モジュール java.base
パッケージ java.util

インタフェースSpliterator<T>

型パラメータ:
T - このスプリッテレータから返される要素の型
既知のすべてのサブインタフェース:
Spliterator.OfDouble, Spliterator.OfInt, Spliterator.OfLong, Spliterator.OfPrimitive<T,T_CONS,T_SPLITR>
既知のすべての実装クラス:
Spliterators.AbstractDoubleSpliterator, Spliterators.AbstractIntSpliterator, Spliterators.AbstractLongSpliterator, Spliterators.AbstractSpliterator

public interface Spliterator<T>
ソースの要素をトラバースおよびパーティション化するためのオブジェクトです。 スプリッテレータが適用される要素のソースは、配列、Collection、IOチャネル、ジェネレータ関数などです。

スプリッテレータは、要素を個々にトラバースするか(tryAdvance())、順次に一括でトラバースする(forEachRemaining())ことができます。

また、スプリッテレータはその要素の一部を分割して(trySplit()を使用)、並列処理に使用する別のスプリッテレータを作成することもできます。 分割できない、または分割するとバランスや効率が悪くなるようなスプリッテレータを使用した処理では、並列性の利点が活かされる可能性は低くなります。 トラバースと分割は要素を使い果たします。各スプリッテレータは1つの一括計算だけに役立ちます。

また、スプリッテレータはその構造、ソース、および要素の一連の特性(characteristics() )を、ORDEREDDISTINCTSORTEDSIZEDNONNULLIMMUTABLECONCURRENTおよびSUBSIZEDの中から返します。 これらは、スプリッテレータのクライアントが計算を制御、特殊化、または簡素化するために使用できます。 たとえば、CollectionのスプリッテレータはSIZEDを報告し、SetのスプリッテレータはDISTINCTを報告し、SortedSetのスプリッテレータはSORTEDも報告します。 特性は、単純に論理和を取ったビット・セットとして報告されます。 いくつかの特性は、メソッドの動作を追加で制約します。たとえば、ORDEREDの場合、トラバース・メソッドはそのドキュメント化された順序付けに従う必要があります。 将来、新しい特性が定義される可能性があるため、リストにない値に実装側で意味を割り当てないようにしてください。

IMMUTABLEまたはCONCURRENTをレポートしないスプリッタには、次のポリシーに関する文書化が必要です: スプリッタバインドから要素ソース、およびバインド後に検出された要素ソースの構造的干渉の検出。 late-bindingスプリッタは、スプリッタの作成時ではなく、最初の走査、最初の分割、または推定サイズの最初の問合せの時点で要素のソースにバインドします。 遅延バインディングでないスプリッテレータは、構築時または任意のメソッドの最初の呼出し時に要素のソースにバインドします。 バインドの前にソースに加えられた変更は、スプリッテレータがトラバースされるときに反映されます。 バインド後、構造的干渉が検出された場合、スプリッテレータはベスト・エフォート・ベースでConcurrentModificationExceptionをスローするべきです。 これを行うスプリッテレータはフェイルファストと呼ばれます。 スプリッテレータの一括トラバース・メソッド(forEachRemaining())は、トラバースを最適化し、要素ごとにチェックしてすぐに失敗するのではなくすべての要素がトラバースされた後で構造的干渉がないかどうかをチェックすることができます。

スプリッテレータはestimateSize()メソッドを介して残りの要素数の推定値を提供できます。 理想的には、SIZED特性に反映されるとおり、この値は正常なトラバースで検出される要素の数に正確に一致します。 しかしながら、たとえ正確に知られていなくても、推定値は、ソース上で実行されている操作には依然として有用である可能性があります。

並列アルゴリズムでの有用性は明らかですが、スプリッテレータはスレッドセーフとは見なされません。スプリッテレータを使用して並列アルゴリズムを実装する場合は、一度に1つのスレッドのみがスプリッテレータを使用するようにしてください。 通常、これは順次スレッド拘束によって簡単に実現できます。多くの場合、これは再帰的分解によって機能する通常の並列アルゴリズムから自然に得られる結果です。 trySplit()を呼び出しているスレッドが、返されたスプリッテレータを別のスレッドに渡し、次にそのスレッドが、そのスプリッテレータをトラバースするかさらに分割できます。 2つ以上のスレッドが同時に同じスプリッテレータを操作した場合の、分割およびトラバースの動作は定義されていません。 元のスレッドから別のスレッドに処理のためにスプリッテレータを渡す場合は、いずれかの要素がtryAdvance()で消費される前に渡すことが最善です。これは、いくつかの保証(SIZEDスプリッテレータのestimateSize()の正確さなど)はトラバースの開始前にのみ有効なためです。

intlongおよびdouble値用にプリミティブ特化されたSpliteratorのサブタイプが用意されています。 tryAdvance(java.util.function.Consumer)およびforEachRemaining(java.util.function.Consumer)のサブタイプのデフォルト実装は、プリミティブ値をそれに対応するラッパー・クラスのインスタンスにボックス化します。 そのようなボックス化を行うと、プリミティブ特化を使用することで得られるパフォーマンス上の利点が薄れる場合があります。 ボクシングを避けるには、対応するプリミティブ・ベース・メソッドを使用してください。 たとえば、Spliterator.OfPrimitive.tryAdvance(java.util.function.IntConsumer)Spliterator.OfPrimitive.forEachRemaining(java.util.function.IntConsumer)Spliterator.OfInt.tryAdvance(java.util.function.Consumer)Spliterator.OfInt.forEachRemaining(java.util.function.Consumer)より優先して使用する必要があります。 ボックス化ベースのメソッドtryAdvance()およびforEachRemaining()を使用してプリミティブ値をトラバースする場合、変換後のボックス化された値が検出される順序は影響を受けません。

APIのノート:

Iteratorのようなスプリッタは、ソースの要素をトラバースするためのものです。 Spliterator APIは、分解と単一要素反復処理をサポートすることにより、順次トラバースだけでなく効率のよい並列トラバースをサポートするために設計されました。 さらに、スプリッテレータを介して要素にアクセスするためのプロトコルは、要素ごとのオーバーヘッドがIteratorよりも小さくなるように設計されています。また、hasNext()next()に別々のメソッドがあるため本質的に競合の可能性がありますが、それを回避するように設計されています。

可変ソースの場合は、スプリッテレータがそのデータ・ソースにバインドした時点とトラバースの終了時点との間で、ソースが構造的干渉(要素の追加、置換、削除)を受けていると、非決定論的な任意の動作が発生する可能性があります。 たとえば、そのような干渉があると、java.util.streamフレームワークを使用するときに非決定論的な任意の結果が生成されます。

ソースの構造的干渉は次の方法で管理できます(望ましい順)。

  • ソースが構造的干渉を受ける可能性がない。
    たとえば、CopyOnWriteArrayListのインスタンスは不変のソースです。
    そのソースから作成されたスプリッテレータは、IMMUTABLE特性を報告します。
  • ソースが並行変更を管理する。
    たとえば、ConcurrentHashMapのキー・セットは並行ソースです。
    そのソースから作成されたスプリッテレータは、CONCURRENT特性を報告します。
  • 可変ソースが、遅延バインディングかつフェイルファストのスプリッテレータを提供する。
    遅延バインディングは、干渉が計算に影響を与える可能性のある期間を狭めます。フェイルファストは、トラバースの開始後に構造的干渉が発生したことをベスト・エフォート・ベースで検出し、ConcurrentModificationExceptionをスローします。
    たとえば、ArrayListの他、JDKの多くの非並行Collectionクラスが遅延バインディングかつフェイルファストのスプリッテレータを提供します。
  • 可変ソースが、遅延バインディングではないがフェイルファストのスプリッテレータを提供する。
    干渉の可能性のある期間が長くなるため、ソースがConcurrentModificationExceptionをスローする可能性が高くなります。
  • 可変ソースが、遅延バインディングだがフェイルファストではないスプリッテレータを提供する。
    トラバースの開始後は干渉が検出されないため、ソースで非決定論的な任意の動作が発生するリスクがあります。
  • 可変ソースが、遅延バインディングでなくフェイルファストでもないスプリッテレータを提供する。
    構築後に発生する可能性のある干渉が検出されないため、ソースで非決定論的な任意の動作が発生するリスクが高くなります。

例を示します。 配列を保持する次のようなクラスがあり(例として示すためだけの、あまり役に立たないクラスです)、実際のデータを偶数の場所に格納し、無関係のタグ・データを奇数の場所に格納しているとします。 そのスプリッテレータはタグを無視します。

 
 class TaggedArray<T> {
   private final Object[] elements; // immutable after construction
   TaggedArray(T[] data, Object[] tags) {
     int size = data.length;
     if (tags.length != size) throw new IllegalArgumentException();
     this.elements = new Object[2 * size];
     for (int i = 0, j = 0; i < size; ++i) {
       elements[j++] = data[i];
       elements[j++] = tags[i];
     }
   }

   public Spliterator<T> spliterator() {
     return new TaggedArraySpliterator<>(elements, 0, elements.length);
   }

   static class TaggedArraySpliterator<T> implements Spliterator<T> {
     private final Object[] array;
     private int origin; // current index, advanced on split or traversal
     private final int fence; // one past the greatest index

     TaggedArraySpliterator(Object[] array, int origin, int fence) {
       this.array = array; this.origin = origin; this.fence = fence;
     }

     public void forEachRemaining(Consumer<? super T> action) {
       for (; origin < fence; origin += 2)
         action.accept((T) array[origin]);
     }

     public boolean tryAdvance(Consumer<? super T> action) {
       if (origin < fence) {
         action.accept((T) array[origin]);
         origin += 2;
         return true;
       }
       else // cannot advance
         return false;
     }

     public Spliterator<T> trySplit() {
       int lo = origin; // divide range in half
       int mid = ((lo + fence) >>> 1) & ~1; // force midpoint to be even
       if (lo < mid) { // split out left half
         origin = mid; // reset this Spliterator's origin
         return new TaggedArraySpliterator<>(array, lo, mid);
       }
       else       // too small to split
         return null;
     }

     public long estimateSize() {
       return (long)((fence - origin) / 2);
     }

     public int characteristics() {
       return ORDERED | SIZED | IMMUTABLE | SUBSIZED;
     }
   }
 }

java.util.streamパッケージなどの並列計算フレームワークでスプリッテレータがどのように並列計算に使用されるかを示す例として、関連する並列のforEachを実装する次のような方法があります。これは、作業の推定量が順次実行できるほど十分小さくなるまでサブタスクを分割していく主な使用方法を示しています。 ここでは、サブタスク間の処理順序は重要でないと仮定しています。異なる(フォークされた)タスクがさらに要素を分割して不定の順序で並行処理する場合もあります。 この例では、CountedCompleterを使用しています。同様の使用方法は、他の並列タスク構築にも適用されます。


 static <T> void parEach(TaggedArray<T> a, Consumer<T> action) {
   Spliterator<T> s = a.spliterator();
   long targetBatchSize = s.estimateSize() / (ForkJoinPool.getCommonPoolParallelism() * 8);
   new ParEach(null, s, action, targetBatchSize).invoke();
 }

 static class ParEach<T> extends CountedCompleter<Void> {
   final Spliterator<T> spliterator;
   final Consumer<T> action;
   final long targetBatchSize;

   ParEach(ParEach<T> parent, Spliterator<T> spliterator,
           Consumer<T> action, long targetBatchSize) {
     super(parent);
     this.spliterator = spliterator; this.action = action;
     this.targetBatchSize = targetBatchSize;
   }

   public void compute() {
     Spliterator<T> sub;
     while (spliterator.estimateSize() > targetBatchSize &&
            (sub = spliterator.trySplit()) != null) {
       addToPendingCount(1);
       new ParEach<>(this, sub, action, targetBatchSize).fork();
     }
     spliterator.forEachRemaining(action);
     propagateCompletion();
   }
 }

実装上のノート:
org.openjdk.java.util.stream.tripwireのブール・システム・プロパティがtrueに設定されている場合、プリミティブ・サブタイプの特殊化時にプリミティブ値のボックス化が発生すると、診断警告がレポートされます。
導入されたバージョン:
1.8
関連項目:
  • ネストされたクラスのサマリー

    ネストされたクラス
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    static interface 
    double値に特化されたスプリッテレータです。
    static interface 
    int値に特化されたスプリッテレータです。
    static interface 
    long値に特化されたスプリッテレータです。
    static interface 
    プリミティブ値に特化されたスプリッテレータです。
  • フィールドのサマリー

    フィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    static final int
    外部同期を使用せずに、複数のスレッドで並行して要素のソースを安全に変更できる(追加、置換、削除が可能)ことを示す特性値です。
    static final int
    検出された要素の各ペアx, yに対して!x.equals(y)であることを示す特性値です。
    static final int
    要素のソースが構造的に変更不可であることを示す特性値です。つまり、要素の追加、置換および削除ができないため、トラバース中に変更が発生する可能性はありません。
    static final int
    ソースで検出される要素がnullではないことが保証されることを示す特性値です。
    static final int
    要素の検出順序が定義されていることを示す特性値です。
    static final int
    構造的なソース変更がない場合に、トラバースまたは分割の前にestimateSize()から返される値が完全なトラバースで検出される要素数の正確なカウントを表す有限サイズを表すことを示す特性値です。
    static final int
    検出順序が定義済みのソート順序に従うことを示す特性値です。
    static final int
    trySplit()で生成されたすべてのスプリッテレータがSIZEDSUBSIZEDの両方であることを示す特性値です。
  • メソッドのサマリー

    修飾子と型
    メソッド
    説明
    int
    このSpliteratorおよびその要素の特性のセットを返します。
    long
    forEachRemaining(java.util.function.Consumer<? super T>)のトラバースで検出される要素数の推定値を返します。無限大または不明の場合、あるいはコストが高すぎて計算できない場合は、Long.MAX_VALUEを返します。
    default void
    forEachRemaining(Consumer<? super T> action)
    すべての要素の処理が完了するかアクションから例外がスローされるまで、現在のスレッド内で残りの各要素に対して指定されたアクションをシーケンシャルに実行します。
    default Comparator<? super T>
    このスプリッテレータのソースがComparatorによってソートされている(SORTED)場合は、そのComparatorを返します。
    default long
    このスプリッテレータがSIZEDである場合はestimateSize()を返し、そうでない場合は-1を返す簡易メソッドです。
    default boolean
    hasCharacteristics(int characteristics)
    指定されたすべての特性がこのスプリッテレータのcharacteristics()に含まれている場合はtrueを返します。
    boolean
    tryAdvance(Consumer<? super T> action)
    残りの要素が存在する場合は、その要素に対して指定されたアクションを実行してtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返します。
    このspliteratorをパーティション化できる場合に、要素に適用されるSpliteratorを返します。このメソッドから戻ると同時に、それらの要素にはこのSpliteratorが適用されなくなります。
  • フィールド詳細

    • ORDERED

      static final int ORDERED
      要素の検出順序が定義されていることを示す特性値です。 その場合、このスプリッテレータは、メソッドtrySplit()が要素の厳密な接頭辞を分割すること、メソッドtryAdvance(java.util.function.Consumer<? super T>)が1要素だけ接頭辞順に進むこと、および、forEachRemaining(java.util.function.Consumer<? super T>)がアクションを検出順に実行することを保証します。

      対応するCollection.iterator()で順序がドキュメント化されている場合、Collectionには検出順序があります。 その場合、検出順序は、ドキュメント化されている順序と同じです。 それ以外の場合、コレクションに検出順序はありません。

      APIのノート:
      検出順序は、どのListでもインデックスの昇順になることが保証されます。 ただし、HashSetなどのハッシュ・ベースのコレクションの場合、順序は保証されません。 ORDEREDを報告するスプリッテレータのクライアントは、交換可能でない並列計算において順序付けの制約を維持することを期待されます。
      関連項目:
    • DISTINCT

      static final int DISTINCT
      検出された要素の各ペアx, yに対して!x.equals(y)であることを示す特性値です。 これはたとえば、Setに基づくスプリッテレータに当てはまります。
      関連項目:
    • SORTED

      static final int SORTED
      検出順序が定義済みのソート順序に従うことを示す特性値です。 その場合、getComparator()メソッドは、関連するコンパレータを返します。あるいは、すべての要素がComparableで、その自然順序付けに従ってソートされている場合は、nullを返します。

      SORTEDを報告するスプリッテレータは、ORDEREDも報告する必要があります。

      APIのノート:
      JDKのCollectionクラスのスプリッテレータで、NavigableSetまたはSortedSetを実装しているものは、SORTEDを報告します。
      関連項目:
    • SIZED

      static final int SIZED
      構造的なソース変更がない場合に、トラバースまたは分割の前にestimateSize()から返される値が完全なトラバースで検出される要素数の正確なカウントを表す有限サイズを表すことを示す特性値です。
      APIのノート:
      Collectionのすべての要素に適用される、コレクションのスプリッテレータの多くは、この特性を報告します。 HashSetのサブスプリッテレータのように、要素のサブセットに適用され、その報告サイズを概算するサブスプリッテレータは、この特性を報告しません。
      関連項目:
    • NONNULL

      static final int NONNULL
      ソースで検出される要素がnullではないことが保証されることを示す特性値です。 (これはたとえば、並行処理コレクション、キューおよびマップの多くに当てはまります。)
      関連項目:
    • IMMUTABLE

      static final int IMMUTABLE
      要素のソースが構造的に変更不可であることを示す特性値です。つまり、要素の追加、置換および削除ができないため、トラバース中に変更が発生する可能性はありません。 IMMUTABLEまたはCONCURRENTを報告しないスプリッテレータは、トラバース中に検出された構造的干渉に関して、ドキュメント化されたポリシー(ConcurrentModificationExceptionのスローなど)を持つことを期待されます。
      関連項目:
    • CONCURRENT

      static final int CONCURRENT
      外部同期を使用せずに、複数のスレッドで並行して要素のソースを安全に変更できる(追加、置換、削除が可能)ことを示す特性値です。 その場合、スプリッテレータは、トラバース中の変更の影響に関してドキュメント化されたポリシーを持つことを期待されます。

      トラバース中にソースが並行して変更された場合に、既知の有限サイズは変化する可能性があるため、最上位のスプリッテレータはCONCURRENTSIZEDの両方を報告するべきではありません。 そのようなスプリッテレータには一貫性がなく、そのスプリッテレータを使用した計算については何も保証できません。 サブスプリッテレータは、サブ分割サイズがわかっている場合で、ソースに対する追加や削除がトラバース中に反映されないときは、SIZEDを報告できます。

      最高レベルのSpliteratorは、相互排他的であるため、CONCURRENTIMMUTABLEの両方を報告すべきではありません。 そのようなスプリッテレータには一貫性がなく、そのスプリッテレータを使用した計算については何も保証できません。 トラバース時にソースへの追加または削除が反映されない場合、サブスプライテータはIMMUTABLEを報告することがあります。

      APIのノート:
      並列処理コレクションの多くは整合性ポリシーを維持するため、スプリッテレータの構築時に存在している要素に関しては正確さが保証されますが、その後の追加や削除は反映されない可能性があります。
      関連項目:
    • SUBSIZED

      static final int SUBSIZED
      trySplit()で生成されたすべてのスプリッテレータがSIZEDSUBSIZEDの両方であることを示す特性値です。 (これは、直接の子か間接の子かを問わず、すべての子スプリッテレータがSIZEDになることを意味します。)

      SUBSIZEDによって要求されるとおりにSIZEDを報告しないスプリッテレータには一貫性がなく、そのスプリッテレータを使用した計算については何も保証できません。

      APIのノート:
      およそのバランスの取れたバイナリ・ツリーの最上位スプリッテレータなど、一部のスプリッテレータはSIZEDを報告しますがSUBSIZEDは報告しません。これは、ツリー全体のサイズがわかっても、サブツリーの正確なサイズはわからないことがよくあるためです。
      関連項目:
  • メソッドの詳細

    • tryAdvance

      boolean tryAdvance(Consumer<? super T> action)
      残りの要素が存在する場合は、その要素に対して指定されたアクションを実行してtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返します。 このスプリッテレータがORDEREDである場合、検出順で次の要素に対してアクションが実行されます。 アクションによってスローされた例外は、呼出し側に中継されます。

      アクションで例外がスローされた場合、その後のスプリッタの動作は未指定です。

      パラメータ:
      action - アクション
      戻り値:
      このメソッドに入ったときに、残りの要素が存在していなかった場合はfalse、それ以外の場合はtrue
      例外:
      NullPointerException - 指定されたアクションがnullである場合
    • forEachRemaining

      default void forEachRemaining(Consumer<? super T> action)
      すべての要素の処理が完了するかアクションから例外がスローされるまで、現在のスレッド内で残りの各要素に対して指定されたアクションをシーケンシャルに実行します。 このスプリッテレータがORDEREDである場合、検出順にアクションが実行されます。 アクションによってスローされた例外は、呼出し側に中継されます。

      アクションで例外がスローされた場合、その後のスプリッタの動作は未指定です。

      実装要件:
      デフォルト実装は、falseが返されるまで、繰り返しtryAdvance(java.util.function.Consumer<? super T>)を呼び出します。 可能な場合は常にオーバーライドしてください。
      パラメータ:
      action - アクション
      例外:
      NullPointerException - 指定されたアクションがnullである場合
    • trySplit

      Spliterator<T> trySplit()
      このspliteratorをパーティション化できる場合に、要素に適用されるSpliteratorを返します。このメソッドから戻ると同時に、それらの要素にはこのSpliteratorが適用されなくなります。

      このスプリッテレータがORDEREDである場合、返されるスプリッテレータは要素の厳密な接頭辞をカバーする必要があります。

      このスプリッテレータが無限の要素数をカバーする場合を除き、繰り返しtrySplit()を呼び出すと、最終的にはnullが返されるはずです。 null以外が返されたときは次のようになります。

      • 分割前にestimateSize()で報告される値は、分割後のこのスプリッテレータおよび返されたスプリッテレータのestimateSize()と等しいかそれより大きくなければなりません。さらに、
      • このスプリッテレータがSUBSIZEDである場合、分割前のこのスプリッテレータのestimateSize()は、分割後のこのスプリッテレータおよび返されたスプリッテレータのestimateSize()の合計と等しくなければなりません。

      このメソッドはなんらかの理由でnullを返す場合があります(空であるため、トラバース開始後に分割できないため、データ構造の制約のため、効率上の考慮事項のためなど)。

      APIのノート:
      理想的なtrySplitメソッドは、その要素を(トラバースを使用せずに)効率よく、ちょうど半分に分割して、バランスの取れた並列計算を可能にします。 この理想から逸脱しても、多くの場合は依然としてかなり効果的です。たとえば、およそのバランスの取れたツリーを単に大まかに分割する場合や、リーフ・ノードに1つまたは2つの要素が含まれているツリーでそれらのノードをさらに分割できない場合です。 ただし、バランスが大きく偏っている場合や、 trySplitのメカニズムの効率が非常に悪い場合、通常は、結果として得られる並列処理のパフォーマンスは低くなります。
      戻り値:
      要素の一部分に適用されるSpliterator。このスプリッテレータを分割できない場合はnull
    • estimateSize

      long estimateSize()
      forEachRemaining(java.util.function.Consumer<? super T>)のトラバースで検出される要素数の推定値を返します。無限大または不明の場合、あるいはコストが高すぎて計算できない場合は、Long.MAX_VALUEを返します。

      このスプリッテレータがSIZEDであり、まだ部分的にトラバースまたは分割されていない場合、あるいは、このスプリッテレータがSUBSIZEDであり、まだ部分的にトラバースされていない場合、この推定値は完全なトラバースで検出される要素数の正確なカウントでなければなりません。 それ以外の場合、この推定値は任意の不正確な値でかまいませんが、trySplit()の呼出しにわたって、指定されたとおりに減少する必要があります。

      APIのノート:
      正確でない推定値であっても、計算コストが低く、役立つことがよくあります。 たとえば、およそのバランスの取れたバイナリ・ツリーのサブスプリッテレータは、要素数の推定値としてその親の要素数の半分を返すことができます。ルートのスプリッテレータが正確なカウントを保持していない場合は、その最大の深さに対応する2の累乗を推定サイズとすることができます。
      戻り値:
      推定サイズ。無限大または不明の場合、あるいはコストが高すぎて計算できない場合はLong.MAX_VALUE
    • getExactSizeIfKnown

      default long getExactSizeIfKnown()
      このスプリッテレータがSIZEDである場合はestimateSize()を返し、そうでない場合は-1を返す簡易メソッドです。
      実装要件:
      デフォルト実装は、スプリッテレータがSIZED特性を報告する場合はestimateSize()の結果を返し、それ以外の場合は-1を返します。
      戻り値:
      既知の場合は正確なサイズ。そうでない場合は-1
    • 特徴

      int characteristics()
      このSpliteratorおよびその要素の特性のセットを返します。 結果は、ORDEREDDISTINCTSORTEDSIZEDNONNULLIMMUTABLECONCURRENTSUBSIZEDの値の論理和で表されます。 trySplitの呼出しの前または呼出しと呼出しの間に、1つのスプリッテレータに対して繰り返しcharacteristics()を呼び出すと、常に同じ結果が返されるはずです。

      スプリッテレータが一貫性のない特性セット(1つの呼出しから返されたものか、複数の呼出しから返されたもの)を報告する場合、このスプリッテレータを使用した計算については何も保証できません。

      APIのノート:
      1つのスプリッテレータの特性は、分割前と分割後では異なる可能性があります。 具体的な例については、特性値SIZEDSUBSIZEDおよびCONCURRENTを参照してください。
      戻り値:
      特性の表現
    • hasCharacteristics

      default boolean hasCharacteristics(int characteristics)
      指定されたすべての特性がこのスプリッテレータのcharacteristics()に含まれている場合はtrueを返します。
      実装要件:
      デフォルト実装は、指定された特性に対応するビットが設定されている場合にtrueを返します。
      パラメータ:
      characteristics - チェックする特性
      戻り値:
      指定されたすべての特性が存在する場合はtrue、そうでない場合はfalse
    • getComparator

      default Comparator<? super T> getComparator()
      このスプリッテレータのソースがComparatorによってソートされている(SORTED)場合は、そのComparatorを返します。 ソースが自然順序でソートされている(SORTED)場合はnullを返します。 それ以外の場合、ソースがソートされて(SORTED)いないときはIllegalStateExceptionをスローします。
      実装要件:
      デフォルト実装は、常にIllegalStateExceptionをスローします。
      戻り値:
      コンパレータ。要素が自然順序でソートされている場合はnull
      例外:
      IllegalStateException - スプリッテレータがSORTED特性を報告しない場合。