モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスContainer

すべての実装されたインタフェース:
ImageObserver, MenuContainer, Serializable
直系の既知のサブクラス:
BasicSplitPaneDivider, CellRendererPane, DefaultTreeCellEditor.EditorContainer, JComponent, Panel, ScrollPane, Window

public class Container extends Component
ジェネリックAbstract Window Toolkit (AWT)コンテナ・オブジェクトは、ほかのAWTコンポーネントを含むことができるコンポーネントです。

コンテナに追加されるコンポーネントはリスト内で追跡されます。 リストの順番は、コンテナ中の前面から後面へコンポーネントがスタックされる順番を表します。 コンテナにコンポーネントを追加するときにインデックスが指定されないと、リストの最後尾に追加され、最後尾にスタックされます。

ノート: フォーカス・サブシステムの詳細については、「The Java Tutorial」のセクション「How to Use the Focus Subsystem」、および「フォーカスの仕様」を参照してください。

導入されたバージョン:
1.0
関連項目:
  • コンストラクタの詳細

    • コンテナ

      public Container()
      新しいコンテナを構築します。 コンテナは直接拡張できますが、この場合は軽量であり、コンポーネント・ツリーの上位でネイティブな親コンテナに含まれなければいけません。(たとえばFrame)。
  • メソッドの詳細

    • getComponentCount

      public int getComponentCount()
      このパネル内のコンポーネントの数を取得します。

      ノート: このメソッドは、AWTツリー・ロックの下で呼び出すようにしてください。

      戻り値:
      このパネルのコンポーネント数
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • countComponents

      @Deprecated public int countComponents()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getComponentCount()に置き換えられています。
      このコンテナ内のコンポーネントの数を返します。
      戻り値:
      このコンテナ内のコンポーネントの数
    • getComponent

      public Component getComponent(int n)
      コンテナ内のn番目のコンポーネントを取得します。

      ノート: このメソッドは、AWTツリー・ロックの下で呼び出すようにしてください。

      パラメータ:
      n - 取得するコンポーネントのインデックス
      戻り値:
      このコンテナ内のn番目のコンポーネント
      例外:
      ArrayIndexOutOfBoundsException - n番目の値がない場合
      関連項目:
    • getComponents

      public Component[] getComponents()
      コンテナ内のすべてのコンポーネントを取得します。

      ノート: このメソッドは、AWTツリー・ロックの下で呼び出すようにしてください。

      戻り値:
      このコンテナ内のすべてのコンポーネントの配列
      関連項目:
    • getInsets

      public Insets getInsets()
      コンテナの境界のサイズを示す、このコンテナのイン・セットを判定します。

      たとえば、Frameオブジェクトは、フレームのタイトル・バーの高さに対応する上イン・セットを持ちます。

      戻り値:
      このコンテナのイン・セット。
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • insets

      @Deprecated public Insets insets()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getInsets()に置き換えられています。
      このコンテナのインセットを返します。
      戻り値:
      このコンテナのインセット
    • add

      public Component add(Component comp)
      指定されたコンポーネントをこのコンテナの最後に追加します。 これはaddImpl(java.awt.Component, java.lang.Object, int)の簡易メソッドです。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。 コンテナがすでに表示されている場合は、追加されたコンポーネントを表示するために、あとで階層を検証する必要があります。

      パラメータ:
      comp - 追加されるコンポーネント
      戻り値:
      コンポーネント引数
      例外:
      NullPointerException - compnullの場合
      関連項目:
    • add

      public Component add(String name, Component comp)
      指定されたコンポーネントをこのコンテナに追加します。 これはaddImpl(java.awt.Component, java.lang.Object, int)の簡易メソッドです。

      このメソッドは1.1から非推奨です。 代わりにadd(Component, Object)メソッドを使用してください。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。 コンテナがすでに表示されている場合は、追加されたコンポーネントを表示するために、あとで階層を検証する必要があります。

      パラメータ:
      name - 追加されるコンポーネントの名前
      comp - 追加されるコンポーネント
      戻り値:
      追加されたコンポーネント
      例外:
      NullPointerException - compnullの場合
      関連項目:
    • add

      public Component add(Component comp, int index)
      指定されたコンポーネントを、このコンテナの指定された位置に追加します。 これはaddImpl(java.awt.Component, java.lang.Object, int)の簡易メソッドです。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。 コンテナがすでに表示されている場合は、追加されたコンポーネントを表示するために、あとで階層を検証する必要があります。

      パラメータ:
      comp - 追加されるコンポーネント
      index - コンポーネントを挿入する位置。コンポーネントを末尾に挿入する場合は-1
      戻り値:
      コンポーネントcomp
      例外:
      NullPointerException - compnullの場合
      IllegalArgumentException - indexが無効である場合(詳細はaddImpl(java.awt.Component, java.lang.Object, int)を参照してください)
      関連項目:
    • setComponentZOrder

      public void setComponentZOrder(Component comp, int index)
      指定されたコンポーネントを、コンテナの指定されたZ軸順のインデックスに移動します。 Z軸順によって、コンポーネントがペイントされる順番が決まります。Z軸順が最高のコンポーネントが最初にペイントされ、Z軸順が最低のコンポーネントが最後にペイントされます。 コンポーネントがオーバーラップされる場合、Z軸順の低いコンポーネントがZ軸順の高いコンポーネントの上にペイントされます。

      コンポーネントがほかのコンテナの子である場合、このコンテナに追加される前にそのコンテナから削除されます。 このメソッドとjava.awt.Container.add(Component, int)の違いは、前のコンテナから削除される際に、必要でないかぎり、またベースとなるネィティブ・ウィンドウ・システムによって許可されているかぎり、このメソッドがコンポーネントに対してremoveNotifyを呼び出さないことです。 このように、コンポーネントにキーボード・フォーカスがある場合、そのコンポーネントが新しい位置に移動されてもフォーカスを維持します。

      このプロパティは軽量のContainer以外のコンポーネントのみに適用されます。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      ノート: removeNotifyを呼び出さずに、別のコンテナへの重量コンポーネントのZ軸順の変更をサポートしていないプラットフォームもあります。 プラットフォームでこれがサポートされているかどうかを判断する方法はないため、開発者は推測しないようにしてください。

      パラメータ:
      comp - 移動されるコンポーネント
      index - コンポーネントを挿入するコンテナのリスト内での位置。getComponentCount()は末尾に挿入することを意味する
      例外:
      NullPointerException - compnullの場合
      IllegalArgumentException - compがコンテナの親のいずれかである場合
      IllegalArgumentException - コンテナ間の移動で、index[0, getComponentCount()]の範囲にない場合、またはコンテナ内の移動で[0, getComponentCount()-1]の範囲にない場合
      IllegalArgumentException - コンテナをそのコンテナ自体に追加しようとしている場合
      IllegalArgumentException - Windowをコンテナに追加しようとしている場合
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • getComponentZOrder

      public int getComponentZOrder(Component comp)
      コンテナ内のコンポーネントのZ軸順インデックスを返します。 Z軸順階層が高いコンポーネントほど、そのインデックスは低くなります。 Z軸順インデックスが最低のコンポーネントがほかの子コンポーネントの最後にペイントされます。
      パラメータ:
      comp - 照会されるコンポーネント
      戻り値:
      コンポーネントのZ軸順インデックス。コンポーネントがnullまたはコンテナに属さない場合は -1を返す
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • add

      public void add(Component comp, Object constraints)
      指定されたコンポーネントをこのコンテナの末尾に追加します。 また、指定された制約オブジェクトを使用して、このコンテナのレイアウトにコンポーネントを追加することをレイアウト・マネージャに通知します。 これはaddImpl(java.awt.Component, java.lang.Object, int)の簡易メソッドです。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。 コンテナがすでに表示されている場合は、追加されたコンポーネントを表示するために、あとで階層を検証する必要があります。

      パラメータ:
      comp - 追加されるコンポーネント
      constraints - このコンポーネントのレイアウト制約を表現するオブジェクト
      例外:
      NullPointerException - compnullの場合
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • add

      public void add(Component comp, Object constraints, int index)
      指定されたコンポーネントを、指定されたインデックスと指定された制約で、コンテナへ追加します。 また、指定された制約オブジェクトを使用して、このコンテナのレイアウトにコンポーネントを追加することをレイアウト・マネージャに通知します。 これはaddImpl(java.awt.Component, java.lang.Object, int)の簡易メソッドです。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。 コンテナがすでに表示されている場合は、追加されたコンポーネントを表示するために、あとで階層を検証する必要があります。

      パラメータ:
      comp - 追加されるコンポーネント
      constraints - これのレイアウト制約を表現するオブジェクト
      index - コンポーネントを挿入するコンテナのリスト内の位置。-1は最後に挿入することを意味する
      例外:
      NullPointerException - compnullの場合
      IllegalArgumentException - indexが無効である場合(詳細はaddImpl(java.awt.Component, java.lang.Object, int)を参照してください)
      関連項目:
    • addImpl

      protected void addImpl(Component comp, Object constraints, int index)
      指定されたコンポーネントを、指定されたインデックスで、コンテナへ追加します。 また、このメソッドは、addLayoutComponentメソッドを使用して、指定された制約オブジェクトを使ってこのコンテナのレイアウトにコンポーネントを追加することをレイアウト・マネージャに通知します。

      制約は、使用されているレイアウト・マネージャで定義されます。 たとえばBorderLayoutクラスは、BorderLayout.NORTHBorderLayout.SOUTHBorderLayout.EASTBorderLayout.WEST、およびBorderLayout.CENTERの5つの制約を定義します。

      GridBagLayoutクラスにはGridBagConstraintsオブジェクトが必要です。 正しい型の制約オブジェクトを渡さないと、IllegalArgumentExceptionが発生します。

      現在のレイアウト・マネージャがLayoutManager2を実装する場合は、LayoutManager2.addLayoutComponent(Component,Object)が呼び出されます。 現在のレイアウト・マネージャがLayoutManager2を実装せず、制約がStringの場合は、LayoutManager.addLayoutComponent(String,Component)が呼び出されます。

      コンポーネントがこのコンテナの祖先ではなく、nullでない親を持つ場合は、このコンテナに追加される前に現在の親から削除されます。

      これは、プログラムがコンテナへのすべての追加要求を追跡する必要がある場合にオーバーライドするメソッドです。他のすべての追加メソッドはこれに従います。 オーバーライドするメソッドには、通常、メソッドのスーパークラス・バージョンへの呼出しを含めるようにしてください。

      super.addImpl(comp, constraints, index)

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。 コンテナがすでに表示されている場合は、追加されたコンポーネントを表示するために、あとで階層を検証する必要があります。

      パラメータ:
      comp - 追加されるコンポーネント
      constraints - このコンポーネントのレイアウト制約を表現するオブジェクト
      index - コンポーネントを挿入するコンテナのリスト内での位置。-1は最後に挿入することを意味する
      例外:
      IllegalArgumentException - indexが無効な場合。compがこのコンテナの子であれば、有効な範囲は[-1, getComponentCount()-1]。コンポーネントがこのコンテナの子でなければ、有効な範囲は[-1, getComponentCount()]
      IllegalArgumentException - compがこのコンテナの祖先の場合
      IllegalArgumentException - ウィンドウをコンテナに追加しようとしている場合
      NullPointerException - compnullの場合
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • remove

      public void remove(int index)
      このコンテナから、indexによって指定されたコンポーネントを削除します。 このメソッドはまた、removeLayoutComponentメソッドを使用してこのコンテナのレイアウトからコンポーネントを削除するために、レイアウト・マネージャにも通知します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。 コンテナがすでに表示されている場合は、変更を反映するために、あとで階層を検証する必要があります。

      パラメータ:
      index - 削除されるコンポーネントのインデックス
      例外:
      ArrayIndexOutOfBoundsException - index[0, getComponentCount()-1]の範囲内にない場合
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • remove

      public void remove(Component comp)
      このコンテナから、指定されたコンポーネントを削除します。 このメソッドはまた、removeLayoutComponentメソッドを使用してこのコンテナのレイアウトからコンポーネントを削除するために、レイアウト・マネージャにも通知します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。 コンテナがすでに表示されている場合は、変更を反映するために、あとで階層を検証する必要があります。

      パラメータ:
      comp - 削除されるコンポーネント
      例外:
      NullPointerException - compnullの場合
      関連項目:
    • removeAll

      public void removeAll()
      このコンテナからすべてのコンポーネントを削除します。 このメソッドはまた、removeLayoutComponentメソッドを使用してこのコンテナのレイアウトからコンポーネントを削除するために、レイアウト・マネージャにも通知します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。 コンテナがすでに表示されている場合は、変更を反映するために、あとで階層を検証する必要があります。

      関連項目:
    • getLayout

      public LayoutManager getLayout()
      このコンテナのレイアウト・マネージャを取得します。
      戻り値:
      このコンテナの現在のレイアウト・マネージャ
      関連項目:
    • setLayout

      public void setLayout(LayoutManager mgr)
      このコンテナのレイアウト・マネージャを設定します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      パラメータ:
      mgr - 指定されたレイアウト・マネージャ
      関連項目:
    • doLayout

      public void doLayout()
      このコンテナによってコンポーネントが配置されます。 ほとんどのプログラムは、このメソッドを直接呼び出すのではなく、validateメソッドを呼び出すようにしてください。
      オーバーライド:
      doLayout、クラス: Component
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • layout

      @Deprecated public void layout()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、doLayout()に置き換えられています。
      オーバーライド:
      layout、クラス: Component
    • isValidateRoot

      public boolean isValidateRoot()
      このコンテナが有効なルートであるかどうかを示します。

      レイアウトに関連する変更(有効なルートの子孫の境界など)は、有効なルートの親のレイアウトには影響を与えません。 この特殊性により、invalidate()メソッドは、有効なルートを検出した時点でコンポーネント階層の無効化を停止できます。 ただし、下位互換性を保つために、java.awt.smartInvalidateシステム・プロパティの値がtrueに設定されている場合にかぎり、この最適化された新しい動作が使用可能になります。

      コンポーネント階層内に有効なルートがあり、最適化された新しいinvalidate()動作が使用可能な場合、あとで階層の有効性を復元するには、すでに無効化されているコンポーネントの有効なルートに対してvalidate()メソッドを呼び出す必要があります。 それ以外の場合、コンポーネント階層の有効性を復元するには、トップ・レベルのコンテナ(Frameオブジェクトなど)に対してvalidate()メソッドを呼び出す必要があります。

      WindowクラスとAppletクラスはAWTの有効なルートです。 Swingではより多くの有効なルートが導入されます。

      戻り値:
      このコンテナが有効なルートであるかどうか
      導入されたバージョン:
      1.7
      関連項目:
    • invalidate

      public void invalidate()
      コンテナを無効にします。

      このコンテナにインストールされているLayoutManagerLayoutManager2インタフェースのインスタンスである場合は、このContainerを引数としてLayoutManager2.invalidateLayout(Container)メソッドが呼び出されます。

      その後、このメソッドはこのコンテナを無効とマークし、その祖先を無効化します。 詳細は、Component.invalidate()メソッドを参照してください。

      オーバーライド:
      invalidate、クラス: Component
      関連項目:
    • validate

      public void validate()
      このコンテナおよびすべてのサブコンポーネントを検証します。

      コンテナの検証とは、そのサブコンポーネントを配置することを意味します。 レイアウトに関連する変更(コンポーネントの境界の設定、コンテナへのコンポーネントの追加など)により、コンテナは自動的に無効化されます。 コンテナの祖先も無効化される場合があります(詳細は、Component.invalidate()を参照してください)。 したがって、階層の有効性を復元するには、階層内で無効になっているもっとも上位のコンテナに対して validate()メソッドを呼び出すようにしてください。

      コンテナの検証にはかなり時間がかかる場合があります。 パフォーマンス上の理由から、開発者はレイアウトに関連する一連の操作が完了するまで、たとえば、コンテナにすべての子を追加し終わるまで、階層の検証を延期できます。

      このContainerが有効でない場合、このメソッドはvalidateTreeメソッドを呼び出し、このContainerを有効としてマークします。 そうしないとアクションは実行されません。

      オーバーライド:
      validate、クラス: Component
      関連項目:
    • validateTree

      protected void validateTree()
      コンテナ・ツリーを再帰的に下位までたどり、必要であるとマークされたすべてのサブツリー、そして無効とマークされたすべてのサブツリーのレイアウトを再計算します。 同期化は、このvalidateを呼び出すメソッドによって提供するようにしてください。
      関連項目:
    • setFont

      public void setFont(Font f)
      このコンテナのフォントを設定します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      オーバーライド:
      setFont、クラス: Component
      パラメータ:
      f - このコンテナのフォントとして設定するフォント
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • getPreferredSize

      public Dimension getPreferredSize()
      このコンテナの推奨サイズを返します。 推奨サイズがComponent.setPreferredSize(Dimension)によって明示的に設定されていない場合で、このContainernon-null LayoutManagerがあるときは、LayoutManager.preferredLayoutSize(Container)を使用して推奨サイズが計算されます。

      ノート: 実装によっては、LayoutManagerから返された値がキャッシュされることがあります。 キャッシュする実装では、このメソッドが呼び出されるたびにLayoutManagerpreferredLayoutSizeを呼び出す必要はなく、Containerが無効になったあとにだけLayoutManagerが照会されます。

      オーバーライド:
      getPreferredSize、クラス: Component
      戻り値:
      このコンテナの推奨サイズを表すDimensionのインスタンス。
      関連項目:
    • preferredSize

      @Deprecated public Dimension preferredSize()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getPreferredSize()に置き換えられています。
      次のクラスからコピーされた説明: Component
      コンポーネントの優先サイズを返します。
      オーバーライド:
      preferredSize、クラス: Component
      戻り値:
      コンポーネントの優先サイズ
    • getMinimumSize

      public Dimension getMinimumSize()
      このコンテナの最小サイズを返します。 最小サイズがComponent.setMinimumSize(Dimension)によって明示的に設定されていない場合で、このContainernon-null LayoutManagerがあるときは、LayoutManager.minimumLayoutSize(Container)を使用して最小サイズが計算されます。

      ノート: 実装によっては、LayoutManagerから返された値がキャッシュされることがあります。 キャッシュする実装では、このメソッドが呼び出されるたびにLayoutManagerminimumLayoutSizeを呼び出す必要はなく、Containerが無効になったあとにだけLayoutManagerが照会されます。

      オーバーライド:
      getMinimumSize、クラス: Component
      戻り値:
      このコンテナの最小サイズを表すDimensionのインスタンス。
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • minimumSize

      @Deprecated public Dimension minimumSize()
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getMinimumSize()に置き換えられています。
      次のクラスからコピーされた説明: Component
      このコンポーネントの最小サイズを返します。
      オーバーライド:
      minimumSize、クラス: Component
      戻り値:
      このコンポーネントの最小サイズ
    • getMaximumSize

      public Dimension getMaximumSize()
      このコンテナの最大サイズを返します。 最大サイズがComponent.setMaximumSize(Dimension)によって明示的に設定されていない場合で、このContainerにインストールされているLayoutManagerLayoutManager2のインスタンスであるときは、LayoutManager2.maximumLayoutSize(Container)を使用して最大サイズが計算されます。

      ノート: 実装によっては、LayoutManager2から返された値がキャッシュされることがあります。 キャッシュする実装では、このメソッドが呼び出されるたびにLayoutManager2maximumLayoutSizeを呼び出す必要はなく、Containerが無効になったあとにだけLayoutManager2が照会されます。

      オーバーライド:
      getMaximumSize、クラス: Component
      戻り値:
      このコンテナの最大サイズを表すDimensionのインスタンス
      関連項目:
    • getAlignmentX

      public float getAlignmentX()
      x軸方向の配置を返します。 これは、ほかのコンポーネントを基準にこのコンポーネントをどのように配置するかを指定します。 この値は0から1の間の数値であるはずです(0は原点に沿った配置を表し、1は原点からもっとも遠いところに、0.5は中央に配置されます)。
      オーバーライド:
      getAlignmentX、クラス: Component
      戻り値:
      このコンポーネントの水平方向の整列
    • getAlignmentY

      public float getAlignmentY()
      y軸方向の配置を返します。 これは、ほかのコンポーネントを基準にこのコンポーネントをどのように配置するかを指定します。 この値は0から1の間の数値であるはずです(0は原点に沿った配置を表し、1は原点からもっとも遠いところに、0.5は中央に配置されます)。
      オーバーライド:
      getAlignmentY、クラス: Component
      戻り値:
      このコンポーネントの垂直方向の整列
    • paint

      public void paint(Graphics g)
      コンテナをペイントします。 このコンテナの子コンポーネントである軽量コンポーネントにペイントを転送します。 このメソッドが再実装される場合、軽量コンポーネントが正しくレンダリングされるようにsuper.paint(g)を呼び出すようにしてください。 子コンポーネントがgの現在のクリッピング設定によって完全にクリップされている場合、paint()はその子に転送されません。
      オーバーライド:
      paint、クラス: Component
      パラメータ:
      g - 指定されたGraphicsウィンドウ
      関連項目:
    • update

      public void update(Graphics g)
      コンテナを更新します。 このメソッドは、このコンテナの子である軽量コンポーネントに更新を転送します。 このメソッドが再実装される場合、軽量コンポーネントが適切に描画されるようにsuper.update(g)を呼び出すようにしてください。 子コンポーネントがgの現在のクリッピング設定によって全体的にクリップされる場合、update()はその子には転送されません。
      オーバーライド:
      update、クラス: Component
      パラメータ:
      g - 指定されたGraphicsウィンドウ
      関連項目:
    • print

      public void print(Graphics g)
      コンテナを出力します。 このメソッドは、このコンテナの子である軽量コンポーネントに出力を転送します。 このメソッドが再実装された場合、super.print(g)を呼び出して軽量コンポーネントを適切に描画する必要があります。このメソッドが再実装される場合、軽量コンポーネントが適切に描画されるようにsuper.print(g)を呼び出すようにしてください。 子コンポーネントがgの現在のクリッピング設定によって全体的にクリップされる場合、print()はその子には転送されません。
      オーバーライド:
      print、クラス: Component
      パラメータ:
      g - 指定されたGraphicsウィンドウ
      関連項目:
    • paintComponents

      public void paintComponents(Graphics g)
      このコンテナ内の各コンポーネントをペイントします。
      パラメータ:
      g - グラフィックス・コンテキスト。
      関連項目:
    • printComponents

      public void printComponents(Graphics g)
      このコンテナ内の各コンポーネントを出力します。
      パラメータ:
      g - グラフィックス・コンテキスト。
      関連項目:
    • addContainerListener

      public void addContainerListener(ContainerListener l)
      このコンテナからのコンテナ・イベントを受け取れるように、指定されたコンテナ・リスナーを追加します。 lがnullの場合、例外はスローされず、処理も実行されません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - コンテナ・リスナー
      関連項目:
    • removeContainerListener

      public void removeContainerListener(ContainerListener l)
      このコンテナからのコンテナ・イベントを受け取らないように、指定されたコンテナ・リスナーを削除します。 lがnullの場合、例外はスローされず、処理も実行されません。

      AWTスレッド・モデルの詳細は、「AWTのスレッドの問題」を参照してください。

      パラメータ:
      l - コンテナ・リスナー
      関連項目:
    • getContainerListeners

      public ContainerListener[] getContainerListeners()
      このコンテナに登録されているすべてのコンテナ・リスナーの配列を返します。
      戻り値:
      このコンテナのすべてのContainerListener。コンテナ・リスナーが現在登録されていない場合は、空の配列
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getListeners

      public <T extends EventListener> T[] getListeners(Class<T> listenerType)
      このContainerFooListenerとして現在登録されているすべてのオブジェクトの配列を返します。 FooListenerは、addFooListenerメソッドを使用して登録されます。

      FooListener.classなどのクラス・リテラルを使用してlistenerType引数を指定できます。 たとえば、次のコードを使用して、Container cのコンテナ・リスナーを照会できます。

      ContainerListener[] cls = (ContainerListener[])(c.getListeners(ContainerListener.class));
      このようなリスナーがない場合は空の配列を返します。

      オーバーライド:
      getListeners、クラス: Component
      型パラメータ:
      T - リスナーの型
      パラメータ:
      listenerType - 要求されるリスナーの型。次の下位インタフェースを指定: java.util.EventListener
      戻り値:
      このコンテナ上でFooListenerとして登録されたすべてのオブジェクトの配列、またはこのようなリスナーが追加されていない場合は空の配列
      例外:
      ClassCastException - listenerTypeで、java.util.EventListenerを実装するクラスまたはインタフェースが指定されなかった場合
      NullPointerException - listenerTypenullである場合
      導入されたバージョン:
      1.3
      関連項目:
    • processEvent

      protected void processEvent(AWTEvent e)
      このコンテナのイベントを処理します。 イベントがContainerEventである場合、processContainerEventメソッドを呼び出します。そうでない場合は、スーパー・クラスのprocessEventを呼び出します。

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      オーバーライド:
      processEvent、クラス: Component
      パラメータ:
      e - イベント
      関連項目:
    • processContainerEvent

      protected void processContainerEvent(ContainerEvent e)
      このコンテナで発生するコンテナ・イベントを、登録されているContainerListenerオブジェクトにディスパッチすることで処理します。 ノート:このメソッドは、このコンポーネントのコンテナ・イベントが有効になった時点で呼び出されます。これは、次のいずれかが発生したときに発生します。
      • ContainerListenerオブジェクトがaddContainerListenerを使用して登録されている
      • enableEventsによってコンテナ・イベントが使用可能になっている

      イベント・パラメータがnullである場合は、動作が未指定のため、例外が発生する可能性があります。

      パラメータ:
      e - コンテナ・イベント
      関連項目:
    • deliverEvent

      @Deprecated public void deliverEvent(Event e)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、dispatchEvent(AWTEvent e)に置き換えられています
      オーバーライド:
      deliverEvent、クラス: Component
      パラメータ:
      e - 配信するイベント
    • getComponentAt

      public Component getComponentAt(int x, int y)
      x、y座標を含むコンポーネントを探します。 コンポーネントがオーバーラップしている場合、最上部の子コンポーネントが返されます。 これは、指定された点を含んでいるとComponent.contains()が判断する、インデックス0にもっとも近いコンポーネントを見つけることで決定されます。ネイティブ・ピアを持つコンポーネントは、ネイティブ・ピアを持たないコンポーネント(軽量コンポーネント)より優先されます。
      オーバーライド:
      getComponentAt、クラス: Component
      パラメータ:
      x - x座標
      y - y座標
      戻り値:
      コンポーネントがその位置を含まない場合はnull。 要求された点に子コンポーネントがなく、その点がコンテナの境界内にある場合は、コンテナ自身が返される。そうでない場合は、最上部の子コンポーネントが返される
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • locate

      @Deprecated public Component locate(int x, int y)
      非推奨。
      JDK Version 1.1以降は、getComponentAt(int, int)に置き換えられています。
      次のクラスからコピーされた説明: Component
      (このコンポーネントまたは直下の子コンポーネント。最初の2つのどちらもそのロケーションを占有していない場合はnull)で指定された位置を占めるコンポーネントを返します。
      オーバーライド:
      locate、クラス: Component
      パラメータ:
      x - x座標でコンポーネントを検索
      y - y座標でコンポーネントを検索
      戻り値:
      指定されたロケーションのコンポーネントまたはnull
    • getComponentAt

      public Component getComponentAt(Point p)
      指定された点を含むコンポーネントを取得します。
      オーバーライド:
      getComponentAt、クラス: Component
      パラメータ:
      p - 点。
      戻り値:
      点を含むコンポーネントを返す。コンポーネントがその点を含まない場合はnullを返す
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • getMousePosition

      public Point getMousePosition(boolean allowChildren) throws HeadlessException
      nullがマウス・ポインタの下にある場合は、このContainerの座標空間内のマウス・ポインタの位置を返します。それ以外の場合はContainerを返します。 このメソッドは、Containerの子が考慮されることを除けば、Component.getMousePosition()と似ています。 allowChildrenfalseの場合は、マウス・ポインタがContainerの直接の上にあり、子によって隠されている部分の上にない場合にのみ、null以外の値を返します。 allowChildrentrueの場合は、マウス・ポインタがContainerまたはそのいずれかの子孫の上にある場合に、null以外の値を返します。
      パラメータ:
      allowChildren - 子を考慮するべき場合はtrue
      戻り値:
      このComponentを基準にしたマウス座標、またはnull
      例外:
      HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()がtrueを返す場合
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • findComponentAt

      public Component findComponentAt(int x, int y)
      指定された位置を格納する可視の子コンポーネントを探します。 コンポーネントがオーバーラップしている場合、最上部の子コンポーネントが返されます。 包含している子コンポーネントがContainerの場合、このメソッドは、もっとも深くネストされた子コンポーネントを検索し続けます。 可視でないコンポーネントは検索時に無視されます。

      findComponentAtメソッドは、Containerの直接の子だけを検索するgetComponentAtとは異なります。包含しているコンポーネントがContainerの場合、findComponentAtはその子を検索してネストされたコンポーネントを見つけます。

      パラメータ:
      x - x座標
      y - y座標
      戻り値:
      コンポーネントがその位置を含まない場合はnull。 要求された点に子コンポーネントがなく、その点がコンテナの境界内にある場合は、コンテナ自身が返される
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • findComponentAt

      public Component findComponentAt(Point p)
      指定された点を格納する可視の子コンポーネントを探します。 コンポーネントがオーバーラップしている場合、最上部の子コンポーネントが返されます。 包含している子コンポーネントがContainerの場合、このメソッドは、もっとも深くネストされた子コンポーネントを検索し続けます。 可視でないコンポーネントは検索時に無視されます。

      findComponentAtメソッドは、Containerの直接の子だけを検索するgetComponentAtとは異なります。包含しているコンポーネントがContainerの場合、findComponentAtはその子を検索してネストされたコンポーネントを見つけます。

      パラメータ:
      p - 点。
      戻り値:
      コンポーネントがその位置を含まない場合はnull。 要求された点に子コンポーネントがなく、その点がコンテナの境界内にある場合は、コンテナ自身が返される
      例外:
      NullPointerException - pnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.2
      関連項目:
    • addNotify

      public void addNotify()
      ネイティブ・スクリーン・リソースに接続することにより、このContainerを表示可能にします。 コンテナを表示可能にすると、そのコンテナのすべての子も表示可能になります。 このメソッドは、ツールキットによって内部で呼び出され、プログラムから直接呼び出されることはありません。
      オーバーライド:
      addNotify、クラス: Component
      関連項目:
    • removeNotify

      public void removeNotify()
      ネイティブ・スクリーン・リソースへの接続を削除することにより、このContainerを表示不可にします。 コンテナを表示不可にすると、そのコンテナのすべての子も表示不可になります。 このメソッドは、ツールキットによって内部で呼び出され、プログラムから直接呼び出されることはありません。
      オーバーライド:
      removeNotify、クラス: Component
      関連項目:
    • isAncestorOf

      public boolean isAncestorOf(Component c)
      コンポーネントがこのコンテナのコンポーネント階層に含まれているかどうかを判定します。
      パラメータ:
      c - コンポーネント
      戻り値:
      祖先の場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.1
    • paramString

      protected String paramString()
      このContainerの状態を表す文字列を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
      オーバーライド:
      paramString、クラス: Component
      戻り値:
      このコンテナのパラメータ文字列
    • list

      public void list(PrintStream out, int indent)
      指定された出力ストリームにこのコンテナの一覧を出力します。 一覧は、指定されたインデント位置から開始されます。

      コンテナの直接の子は、indent+1のインデントで出力されます。 これらの子の子はindent+2で出力され、以降も同様です。

      オーバーライド:
      list、クラス: Component
      パラメータ:
      out - 出力ストリーム
      indent - インデントするスペースの数
      例外:
      NullPointerException - outnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.0
      関連項目:
    • list

      public void list(PrintWriter out, int indent)
      指定されたインデント位置から、指定されたプリント・ライターに一覧を出力します。

      コンテナの直接の子は、indent+1のインデントで出力されます。 これらの子の子はindent+2で出力され、以降も同様です。

      オーバーライド:
      list、クラス: Component
      パラメータ:
      out - プリント・ライター
      indent - インデントするスペースの数
      例外:
      NullPointerException - outnullである場合
      導入されたバージョン:
      1.1
      関連項目:
    • setFocusTraversalKeys

      public void setFocusTraversalKeys(int id, Set<? extends AWTKeyStroke> keystrokes)
      このコンテナの指定されたトラバーサル操作に対するフォーカス・トラバーサル・キーを設定します。

      コンテナのフォーカス・トラバーサル・キーのデフォルト値は実装によって異なります。 Sunは特定のネイティブなプラットフォームに対するすべての実装で同じデフォルト値を使用することをお薦めします。 WindowsおよびUnixに対する推奨は次にリストされています。 これらの推奨はSun AWTの実装で使用されます。

      コンテナのフォーカス・トラバーサル・キーの推奨されるデフォルト値
      識別子 意味 デフォルト
      KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS 通常の順方向キーボード・トラバーサル TAB (KEY_PRESSED)、CTRL-TAB (KEY_PRESSED)
      KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS 通常のリバース・キーボード・トラバーサル SHIFT-TAB (KEY_PRESSED)、CTRL-SHIFT-TAB (KEY_PRESSED)
      KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS 1つ上のフォーカス・トラバーサル・サイクルに移動 none
      KeyboardFocusManager.DOWN_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS 1つ下のフォーカス・トラバーサル・サイクルに移動 none
      トラバーサル・キーを無効化するためには、空のセットを使用します。Collections.EMPTY_SETの使用をお薦めします。

      AWTKeyStroke APIを使用すると、クライアント・コードでKEY_PRESSEDとKEY_RELEASEDの2つのKeyEventを指定できるようになり、フォーカス・トラバーサルを操作できるようになります。 ただし、指定されるKeyEventに関係なく、関連付けられるKEY_TYPEDイベントを含む、フォーカス・トラバーサル・キーに関連するすべてのKeyEventは消費され、ほかのコンテナへのディスパッチは行われません。 KEY_TYPEDイベントのフォーカス・トラバーサル操作へのマッピング、1つのイベントの複数のデフォルト・フォーカス・トラバーサル操作へのマッピングは実行時エラーになります。

      セットに値nullが指定されている場合、このコンテナはセットを親から継承します。 このコンテナのすべての祖先のセットに値nullが指定されている場合、現在のKeyboardFocusManagerのデフォルト・セットが使用されます。

      keystrokes内のObjectのいずれかがAWTKeyStrokeでない場合、このメソッドはClassCastExceptionをスローすることがあります。

      オーバーライド:
      setFocusTraversalKeys、クラス: Component
      パラメータ:
      id - KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.DOWN_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれか
      keystrokes - 指定された操作に対するAWTKeyStrokeのセット
      例外:
      IllegalArgumentException - idがKeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.DOWN_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのどれでもない場合、キー・ストロークがnullの場合、キー・ストロークのどれかがKEY_TYPEDイベントを表している場合、またはキー・ストロークのどれかがこのコンテナの別のフォーカス・トラバーサル操作にマップされている場合
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getFocusTraversalKeys

      public Set<AWTKeyStroke> getFocusTraversalKeys(int id)
      このコンテナの指定されたトラバーサル操作のフォーカス・トラバーサル・キーのセットを返します。 (各キーの完全な説明については、setFocusTraversalKeysを参照してください。)

      トラバーサル・キーのセットがこのコンテナに対して明示的に定義されていない場合、このコンテナの親のセットが返されます。 このコンテナのすべての祖先のセットが定義されていない場合、現在のKeyboardFocusManagerのデフォルト・セットが返されます。

      オーバーライド:
      getFocusTraversalKeys、クラス: Component
      パラメータ:
      id - KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.DOWN_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれか
      戻り値:
      指定された操作に対するAWTKeyStrokesのセット。 このセットは変更できない。また空白の可能性もある。nullが返されることはない
      例外:
      IllegalArgumentException - idがKeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.DOWN_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれでもない場合
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • areFocusTraversalKeysSet

      public boolean areFocusTraversalKeysSet(int id)
      指定されたフォーカス・トラバーサル操作に対するフォーカス・トラバーサル・キーのセットが、このコンテナに明示的に定義されているかどうかを返します。 falseが返される場合、このコンテナはセットを祖先から、または現在のKeyboardFocusManagerから継承します。
      オーバーライド:
      areFocusTraversalKeysSet、クラス: Component
      パラメータ:
      id - KeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.DOWN_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれか
      戻り値:
      true指定されたフォーカス・トラバーサル操作のフォーカス・トラバーサル・キーのセットが、このコンポーネントに対して明示的に定義されている場合; それ以外の場合はfalse
      例外:
      IllegalArgumentException - idがKeyboardFocusManager.FORWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.BACKWARD_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.UP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYS、KeyboardFocusManager.DOWN_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのいずれでもない場合
      導入されたバージョン:
      1.4
    • isFocusCycleRoot

      public boolean isFocusCycleRoot(Container container)
      指定されたコンテナが、このコンテナのフォーカス・トラバーサル・サイクルのフォーカス・サイクル・ルートであるかどうかを返します。 フォーカス・トラバーサル・サイクルは、それぞれフォーカス・サイクル・ルートを1つ持ち、フォーカス・サイクル・ルート以外の各コンテナは、1つのフォーカス・トラバーサル・サイクルだけに所属します。 フォーカス・サイクル・ルートになっているコンテナは、それ自体がルートになっているフォーカス・サイクルと、その1つ祖先のフォーカス・サイクル・ルートが構成するフォーカス・サイクルの両方に属します。 このメソッドはどちらのコンテナに対しても、この場合trueを返します。
      オーバーライド:
      isFocusCycleRoot、クラス: Component
      パラメータ:
      container - テストされるContainer
      戻り値:
      指定されたコンテナがこのコンテナのフォーカス・サイクル・ルートの場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • setFocusTraversalPolicy

      public void setFocusTraversalPolicy(FocusTraversalPolicy policy)
      このContainerがフォーカス・サイクル・ルートの場合、このContainerの子のキーボード・トラバーサルを管理するフォーカス・トラバーサル・ポリシーを設定します。 引数がnullの場合は、このコンテナは祖先のフォーカス・サイクル・ルートからポリシーを継承します。 nullでない場合は、このポリシーは独自のキーボード・トラバーサル・ポリシーを持たない、フォーカス・サイクル・ルートのすべての子によって継承されます。この継承は、これらの子の下位まで再帰的に行われます。

      このコンテナがフォーカス・サイクル・ルートでない場合、ポリシーは記録されますが、このコンテナがフォーカス・サイクル・ルートになるまでは、このコンテナが使用することも、ほかのコンテナによって継承されることもありません。

      パラメータ:
      policy - このコンテナの新しいフォーカス・トラバーサル・ポリシー
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • getFocusTraversalPolicy

      public FocusTraversalPolicy getFocusTraversalPolicy()
      このContainerの子のキーボード・トラバーサルを管理するフォーカス・トラバーサル・ポリシーを返します。このContainerがフォーカス・サイクル・ルートでない場合はnullを返します。 このコンテナにトラバーサル・ポリシーが明示的に設定されていない場合は、このコンテナの祖先のフォーカス・サイクル・ルートのポリシーが返されます。
      戻り値:
      このコンテナのフォーカス・トラバーサル・ポリシー。このコンテナがフォーカス・サイクル・ルートでない場合はnull
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • isFocusTraversalPolicySet

      public boolean isFocusTraversalPolicySet()
      フォーカス・トラバーサル・ポリシーがこのコンテナに対して明示的に設定されているかどうかを返します。 falseを返す場合、このコンテナは祖先のコンテナからトラバーサル・ポリシーを継承します。
      戻り値:
      このコンテナに対してフォーカス・トラバーサル・ポリシーが明示的に設定されている場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.4
    • setFocusCycleRoot

      public void setFocusCycleRoot(boolean focusCycleRoot)
      このコンテナがフォーカス・トラバーサル・サイクルのルートであるかどうかを設定します。 フォーカスが一度トラバーサル・サイクルに設定されると、サイクルを上位または下位に切り替えるキーを押さなければ、通常はフォーカス・トラバーサルを離れることはできません。 通常のトラバーサルは、このコンテナとこのコンテナのすべての子孫(下層のフォーカス・サイクル・ルートの子孫でないもの)に制限されています。 ただしFocusTraversalPolicyはこの制限を緩めることができます。 たとえばContainerOrderFocusTraversalPolicyは暗黙のダウンサイクル・トラバーサルをサポートします。

      コンテナの子のトラバーサル順を指定する別の方法は、このコンテナを「フォーカス・トラバーサル・ポリシー・プロバイダ」にすることです。

      パラメータ:
      focusCycleRoot - このコンテナがフォーカス・トラバーサル・サイクルのルートであるかどうかを示す
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • isFocusCycleRoot

      public boolean isFocusCycleRoot()
      このコンテナがフォーカス・トラバーサル・サイクルのルートであるかどうかを返します。 フォーカスが一度トラバーサル・サイクルに設定されると、サイクルを上位または下位に切り替えるキーを押さなければ、通常はフォーカス・トラバーサルを離れることはできません。 通常のトラバーサルは、このコンテナとこのコンテナのすべての子孫(下層のフォーカス・サイクル・ルートの子孫でないもの)に制限されています。 ただしFocusTraversalPolicyはこの制限を緩めることができます。 たとえばContainerOrderFocusTraversalPolicyは暗黙のダウンサイクル・トラバーサルをサポートします。
      戻り値:
      このコンテナがフォーカス・トラバーサル・サイクルのルートであるかどうか
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • setFocusTraversalPolicyProvider

      public final void setFocusTraversalPolicyProvider(boolean provider)
      このコンテナを使用して、フォーカス・トラバーサル・ポリシーを提供するかどうかを設定します。 このプロパティをtrueに設定したコンテナを使用して、もっとも近い上位フォーカス・サイクル・ルートの代わりに、フォーカス・トラバーサル・ポリシーを取得します。
      パラメータ:
      provider - このコンテナを使用してフォーカス・トラバーサル・ポリシーを提供するかどうかを示す
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • isFocusTraversalPolicyProvider

      public final boolean isFocusTraversalPolicyProvider()
      このコンテナがフォーカス・トラバーサル・ポリシーを提供するかどうかを返します。 このプロパティがtrueに設定されている場合、キーボード・フォーカス・マネージャがコンテナ階層からフォーカス・トラバーサル・ポリシーを検索する際に、このプロパティがtrueのほかのすべてのコンテナまたはフォーカス・サイクル・ルートの前にこのコンテナを検出したときは、そのフォーカス・トラバーサル・ポリシーがフォーカス・サイクル・ルートのポリシーの代わりに使用されます。
      戻り値:
      このコンテナがフォーカス・トラバーサル・ポリシーを提供する場合はtrue、そうでない場合はfalse
      導入されたバージョン:
      1.5
      関連項目:
    • transferFocusDownCycle

      public void transferFocusDownCycle()
      フォーカスを1フォーカス・トラバーサル・サイクルだけ下位に移動します。 このコンテナがフォーカス・サイクル・ルートの場合、フォーカス所有者はコンテナのデフォルト・フォーカス・コンポーネントになり、現在のフォーカス・サイクル・ルートがこのコンテナに設定されます。 コンテナがフォーカス・サイクル・ルートではない場合、フォーカス・トラバーサル操作は行われません。
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • applyComponentOrientation

      public void applyComponentOrientation(ComponentOrientation o)
      このコンテナと、その中に含まれているすべてのコンポーネントのComponentOrientationプロパティを設定します。

      このメソッドではレイアウトに関連する情報が変更されるため、コンポーネント階層が無効になります。

      オーバーライド:
      applyComponentOrientation、クラス: Component
      パラメータ:
      o - このコンテナとそれに含まれるコンポーネントの、新しいコンポーネント方向
      例外:
      NullPointerException - orientationがnullである場合。
      導入されたバージョン:
      1.4
      関連項目:
    • addPropertyChangeListener

      public void addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener listener)
      PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。 このリスナーは、次のような、このクラスのすべてのバウンド・プロパティに登録されます。
      • このコンテナのフォント("font")
      • このコンテナのバックグラウンド・カラー("background")
      • このコンテナのフォアグラウンド・カラー("foreground")
      • このコンテナのフォーカス可能性("focusable")
      • このコンテナのフォーカス・トラバーサル・キーの(有効かどうかの)状態("focusTraversalKeysEnabled")
      • このコンテナのFORWARD_TRAVERSAL_KEYSのセット("forwardFocusTraversalKeys")
      • このコンテナのBACKWARD_TRAVERSAL_KEYSのセット("backwardFocusTraversalKeys")
      • このコンテナのUP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのセット("upCycleFocusTraversalKeys")
      • このコンテナのDOWN_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのセット("downCycleFocusTraversalKeys")
      • このコンテナのフォーカス・トラバーサル・ポリシー("focusTraversalPolicy")
      • このコンテナのフォーカス・サイクル・ルートの状態("focusCycleRoot")
      このコンテナがバウンド・プロパティを継承する場合、継承されるプロパティの変更に反応してイベントがトリガーされることはありません。

      listenerがnullの場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      オーバーライド:
      addPropertyChangeListener、クラス: Component
      パラメータ:
      listener - 追加されるPropertyChangeListener
      関連項目:
    • addPropertyChangeListener

      public void addPropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
      特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。 ユーザー定義のプロパティ、または次のデフォルトのいずれかを指定できます。
      • このコンテナのフォント("font")
      • このコンテナのバックグラウンド・カラー("background")
      • このコンテナのフォアグラウンド・カラー("foreground")
      • このコンテナのフォーカス可能性("focusable")
      • このコンテナのフォーカス・トラバーサル・キーの(有効かどうかの)状態("focusTraversalKeysEnabled")
      • このコンテナのFORWARD_TRAVERSAL_KEYSのセット("forwardFocusTraversalKeys")
      • このコンテナのBACKWARD_TRAVERSAL_KEYSのセット("backwardFocusTraversalKeys")
      • このコンテナのUP_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのセット("upCycleFocusTraversalKeys")
      • このコンテナのDOWN_CYCLE_TRAVERSAL_KEYSのセット("downCycleFocusTraversalKeys")
      • このコンテナのフォーカス・トラバーサル・ポリシー("focusTraversalPolicy")
      • このコンテナのフォーカス・サイクル・ルートの状態("focusCycleRoot")
      • このコンテナのフォーカス・トラバーサル・ポリシー・プロバイダの状態("focusTraversalPolicyProvider")
      • このコンテナのフォーカス・トラバーサル・ポリシー・プロバイダの状態("focusTraversalPolicyProvider")
      このコンテナがバウンド・プロパティを継承する場合、継承されるプロパティの変更に反応してイベントがトリガーされることはありません。

      listenerがnullの場合、例外はスローされず、何も処理は行われません。

      オーバーライド:
      addPropertyChangeListener、クラス: Component
      パラメータ:
      propertyName - 上記のプロパティ名のいずれか
      listener - 追加されるPropertyChangeListener
      関連項目: