
      戻り値:
      指定されたロケーションのコンポーネントまたはnull
    • getComponentAt

      public Component getComponentAt(Point p)
      指定された点を含むコンポーネントまたはサブコンポーネントを返します。
      パラメータ:
      p - 点
      戻り値:
      指定されたロケーションのコンポーネントまたはnull
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • deliverEvent

      @Deprecated public void deliverEvent(Event e)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、dispatchEvent(AWTEvent e).に置き換えられています
      パラメータ:
      e - 配信するイベント
    • dispatchEvent

      public final void dispatchEvent(AWTEvent e)
      このコンポーネントまたはそのサブコンポーネントの1つにイベントをディスパッチします。 戻る前に、このComponentで使用可能になっている1.1形式のイベントに対するprocessEventを呼び出します。
      パラメータ:
      e - イベント
    • postEvent

      @Deprecated public boolean postEvent(Event e)
      非推奨。
      JDK version 1.1以降は、dispatchEvent(AWTEvent)に置き換えられています。
      インタフェースからコピーされた説明:MenuContainer
      イベントをリスナーにポストします。
      定義:
      postEvent、インタフェース: MenuContainer
      パラメータ:
      e - ディスパッチするイベント
      戻り値:
      イベントを投稿した結果
    • addComponentListener

      public void addComponentListener(ComponentListener l)
      このコンポーネントからコンポーネント・イベントを受け取るために、指定されたコンポーネント・リスナーを追加します。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - コンポーネント・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • removeComponentListener

      public void removeComponentListener(ComponentListener l)
      以降このコンポーネントからコンポーネント・イベントを受け取らないように、指定されたコンポーネント・リスナーを削除します。 引数で指定されたリスナーが以前にこのコンポーネントに追加されたことがない場合、このメソッドは何も実行せず、例外もスローしません。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - コンポーネント・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getComponentListeners

      public ComponentListener[] getComponentListeners()
      このコンポーネントに登録されたすべてのコンポーネント・リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのComponentListener。コンポーネント・リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addFocusListener

      public void addFocusListener(FocusListener l)
      このコンポーネントが入力フォーカスを取得したときにこのコンポーネントからフォーカス・イベントを受け取るために、指定されたフォーカス・リスナーを追加します。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - フォーカス・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • removeFocusListener

      public void removeFocusListener(FocusListener l)
      以降このコンポーネントからフォーカス・イベントを受け取らないように、指定されたフォーカス・リスナーを削除します。 引数で指定されたリスナーが以前にこのコンポーネントに追加されたことがない場合、このメソッドは何も実行せず、例外もスローしません。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - フォーカス・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getFocusListeners

      public FocusListener[] getFocusListeners()
      このコンポーネントに登録されたすべてのフォーカス・リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのFocusListener。コンポーネント・リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addHierarchyListener

      public void addHierarchyListener(HierarchyListener l)
      このコンテナが所属する階層が変更されたときにこのコンポーネントから階層変更イベントを受け取るために、指定された階層リスナーを追加します。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - 階層リスナー
      導入されたバージョン:
      1.3
      関連項目:
    • removeHierarchyListener

      public void removeHierarchyListener(HierarchyListener l)
      以降このコンポーネントから階層変更イベントを受け取らないように、指定された階層リスナーを削除します。 引数で指定されたリスナーが以前にこのコンポーネントに追加されたことがない場合、このメソッドは何も実行せず、例外もスローしません。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - 階層リスナー
      導入されたバージョン:
      1.3
      関連項目:
    • getHierarchyListeners

      public HierarchyListener[] getHierarchyListeners()
      このコンポーネントに登録されているすべての階層リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのHierarchyListener。階層リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addHierarchyBoundsListener

      public void addHierarchyBoundsListener(HierarchyBoundsListener l)
      このコンテナが所属する階層が変更されたときに、このコンポーネントから階層境界イベントを受け取るために、指定された階層境界リスナーを追加します。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - 階層境界リスナー
      導入されたバージョン:
      1.3
      関連項目:
    • removeHierarchyBoundsListener

      public void removeHierarchyBoundsListener(HierarchyBoundsListener l)
      以降このコンポーネントから階層境界イベントを受け取らないように、指定された階層境界リスナーを削除します。 引数で指定されたリスナーが以前にこのコンポーネントに追加されたことがない場合、このメソッドは何も実行せず、例外もスローしません。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - 階層境界リスナー
      導入されたバージョン:
      1.3
      関連項目:
    • getHierarchyBoundsListeners

      public HierarchyBoundsListener[] getHierarchyBoundsListeners()
      このコンポーネントに登録されているすべての階層境界リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのHierarchyBoundsListener。階層境界リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addKeyListener

      public void addKeyListener(KeyListener l)
      このコンポーネントからキー・イベントを受け取るために、指定されたキー・リスナーを追加します。 lがnullの場合、例外はスローされず、処理も実行されません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - キー・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • removeKeyListener

      public void removeKeyListener(KeyListener l)
      以降このコンポーネントからキー・イベントを受け取らないように、指定されたキー・リスナーを削除します。 引数で指定されたリスナーが以前にこのコンポーネントに追加されたことがない場合、このメソッドは何も実行せず、例外もスローしません。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - キー・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getKeyListeners

      public KeyListener[] getKeyListeners()
      このコンポーネントに登録されているすべてのキー・リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのKeyListener。キー・リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addMouseListener

      public void addMouseListener(MouseListener l)
      このコンポーネントからマウス・イベントを受け取るために、指定されたマウス・リスナーを追加します。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - マウス・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • removeMouseListener

      public void removeMouseListener(MouseListener l)
      以降このコンポーネントからマウス・イベントを受け取らないように、指定されたマウス・リスナーを削除します。 引数で指定されたリスナーが以前にこのコンポーネントに追加されたことがない場合、このメソッドは何も実行せず、例外もスローしません。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - マウス・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getMouseListeners

      public MouseListener[] getMouseListeners()
      このコンポーネントに登録されたすべてのマウス・リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのMouseListener。マウス・リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addMouseMotionListener

      public void addMouseMotionListener(MouseMotionListener l)
      このコンポーネントからマウス・モーション・イベントを受け取るために、指定されたマウス・モーション・リスナーを追加します。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - マウス・モーション・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • removeMouseMotionListener

      public void removeMouseMotionListener(MouseMotionListener l)
      以降このコンポーネントからマウス・モーション・イベントを受け取らないように、指定されたマウス・モーション・リスナーを削除します。 引数で指定されたリスナーが以前にこのコンポーネントに追加されたことがない場合、このメソッドは何も実行せず、例外もスローしません。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - マウス・モーション・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getMouseMotionListeners

      public MouseMotionListener[] getMouseMotionListeners()
      このコンポーネントに登録されたすべてのマウス・モーション・リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのMouseMotionListener。マウス・モーション・リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addMouseWheelListener

      public void addMouseWheelListener(MouseWheelListener l)
      このコンポーネントからマウス・ホイール・イベントを受け取るために、指定されたマウス・ホイール・リスナーを追加します。 コンテナはサブコンポーネントからもマウス・ホイール・イベントを受け取ります。

      マウス・ホイール・イベントがどのようにディスパッチされるかについては、MouseWheelEventのクラスの説明を参照してください。

      lがnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - マウス・ホイール・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • removeMouseWheelListener

      public void removeMouseWheelListener(MouseWheelListener l)
      以降このコンポーネントからマウス・ホイール・イベントを受け取らないように、指定されたマウス・ホイール・リスナーを削除します。 引数で指定されたリスナーが以前にこのコンポーネントに追加されたことがない場合、このメソッドは何も実行せず、例外もスローしません。 lがnullの場合、例外はスローされず、処理も実行されません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - マウス・ホイール・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getMouseWheelListeners

      public MouseWheelListener[] getMouseWheelListeners()
      このコンポーネントに登録されたすべてのマウス・ホイール・リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのMouseWheelListener。マウス・ホイール・リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addInputMethodListener

      public void addInputMethodListener(InputMethodListener l)
      このコンポーネントからインプット・メソッド・イベントを受け取るために、指定されたインプット・メソッド・リスナーを追加します。 InputMethodRequestsのインスタンスを返すようにgetInputMethodRequestsもオーバーライドする場合、コンポーネントはインプット・メソッドからインプット・メソッド・イベントを受け取るだけです。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - インプット・メソッド・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • removeInputMethodListener

      public void removeInputMethodListener(InputMethodListener l)
      以降このコンポーネントからインプット・メソッド・イベントを受け取らないように、指定されたインプット・メソッド・リスナーを削除します。 引数で指定されたリスナーが以前にこのコンポーネントに追加されたことがない場合、このメソッドは何も実行せず、例外もスローしません。 リスナーlnullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - インプット・メソッド・リスナー
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • getInputMethodListeners

      public InputMethodListener[] getInputMethodListeners()
      このコンポーネントに登録されているすべてのインプット・メソッド・リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのInputMethodListener。インプット・メソッド・リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getListeners

      public <T extends EventListener> T[] getListeners(Class<T> listenerType)
      このComponentFooListenerとして現在登録されているすべてのオブジェクトの配列を返します。 FooListenerは、addFooListenerメソッドを使用して登録されます。

      FooListener.classなどのクラス・リテラルを使用してlistenerType引数を指定できます。 たとえば、次のコードを使用して、そのマウス・リスナーのComponent cを照会できます。

      MouseListener[] mls = (MouseListener[])(c.getListeners(MouseListener.class));
      このようなリスナーがない場合は空の配列を返します。

      型パラメータ:
      T - リスナーの型
      パラメータ:
      listenerType - 要求されるリスナーの型。次の下位インタフェースを指定: java.util.EventListener
      戻り値:
      このコンポーネント上でFooListenerとして登録されたすべてのオブジェクトの配列、またはこのようなリスナーが追加されていない場合は空の配列
      例外:
      ClassCastException - listenerTypeで、java.util.EventListenerを実装するクラスまたはインタフェースが指定されなかった場合
      NullPointerException - listenerTypenullである場合
      導入されたバージョン:
      1.3
      関連項目:
    • getInputMethodRequests

      public InputMethodRequests getInputMethodRequests()
      このコンポーネントのインプット・メソッドからの要求をサポートするインプット・メソッド要求ハンドラを取得します。 オンザスポット・テキスト入力をサポートするコンポーネントでInputMethodRequestsインスタンスを返すには、このメソッドをオーバーライドする必要があります。 同時に、インプット・メソッド・イベントを処理する必要もあります。
      戻り値:
      このコンポーネントのインプット・メソッド要求ハンドラ、デフォルトではnull
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • getInputContext

      public InputContext getInputContext()
      テキストがこのコンポーネントに入力されたときに、インプット・メソッドとの通信を処理するためにこのコンポーネントによって使用される入力コンテキストを取得します。 デフォルトでは、親コンポーネントで使用される入力コンテキストを返します。 コンポーネントは、プライベートな入力コンテキストを返すためにこのメソッドをオーバーライドできます。
      戻り値:
      このコンポーネントによって使用される入力コンテキスト。コンテキストを判定できない場合はnull
      導入されたバージョン:
      1.2
    • enableEvents

      protected final void enableEvents(long eventsToEnable)
      指定されたイベント・マスク・パラメータによって定義されたイベントについて、このコンポーネントへの送信を使用可能にします。

      イベント・タイプは、そのタイプのリスナーがコンポーネントに追加されると自動的に使用可能になります。

      このメソッドは、リスナーが登録されているかどうかにかかわらず、指定されたイベント・タイプをprocessEventに送信しようとするComponentのサブクラスからだけ呼び出す必要があります。

      パラメータ:
      eventsToEnable - イベント・タイプを定義するイベント・マスク
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • disableEvents

      protected final void disableEvents(long eventsToDisable)
      指定されたイベント・マスク・パラメータによって定義されたイベントについて、このコンポーネントへの送信を不可能にします。
      パラメータ:
      eventsToDisable - イベント・タイプを定義するイベント・マスク
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • coalesceEvents

      protected AWTEvent coalesceEvents(AWTEvent existingEvent, AWTEvent newEvent)
      必要に応じて、送信されるイベントと既存のイベントを合体させます。 このメソッドは、送信されるイベントと同じIDを持つイベント(どちらのイベントもソースとしてこのコンポーネントを持つ)がキュー上で見つかった場合に、EventQueue.postEventによって呼び出されます。 このメソッドは、既存のイベントと置き換わる合体されたイベントを返すか(この場合、新しいイベントは破棄されます)、あるいは、合体が行われないことを示すためにnullを返します(この場合、2番目のイベントはキューの最後に追加されます)。 一方のイベント・パラメータが変更されて返され、他方のパラメータは、nullが返される場合を除いて破棄されます。

      このcoalesceEventsの実装は、2つのイベント・タイプを合体させます。マウス移動(およびドラッグ)イベントとペイント(および更新)イベントです。 マウス移動イベントの場合、常に最後のイベントが返され、中間の移動は破棄されます。 ペイント・イベントの場合は、ピアの複合的なRepaintAreaに新規イベントが合体されます。 新規AWTEventが必ず返されます。

      パラメータ:
      existingEvent - EventQueueに入っていたイベント
      newEvent - EventQueueに送信されるイベント
      戻り値:
      合体されたイベント。または合体が行われなかったことを示すnull
    • processEvent

      protected void processEvent(AWTEvent e)
      このコンポーネントで発生するイベントを処理します。 デフォルトでは、このメソッドは指定されたイベントのクラスのための適切なprocess<event type>Eventメソッドを呼び出します。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - イベント
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • processComponentEvent

      protected void processComponentEvent(ComponentEvent e)
      このコンポーネントで発生するコンポーネント・イベントを、登録されているComponentListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。

      このコンポーネントに対してコンポーネント・イベントが使用可能でない場合、このメソッドは呼び出されません。 コンポーネント・イベントは、次のいずれかの場合に使用可能になります。

      • ComponentListenerオブジェクトがaddComponentListenerを使用して登録されている。
      • enableEventsによってコンポーネント・イベントが使用可能になっている。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - コンポーネント・イベント
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • processFocusEvent

      protected void processFocusEvent(FocusEvent e)
      このコンポーネントで発生するフォーカス・イベントを、登録されているFocusListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。

      このコンポーネントに対してフォーカス・イベントが使用可能でない場合、このメソッドは呼び出されません。 フォーカス・イベントは、次のいずれかの場合に使用可能になります。

      • FocusListenerオブジェクトがaddFocusListenerを使用して登録されている。
      • enableEventsによってフォーカス・イベントが使用可能になっている。

      フォーカス・イベントがComponentに対して使用可能になっている場合、現在のKeyboardFocusManagerによって、登録されたFocusListenerオブジェクトにフォーカス・イベントをディスパッチする必要があるかどうかが判断されます。 イベントをディスパッチする場合、KeyboardFocusManagerComponentdispatchEventメソッドを呼び出すため、ComponentprocessFocusEventメソッドが呼び出されます。

      フォーカス・イベントがComponentに対して使用可能になっている場合、FocusEventを引数としてComponentdispatchEventメソッドを呼び出すと、現在のKeyboardFocusManagerに関係なく、ComponentprocessFocusEventメソッドが呼び出されます。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - フォーカス・イベント
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • processKeyEvent

      protected void processKeyEvent(KeyEvent e)
      このコンポーネントで発生するキー・イベントを、登録されているすべてのKeyListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。

      このコンポーネントに対してキー・イベントが使用可能でない場合、このメソッドは呼び出されません。 キー・イベントは、次のいずれかの場合に使用可能になります。

      • KeyListenerオブジェクトがaddKeyListenerを使用して登録されている。
      • enableEventsによってキー・イベントが使用可能になっている。

      キー・イベントがComponentに対して使用可能になっている場合、現在のKeyboardFocusManagerによって、登録されたKeyListenerオブジェクトにキー・イベントをディスパッチする必要があるかどうかが判断されます。 DefaultKeyboardFocusManagerは、フォーカスの所有者でないか、または表示されていないComponentにキー・イベントをディスパッチしません。

      J2SE 1.4ではKeyEventがフォーカス所有者にリダイレクトされます。 詳細については、「フォーカスの仕様」を参照してください。

      KeyEventを引数としてComponentdispatchEventメソッドを呼び出すと、コンポーネントが表示され、フォーカスされて使用可能になっており、キー・イベントがそのコンポーネントで使用可能になっているかぎり、現在のKeyboardFocusManagerに関係なく、ComponentprocessKeyEventメソッドが呼び出されます。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - キー・イベント
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • processMouseEvent

      protected void processMouseEvent(MouseEvent e)
      このコンポーネントで発生するマウス・イベントを、登録されているMouseListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。

      このコンポーネントに対してマウス・イベントが使用可能でないかぎり、このメソッドは呼び出されません。 マウス・イベントは、次のいずれかの場合に使用可能になります。

      • MouseListenerオブジェクトがaddMouseListenerを使用して登録されている。
      • enableEventsによってマウス・イベントが使用可能になっている。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - マウス・イベント
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • processMouseMotionEvent

      protected void processMouseMotionEvent(MouseEvent e)
      このコンポーネントで発生するマウス・モーション・イベントを、登録されているMouseMotionListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。

      このコンポーネントに対してマウス・モーション・イベントが使用可能でない場合、このメソッドは呼び出されません。 マウス・モーション・イベントは、次のいずれかの場合に使用可能になります。

      • MouseMotionListenerオブジェクトがaddMouseMotionListenerを使用して登録されている。
      • enableEventsによってマウス・モーション・イベントが使用可能になっている。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - マウス・モーション・イベント
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • processMouseWheelEvent

      protected void processMouseWheelEvent(MouseWheelEvent e)
      このコンポーネントで発生するマウス・ホイール・イベントを、登録されているMouseWheelListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。

      このコンポーネントに対してマウス・ホイール・イベントが使用可能でないかぎり、このメソッドは呼び出されません。 マウス・ホイール・イベントは、次のいずれかの場合に使用可能になります。

      • MouseWheelListenerオブジェクトがaddMouseWheelListenerを使用して登録されている。
      • enableEventsによってマウス・ホイール・イベントが使用可能になっている。

      マウス・ホイール・イベントがどのようにディスパッチされるかについては、MouseWheelEventのクラスの説明を参照してください。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - マウス・ホイール・イベント
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • processInputMethodEvent

      protected void processInputMethodEvent(InputMethodEvent e)
      このコンポーネントで発生するインプット・メソッド・イベントを、登録されているInputMethodListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。

      このコンポーネントに対してインプット・メソッド・イベントが使用可能でない場合、このメソッドは呼び出されません。 インプット・メソッド・イベントは、次のいずれかの場合に使用可能になります。

      • InputMethodListenerオブジェクトがaddInputMethodListenerによって登録されている。
      • enableEventsによってインプット・メソッド・イベントが使用可能になっている。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - インプット・メソッド・イベント
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • processHierarchyEvent

      protected void processHierarchyEvent(HierarchyEvent e)
      このコンポーネントで発生する階層イベントを、登録されているHierarchyListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。

      このコンポーネントに対して階層イベントが使用可能でないかぎり、このメソッドは呼び出されません。 階層イベントは、次のいずれかの場合に使用可能になります。

      • HierarchyListenerオブジェクトがaddHierarchyListenerによって登録されている。
      • enableEventsによって階層イベントが使用可能になっている。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - 階層イベント
      導入されたバージョン:
      1.3
      関連項目:
    • processHierarchyBoundsEvent

      protected void processHierarchyBoundsEvent(HierarchyEvent e)
      このコンポーネントで発生する階層境界イベントを、登録されているHierarchyBoundsListenerオブジェクトにディスパッチすることによって処理します。

      このコンポーネントに対して階層境界イベントが使用可能でないかぎり、このメソッドは呼び出されません。 階層境界イベントは、次のいずれかの場合に使用可能になります。

      • HierarchyBoundsListenerオブジェクトがaddHierarchyBoundsListenerによって登録されている。
      • enableEventsによって階層境界イベントが使用可能になっている。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - 階層イベント
      導入されたバージョン:
      1.3
      関連項目:
    • handleEvent

      @Deprecated public boolean handleEvent(Event evt)
      非推奨。
      JDK version 1.1以降は、processEvent(AWTEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      戻り値:
      イベントが処理された場合はtrue、それ以外の場合はfalse
    • mouseDown

      @Deprecated public boolean mouseDown(Event evt, int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processMouseEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      x - x座標
      y - y座標
      戻り値:
      false
    • mouseDrag

      @Deprecated public boolean mouseDrag(Event evt, int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processMouseMotionEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      x - x座標
      y - y座標
      戻り値:
      false
    • mouseUp

      @Deprecated public boolean mouseUp(Event evt, int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processMouseEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      x - x座標
      y - y座標
      戻り値:
      false
    • mouseMove

      @Deprecated public boolean mouseMove(Event evt, int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processMouseMotionEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      x - x座標
      y - y座標
      戻り値:
      false
    • mouseEnter

      @Deprecated public boolean mouseEnter(Event evt, int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processMouseEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      x - x座標
      y - y座標
      戻り値:
      false
    • mouseExit

      @Deprecated public boolean mouseExit(Event evt, int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processMouseEvent(MouseEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      x - x座標
      y - y座標
      戻り値:
      false
    • keyDown

      @Deprecated public boolean keyDown(Event evt, int key)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processKeyEvent(KeyEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      key - キーが押された
      戻り値:
      false
    • keyUp

      @Deprecated public boolean keyUp(Event evt, int key)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processKeyEvent(KeyEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      key - キーが押された
      戻り値:
      false
    • action

      @Deprecated public boolean action(Event evt, Object what)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、アクション・イベントをトリガーするコンポーネントのActionListenerとしてこのコンポーネントを登録する必要があります。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      what - に作用したオブジェクト
      戻り値:
      false
    • addNotify

      public void addNotify()
      ネイティブ画面リソースに接続することによって、このComponentを表示可能にします。 このメソッドは、ツールキットによって内部で呼び出され、プログラムから直接呼び出されることはありません。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • removeNotify

      public void removeNotify()
      ネイティブ画面リソースを破棄することによって、このComponentを表示不可能にします。

      このメソッドは、ツールキットによって内部で呼び出され、プログラムから直接呼び出されることはありません。 このメソッドをオーバーライドするコードは、オーバーライドするメソッドの1行目としてsuper.removeNotifyを呼び出す必要があります。

      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • gotFocus

      @Deprecated public boolean gotFocus(Event evt, Object what)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processFocusEvent(FocusEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      what - オブジェクトのフォーカス
      戻り値:
      false
    • lostFocus

      @Deprecated public boolean lostFocus(Event evt, Object what)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、processFocusEvent(FocusEvent)に置き換えられています。
      パラメータ:
      evt - 処理するイベント
      what - オブジェクトのフォーカス
      戻り値:
      false
    • isFocusTraversable

      @Deprecated public boolean isFocusTraversable()
      非推奨。
      1.4以降は、isFocusable()に置き換えられています。
      このComponentがフォーカス所有者になれるかどうかを返します。
      戻り値:
      このComponentがフォーカスを取得できる場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • isFocusable

      public boolean isFocusable()
      このコンポーネントにフォーカスが設定可能かどうかを返します。
      戻り値:
      このComponentがフォーカスを取得できる場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • setFocusable

      public void setFocusable(boolean focusable)
      このコンポーネントのフォーカス可能性を指定された値に設定します。 この値はコンポーネントのデフォルトのフォーカス可能性をオーバーライドします。
      パラメータ:
      focusable - このコンポーネントがフォーカスを取得できるかどうかを示す
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • setFocusTraversalKeys

      public void setFocusTraversalKeys(int id, Set<? extends AWTKeyStroke> keystrokes)
      このComponentの、指定されたトラバーサル操作のフォーカス・トラバーサル・キーを設定します。

      コンポーネントのフォーカス・トラバーサル・キーのデフォルト値は実装によって異なります。 Sunは特定のネイティブなプラットフォームに対するすべての実装で同じデフォルト値を使用することをお薦めします。 WindowsおよびUnixに対する推奨は次にリストされています。 これらの推奨はSun AWTの実装で使用されます。

      コンポーネントのフォーカス・トラバーサル・キーの推奨されるデフォルト値
      識別子 意味 デフォルト
      KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS 通常の順方向キーボード・トラバーサル TAB (KEY_PRESSED)、CTRL-TAB (KEY_PRESSED)
      KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS 通常のリバース・キーボード・トラバーサル SHIFT-TAB (KEY_PRESSED)、CTRL-SHIFT-TAB (KEY_PRESSED)
      KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS 1つ上のフォーカス・トラバーサル・サイクルに移動 none
      トラバーサル・キーを無効化するためには、空のセットを使用します。Collections.EMPTY_SETの使用をお薦めします。

      AWTKeyStroke APIを使用すると、クライアント・コードでKEY_PRESSEDとKEY_RELEASEDの2つのKeyEventを指定できるようになり、フォーカス・トラバーサルを操作できるようになります。 ただし、指定されるキー・イベントに関係なく、関連付けられるKEY_TYPEDイベントを含む、フォーカス・トラバーサル・キーに関連するすべてのKeyEventは消費され、ほかのコンポーネントへのディスパッチは行われません。 KEY_TYPEDイベントのフォーカス・トラバーサル操作へのマッピング、1つのイベントの複数のデフォルト・フォーカス・トラバーサル操作へのマッピングは実行時エラーになります。

      セットに値nullが指定されている場合、このコンポーネントはセットを親から継承します。 このコンポーネントのすべての祖先のセットに値nullが指定されている場合、現在のKeyboardFocusManagerのデフォルト・セットが使用されます。

      keystrokes内のObjectのいずれかがAWTKeyStrokeでない場合、このメソッドはClassCastExceptionをスローすることがあります。

      パラメータ:
      id - KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれか
      keystrokes - 指定された操作に対するAWTKeyStrokeのセット
      例外:
      IllegalArgumentException - idがKeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれでもない場合、キー・ストロークがnullを含む場合、キー・ストロークのいずれがKEY_TYPEDイベントを表している場合、またはキー・ストロークのいずれかがこのComponentの別のフォーカス・トラバーサル操作にマップされている場合
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getFocusTraversalKeys

      public Set<AWTKeyStroke> getFocusTraversalKeys(int id)
      このComponentの、指定されたトラバーサル操作のフォーカス・トラバーサル・キーのSetを返します。 (各キーの完全な説明については、setFocusTraversalKeysを参照してください。)

      トラバーサル・キーのセットがこのコンポーネントに対して明示的に定義されていない場合、このコンポーネントの親のセットが返されます。 このコンポーネントのすべての祖先のセットが明示的に定義されていない場合、現在のKeyboardFocusManagerのデフォルト・セットが返されます。

      パラメータ:
      id - KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれか
      戻り値:
      指定された操作に対するAWTKeyStrokesのセット。 このセットは変更できない。また空白の可能性もある。nullが返されることはない
      例外:
      IllegalArgumentException - idがKeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれでもない場合
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • areFocusTraversalKeysSet

      public boolean areFocusTraversalKeysSet(int id)
      指定されたフォーカス・トラバーサル操作に対するフォーカス・トラバーサル・キーのセットが、このコンポーネントに明示的に定義されているかどうかを返します。 falseが返される場合、このコンポーネントはセットを祖先から、または現在のKeyboardFocusManagerから継承します。
      パラメータ:
      id - KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれか
      戻り値:
      true指定されたフォーカス・トラバーサル操作のフォーカス・トラバーサル・キーのセットが、このコンポーネントに対して明示的に定義されている場合; それ以外の場合はfalse
      例外:
      IllegalArgumentException - idがKeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれでもない場合
      導入されたバージョン:
      1.4
    • setFocusTraversalKeysEnabled

      public void setFocusTraversalKeysEnabled(boolean focusTraversalKeysEnabled)
      このコンポーネントに対してフォーカス・トラバーサル・キーが使用できるかどうかを設定します。 フォーカス・トラバーサル・キーが使用できないコンポーネントは、フォーカス・トラバーサル・キーに対応するキー・イベントを受け取ります。 フォーカス・トラバーサル・キーが使用できるコンポーネントはキー・イベントをそのまま受け取らず、トラバーサル操作に変換して受け取ります。
      パラメータ:
      focusTraversalKeysEnabled - このコンポーネントに対してフォーカス・トラバーサル・キーが使用可能かどうか
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getFocusTraversalKeysEnabled

      public boolean getFocusTraversalKeysEnabled()
      このコンポーネントに対してフォーカス・トラバーサル・キーが使用できるかどうかを返します。 フォーカス・トラバーサル・キーが使用できないコンポーネントは、フォーカス・トラバーサル・キーに対応するキー・イベントを受け取ります。 フォーカス・トラバーサル・キーが使用できるコンポーネントはキー・イベントをそのまま受け取らず、トラバーサル操作に変換して受け取ります。
      戻り値:
      このコンポーネントに対してフォーカス・トラバーサル・キーが使用可能かどうか
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • requestFocus

      public void requestFocus()
      このComponentが入力フォーカスを取得すること、およびこのComponentのトップ・レベルの祖先がフォーカスされたWindowになることを要求します。 この要求を許可するためには、このコンポーネントが可視、表示可能でフォーカス可能であることと、そのすべての祖先(トップレベル・ウィンドウは除く)が可視であることが必要です。 この要求を実行するために必要なすべての処理が行われますが、場合によっては不可能なこともあります。 開発者側では、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受け取るまでフォーカス所有者ではないことに注意する必要があります。 このコンポーネントのトップレベル・ウィンドウにフォーカスが設定できないために要求が処理されなかった場合、この要求は記録され、あとでユーザーがウィンドウにフォーカスを設定するときに許可されます。

      このメソッドはフォーカス所有者にコンポーネントを設定するためには使用できません。 代わりにKeyboardFocusManager.clearGlobalFocusOwner()を使用します。

      このメソッドのフォーカス動作はプラットフォームに依存するため、開発者は、可能であればrequestFocusInWindowを使用することを強くお薦めします。

      ノート: このメソッドの呼出しによって、フォーカスの移動が必ず起こるわけではありません。 そのため、このメソッドやComponentのその他のrequestFocusメソッドが呼び出されなくても、コンポーネントがフォーカスを受信する可能性があります。

      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • requestFocus

      public void requestFocus(FocusEvent.Cause cause)
      causeの理由により、このComponentが入力フォーカスを取得し、このComponentのトップレベル祖先がフォーカスされたWindowになることをリクエストします。 この要求を許可するためには、このコンポーネントが可視、表示可能でフォーカス可能であることと、そのすべての祖先(トップレベル・ウィンドウは除く)が可視であることが必要です。 この要求を実行するために必要なすべての処理が行われますが、場合によっては不可能なこともあります。 開発者側では、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受け取るまでフォーカス所有者ではないことに注意する必要があります。

      フォーカス・リクエスト・エフェクトは、提供された原因値によっても異なる場合があります。 このリクエストが成功した場合、結果に生成されたFocusEventは、methodの引数として指定された原因値を受け取ります。 このコンポーネントのトップレベル・ウィンドウにフォーカスが設定できないために要求が処理されなかった場合、この要求は記録され、あとでユーザーがウィンドウにフォーカスを設定するときに許可されます。

      このメソッドはフォーカス所有者にコンポーネントを設定するためには使用できません。 代わりにKeyboardFocusManager.clearGlobalFocusOwner()を使用します。

      このメソッドのフォーカス動作はプラットフォームに依存するため、開発者は可能な限りrequestFocusInWindow(FocusEvent.Cause)を使用することを強く推奨します。

      ノート: このメソッドの呼出しによって、フォーカスの移動が必ず起こるわけではありません。 そのため、このメソッドやComponentのその他のrequestFocusメソッドが呼び出されなくても、コンポーネントがフォーカスを受信する可能性があります。

      パラメータ:
      cause - フォーカスがリクエストされる理由
      導入されたバージョン:
      9
      関連項目:
    • requestFocus

      protected boolean requestFocus(boolean temporary)
      このComponentが入力フォーカスを取得すること、およびこのComponentのトップ・レベルの祖先がフォーカスされたWindowになることを要求します。 この要求を許可するためには、このコンポーネントが可視、表示可能でフォーカス可能であることと、そのすべての祖先(トップレベル・ウィンドウは除く)が可視であることが必要です。 この要求を実行するために必要なすべての処理が行われますが、場合によっては不可能なこともあります。 開発者側では、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受け取るまでフォーカス所有者ではないことに注意する必要があります。 このコンポーネントのトップレベル・ウィンドウにフォーカスが設定できないために要求が処理されなかった場合、この要求は記録され、あとでユーザーがウィンドウにフォーカスを設定するときに許可されます。

      このメソッドはboolean型の値を返します。 falseが返された場合、要求は確実に失敗します trueが返された場合は、要求が拒否されたり、ネイティブ・ウィンドウ・システムが要求を許可できるようになる前に、コンポーネントのピアの廃棄などの異常なイベントが発生したりしないかぎり、要求は成功します。 この場合も、trueの戻り値は要求が成功する可能性があることを示していますが、開発者は、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受信するまで、このコンポーネントがフォーカス所有者であると見なしてはいけません。

      このメソッドはフォーカス所有者にコンポーネントを設定するためには使用できません。 代わりにKeyboardFocusManager.clearGlobalFocusOwnerを使用します。

      このメソッドのフォーカス動作はプラットフォームに依存するため、開発者は、可能であればrequestFocusInWindowを使用することを強くお薦めします。

      この要求の結果として生成されるFocusEventに、指定された一時的な値が確実に割り当てられるようにするためにあらゆる努力が行われます。 ただし一部のネイティブ・ウィンドウ・システムでは、任意の一時的な状態の指定を実装できないため、このメソッドは軽量Componentに対してのみ正常に動作します。 このメソッドは一般的な用途向きではありませんが、Swingのような軽量コンポーネント・ライブラリ用のフックとして用意されています。

      ノート: このメソッドの呼出しによって、フォーカスの移動が必ず起こるわけではありません。 そのため、このメソッドやComponentのその他のrequestFocusメソッドが呼び出されなくても、コンポーネントがフォーカスを受信する可能性があります。

      パラメータ:
      temporary - ウィンドウがフォーカスを失った場合など、フォーカス変更が一時的である場合はtrue。一時的なフォーカス変更の詳細は、「フォーカスの仕様」を参照
      戻り値:
      フォーカス変更要求が確実に失敗する場合はfalse。成功する可能性がある場合はtrue
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • requestFocus

      protected boolean requestFocus(boolean temporary, FocusEvent.Cause cause)
      causeの理由により、このComponentが入力フォーカスを取得し、このComponentトップレベル祖先がフォーカスされたWindowになることがリクエストされます。 この要求を許可するためには、このコンポーネントが可視、表示可能でフォーカス可能であることと、そのすべての祖先(トップレベル・ウィンドウは除く)が可視であることが必要です。 この要求を実行するために必要なすべての処理が行われますが、場合によっては不可能なこともあります。 開発者側では、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受け取るまでフォーカス所有者ではないことに注意する必要があります。 このコンポーネントのトップレベル・ウィンドウにフォーカスが設定できないために要求が処理されなかった場合、この要求は記録され、あとでユーザーがウィンドウにフォーカスを設定するときに許可されます。

      このメソッドはboolean型の値を返します。 falseが返された場合、要求は確実に失敗します trueが返された場合は、要求が拒否されたり、ネイティブ・ウィンドウ・システムが要求を許可できるようになる前に、コンポーネントのピアの廃棄などの異常なイベントが発生したりしないかぎり、要求は成功します。 この場合も、trueの戻り値は要求が成功する可能性があることを示していますが、開発者は、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受信するまで、このコンポーネントがフォーカス所有者であると見なしてはいけません。

      フォーカス・リクエスト・エフェクトは、提供された原因値によっても異なる場合があります。 このリクエストが成功した場合、結果に生成された {FocusEvent} は、メソッドの引数として指定された原因値を受け取ります。

      このメソッドはフォーカス所有者にコンポーネントを設定するためには使用できません。 代わりにKeyboardFocusManager.clearGlobalFocusOwnerを使用します。

      このメソッドのフォーカス動作はプラットフォームに依存するため、開発者は、可能であればrequestFocusInWindowを使用することを強くお薦めします。

      この要求の結果として生成されるFocusEventに、指定された一時的な値が確実に割り当てられるようにするためにあらゆる努力が行われます。 ただし一部のネイティブ・ウィンドウ・システムでは、任意の一時的な状態の指定を実装できないため、このメソッドは軽量Componentに対してのみ正常に動作します。 このメソッドは一般的な用途向きではありませんが、Swingのような軽量コンポーネント・ライブラリ用のフックとして用意されています。

      ノート: このメソッドの呼出しによって、フォーカスの移動が必ず起こるわけではありません。 そのため、このメソッドやComponentのその他のrequestFocusメソッドが呼び出されなくても、コンポーネントがフォーカスを受信する可能性があります。

      パラメータ:
      temporary - ウィンドウがフォーカスを失った場合など、フォーカス変更が一時的である場合はtrue。一時的なフォーカス変更の詳細は、「フォーカスの仕様」を参照
      cause - フォーカスがリクエストされる理由
      戻り値:
      フォーカス変更要求が確実に失敗する場合はfalse。成功する可能性がある場合はtrue
      導入されたバージョン:
      9
      関連項目:
    • requestFocusInWindow

      public boolean requestFocusInWindow()
      このコンポーネントのトップ・レベルの祖先がフォーカスされている場合、コンポーネントが入力フォーカスを取得することを要求します。 この要求を許可するためには、このコンポーネントが可視、表示可能でフォーカス可能であることと、そのすべての祖先(トップレベル・ウィンドウは除く)が可視であることが必要です。 この要求を実行するために必要なすべての処理が行われますが、場合によっては不可能なこともあります。 開発者側では、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受け取るまでフォーカス所有者ではないことに注意する必要があります。

      このメソッドはboolean型の値を返します。 falseが返された場合、要求は確実に失敗します trueが返された場合は、要求が拒否されたり、ネイティブ・ウィンドウ・システムが要求を許可できるようになる前に、コンポーネントのピアの廃棄などの異常なイベントが発生したりしないかぎり、要求は成功します。 この場合も、trueの戻り値は要求が成功する可能性があることを示していますが、開発者は、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受信するまで、このコンポーネントがフォーカス所有者であると見なしてはいけません。

      このメソッドはフォーカス所有者にコンポーネントを設定するためには使用できません。 代わりにKeyboardFocusManager.clearGlobalFocusOwner()を使用します。

      このメソッドのフォーカス動作はプラットフォーム間で均一に実装できるため、開発者は、可能であればrequestFocusの代わりにこのメソッドを使用することを強くお薦めします。 requestFocusに依存するコードの場合は、プラットフォームによってフォーカス動作が異なることがあります。

      ノート: このメソッドの呼出しによって、フォーカスの移動が必ず起こるわけではありません。 そのため、このメソッドやComponentのその他のrequestFocusメソッドが呼び出されなくても、コンポーネントがフォーカスを受信する可能性があります。

      戻り値:
      フォーカス変更要求が確実に失敗する場合はfalse。成功する可能性がある場合はtrue
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • requestFocusInWindow

      public boolean requestFocusInWindow(FocusEvent.Cause cause)
      このコンポーネントのトップレベル祖先が既にフォーカスされている場合、causeの理由でこのコンポーネントが入力フォーカスを取得するようにリクエストします。 この要求を許可するためには、このコンポーネントが可視、表示可能でフォーカス可能であることと、そのすべての祖先(トップレベル・ウィンドウは除く)が可視であることが必要です。 この要求を実行するために必要なすべての処理が行われますが、場合によっては不可能なこともあります。 開発者側では、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受け取るまでフォーカス所有者ではないことに注意する必要があります。

      このメソッドはboolean型の値を返します。 falseが返された場合、要求は確実に失敗します trueが返された場合は、要求が拒否されたり、ネイティブ・ウィンドウ・システムが要求を許可できるようになる前に、コンポーネントのピアの廃棄などの異常なイベントが発生したりしないかぎり、要求は成功します。 この場合も、trueの戻り値は要求が成功する可能性があることを示していますが、開発者は、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受信するまで、このコンポーネントがフォーカス所有者であると見なしてはいけません。

      フォーカス・リクエスト・エフェクトは、提供された原因値によっても異なる場合があります。 このリクエストが成功した場合、結果に生成されたFocusEventは、メソッドの引数として指定された原因値を受け取ります。

      このメソッドはフォーカス所有者にコンポーネントを設定するためには使用できません。 代わりにKeyboardFocusManager.clearGlobalFocusOwner()を使用します。

      このメソッドのフォーカス動作は、プラットフォーム間で均一に実装できるため、開発者は可能であればrequestFocus(FocusEvent.Cause)よりもこのメソッドを使用することを強く推奨します。 requestFocus(FocusEvent.Cause)に依存するコードは、異なるプラットフォームで異なるフォーカス動作を示すことがあります。

      ノート: このメソッドの呼出しによって、フォーカスの移動が必ず起こるわけではありません。 そのため、このメソッドやComponentのその他のrequestFocusメソッドが呼び出されなくても、コンポーネントがフォーカスを受信する可能性があります。

      パラメータ:
      cause - フォーカスがリクエストされる理由
      戻り値:
      フォーカス変更要求が確実に失敗する場合はfalse。成功する可能性がある場合はtrue
      導入されたバージョン:
      9
      関連項目:
    • requestFocusInWindow

      protected boolean requestFocusInWindow(boolean temporary)
      このComponentのトップ・レベルの祖先がすでに、フォーカスされたWindowである場合は、このComponentが入力フォーカスを取得することを要求します。 この要求を許可するためには、このコンポーネントが可視、表示可能でフォーカス可能であることと、そのすべての祖先(トップレベル・ウィンドウは除く)が可視であることが必要です。 この要求を実行するために必要なすべての処理が行われますが、場合によっては不可能なこともあります。 開発者側では、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受け取るまでフォーカス所有者ではないことに注意する必要があります。

      このメソッドはboolean型の値を返します。 falseが返された場合、要求は確実に失敗します trueが返された場合は、要求が拒否されたり、ネイティブ・ウィンドウ・システムが要求を許可できるようになる前に、コンポーネントのピアの廃棄などの異常なイベントが発生したりしないかぎり、要求は成功します。 この場合も、trueの戻り値は要求が成功する可能性があることを示していますが、開発者は、このコンポーネントがFOCUS_GAINEDイベントを受信するまで、このコンポーネントがフォーカス所有者であると見なしてはいけません。

      このメソッドはフォーカス所有者にコンポーネントを設定するためには使用できません。 代わりにKeyboardFocusManager.clearGlobalFocusOwnerを使用します。

      このメソッドのフォーカス動作はプラットフォーム間で均一に実装できるため、開発者は、可能であればrequestFocusの代わりにこのメソッドを使用することを強くお薦めします。 requestFocusに依存するコードの場合は、プラットフォームによってフォーカス動作が異なることがあります。

      この要求の結果として生成されるFocusEventに、指定された一時的な値が確実に割り当てられるようにするためにあらゆる努力が行われます。 ただし一部のネイティブ・ウィンドウ・システムでは、任意の一時的な状態の指定を実装できないため、このメソッドは軽量コンポーネントに対してのみ正常に動作します。 このメソッドは一般的な用途向きではありませんが、Swingのような軽量コンポーネント・ライブラリ用のフックとして用意されています。

      ノート: このメソッドの呼出しによって、フォーカスの移動が必ず起こるわけではありません。 そのため、このメソッドやComponentのその他のrequestFocusメソッドが呼び出されなくても、コンポーネントがフォーカスを受信する可能性があります。

      パラメータ:
      temporary - ウィンドウがフォーカスを失った場合など、フォーカス変更が一時的である場合はtrue。一時的なフォーカス変更の詳細は、「フォーカスの仕様」を参照
      戻り値:
      フォーカス変更要求が確実に失敗する場合はfalse。成功する可能性がある場合はtrue
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getFocusCycleRootAncestor

      public Container getFocusCycleRootAncestor()
      このComponentのフォーカス・トラバーサル・サイクルのフォーカス・サイクル・ルートであるContainerを返します。 フォーカス・トラバーサル・サイクルはそれぞれ1つのフォーカス・サイクル・ルートを持ち、コンテナ以外の各コンポーネントは1つのフォーカス・トラバーサル・サイクルにだけ属します。 フォーカス・サイクル・ルートになっているコンテナは、それ自体がルートになっているフォーカス・サイクルと、その1つ祖先のフォーカス・サイクル・ルートが構成するフォーカス・サイクルの両方に属します。 このメソッドはこのようなコンテナに対して1つ祖先のフォーカス・サイクル・ルートを返します。
      戻り値:
      このコンポーネントの1つ祖先のフォーカス・サイクル・ルート
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • isFocusCycleRoot

      public boolean isFocusCycleRoot(Container container)
      指定されたコンテナが、このコンポーネントのフォーカス・トラバーサル・サイクルのフォーカス・サイクル・ルートであるかどうかを返します。 フォーカス・トラバーサル・サイクルはそれぞれ1つのフォーカス・サイクル・ルートを持ち、コンテナ以外の各コンポーネントは1つのフォーカス・トラバーサル・サイクルにだけ属します。
      パラメータ:
      container - テストされるContainer
      戻り値:
      指定されたコンテナがこのコンポーネントのフォーカス・サイクル・ルートの場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • transferFocus

      public void transferFocus()
      このコンポーネントがフォーカス所有者であるかのように、フォーカスを次のコンポーネントに転送します。
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • nextFocus

      @Deprecated public void nextFocus()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、transferFocus()に置き換えられています。
    • transferFocusBackward

      public void transferFocusBackward()
      このコンポーネントがフォーカス所有者であるかのように、フォーカスを前のコンポーネントに転送します。
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • transferFocusUpCycle

      public void transferFocusUpCycle()
      フォーカスを1フォーカス・トラバーサル・サイクルだけ上位に移動します。 通常、フォーカス所有者がこのコンポーネントのフォーカス・サイクル・ルートに設定され、現在のフォーカス・サイクル・ルートが新しいフォーカス所有者のフォーカス・サイクル・ルートに設定されます。 コンポーネントのフォーカス・サイクル・ルートがウィンドウの場合、フォーカス所有者はフォーカス・サイクル・ルートのデフォルト・フォーカス・コンポーネントに設定され、現在のフォーカス・サイクル・ルートは変更されません。
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • hasFocus

      public boolean hasFocus()
      このComponentがフォーカス所有者である場合はtrueを返します。 このメソッドは現在isFocusOwner()に置き換えられています。
      戻り値:
      このComponentがフォーカス所有者である場合はtrue、それ以外の場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.2
    • isFocusOwner

      public boolean isFocusOwner()
      このComponentがフォーカス所有者である場合はtrueを返します。
      戻り値:
      このComponentがフォーカス所有者である場合はtrue、それ以外の場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
    • add

      public void add(PopupMenu popup)
      指定されたポップアップ・メニューをコンポーネントに追加します。
      パラメータ:
      popup - コンポーネントに追加されるポップアップ・メニュー
      例外:
      NullPointerException - popupnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • remove

      public void remove(MenuComponent popup)
      指定されたポップアップ・メニューをコンポーネントから削除します。
      定義:
      remove、インタフェース: MenuContainer
      パラメータ:
      popup - 削除されるポップアップ・メニュー
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • paramString

      protected String paramString()
      このコンポーネントの状態を表す文字列を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
      戻り値:
      このコンポーネントの状態の文字列表現
      導入されたバージョン:
      1.0
    • toString

      public String toString()
      このコンポーネントおよびその値の文字列表現を返します。
      オーバーライド:
      toString 、クラス:  Object
      戻り値:
      このコンポーネントの文字列表現
      導入されたバージョン:
      1.0
    • list

      public void list()
      このコンポーネントの一覧を標準のシステム出力ストリームSystem.outに出力します。
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • list

      public void list(PrintStream out)
      指定された出力ストリームにこのコンポーネントの一覧を出力します。
      パラメータ:
      out - 出力ストリーム
      例外:
      NullPointerException - outnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.0
    • list

      public void list(PrintStream out, int indent)
      指定されたインデント位置から、指定された出力ストリームに一覧を出力します。
      パラメータ:
      out - 出力ストリーム
      indent - インデントされるスペースの数
      例外:
      NullPointerException - outnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • list

      public void list(PrintWriter out)
      指定されたプリント・ライターに一覧を出力します。
      パラメータ:
      out - 出力先のプリント・ライター
      例外:
      NullPointerException - outnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.1
    • list

      public void list(PrintWriter out, int indent)
      指定されたインデント位置から、指定されたプリント・ライターに一覧を出力します。
      パラメータ:
      out - 出力先のプリント・ライター
      indent - インデントするスペースの数
      例外:
      NullPointerException - outnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • addPropertyChangeListener

      public void addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener listener)
      PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。 このリスナーは、次のような、このクラスのすべてのバウンド・プロパティに登録されます。
      • このコンポーネントのフォント("font")
      • このコンポーネントのバックグラウンド・カラー("background")
      • このコンポーネントのフォアグラウンド・カラー("foreground")
      • このコンポーネントのフォーカス可能性("focusable")
      • このコンポーネントのフォーカス・トラバーサル・キーの(有効かどうかの)状態("focusTraversalKeysEnabled")
      • このコンポーネントのFORWARD_TRAVERSAL_KEYSのセット("forwardFocusTraversalKeys")
      • このコンポーネントのBACKWARD_TRAVERSAL_KEYSのセット("backwardFocusTraversalKeys")
      • このコンポーネントのUP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのセット("upCycleFocusTraversalKeys")
      • このコンポーネントの推奨サイズ("preferredSize")
      • このコンポーネントの最小サイズ("minimumSize")
      • このコンポーネントの最大サイズ("maximumSize")
      • このコンポーネントの名前("name")
      このComponentがバウンド・プロパティを継承している場合は、継承されたプロパティの変更に応答してイベントがトリガーされることはありません。

      listenernullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      パラメータ:
      listener - 追加されるプロパティ変更リスナー
      関連項目:
    • removePropertyChangeListener

      public void removePropertyChangeListener(PropertyChangeListener listener)
      PropertyChangeListenerをリスナー・リストから削除します。 このメソッドはこのクラスのすべてのバウンド・プロパティに登録されているPropertyChangeListenerの削除に使用するようにしてください。

      listenerがnullの場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      パラメータ:
      listener - 削除されるPropertyChangeListener
      関連項目:
    • getPropertyChangeListeners

      public PropertyChangeListener[] getPropertyChangeListeners()
      このコンポーネントに登録されているすべてのプロパティ変更リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンポーネントのすべてのPropertyChangeListener。または現在プロパティ変更リスナーが登録されていない場合は空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addPropertyChangeListener

      public void addPropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
      特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。 指定されたプロパティはユーザー定義の場合か、または次のいずれかです。
      • このコンポーネントのフォント("font")
      • このコンポーネントのバックグラウンド・カラー("background")
      • このコンポーネントのフォアグラウンド・カラー("foreground")
      • このコンポーネントのフォーカス可能性("focusable")
      • このコンポーネントのフォーカス・トラバーサル・キーの(有効かどうかの)状態("focusTraversalKeysEnabled")
      • このコンポーネントのFORWARD_TRAVERSAL_KEYSのセット("forwardFocusTraversalKeys")
      • このコンポーネントのBACKWARD_TRAVERSAL_KEYSのセット("backwardFocusTraversalKeys")
      • このコンポーネントのUP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのセット("upCycleFocusTraversalKeys")
      このComponentがバウンド・プロパティを継承している場合は、継承されたプロパティの変更に応答してイベントがトリガーされることはありません。

      propertyNameまたはlistenernullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      パラメータ:
      propertyName - 上記のプロパティ名のいずれか
      listener - 追加されるプロパティ変更リスナー
      関連項目:
    • removePropertyChangeListener

      public void removePropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
      特定のプロパティのリスナー・リストからPropertyChangeListenerを削除します。 このメソッドは特定のバウンド・プロパティに登録されたPropertyChangeListenerを削除するために使用するようにしてください。

      propertyNameまたはlistenernullである場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      パラメータ:
      propertyName - 有効なプロパティ名
      listener - 削除されるPropertyChangeListener
      関連項目:
    • getPropertyChangeListeners

      public PropertyChangeListener[] getPropertyChangeListeners(String propertyName)
      指定されたプロパティに関連付けられているすべてのリスナーの配列を返します。
      パラメータ:
      propertyName - プロパティ名
      戻り値:
      指定されたプロパティに関連付けられたすべてのPropertyChangeListener。そのようなリスナーが追加されていないか、またはpropertyNamenullの場合は、空の配列が返される
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • firePropertyChange

      protected void firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
      Objectプロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。 このメソッドは、バウンド・プロパティが変更されたときに呼び出され、登録されているすべてのPropertyChangeListenerに、対応するPropertyChangeEventを送ります。
      パラメータ:
      propertyName - 値が変更されたプロパティ
      oldValue - プロパティの以前の値
      newValue - プロパティの新しい値
    • firePropertyChange

      protected void firePropertyChange(String propertyName, boolean oldValue, boolean newValue)
      boolean型プロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。 このメソッドは、バウンド・プロパティが変更されたときに呼び出され、登録されているすべてのPropertyChangeListenerに、対応するPropertyChangeEventを送ります。
      パラメータ:
      propertyName - 値が変更されたプロパティ
      oldValue - プロパティの以前の値
      newValue - プロパティの新しい値
      導入されたバージョン:
      1.4
    • firePropertyChange

      protected void firePropertyChange(String propertyName, int oldValue, int newValue)
      整数型プロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。 このメソッドは、バウンド・プロパティが変更されたときに呼び出され、登録されているすべてのPropertyChangeListenerに、対応するPropertyChangeEventを送ります。
      パラメータ:
      propertyName - 値が変更されたプロパティ
      oldValue - プロパティの以前の値
      newValue - プロパティの新しい値
      導入されたバージョン:
      1.4
    • firePropertyChange

      public void firePropertyChange(String propertyName, byte oldValue, byte newValue)
      バウンド・プロパティの変更を通知します。
      パラメータ:
      propertyName - 変更されたプロパティのプログラム名
      oldValue - プロパティの古い値(byteとして)
      newValue - プロパティの新しい値(byteとして)
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • firePropertyChange

      public void firePropertyChange(String propertyName, char oldValue, char newValue)
      バウンド・プロパティの変更を通知します。
      パラメータ:
      propertyName - 変更されたプロパティのプログラム名
      oldValue - プロパティの変更前の値(charとして)
      newValue - プロパティの変更後の値(charとして)
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • firePropertyChange

      public void firePropertyChange(String propertyName, short oldValue, short newValue)
      バウンド・プロパティの変更を通知します。
      パラメータ:
      propertyName - 変更されたプロパティのプログラム名
      oldValue - プロパティの古い値(shortとして)
      newValue - プロパティ(短いものとして)の新しい値
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • firePropertyChange

      public void firePropertyChange(String propertyName, long oldValue, long newValue)
      バウンド・プロパティの変更を通知します。
      パラメータ:
      propertyName - 変更されたプロパティのプログラム名
      oldValue - プロパティの古い値(longとして)
      newValue - プロパティの新しい値(longとして)
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • firePropertyChange

      public void firePropertyChange(String propertyName, float oldValue, float newValue)
      バウンド・プロパティの変更を通知します。
      パラメータ:
      propertyName - 変更されたプロパティのプログラム名
      oldValue - プロパティの古い値(floatとして)
      newValue - プロパティの新しい値(floatとして)
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • firePropertyChange

      public void firePropertyChange(String propertyName, double oldValue, double newValue)
      バウンド・プロパティの変更を通知します。
      パラメータ:
      propertyName - 変更されたプロパティのプログラム名
      oldValue - プロパティの古い値(doubleとして)
      newValue - プロパティの新しい値(doubleとして)
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • setComponentOrientation

      public void setComponentOrientation(ComponentOrientation o)
      このコンポーネント内の要素またはテキストを整列するために使用する、言語に依存する方向を設定します。 言語に依存するLayoutManagerサブクラスおよびComponentサブクラスはこのプロパティを使用してコンポーネントの配置方法および描画方法を決めます。

      構築時には、コンポーネントの方向は、明示的に指定されていないことを示すComponentOrientation.UNKNOWNに設定されます。 UNKNOWNの方向の動作はComponentOrientation.LEFT_TO_RIGHTと同じです。

      単一コンポーネントの方向を設定する場合は、このメソッドを使用します。 コンポーネント階層全体の方向を設定する場合は、applyComponentOrientationを使用します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      o - 設定する方向
      関連項目:
    • getComponentOrientation

      public ComponentOrientation getComponentOrientation()
      このコンポーネント内の要素またはテキストを整列するために使用する、言語に依存する方向を取得します。 LayoutManagerおよびComponentのサブクラスでは、方向を尊重しようとする場合、配置または描画を実行する前にこのメソッドを呼び出してコンポーネントの方向を取得するようにしてください。
      戻り値:
      要素またはテキストを順序付ける方向
      関連項目:
    • applyComponentOrientation

      public void applyComponentOrientation(ComponentOrientation orientation)
      このコンポーネントと、その中に含まれているすべてのコンポーネントのComponentOrientationプロパティを設定します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      orientation - このコンポーネントとそれに含まれるコンポーネントの、新しいコンポーネント方向
      例外:
      NullPointerException - orientationがnullである場合。
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getAccessibleContext

      public AccessibleContext getAccessibleContext()
      このComponentに関連付けられているAccessibleContextを取得します。 この基底クラスによるメソッド実装ではnullが返されます。 Componentを拡張するクラスは、サブクラスに関連付けられたAccessibleContextを返すために、このメソッドを実装します。
      戻り値:
      このComponentAccessibleContext
      導入されたバージョン:
      1.3
    • setMixingCutoutShape

      public void setMixingCutoutShape(Shape shape)
      この軽量コンポーネントの'mixing-cutout'シェイプを設定します。 このメソッドは、ヘビーウエイト/コンポーネント・ミキシング機能のためにのみ使用され、重量コンポーネントに適用されても効果はありません。 デフォルトでは、Lightweightコンポーネントは、Heavyweight/Lightweight Components Mixing機能の目的で、不透明な矩形として扱われます。 このメソッドを使用すると、開発者は、軽量コンポーネントの下に配置された重量コンポーネントをzオーダーで切り取る任意のシェイプを設定できます。

      shape引数の値は次のとおりです:

      • null - デフォルトの切り抜きシェイプを元に戻す(コンポーネントgetBounds()に等しい矩形)
      • empty-shape - 重量のあるコンポーネントから何も切り取っていません。 これにより、この軽量コンポーネントが効果的に透過的になります。 軽量コンポーネントの子孫は依然として重量コンポーネントのシェイプに影響します。 empty-shapeの例はnew Rectangle()です。
      • non-empty-shape - 指定されたシェイプは重いコンポーネントから切り取られます。

      'mixing-cutout'シェイプが必要な場合の最も一般的な例は、グラス・ペイン・コンポーネントです。 JRootPane.setGlassPane(java.awt.Component)メソッドは、指定されたグラス・ペイン・コンポーネントの'mixing-cutout'シェイプとしてempty-shapeを自動的に設定します。 開発者がグラス・ペインの他の'mixing-cutout'シェイプを必要とする場合(まれですが)は、グラス・ペインをルート・ペインにインストールした後で手動で変更する必要があります。

      パラメータ:
      shape - 新しい'mixing-cutout'シェイプ
      導入されたバージョン:
      9