モジュール java.base
パッケージ java.util

クラスTreeSet<E>

型パラメータ:
E - このセットで保持される要素の型
すべての実装されたインタフェース:
Serializable, Cloneable, Iterable<E>, Collection<E>, NavigableSet<E>, Set<E>, SortedSet<E>

public class TreeSet<E> extends AbstractSet<E> implements NavigableSet<E>, Cloneable, Serializable
TreeMapに基づくNavigableSet実装です。 要素の順序付けは、自然順序付けを使って行われるか、セット構築時に提供されるComparatorを使って行われます。そのどちらになるかは、使用するコンストラクタによって決まります。

この実装は、基本オペレーション(addremove、およびcontains)に保証済みのlog(n)時間コストを提供します。

あるセットがSetインタフェースを正しく実装するには、明示的なコンパレータが提供されているかどうかにかかわらず、そのセットによって維持される順序付けがequalsとの一貫性のあるものでなければいけないことに注意してください。 (equalsとの一貫性の正確な定義については、ComparableまたはComparatorを参照してください。) これはSetインタフェースがequalsオペレーションに基づいて定義されるためですが、TreeSetインスタンスはそのcompareToメソッドまたはcompareメソッドを使用してすべての要素比較を実行するので、このメソッドによって等価と見なされる2つの要素は、セットの見地からすれば同じものです。 セットの動作は、その順序付けがequalsと一貫性がない場合でも明確に定義されていますが、Setインタフェースの一般規約には準拠していません。

この実装はsynchronizedされません。 複数のスレッドが並行してツリー・セットにアクセスし、それらのスレッドの少なくとも1つがセットを変更する場合には、外部で同期をとる必要があります これは通常、セットを自然にカプセル化する一部のオブジェクトでsynchronizedすることによって達成されます。 そのようなオブジェクトが存在しない場合は、Collections.synchronizedSortedSetメソッドを使用してセットを「ラップ」することをお薦めします。 セットが誤ってsynchronizedなしでアクセスされるのを防ぐために、作成時に行うことをお薦めします。

   SortedSet s = Collections.synchronizedSortedSet(new TreeSet(...));

このクラスのiteratorメソッドによって返されるイテレータは、フェイルファストです。イテレータの作成後に、イテレータ自体のremoveメソッド以外の方法でセットが変更されると、イテレータはConcurrentModificationExceptionをスローします。 このように、並行して変更が行われると、イテレータは、将来の予測できない時点において予測できない動作が発生する危険を回避するために、ただちにかつ手際よく例外をスローします。

通常、非同期の並行変更がある場合、確かな保証を行うことは不可能なので、イテレータのフェイルファストの動作を保証することはできません。 フェイルファスト・イテレータは、ベスト・エフォート・ベースでConcurrentModificationExceptionをスローします。 したがって、正確を期すためにこの例外に依存するプログラムを書くことは誤りです。イテレータのフェイルファストの動作はバグを検出するためにのみ使用すべきです。

このクラスは、Java Collections Frameworkのメンバーです。

導入されたバージョン:
1.2
関連項目:
  • コンストラクタのサマリー

    コンストラクタ
    コンストラクタ
    説明
    要素の自然順序付けに従ってソートされた、新しい空のツリー・セットを作成します。
    TreeSet(Collection<? extends E> c)
    指定されたコレクション内の要素を持ち、その要素の自然順序付けに従ってソートされた新しいツリー・セットを作成します。
    TreeSet(Comparator<? super E> comparator)
    指定されたコンパレータに従ってソートされた、新しい空のツリー・セットを作成します。
    指定されたソート・セットと同じ要素を持ち、同じ順序付けを使用する新しいツリー・セットを作成します。
  • メソッドのサマリー

    修飾子と型
    メソッド
    説明
    boolean
    add(E e)
    指定された要素がセットの要素として存在しない場合に、その要素をセットに追加します。
    boolean
    addAll(Collection<? extends E> c)
    指定されたコレクション内のすべての要素をセットに追加します。
    このセット内で、指定された要素と等しいかそれよりも大きい要素の中で最小のものを返します。そのような要素が存在しない場合はnullを返します。
    void
    すべての要素をセットから削除します。
    TreeSetのインスタンスのシャロー・コピーを返します。
    Comparator<? super E>
    このセット内の要素を順序付けするために使うコンパレータを返します。ただし、このセットがその要素の自然順序付けを使う場合はnullを返します。
    boolean
    指定された要素がこのセットに含まれている場合にtrueを返します。
    このセットの要素のイテレータを降順で返します。
    このセットに含まれる要素の逆順のビューを返します。
    セット内に現在ある最初(下端)の要素を返します。
    floor(E e)
    このセット内で、指定された要素と等しいかそれよりも小さい要素の中で最大のものを返します。そのような要素が存在しない場合はnullを返します。
    headSet(E toElement)
    このセットのtoElementよりも確実に小さい要素を持つ部分のビューを返します。
    headSet(E toElement, boolean inclusive)
    このセットのtoElementよりも小さい要素(inclusiveがtrueの場合はそれよりも小さいかそれと等しい要素)を含む部分のビューを返します。
    higher(E e)
    このセット内で、指定された要素よりも確実に大きい要素の中で最小のものを返します。そのような要素が存在しない場合はnullを返します。
    boolean
    このセットに要素が1つも含まれていない場合にtrueを返します。
    このセットの要素のイテレータを昇順で返します。
    セット内に現在ある最後(上端)の要素を返します。
    lower(E e)
    このセット内で、指定された要素よりも確実に小さい要素の中で最大のものを返します。そのような要素が存在しない場合はnullを返します。
    最初(下端)の要素を取得して削除します。このセットが空の場合はnullを返します。
    最後(上端)の要素を取得して削除します。このセットが空の場合はnullを返します。
    boolean
    指定された要素がこのセットに存在する場合に、要素をセットから削除します。
    int
    セット内の要素数(そのカーディナリティ)を返します。
    このセット内の要素に対する遅延バインディングおよびフェイルファスト Spliteratorを作成します。
    subSet(E fromElement, boolean fromInclusive, E toElement, boolean toInclusive)
    このセットのfromElement - toElementの要素範囲を持つ部分のビューを返します。
    subSet(E fromElement, E toElement)
    このセットのfromElement (これを含む) - toElement (これを含まない)の要素範囲を持つ部分のビューを返します。
    tailSet(E fromElement)
    このセットのfromElementに等しいかそれよりも大きい要素を持つ部分のビューを返します。
    tailSet(E fromElement, boolean inclusive)
    このセットのfromElementよりも大きい要素(inclusiveがtrueの場合はそれよりも大きいかそれと等しい要素)を含む部分のビューを返します。

    クラス java.util.AbstractSetで宣言されたメソッド

    equals, hashCode, removeAll

    クラス java.util.AbstractCollectionで宣言されたメソッド

    containsAll, retainAll, toArray, toArray, toString

    クラス java.lang.Objectで宣言されたメソッド

    finalize, getClass, notify, notifyAll, wait, wait, wait

    インタフェース java.util.Collectionで宣言されたメソッド

    parallelStream, removeIf, stream, toArray

    インタフェース java.lang.Iterableで宣言されたメソッド

    forEach

    インタフェース java.util.Setで宣言されたメソッド

    containsAll, equals, hashCode, removeAll, retainAll, toArray, toArray
  • コンストラクタの詳細

    • TreeSet

      public TreeSet()
      要素の自然順序付けに従ってソートされた、新しい空のツリー・セットを作成します。 このセットに挿入される要素はすべてComparableインタフェースを実装する必要があります。 さらに、各要素は相互に比較可能である必要があります。つまり、e1.compareTo(e2)は、セット内のe1e2のどの要素に対してもClassCastExceptionをスローすべきではありません。 たとえば、要素が整数のセットに文字列要素を追加しようとするなど、ユーザーがこの制約に違反する要素をセットに追加しようとすると、addの呼出しがClassCastExceptionをスローします。
    • TreeSet

      public TreeSet(Comparator<? super E> comparator)
      指定されたコンパレータに従ってソートされた、新しい空のツリー・セットを作成します。 セットに挿入されたすべての要素は、指定されたコンパレータによって相互に比較可能である必要があります。つまり、セット内の任意の要素e1e2に対して、comparator.compare(e1, e2)ClassCastExceptionをスローしてはいけません。 ユーザーがこの制約に違反する要素をセットに追加しようとすると、addの呼出しがClassCastExceptionをスローします。
      パラメータ:
      comparator - このセットの順序付けを行うために使用されるコンパレータ。 nullの場合、要素の自然順序付けが使用される。
    • TreeSet

      public TreeSet(Collection<? extends E> c)
      指定されたコレクション内の要素を持ち、その要素の自然順序付けに従ってソートされた新しいツリー・セットを作成します。 このセットに挿入される要素はすべてComparableインタフェースを実装する必要があります。 さらに、各要素は相互に比較可能である必要があります。つまり、e1.compareTo(e2)は、セット内のe1e2のどの要素に対してもClassCastExceptionをスローすべきではありません。
      パラメータ:
      c - 新しいセットを構成する要素からなるコレクション
      例外:
      ClassCastException - c内の要素がComparableでないか、または相互に比較可能でない場合
      NullPointerException - 指定されたコレクションがnullである場合
    • TreeSet

      public TreeSet(SortedSet<E> s)
      指定されたソート・セットと同じ要素を持ち、同じ順序付けを使用する新しいツリー・セットを作成します。
      パラメータ:
      s - 新しいセットを構成する要素からなるソート・セット
      例外:
      NullPointerException - 指定されたソート・セットがnullの場合
  • メソッドの詳細

    • iterator

      public Iterator<E> iterator()
      このセットの要素のイテレータを昇順で返します。
      定義:
      iterator、インタフェースCollection<E>
      定義:
      iterator、インタフェースIterable<E>
      定義:
      iterator、インタフェースNavigableSet<E>
      定義:
      iterator、インタフェースSet<E>
      定義:
      iterator、クラスAbstractCollection<E>
      戻り値:
      昇順の、このセットの要素のイテレータ
    • descendingIterator

      public Iterator<E> descendingIterator()
      このセットの要素のイテレータを降順で返します。
      定義:
      descendingIterator、インタフェースNavigableSet<E>
      戻り値:
      降順の、このセットの要素のイテレータ
      導入されたバージョン:
      1.6
    • descendingSet

      public NavigableSet<E> descendingSet()
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセットに含まれる要素の逆順のビューを返します。 降順セットはこのセットに連動しており、このセットでの変更は降順セットに反映され、その逆の場合も同様です。 いずれかのセットの反復処理中にいずれかのセットが変更された場合、反復処理の結果は定義されていません(イテレータ自身のremoveオペレーションを除く)。

      返されるセットの順序付けは、Collections.reverseOrder(comparator())と同等になります。 s.descendingSet().descendingSet()から返されるsのビューは基本的にsと同等になります。

      定義:
      descendingSet、インタフェースNavigableSet<E>
      戻り値:
      このセットの逆順のビュー
      導入されたバージョン:
      1.6
    • size

      public int size()
      セット内の要素数(そのカーディナリティ)を返します。
      定義:
      size、インタフェースCollection<E>
      定義:
      size、インタフェースSet<E>
      戻り値:
      セット内の要素数(そのカーディナリティ)
    • isEmpty

      public boolean isEmpty()
      このセットに要素が1つも含まれていない場合にtrueを返します。
      定義:
      isEmpty、インタフェースCollection<E>
      定義:
      isEmpty、インタフェースSet<E>
      オーバーライド:
      isEmpty、クラスAbstractCollection<E>
      戻り値:
      セットに要素がない場合はtrue
    • contains

      public boolean contains(Object o)
      指定された要素がこのセットに含まれている場合にtrueを返します。 より正式には、このセットにObjects.equals(o, e)のような要素eが含まれている場合に限り、trueを返します。
      定義:
      contains、インタフェースCollection<E>
      定義:
      contains、インタフェースSet<E>
      オーバーライド:
      contains、クラスAbstractCollection<E>
      パラメータ:
      o - このセットに含まれているかどうかがチェックされるオブジェクト
      戻り値:
      指定された要素がこのセットに含まれている場合はtrue
      例外:
      ClassCastException - 指定されたオブジェクトがセット内に現在ある要素と比較可能でない場合
      NullPointerException - 指定された要素がnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
    • add

      public boolean add(E e)
      指定された要素がセットの要素として存在しない場合に、その要素をセットに追加します。 より正式には、Objects.equals(e, e2)のような要素e2がセットに含まれていない場合、指定された要素eをこのセットに追加します。 このセット内にすでにその要素が含まれている場合、この呼出しはセットを変更せずにfalseを返します。
      定義:
      add、インタフェースCollection<E>
      定義:
      add、インタフェースSet<E>
      オーバーライド:
      add、クラスAbstractCollection<E>
      パラメータ:
      e - このセットに追加される要素
      戻り値:
      このセット内に、指定された要素がなかった場合はtrue
      例外:
      ClassCastException - 指定されたオブジェクトがこのセット内に現在ある要素と比較できない場合
      NullPointerException - 指定された要素がnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
    • remove

      public boolean remove(Object o)
      指定された要素がこのセットに存在する場合に、要素をセットから削除します。 より正式には、Objects.equals(o, e)(このセットにこのような要素が含まれている場合)のような要素eを削除します。 その要素がこのセットに含まれていた場合、つまり、呼出しの結果としてこのセットが変更された場合はtrueを返します。 呼出しが復帰したあとは、このセットはその要素を持っていません。
      定義:
      remove、インタフェースCollection<E>
      定義:
      remove、インタフェースSet<E>
      オーバーライド:
      remove、クラスAbstractCollection<E>
      パラメータ:
      o - このセットから削除されるオブジェクト(そのオブジェクトが存在する場合)
      戻り値:
      指定された要素がこのセットに含まれていた場合はtrue
      例外:
      ClassCastException - 指定されたオブジェクトがこのセット内に現在ある要素と比較できない場合
      NullPointerException - 指定された要素がnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
    • clear

      public void clear()
      すべての要素をセットから削除します。 この呼出しが戻ると、セットは空になります。
      定義:
      clear、インタフェースCollection<E>
      定義:
      clear、インタフェースSet<E>
      オーバーライド:
      clear、クラスAbstractCollection<E>
    • addAll

      public boolean addAll(Collection<? extends E> c)
      指定されたコレクション内のすべての要素をセットに追加します。
      定義:
      addAll、インタフェースCollection<E>
      定義:
      addAll、インタフェースSet<E>
      オーバーライド:
      addAll、クラスAbstractCollection<E>
      パラメータ:
      c - このセットに追加される要素を含むコレクション
      戻り値:
      呼出しの結果としてこのセットが変更された場合はtrue
      例外:
      ClassCastException -指定された要素がセット内に現在ある要素と比較可能でない場合
      NullPointerException - 指定されたコレクションがnullである場合、またはある任意の要素がnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      関連項目:
    • subSet

      public NavigableSet<E> subSet(E fromElement, boolean fromInclusive, E toElement, boolean toInclusive)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセットのfromElement - toElementの要素範囲を持つ部分のビューを返します。 fromElementtoElementが等しい場合、返されるセットは、 fromInclusivetoInclusiveの両方がtrueでないかぎり、空になります。 返されるセットはこのセットに連動しており、返されるセットでの変更はこのセットに反映され、その逆の場合も同様です。 返されるセットは、このセットがサポートする任意のセット・オペレーションをすべてサポートします。

      返されるセットは、その範囲外の要素が挿入されようとすると、IllegalArgumentExceptionをスローします。

      定義:
      subSet、インタフェースNavigableSet<E>
      パラメータ:
      fromElement - 返されるセットの下端点
      fromInclusive - 返されるビューに下端点が含まれる場合はtrue
      toElement - 返されるセットの上端点
      toInclusive - 返されるビューに上端点が含まれる場合はtrue
      戻り値:
      このセットのfromElement (これを含む) - toElement (これを含まない)の要素範囲を持つ部分のビュー
      例外:
      ClassCastException - このセットのコンパレータを使用して(このセットがコンパレータを持たない場合は自然順序付けを使用して)、fromElementtoElementを相互に比較できない場合。 実装は、セット内に現在存在している要素とfromElementまたはtoElementとを比較できない場合にこの例外をスローできる。ただし、必須ではない。
      NullPointerException - fromElementまたはtoElementがnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      IllegalArgumentException - fromElementtoElementよりも大きい場合、またはこのセット自体が制限された範囲を持っており、fromElementまたはtoElementがその範囲から外れている場合
      導入されたバージョン:
      1.6
    • headSet

      public NavigableSet<E> headSet(E toElement, boolean inclusive)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセットのtoElementよりも小さい要素(inclusiveがtrueの場合はそれよりも小さいかそれと等しい要素)を含む部分のビューを返します。 返されるセットはこのセットに連動しており、返されるセットでの変更はこのセットに反映され、その逆の場合も同様です。 返されるセットは、このセットがサポートする任意のセット・オペレーションをすべてサポートします。

      返されるセットは、その範囲外の要素が挿入されようとすると、IllegalArgumentExceptionをスローします。

      定義:
      headSet、インタフェースNavigableSet<E>
      パラメータ:
      toElement - 返されるセットの上端点
      inclusive - 返されるビューに上端点が含まれる場合はtrue
      戻り値:
      このセットのtoElementよりも小さい要素(inclusiveがtrueの場合はそれよりも小さいかそれと等しい要素)を含む部分のビュー
      例外:
      ClassCastException - toElementがこのセットのコンパレータと互換性がない場合(または、そのセットがコンパレータを持たない場合、toElementComparableを実装していない場合)。 実装は、セット内に現在存在している要素とtoElementとを比較できない場合にこの例外をスローできる。ただし、必須ではない。
      NullPointerException - toElementがnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      IllegalArgumentException - このセット自体が制限された範囲を持っており、toElementがその範囲から外れている場合
      導入されたバージョン:
      1.6
    • tailSet

      public NavigableSet<E> tailSet(E fromElement, boolean inclusive)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセットのfromElementよりも大きい要素(inclusiveがtrueの場合はそれよりも大きいかそれと等しい要素)を含む部分のビューを返します。 返されるセットはこのセットに連動しており、返されるセットでの変更はこのセットに反映され、その逆の場合も同様です。 返されるセットは、このセットがサポートする任意のセット・オペレーションをすべてサポートします。

      返されるセットは、その範囲外の要素が挿入されようとすると、IllegalArgumentExceptionをスローします。

      定義:
      tailSet、インタフェースNavigableSet<E>
      パラメータ:
      fromElement - 返されるセットの下端点
      inclusive - 返されるビューに下端点が含まれる場合はtrue
      戻り値:
      このセットのfromElementに等しいかそれよりも大きい要素を持つ部分のビュー
      例外:
      ClassCastException - fromElementがこのセットのコンパレータと互換性がない場合(または、そのセットがコンパレータを持たない場合、fromElementComparableを実装していない場合)。 実装は、セット内に現在存在している要素とfromElementとを比較できない場合にこの例外をスローできる。ただし、必須ではない。
      NullPointerException - fromElementがnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      IllegalArgumentException - このセット自体が制限された範囲を持っており、fromElementがその範囲から外れている場合
      導入されたバージョン:
      1.6
    • subSet

      public SortedSet<E> subSet(E fromElement, E toElement)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセットのfromElement (これを含む) - toElement (これを含まない)の要素範囲を持つ部分のビューを返します。 fromElementtoElementが等しい場合は、空のセットが返されます。 返されるセットはこのセットに連動しており、返されるセットでの変更はこのセットに反映され、その逆の場合も同様です。 返されるセットは、このセットがサポートする任意のセット・オペレーションをすべてサポートします。

      返されるセットは、その範囲外の要素が挿入されようとすると、IllegalArgumentExceptionをスローします。

      subSet(fromElement, true, toElement, false)と同等です。

      定義:
      subSet、インタフェースNavigableSet<E>
      定義:
      subSet、インタフェースSortedSet<E>
      パラメータ:
      fromElement - 返されるセットの下端点(これを含む)
      toElement - 返されるセットの上端点(これを含まない)
      戻り値:
      このセットのfromElement (これを含む) - toElement (これを含まない)の要素範囲を持つ部分のビュー
      例外:
      ClassCastException - このセットのコンパレータを使用して(このセットがコンパレータを持たない場合は自然順序付けを使用して)、fromElementtoElementを相互に比較できない場合。 実装は、セット内に現在存在している要素とfromElementまたはtoElementとを比較できない場合にこの例外をスローできる。ただし、必須ではない。
      NullPointerException - fromElementまたはtoElementがnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      IllegalArgumentException - fromElementtoElementよりも大きい場合、またはこのセット自体が制限された範囲を持っており、fromElementまたはtoElementがその範囲から外れている場合
    • headSet

      public SortedSet<E> headSet(E toElement)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセットのtoElementよりも確実に小さい要素を持つ部分のビューを返します。 返されるセットはこのセットに連動しており、返されるセットでの変更はこのセットに反映され、その逆の場合も同様です。 返されるセットは、このセットがサポートする任意のセット・オペレーションをすべてサポートします。

      返されるセットは、その範囲外の要素が挿入されようとすると、IllegalArgumentExceptionをスローします。

      headSet(toElement, false)と同等です。

      定義:
      headSet、インタフェースNavigableSet<E>
      定義:
      headSet、インタフェースSortedSet<E>
      パラメータ:
      toElement - 返されるセットの上端点(これを含まない)
      戻り値:
      このセットのtoElementよりも確実に小さい要素を持つ部分のビュー
      例外:
      ClassCastException - toElementがこのセットのコンパレータと互換性がない場合(または、そのセットがコンパレータを持たない場合、toElementComparableを実装していない場合)。 実装は、セット内に現在存在している要素とtoElementとを比較できない場合にこの例外をスローできる。ただし、必須ではない。
      NullPointerException - toElementがnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      IllegalArgumentException - このセット自体が制限された範囲を持っており、toElementがその範囲から外れている場合
    • tailSet

      public SortedSet<E> tailSet(E fromElement)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセットのfromElementに等しいかそれよりも大きい要素を持つ部分のビューを返します。 返されるセットはこのセットに連動しており、返されるセットでの変更はこのセットに反映され、その逆の場合も同様です。 返されるセットは、このセットがサポートする任意のセット・オペレーションをすべてサポートします。

      返されるセットは、その範囲外の要素が挿入されようとすると、IllegalArgumentExceptionをスローします。

      tailSet(fromElement, true)と同等です。

      定義:
      tailSet、インタフェースNavigableSet<E>
      定義:
      tailSet、インタフェースSortedSet<E>
      パラメータ:
      fromElement - 返されるセットの下端点(これを含む)
      戻り値:
      このセットのfromElementに等しいかそれよりも大きい要素を持つ部分のビュー
      例外:
      ClassCastException - fromElementがこのセットのコンパレータと互換性がない場合(または、そのセットがコンパレータを持たない場合、fromElementComparableを実装していない場合)。 実装は、セット内に現在存在している要素とfromElementとを比較できない場合にこの例外をスローできる。ただし、必須ではない。
      NullPointerException - fromElementがnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      IllegalArgumentException - このセット自体が制限された範囲を持っており、fromElementがその範囲から外れている場合
    • comparator

      public Comparator<? super E> comparator()
      インタフェースからコピーされた説明: SortedSet
      このセット内の要素を順序付けするために使うコンパレータを返します。ただし、このセットがその要素の自然順序付けを使う場合はnullを返します。
      定義:
      comparator、インタフェースSortedSet<E>
      戻り値:
      このセット内の要素を順序付けするのに使うコンパレータ。このセットがその要素の自然順序付けを使う場合はnull
    • first

      public E first()
      インタフェースからコピーされた説明: SortedSet
      セット内に現在ある最初(下端)の要素を返します。
      定義:
      first、インタフェースSortedSet<E>
      戻り値:
      セット内に現在ある最初(下端)の要素
      例外:
      NoSuchElementException - このセットが空の場合
    • last

      public E last()
      インタフェースからコピーされた説明: SortedSet
      セット内に現在ある最後(上端)の要素を返します。
      定義:
      last、インタフェースSortedSet<E>
      戻り値:
      セット内に現在ある最後(上端)の要素
      例外:
      NoSuchElementException - このセットが空の場合
    • lower

      public E lower(E e)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセット内で、指定された要素よりも確実に小さい要素の中で最大のものを返します。そのような要素が存在しない場合はnullを返します。
      定義:
      lower、インタフェースNavigableSet<E>
      パラメータ:
      e - 照合する値
      戻り値:
      eよりも小さい要素の中で最大のもの。そのような要素が存在しない場合はnull
      例外:
      ClassCastException - 指定された要素を、セット内に現在存在している要素と比較できない場合
      NullPointerException - 指定された要素がnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      導入されたバージョン:
      1.6
    • floor

      public E floor(E e)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセット内で、指定された要素と等しいかそれよりも小さい要素の中で最大のものを返します。そのような要素が存在しない場合はnullを返します。
      定義:
      floor、インタフェースNavigableSet<E>
      パラメータ:
      e - 照合する値
      戻り値:
      eと等しいか、それよりも小さい要素の中で最大のもの。そのような要素が存在しない場合はnull
      例外:
      ClassCastException - 指定された要素を、セット内に現在存在している要素と比較できない場合
      NullPointerException - 指定された要素がnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      導入されたバージョン:
      1.6
    • ceiling

      public E ceiling(E e)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセット内で、指定された要素と等しいかそれよりも大きい要素の中で最小のものを返します。そのような要素が存在しない場合はnullを返します。
      定義:
      ceiling、インタフェースNavigableSet<E>
      パラメータ:
      e - 照合する値
      戻り値:
      eと等しいか、それよりも大きい要素の中で最小のもの。そのような要素が存在しない場合はnull
      例外:
      ClassCastException - 指定された要素を、セット内に現在存在している要素と比較できない場合
      NullPointerException - 指定された要素がnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      導入されたバージョン:
      1.6
    • higher

      public E higher(E e)
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      このセット内で、指定された要素よりも確実に大きい要素の中で最小のものを返します。そのような要素が存在しない場合はnullを返します。
      定義:
      higher、インタフェースNavigableSet<E>
      パラメータ:
      e - 照合する値
      戻り値:
      eよりも大きい要素の中で最小のもの。そのような要素が存在しない場合はnull
      例外:
      ClassCastException - 指定された要素を、セット内に現在存在している要素と比較できない場合
      NullPointerException - 指定された要素がnullであり、このセットが自然順序付けを使用しているかそのコンパレータがnull要素を許可しない場合
      導入されたバージョン:
      1.6
    • pollFirst

      public E pollFirst()
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      最初(下端)の要素を取得して削除します。このセットが空の場合はnullを返します。
      定義:
      pollFirst、インタフェースNavigableSet<E>
      戻り値:
      最初の要素。このセットが空の場合はnull
      導入されたバージョン:
      1.6
    • pollLast

      public E pollLast()
      インタフェースからコピーされた説明: NavigableSet
      最後(上端)の要素を取得して削除します。このセットが空の場合はnullを返します。
      定義:
      pollLast、インタフェースNavigableSet<E>
      戻り値:
      最後の要素。このセットが空の場合はnull
      導入されたバージョン:
      1.6
    • clone

      public Object clone()
      TreeSetのインスタンスのシャロー・コピーを返します。 要素自体は複製されません。
      オーバーライド:
      clone、クラスObject
      戻り値:
      このセットのシャロー・コピー
      関連項目:
    • spliterator

      public Spliterator<E> spliterator()
      このセット内の要素に対する遅延バインディングおよびフェイルファスト Spliteratorを作成します。

      Spliteratorは、Spliterator.SIZEDSpliterator.DISTINCTSpliterator.SORTEDおよびSpliterator.ORDEREDを報告します。 オーバーライドする実装は、追加の特性値の報告をドキュメント化する必要があります。

      ツリー・セットのコンパレータ(comparator()を参照)がnullである場合、スプリッテレータのコンパレータ(Spliterator.getComparator()を参照)はnullです。 それ以外の場合、スプリッテレータのコンパレータはツリー・セットのコンパレータと同じであるか、同じ全体順序付けを義務付けます。

      定義:
      spliterator、インタフェースCollection<E>
      定義:
      spliterator、インタフェースIterable<E>
      定義:
      spliterator、インタフェースSet<E>
      定義:
      spliterator、インタフェースSortedSet<E>
      戻り値:
      このセット内の要素に対するSpliterator
      導入されたバージョン:
      1.8