クラスjava.awt.Container
の使用

Containerを使用するパッケージ
パッケージ
説明
アプレットの作成、およびアプレットとアプレット・コンテキストとの通信に使用するクラスの作成に必要なクラスを提供します。
ユーザー・インタフェースの作成およびグラフィックスとイメージのペイント用のすべてのクラスを含みます。
AWTコンポーネントによってトリガーされるさまざまな種類のイベントを処理するインタフェースとクラスを提供します。
Beanコンテキストに関連するクラスおよびインタフェースを提供します。
すべてのプラットフォーム上で可能なかぎり同じように機能する「軽量」(Java共通言語)コンポーネントのセットを提供します。
JColorChooserコンポーネントによって使用されるクラスとインタフェースが含まれています。
Swingコンポーネントによってトリガーされるイベントを提供します。
基本Look & Feelに従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
デフォルトのLook & FeelであるJava Look & Feel (以前のコード名はMetal)に従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
Synthは、すべてのペイントが委譲されるスキン設定可能なLook & Feelです。
javax.swing.JTableを処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
編集可能なテキスト・コンポーネントと編集不能なテキスト・コンポーネントを処理するクラスとインタフェースを提供します。
javax.swing.JTreeを処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
  • java.appletでのContainerの使用

    java.appletでのContainerのサブクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    アプレットAPIは非推奨であり、代替はありません。
  • java.awtでのContainerの使用

    java.awtでのContainerのサブクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    Dialogは、通常はユーザーからの入力を受け付けるために使用される、タイトルおよびボーダーを持つトップ・レベルのウィンドウです。
    class 
    FileDialogクラスは、ユーザーがファイルを選択できるダイアログ・ウィンドウを表示します。
    class 
    Frameは、タイトルとボーダーを持つトップ・レベルのウィンドウです。
    class 
    Panelは、もっとも単純なコンテナ・クラスです。
    class 
    1つの子コンポーネントに対して、自動水平または垂直スクロールあるいはその両方を実装するコンテナ・クラスです。
    class 
    Windowオブジェクトは、ボーダーやメニュー・バーのないトップ・レベルのウィンドウです。
    Containerを返すjava.awtのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    KeyboardFocusManager.getCurrentFocusCycleRoot()
    現在のフォーカス・サイクルのルートが呼出し側スレッドと同じコンテキストにある場合、現在のフォーカス・サイクルのルートを返します。
    このComponentのフォーカス・トラバーサル・サイクルのフォーカス・サイクル・ルートであるContainerを返します。
    final Container
    ウィンドウに上位コンポーネントがないため、常にnullを返します。これらは、Component階層の最上位を表します。
    protected Container
    KeyboardFocusManager.getGlobalCurrentFocusCycleRoot()
    呼出し側スレッドが現在のフォーカス・サイクルのルートと異なるコンテキストにある場合でも、現在のフォーカス・サイクルのルートを返します。
    protected static Container
    ネイティブ・ピアに、ネイティブ・コンポーネントを与えてネイティブ・コンテナを照会する能力を与えます(直接の親は軽量である可能性があります)。
    Component.getParent()
    このコンポーネントの親を取得します。
    Container型のパラメータを持つjava.awtのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    protected void
    GridBagLayout.arrangeGrid(Container parent)
    グリッドを配置します。
    protected void
    GridBagLayout.ArrangeGrid(Container parent)
    このメソッドは廃止されており、下位互換性のためにのみ提供されています。新しいコードは、かわりにarrangeGridを呼び出すようにしてください。
    void
    DefaultKeyboardFocusManager.downFocusCycle(Container aContainer)
    フォーカスを1つ下のフォーカス・トラバーサル・サイクルに移動します。
    abstract void
    KeyboardFocusManager.downFocusCycle(Container aContainer)
    フォーカスを1つ下のフォーカス・トラバーサル・サイクルに移動します。
    void
    CardLayout.first(Container parent)
    コンテナの最初のカードに切り替えます。
    ContainerOrderFocusTraversalPolicy.getComponentAfter(Container aContainer, Component aComponent)
    aComponentのあとでフォーカスを受け取るComponentを返します。
    abstract Component
    FocusTraversalPolicy.getComponentAfter(Container aContainer, Component aComponent)
    aComponentのあとでフォーカスを受け取るComponentを返します。
    ContainerOrderFocusTraversalPolicy.getComponentBefore(Container aContainer, Component aComponent)
    aComponentの前にフォーカスを受け取るComponentを返します。
    abstract Component
    FocusTraversalPolicy.getComponentBefore(Container aContainer, Component aComponent)
    aComponentの前にフォーカスを受け取るComponentを返します。
    ContainerOrderFocusTraversalPolicy.getDefaultComponent(Container aContainer)
    フォーカスするデフォルトのComponentを返します。
    abstract Component
    FocusTraversalPolicy.getDefaultComponent(Container aContainer)
    フォーカスするデフォルトのComponentを返します。
    ContainerOrderFocusTraversalPolicy.getFirstComponent(Container aContainer)
    トラバーサル・サイクルの最初のComponentを返します。
    abstract Component
    FocusTraversalPolicy.getFirstComponent(Container aContainer)
    トラバーサル・サイクルの最初のComponentを返します。
    ContainerOrderFocusTraversalPolicy.getLastComponent(Container aContainer)
    トラバーサル・サイクルの最後のComponentを返します。
    abstract Component
    FocusTraversalPolicy.getLastComponent(Container aContainer)
    トラバーサル・サイクルの最後のComponentを返します。
    float
    BorderLayout.getLayoutAlignmentX(Container parent)
    x軸方向の配置を返します。
    float
    CardLayout.getLayoutAlignmentX(Container parent)
    x軸方向の配置を返します。
    float
    GridBagLayout.getLayoutAlignmentX(Container parent)
    x軸方向の配置を返します。
    float
    LayoutManager2.getLayoutAlignmentX(Container target)
    x軸方向の配置を返します。
    float
    BorderLayout.getLayoutAlignmentY(Container parent)
    y軸方向の配置を返します。
    float
    CardLayout.getLayoutAlignmentY(Container parent)
    y軸方向の配置を返します。
    float
    GridBagLayout.getLayoutAlignmentY(Container parent)
    y軸方向の配置を返します。
    float
    LayoutManager2.getLayoutAlignmentY(Container target)
    y軸方向の配置を返します。
    BorderLayout.getLayoutComponent(Container target, Object constraints)
    ターゲットContainerのコンポーネント方向に基づいて、指定された制約の場所に対応するコンポーネントを返します。
    GridBagLayout.getLayoutInfo(Container parent, int sizeflag)
    管理される子の現在のセットに対するGridBagLayoutInfoのインスタンスに値を入力します。
    GridBagLayout.GetLayoutInfo(Container parent, int sizeflag)
    このメソッドは廃止されており、下位互換性のためにのみ提供されています。新しいコードは、かわりにgetLayoutInfoを呼び出すようにしてください。
    protected Dimension
    GridBagLayout.getMinSize(Container parent, GridBagLayoutInfo info)
    getLayoutInfoの情報に基づいて、親の最小サイズを示します。
    protected Dimension
    GridBagLayout.GetMinSize(Container parent, GridBagLayoutInfo info)
    このメソッドは廃止されており、下位互換性のためにのみ提供されています。新しいコードは、かわりにgetMinSizeを呼び出すようにしてください。
    void
    BorderLayout.invalidateLayout(Container target)
    レイアウトを無効にします。このとき、レイアウト・マネージャが情報をキャッシュしていればそれを破棄します。
    void
    CardLayout.invalidateLayout(Container target)
    レイアウトを無効にします。このとき、レイアウト・マネージャが情報をキャッシュしていればそれを破棄します。
    void
    GridBagLayout.invalidateLayout(Container target)
    レイアウトを無効にします。このとき、レイアウト・マネージャが情報をキャッシュしていればそれを破棄します。
    void
    LayoutManager2.invalidateLayout(Container target)
    レイアウトを無効にします。このとき、レイアウト・マネージャが情報をキャッシュしていればそれを破棄します。
    boolean
    Component.isFocusCycleRoot(Container container)
    指定されたコンテナが、このコンポーネントのフォーカス・トラバーサル・サイクルのフォーカス・サイクル・ルートであるかどうかを返します。
    boolean
    Container.isFocusCycleRoot(Container container)
    指定されたコンテナが、このコンテナのフォーカス・トラバーサル・サイクルのフォーカス・サイクル・ルートであるかどうかを返します。
    void
    CardLayout.last(Container parent)
    コンテナの最後のカードに切り替えます。
    void
    BorderLayout.layoutContainer(Container target)
    このボーダー・レイアウトを使用してコンテナ引数を配置します。
    void
    CardLayout.layoutContainer(Container parent)
    このカード・レイアウトを使用して、指定されたコンテナを配置します。
    void
    FlowLayout.layoutContainer(Container target)
    コンテナを配置します。
    void
    GridBagLayout.layoutContainer(Container parent)
    このグリッド・バッグ・レイアウトを使って指定されたコンテナを配置します。
    void
    GridLayout.layoutContainer(Container parent)
    このレイアウトを使って、指定されたコンテナを配置します。
    void
    LayoutManager.layoutContainer(Container parent)
    指定されたコンテナを配置します。
    BorderLayout.maximumLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナにコンポーネントが与えられた場合の、レイアウトの最大サイズを返します。
    CardLayout.maximumLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナにコンポーネントが与えられた場合の、レイアウトの最大サイズを返します。
    GridBagLayout.maximumLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナにコンポーネントが与えられた場合の、レイアウトの最大サイズを返します。
    LayoutManager2.maximumLayoutSize(Container target)
    指定されたコンテナにコンポーネントが含まれている場合の、最大サイズを計算します。
    BorderLayout.minimumLayoutSize(Container target)
    このレイアウト・マネージャを使用するtargetコンテナの最小サイズを判定します。
    CardLayout.minimumLayoutSize(Container parent)
    指定されたパネルの最小サイズを計算します。
    FlowLayout.minimumLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナに含まれている可視コンポーネントをレイアウトするために必要な最小寸法を返します。
    GridBagLayout.minimumLayoutSize(Container parent)
    このグリッド・バッグ・レイアウトを使用して、parentコンテナの最小サイズを判定します。
    GridLayout.minimumLayoutSize(Container parent)
    このグリッド・レイアウトを使って、コンテナ引数の最小サイズを指定します。
    LayoutManager.minimumLayoutSize(Container parent)
    指定されたコンテナに含まれているコンポーネントを基に、コンテナの最小サイズを計算します。
    void
    CardLayout.next(Container parent)
    指定されたコンテナの次のカードに切り替えます。
    BorderLayout.preferredLayoutSize(Container target)
    コンテナ内のコンポーネントに基づいて、このレイアウト・マネージャを使用するtargetコンテナの推奨サイズを判定します。
    CardLayout.preferredLayoutSize(Container parent)
    このカード・レイアウトを使用するコンテナ引数の推奨サイズを判定します。
    FlowLayout.preferredLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナ内の可視コンポーネントを使用して、このレイアウトのための推奨寸法を返します。
    GridBagLayout.preferredLayoutSize(Container parent)
    このグリッド・バッグ・レイアウトを使用して、parentコンテナの優先サイズを判定します。
    GridLayout.preferredLayoutSize(Container parent)
    このグリッド・レイアウトを使って、コンテナ引数の推奨サイズを指定します。
    LayoutManager.preferredLayoutSize(Container parent)
    指定されたコンテナに含まれているコンポーネントを基に、コンテナの推奨サイズを計算します。
    void
    CardLayout.previous(Container parent)
    指定されたコンテナの前のカードに切り替えます。
    void
    KeyboardFocusManager.setGlobalCurrentFocusCycleRoot(Container newFocusCycleRoot)
    現在のフォーカス・サイクルのルートを設定します。
    void
    CardLayout.show(Container parent, String name)
    addLayoutComponentを使用して、指定されたnameでこのレイアウトに追加されたコンポーネントに切り替えます。
  • java.awt.eventでのContainerの使用

    Containerを返すjava.awt.eventのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    HierarchyEvent.getChangedParent()
    getChanged()から返されたComponentの親を返します。
    ContainerEvent.getContainer()
    イベントの発生元を返します。
    Container型のパラメータを持つjava.awt.eventのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    HierarchyEvent(Component source, int id, Component changed, Container changedParent)
    Component階層の変更を識別するためのHierarchyEventオブジェクトを構築します。
     
    HierarchyEvent(Component source, int id, Component changed, Container changedParent, long changeFlags)
    Component階層の変更を識別するためのHierarchyEventオブジェクトを構築します。
  • java.beans.beancontextでのContainerの使用

    Containerを返すjava.beans.beancontextのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    BeanContextContainerProxy.getContainer()
    このBeanContextに関連付けられているjava.awt.Containerを取得します。
  • javax.swingでのContainerの使用

    javax.swingでのContainerのサブクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    ボタンおよびメニュー項目の共通動作を定義します。
    class 
    BoxLayoutオブジェクトをレイアウト・マネージャとして使う軽量なコンテナです。
    static class 
    レイアウトに含まれるがビューを持たない軽量コンポーネントの実装です。
    class 
    このクラスは、セル・レンダラとそれを使うコンポーネントの間に挿入されます。
    class 
    リスト内の項目をレンダリングします。
    static class 
    UIResourceを実装するDefaultListCellRendererのサブクラスです。
    class 
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    アプレットAPIは非推奨であり、代替はありません。
    class 
    「プッシュ」ボタンの実装です。
    class 
    チェックボックス(選択または選択解除が可能で、その状態をユーザーに表示する項目)の実装です。
    class 
    選択または選択解除できるメニュー項目です。
    class 
    JColorChooserは、ユーザーが色を操作したり、選択したりできるように設計されたコントロールのペインを提供します。
    class 
    ボタン、または編集可能フィールドとドロップ・ダウン・リストを組み合わせたコンポーネントです。
    class 
    トップ・レベルのコンテナを除くすべてのSwingコンポーネントの基底クラスです。
    class 
    マルチドキュメント・インタフェースまたは仮想デスクトップを生成するコンテナです。
    class 
    ダイアログ・ウィンドウを作成するためのメイン・クラスです。
    class 
    さまざまな種類のコンテンツを編集するためのテキスト・コンポーネントです。
    class 
    JFileChooserは、ユーザーがファイルを選択するための単純なメカニズムを提供します。
    class 
    JFormattedTextFieldJTextFieldを拡張して、任意の値をフォーマットしたり、ユーザーがテキストを編集したあとに特定のオブジェクトを取得したりするためのサポートを追加します。
    class 
    JFC/Swingコンポーネント・アーキテクチャのサポートを追加するjava.awt.Frameの拡張バージョン。
    class 
    ネイティブなフレームに、ドラッグ、クローズ、アイコン化、サイズ変更、タイトル表示、およびメニュー・バーのサポートなど、多くの機能を提供する軽量オブジェクトです。
    static class 
    このコンポーネントは、JInternalFrameのアイコン化されたバージョンを表します。
    class 
    短いテキスト文字列やイメージの表示領域です。両方を一緒に表示することもできます。
    final class 
    JLayer<V extends Component>
    JLayerは、さまざまな高度なペイント効果を実装したり、そのボーダー内で生成されるすべてのAWTEventの通知を受信したりするために使用できる、Swingコンポーネントのための汎用のデコレータです。
    class 
    JLayeredPaneはJFC/Swingコンテナに深さを追加し、コンポーネントが必要に応じて互いにオーバーラップできるようにします。
    class 
    オブジェクトのリストを表示し、ユーザーが1つまたは複数のオブジェクトを選択できるようにするコンポーネントです。
    class 
    メニュー(ユーザーがJMenuBarの項目を選択したときに表示される、JMenuItemを含むポップアップ・ウィンドウ)の実装です。
    class 
    メニュー・バーの実装です。
    class 
    メニューの項目の実装です。
    class 
    JOptionPaneは、ユーザーに値の入力を求めたり、何らかの情報を通知したりするための標準のダイアログ・ボックスを容易にポップアップできるようにします。
    class 
    JPanelは、ジェネリックな軽量コンテナです。
    class 
    JPasswordFieldは、1行のテキストの編集を可能にする軽量コンポーネントです。何かが入力されたことはビューに示されますが、元の文字は表示されません。
    class 
    ポップアップ・メニュー(一連の選択肢をポップアップおよび表示する小さなウィンドウ)の実装です。
    static class 
    ポップアップ・メニュー固有のセパレータです。
    class 
    一部のタスクの進捗状況を視覚的に表示するコンポーネントです。
    class 
    ラジオ・ボタン(選択または選択解除が可能で、その状態をユーザーに表示する項目)の実装です。
    class 
    ラジオ・ボタン・メニュー項目の実装です。
    class 
    JFrameJDialogJWindowJApplet、およびJInternalFrameによって内部的に使用される軽量コンテナ。
    class 
    スクロール・バーの実装です。
    class 
    軽量コンポーネントのスクロール可能なビューを提供します。
    protected class 
    JScrollPaneはデフォルトで、このクラスのインスタンスであるスクロール・バーを作成します。
    class 
    JSeparatorは、区切り線を実装するための汎用的なコンポーネントを提供します。もっとも一般的には、メニュー項目を論理的なグループに分割するための項目間の区切り線として使用されます。
    class 
    ユーザーが指定された区間内でノブをスライドすることによりグラフィカルに値を選択できるようにするコンポーネントです。
    class 
    ユーザーが、順序付けられたシーケンスから数またはオブジェクトを選択できるようにする単一行の入力フィールドです。
    static class 
    モデルがSpinnerDateModelであるJSpinnerのエディタ。
    static class 
    JFormattedTextFieldを使用してモデルの現在の値の読取り専用ビューを表示する、より特殊なエディタの単純な基底クラス。
    static class 
    モデルがSpinnerListModelであるJSpinnerのエディタ。
    static class 
    モデルがSpinnerNumberModelであるJSpinnerのエディタ。
    class 
    JSplitPaneは、2つ(2つだけ)のComponentを分割するために使用されます。
    class 
    指定されたタイトルやアイコンを持つタブをクリックすることにより、ユーザーがコンポーネントのグループを切り替えられるようにするコンポーネントです。
    class 
    JTableは、セルの通常の2次元テーブルを表示および編集するために使用されます。
    class 
    JTextAreaは、プレーン・テキストを表示する複数行の領域です。
    class 
    JTextFieldは、1行のテキストの編集を可能にする軽量コンポーネントです。
    class 
    グラフィックで表現される属性でマークアップできるテキスト・コンポーネントです。
    class 
    2つの状態を持つボタンの実装です。
    class 
    JToolBarは、一般的に使用されるActionまたはコントロールを表示するのに役立つコンポーネントを提供します。
    static class 
    ツールバー独自のセパレータです。
    class 
    Componentの「ヒント」を表示するために使います。
    class 
    階層データのセットをアウトラインとして表示するコントロール。
    class 
    ベースとなる情報を見るために使用する「ビュー・ポート(窓)」です。
    class 
    JWindowは、ユーザーのデスクトップ上のどこにでも表示できるコンテナです。
    Containerとして宣言されているjavax.swingのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    protected Container
    JRootPane.contentPane
    コンテンツ・ペインです。
    Containerを返すjavax.swingのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    protected Container
    JRootPane.createContentPane()
    デフォルトのcontentPaneを作成するために、コンストラクタ・メソッドから呼び出されます。
    static Container
    SwingUtilities.getAncestorNamed(String name, Component comp)
    コンポーネント階層内のcompの上位を検索するための簡易メソッドであり、見つかったnameの最初のオブジェクトを返します。
    static Container
    SwingUtilities.getAncestorOfClass(Class<?> c, Component comp)
    コンポーネント階層内のcompの上位を検索するための簡易メソッドであり、見つかったクラスcの最初のオブジェクトを返します。
    JApplet.getContentPane()
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアプレットのcontentPaneオブジェクトを返します。
    JDialog.getContentPane()
    このダイアログのcontentPaneオブジェクトを返します。
    このフレームのcontentPaneオブジェクトを返します。
    JInternalFrame.getContentPane()
    この内部フレームのコンテンツ・ペインを返します。
    JRootPane.getContentPane()
    ルート・ペインが親になるコンポーネントを保持するコンテナである、コンテンツ・ペインを返します。
    JWindow.getContentPane()
    このウィンドウのcontentPaneであるContainerを返します。
    RootPaneContainer.getContentPane()
    contentPaneを返します。
    final Container
    JInternalFrame.getFocusCycleRootAncestor()
    JInternalFrameは常にフォーカス・トラバーサル・サイクルのルートである必要があるため、常にnullを返します。
    final Container
    BoxLayout.getTarget()
    このレイアウト・マネージャを使用するコンテナを返します。
    final Container
    OverlayLayout.getTarget()
    このレイアウト・マネージャを使用するコンテナを返します。
    JComponent.getTopLevelAncestor()
    このコンポーネントのトップ・レベル祖先(含んでいるWindowまたはApplet)を返します。このコンポーネントがどのコンテナにも追加されていない場合はnullを返します。
    static Container
    SwingUtilities.getUnwrappedParent(Component component)
    JLayerのインスタンスではない、componentの最初の祖先を返します。
    Container型のパラメータを持つjavax.swingのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    DefaultFocusManager.getComponentAfter(Container aContainer, Component aComponent)
    後のコンポーネントを返します。
    LayoutFocusTraversalPolicy.getComponentAfter(Container aContainer, Component aComponent)
    aComponentのあとでフォーカスを受け取るComponentを返します。
    SortingFocusTraversalPolicy.getComponentAfter(Container aContainer, Component aComponent)
    aComponentのあとでフォーカスを受け取るComponentを返します。
    DefaultFocusManager.getComponentBefore(Container aContainer, Component aComponent)
    前のコンポーネントを返します。
    LayoutFocusTraversalPolicy.getComponentBefore(Container aContainer, Component aComponent)
    aComponentの前にフォーカスを受け取るComponentを返します。
    SortingFocusTraversalPolicy.getComponentBefore(Container aContainer, Component aComponent)
    aComponentの前にフォーカスを受け取るComponentを返します。
    abstract int
    LayoutStyle.getContainerGap(JComponent component, int position, Container parent)
    コンポーネントからその親の指定された端までのスペースの量を返します。
    SortingFocusTraversalPolicy.getDefaultComponent(Container aContainer)
    フォーカスするデフォルトのComponentを返します。
    DefaultFocusManager.getFirstComponent(Container aContainer)
    最初のコンポーネントを返します。
    LayoutFocusTraversalPolicy.getFirstComponent(Container aContainer)
    トラバーサル・サイクルの最初のComponentを返します。
    SortingFocusTraversalPolicy.getFirstComponent(Container aContainer)
    トラバーサル・サイクルの最初のComponentを返します。
    DefaultFocusManager.getLastComponent(Container aContainer)
    最後のコンポーネントを返します。
    LayoutFocusTraversalPolicy.getLastComponent(Container aContainer)
    トラバーサル・サイクルの最後のComponentを返します。
    SortingFocusTraversalPolicy.getLastComponent(Container aContainer)
    トラバーサル・サイクルの最後のComponentを返します。
    float
    BoxLayout.getLayoutAlignmentX(Container target)
    コンテナのX軸方向の配置を返します。
    float
    GroupLayout.getLayoutAlignmentX(Container parent)
    x軸方向の配置を返します。
    float
    JRootPane.RootLayout.getLayoutAlignmentX(Container target)
     
    float
    OverlayLayout.getLayoutAlignmentX(Container target)
    コンテナのx軸方向の配置を返します。
    float
    0.5f (中央揃え)を返します。
    float
    BoxLayout.getLayoutAlignmentY(Container target)
    コンテナのY軸方向の配置を返します。
    float
    GroupLayout.getLayoutAlignmentY(Container parent)
    y軸方向の配置を返します。
    float
    JRootPane.RootLayout.getLayoutAlignmentY(Container target)
     
    float
    OverlayLayout.getLayoutAlignmentY(Container target)
    コンテナのy軸方向の配置を返します。
    float
    0.5f (中央揃え)を返します。
    abstract int
    LayoutStyle.getPreferredGap(JComponent component1, JComponent component2, LayoutStyle.ComponentPlacement type, int position, Container parent)
    2つのコンポーネント間のスペースの量を返します。
    void
    BoxLayout.invalidateLayout(Container target)
    子のレイアウト関連情報が変更されたことを示します。キャッシュされていた計算はすべてフラッシュされます。
    void
    GroupLayout.invalidateLayout(Container parent)
    レイアウトを無効にします。このとき、レイアウト・マネージャが情報をキャッシュしていればそれを破棄します。
    void
    JRootPane.RootLayout.invalidateLayout(Container target)
     
    void
    OverlayLayout.invalidateLayout(Container target)
    子がレイアウト関連情報を変更し、それによってキャッシュされていた計算がフラッシュされたことを示します。
    void
    SpringLayout.invalidateLayout(Container p)
     
    void
    BoxLayout.layoutContainer(Container target)
    指定されたコンテナを配置する必要があるときにAWT によって呼び出されます。
    void
    GroupLayout.layoutContainer(Container parent)
    指定されたコンテナを配置します。
    void
    JRootPane.RootLayout.layoutContainer(Container parent)
    レイアウト・マネージャに、指定されたコンテナのレイアウトを実行するように指示します。
    void
    JSpinner.DefaultEditor.layoutContainer(Container parent)
    唯一の子が親イン・セット内の領域に完全に収まるようにサイズを変更します。
    void
    OverlayLayout.layoutContainer(Container target)
    指定されたコンテナを配置する必要があるときにAWTによって呼び出されます。
    void
    ScrollPaneLayout.layoutContainer(Container parent)
    スクロール・ペインを配置します。
    void
    SpringLayout.layoutContainer(Container parent)
     
    void
    ViewportLayout.layoutContainer(Container parent)
    指定されたコンテナを配置する必要があるときにAWTによって呼び出されます。
    BoxLayout.maximumLayoutSize(Container target)
    ターゲット・コンテナに含まれているコンポーネントをレイアウトするときに使用できる、最大の寸法を返します。
    GroupLayout.maximumLayoutSize(Container parent)
    指定のコンテナの最大サイズを返します。
    JRootPane.RootLayout.maximumLayoutSize(Container target)
    レイアウトが使用できるスペースの最大量を返します。
    OverlayLayout.maximumLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナに含まれているコンポーネントのレイアウトに必要な最大寸法を返します。
    SpringLayout.maximumLayoutSize(Container parent)
     
    BoxLayout.minimumLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナに含まれているコンポーネントのレイアウトに必要な最小寸法を返します。
    GroupLayout.minimumLayoutSize(Container parent)
    指定のコンテナの最小サイズを返します。
    JRootPane.RootLayout.minimumLayoutSize(Container parent)
    レイアウトに必要なスペースの最小量を返します。
    JSpinner.DefaultEditor.minimumLayoutSize(Container parent)
    最初で唯一の子の最小サイズおよび親イン・セットのサイズを返します。
    OverlayLayout.minimumLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナに含まれているコンポーネントのレイアウトに必要な最小寸法を返します。
    ScrollPaneLayout.minimumLayoutSize(Container parent)
    ScrollPaneの最小サイズは、イン・セットのサイズに、ビュー・ポートの最小サイズ、スクロール・ペインのviewportBorderイン・セット、可視ヘッダーの最小サイズ、およびdisplayPolicyがNEVERではないスクロール・バーの最小サイズを加えた値です。
    SpringLayout.minimumLayoutSize(Container parent)
     
    ViewportLayout.minimumLayoutSize(Container parent)
    指定されたターゲット・コンテナに含まれるコンポーネントのレイアウトに必要な最小寸法を返します。
    void
    CellRendererPane.paintComponent(Graphics g, Component c, Container p, int x, int y, int w, int h)
    this.paintComponent(g, c, p, x, y, w, h, false)を呼び出します。
    void
    CellRendererPane.paintComponent(Graphics g, Component c, Container p, int x, int y, int w, int h, boolean shouldValidate)
    セル・レンダラ・コンポーネントcをグラフィックス・オブジェクトgにペイントします。
    void
    CellRendererPane.paintComponent(Graphics g, Component c, Container p, Rectangle r)
    this.paintComponent(g, c, p, r.x, r.y, r.width, r.height)をコールします。rは入力Rectangleパラメータです。
    static void
    SwingUtilities.paintComponent(Graphics g, Component c, Container p, int x, int y, int w, int h)
    指定されたGraphicsで、コンポーネントをペイントします。
    static void
    指定されたGraphicsで、コンポーネントをペイントします。
    BoxLayout.preferredLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナ内にコンポーネントがある場合に、このレイアウトの推奨サイズを返します。
    GroupLayout.preferredLayoutSize(Container parent)
    指定のコンテナの適切なサイズを返します。
    JRootPane.RootLayout.preferredLayoutSize(Container parent)
    レイアウトの推奨スペース量を返します。
    JSpinner.DefaultEditor.preferredLayoutSize(Container parent)
    最初で唯一の子の適切なサイズおよび親イン・セットのサイズを返します。
    OverlayLayout.preferredLayoutSize(Container target)
    指定されたターゲット・コンテナ内にコンポーネントが含まれている場合の、このレイアウトの推奨寸法を返します。
    ScrollPaneLayout.preferredLayoutSize(Container parent)
    ScrollPaneの推奨サイズは、イン・セットのサイズに、ビュー・ポートの推奨サイズ、可視ヘッダーの優先サイズ、および現在のビューと現在のスクロール・バーのdisplayPoliciesで表示されるスクロール・バーの推奨サイズを加えた値です。
    SpringLayout.preferredLayoutSize(Container parent)
     
    ViewportLayout.preferredLayoutSize(Container parent)
    指定されたターゲット・コンテナ内にコンポーネントが含まれている場合の、このレイアウトの推奨寸法を返します。
    void
    JApplet.setContentPane(Container contentPane)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    contentPaneプロパティを設定します。
    void
    JDialog.setContentPane(Container contentPane)
    contentPaneプロパティを設定します。
    void
    JFrame.setContentPane(Container contentPane)
    contentPaneプロパティを設定します。
    void
    JInternalFrame.setContentPane(Container c)
    このJInternalFramecontentPaneプロパティを設定します。
    void
    JRootPane.setContentPane(Container content)
    ルート・ペインが親になるコンポーネントを保持するコンテナである、コンテンツ・ペインを設定します。
    void
    JWindow.setContentPane(Container contentPane)
    このウィンドウのcontentPaneプロパティを設定します。
    void
    RootPaneContainer.setContentPane(Container contentPane)
    「contentPane」は、アプリケーション固有のコンポーネントのプライマリ・コンテナです。
    Container型のパラメータを持つjavax.swingのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    BoxLayout(Container target, int axis)
    コンポーネントを指定された軸方向に配置するレイアウト・マネージャを生成します。
     
    指定されたContainerGroupLayoutを作成します。
     
    子のオーバーレイ整列を実行するレイアウト・マネージャを構築します。
  • javax.swing.colorchooserでのContainerの使用

    javax.swing.colorchooserでのContainerのサブクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    カラー・チューザの抽象スーパー・クラスです。
  • javax.swing.eventでのContainerの使用

    Containerを返すjavax.swing.eventのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    AncestorEvent.getAncestor()
    イベントが実際に発生した祖先を返します。
    AncestorEvent.getAncestorParent()
    イベントが実際に発生した祖先の親を返します。
    Container型のパラメータを持つjavax.swing.eventのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    AncestorEvent(JComponent source, int id, Container ancestor, Container ancestorParent)
    祖先コンポーネントの表示ステータスの変更を識別する、AncestorEventオブジェクトを構築します。
  • javax.swing.plaf.basicでのContainerの使用

    javax.swing.plaf.basicでのContainerのサブクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    基本方向のいずれかにスケーリングされる矢印を描画するJButtonオブジェクトです。
    class 
    ComboBoxレンダラです
    static class 
    UIResourceを実装するBasicComboBoxRendererのサブクラスです。
    class 
    これは、ComboPopupインタフェースの基本的な実装です。
    class 
    基本のタイトル・バーを管理するクラス
    class 
    このクラスは、「protected」内部クラスとして扱うようにしてください。
    class 
    BasicSplitPaneUIで使われるディバイダです。
    protected class 
    JToolBarをドラッグしている間に表示されるウィンドウ。
    Containerを返すjavax.swing.plaf.basicのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    protected Container
    BasicOptionPaneUI.createButtonArea()
    ボタンを含むContainerを作成して返します。
    protected Container
    BasicOptionPaneUI.createMessageArea()
    メッセージの本文を含むContainerを作成するためにinstallComponentsからメッセージされます。
    protected Container
    BasicOptionPaneUI.createSeparator()
    セパレータを返します。
    Container型のパラメータを持つjavax.swing.plaf.basicのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    protected void
    BasicOptionPaneUI.addButtonComponents(Container container, Object[] buttons, int initialIndex)
    buttons内の各オブジェクトを表す適切なオブジェクトを作成し、それをcontainerに追加します。
    protected void
    BasicOptionPaneUI.addIcon(Container top)
    getIconから返されたアイコンを表すJLabelを作成して、topに追加します。
    protected void
    BasicOptionPaneUI.addMessageComponents(Container container, GridBagConstraints cons, Object msg, int maxll, boolean internallyCreated)
    msgを表す適切なオブジェクトを作成し、それをcontainerに配置します。
    protected void
    BasicOptionPaneUI.burstStringInto(Container c, String d, int maxll)
    dを表す新しいJLabelインスタンスを再帰的に作成します。
    float
    BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager.getLayoutAlignmentX(Container target)
    x軸方向の配置を返します。
    float
    BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager.getLayoutAlignmentY(Container target)
    y軸方向の配置を返します。
    void
    BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager.invalidateLayout(Container c)
    何も行いません。
    void
    BasicComboBoxUI.ComboBoxLayoutManager.layoutContainer(Container parent)
     
    void
    BasicInternalFrameTitlePane.TitlePaneLayout.layoutContainer(Container c)
     
    void
    BasicInternalFrameUI.InternalFrameLayout.layoutContainer(Container c)
    指定されたコンテナを配置します。
    void
    BasicOptionPaneUI.ButtonAreaLayout.layoutContainer(Container container)
     
    void
    BasicScrollBarUI.layoutContainer(Container scrollbarContainer)
     
    void
    BasicSplitPaneDivider.DividerLayout.layoutContainer(Container c)
     
    void
    BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager.layoutContainer(Container container)
    実際のレイアウトを行います。
    void
    BasicTabbedPaneUI.TabbedPaneLayout.layoutContainer(Container parent)
    指定されたコンテナを配置します。
    BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager.maximumLayoutSize(Container target)
    最大のレイアウト・サイズを返します。両方向ともInteger.MAX_VALUEです。
    BasicComboBoxUI.ComboBoxLayoutManager.minimumLayoutSize(Container parent)
     
    BasicInternalFrameTitlePane.TitlePaneLayout.minimumLayoutSize(Container c)
     
    BasicInternalFrameUI.InternalFrameLayout.minimumLayoutSize(Container c)
    指定されたコンテナに含まれているコンポーネントを基に、コンテナの最小サイズを計算します。
    BasicOptionPaneUI.ButtonAreaLayout.minimumLayoutSize(Container c)
     
    BasicScrollBarUI.minimumLayoutSize(Container scrollbarContainer)
     
    BasicSplitPaneDivider.DividerLayout.minimumLayoutSize(Container c)
     
    BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager.minimumLayoutSize(Container container)
    子を含めるために必要な最小サイズを返します。
    BasicTabbedPaneUI.TabbedPaneLayout.minimumLayoutSize(Container parent)
     
    BasicComboBoxUI.ComboBoxLayoutManager.preferredLayoutSize(Container parent)
     
    BasicInternalFrameTitlePane.TitlePaneLayout.preferredLayoutSize(Container c)
     
    BasicInternalFrameUI.InternalFrameLayout.preferredLayoutSize(Container c)
    指定されたコンテナに含まれているコンポーネントを基に、コンテナの推奨サイズを計算します。
    BasicOptionPaneUI.ButtonAreaLayout.preferredLayoutSize(Container c)
     
    BasicScrollBarUI.preferredLayoutSize(Container scrollbarContainer)
     
    BasicSplitPaneDivider.DividerLayout.preferredLayoutSize(Container c)
     
    BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager.preferredLayoutSize(Container container)
    子を含めるために必要な推奨サイズを返します。
    BasicTabbedPaneUI.TabbedPaneLayout.preferredLayoutSize(Container parent)
     
    Container型のパラメータを持つjavax.swing.plaf.basicのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    DefaultMenuLayout(Container target, int axis)
    DefaultMenuLayoutの新しいインスタンスを構築します。
  • javax.swing.plaf.metalでのContainerの使用

    javax.swing.plaf.metalでのContainerのサブクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    MetalComboBoxUIを補助するJButtonサブクラス
    class 
    非推奨。
    Java 2プラットフォームv1.4以降使われていません。
    protected class 
    非推奨。
    JDK version 9以降
    class 
    各種のサイズおよびスタイルをレンダリングします。
    class 
    JLF仕様のタイトル・バーを管理するクラスです。
    class 
    Metalスクロール・バー矢印用のJButtonオブジェクトです。
    Container型のパラメータを持つjavax.swing.plaf.metalのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    void
    parentコンテナ内のJComboBoxを配置します。
    void
    MetalComboBoxUI.MetalComboBoxLayoutManager.superLayout(Container parent)
    親コンテナを配置します。
  • javax.swing.plaf.synthでのContainerの使用

    Containerを返すjavax.swing.plaf.synthのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    protected Container
    SynthOptionPaneUI.createMessageArea()
    BasicOptionPaneUI.installComponents()から呼び出され、メッセージの本文を含むContainerを作成します。
  • javax.swing.tableでのContainerの使用

    javax.swing.tableでのContainerのサブクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    JTable内の個々のセルをレンダリング(表示)するための標準クラス。
    static class 
    UIResourceを実装するDefaultTableCellRendererのサブクラス。
    class 
    これは、JTableのヘッダーを管理するオブジェクトです。
  • javax.swing.textでのContainerの使用

    javax.swing.textでのContainerのサブクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    JTextComponentは、Swingテキスト・コンポーネントのための基底クラスです。
    Containerを返すjavax.swing.textのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ビューを収容するコンテナを取得します。
  • javax.swing.treeでのContainerの使用

    javax.swing.treeでのContainerのサブクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    エディタが提供されない場合に使用されるTextField
    class 
    editingComponentを配置するコンテナ。
    class 
    ツリーのエントリを表示します。
    Containerとして宣言されているjavax.swing.treeのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    protected Container
    DefaultTreeCellEditor.editingContainer
    編集コンテナ、editorComponentを含みます。
    Containerを返すjavax.swing.treeのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    protected Container
    DefaultTreeCellEditor.createContainer()
    editingComponentの配置を管理するコンテナを作成します。