モジュール java.sql
パッケージ java.sql

クラスDate

すべての実装されたインタフェース:
Serializable, Cloneable, Comparable<Date>

public class Date extends Date

ミリ秒の値をラップする薄いラッパーであり、これによってJDBCがミリ秒の値をSQL DATE値として扱うことができるようになります。 ミリ秒の値は、1970年1月1日グリニッジ標準時00:00:00.000からの経過時間をミリ秒で表した数値です。

SQL DATEの定義に対応させるために、java.sql.Dateのインスタンスでラップされたミリ秒の値は、インスタンスが関連した特定のタイムゾーンで時間、分、秒、ミリ秒をゼロに設定することで、「標準化」する必要があります。

導入されたバージョン:
1.1
関連項目:
  • コンストラクタのサマリー

    コンストラクタ
    コンストラクタ
    説明
    Date(int year, int month, int day)
    非推奨。
    代わりに、次のコンストラクタを使用してください: Date(long date)
    Date(long date)
    指定されたミリ秒の値を使ってDateオブジェクトを構築します。
  • メソッドのサマリー

    修飾子と型
    メソッド
    説明
    int
    非推奨。 
    int
    非推奨。 
    int
    非推奨。 
    void
    setHours(int i)
    非推奨。 
    void
    setMinutes(int i)
    非推奨。 
    void
    setSeconds(int i)
    非推奨。 
    void
    setTime(long date)
    指定されたミリ秒の値を使って、既存のDateオブジェクトを設定します。
    このメソッドは常にUnsupportedOperationExceptionをスローします。SQL Date値は時間コンポーネントを持たないので、このメソッドは使わないでください。
    このDateオブジェクトから年、月、日を使用してLocalDateインスタンスを作成します。
    日付エスケープ形式yyyy-mm-ddに整形します。
    static Date
    JDBC日付エスケープ形式の文字列をDate値に変換します。
    static Date
    指定されたLocalDateと同じ年、月、および月間通算日の値を持つDateのインスタンスをLocalDateオブジェクトから取得します。

    クラス java.lang.Objectで宣言されたメソッド

    finalize, getClass, notify, notifyAll, wait, wait, wait
  • コンストラクタの詳細

    • 日付

      @Deprecated(since="1.2") public Date(int year, int month, int day)
      非推奨。
      代わりに、次のコンストラクタを使用してください: Date(long date)
      指定された年、月、日で初期化されたDateオブジェクトを構築します。

      指定された引数が範囲外にある場合、結果は定義されません。

      パラメータ:
      year - 年から1900を引いたもの。0から8099まででなければならない。 (8099は9999から1900を引いた値。)
      month - 0 - 11
      day - 1 - 31
    • 日付

      public Date(long date)
      指定されたミリ秒の値を使ってDateオブジェクトを構築します。 指定されたミリ秒の値に時間の情報が含まれている場合、ドライバは時間コンポーネントをデフォルトのタイムゾーン(アプリケーションを実行しているJava仮想マシンのタイムゾーン)の時間に設定します。この時間はゼロGMT (グリニッジ標準時)に対応します。
      パラメータ:
      date - 1970年1月1日、0時0分0秒GMT (グリニッジ標準時)を起点とした時間をミリ秒で表した値で、8099年のミリ秒表現を超えない値。 負の値は、1970年1月1日、0時0分0秒GMT (グリニッジ標準時)より前のミリ秒を示す。
  • メソッドの詳細

    • setTime

      public void setTime(long date)
      指定されたミリ秒の値を使って、既存のDateオブジェクトを設定します。 指定されたミリ秒の値に時間の情報が含まれている場合、ドライバは時間コンポーネントをデフォルトのタイムゾーン(アプリケーションを実行しているJava仮想マシンのタイムゾーン)の時間に設定します。この時間はゼロGMT (グリニッジ標準時)に対応します。
      オーバーライド:
      setTime、クラス: Date
      パラメータ:
      date - 1970年1月1日、0時0分0秒GMT (グリニッジ標準時)を起点とした時間をミリ秒で表した値で、8099年のミリ秒表現を超えない値。 負の値は、1970年1月1日、0時0分0秒GMT (グリニッジ標準時)より前のミリ秒を示す。
    • valueOf

      public static Date valueOf(String s)
      JDBC日付エスケープ形式の文字列をDate値に変換します。
      パラメータ:
      s - 形式「yyyy-[m]m-[d]d」で日付を表すStringオブジェクト。 mmddの先頭のゼロは省略できる。
      戻り値:
      指定された日付を表すjava.sql.Dateオブジェクト
      例外:
      IllegalArgumentException - 指定された日付がJDBC日付エスケープ形式(yyyy-[m]m-[d]d)ではない場合
    • toString

      public String toString()
      日付エスケープ形式yyyy-mm-ddに整形します。
      オーバーライド:
      toString、クラス: Date
      戻り値:
      yyyy-mm-dd形式の文字列
      関連項目:
    • getHours

      @Deprecated(since="1.2") public int getHours()
      非推奨。
      このメソッドは非推奨です。SQL Date値は時間コンポーネントを持たないので、このメソッドは使わないでください。
      オーバーライド:
      getHours、クラス: Date
      戻り値:
      この日付が表す時
      例外:
      IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
      関連項目:
    • getMinutes

      @Deprecated(since="1.2") public int getMinutes()
      非推奨。
      このメソッドは非推奨です。SQL Date値は時間コンポーネントを持たないので、このメソッドは使わないでください。
      オーバーライド:
      getMinutes、クラス: Date
      戻り値:
      この日付で表される時を過ぎた分数
      例外:
      IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
      関連項目:
    • getSeconds

      @Deprecated(since="1.2") public int getSeconds()
      非推奨。
      このメソッドは非推奨です。SQL Date値は時間コンポーネントを持たないので、このメソッドは使わないでください。
      オーバーライド:
      getSeconds、クラス: Date
      戻り値:
      この日付で表される、分を過ぎた秒数
      例外:
      IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
      関連項目:
    • setHours

      @Deprecated(since="1.2") public void setHours(int i)
      非推奨。
      このメソッドは非推奨です。SQL Date値は時間コンポーネントを持たないので、このメソッドは使わないでください。
      オーバーライド:
      setHours、クラス: Date
      パラメータ:
      i - 時間の値。
      例外:
      IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
      関連項目:
    • setMinutes

      @Deprecated(since="1.2") public void setMinutes(int i)
      非推奨。
      このメソッドは非推奨です。SQL Date値は時間コンポーネントを持たないので、このメソッドは使わないでください。
      オーバーライド:
      setMinutes、クラス: Date
      パラメータ:
      i - 分の値。
      例外:
      IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
      関連項目:
    • setSeconds

      @Deprecated(since="1.2") public void setSeconds(int i)
      非推奨。
      このメソッドは非推奨です。SQL Date値は時間コンポーネントを持たないので、このメソッドは使わないでください。
      オーバーライド:
      setSeconds、クラス: Date
      パラメータ:
      i - 秒の値。
      例外:
      IllegalArgumentException - このメソッドが呼び出された場合
      関連項目:
    • valueOf

      public static Date valueOf(LocalDate date)
      指定されたLocalDateと同じ年、月、および月間通算日の値を持つDateのインスタンスをLocalDateオブジェクトから取得します。

      指定されたLocalDateは、ローカル・タイムゾーンのローカル日付として解釈されます。

      パラメータ:
      date - 変換するLocalDate
      戻り値:
      Dateオブジェクト
      例外:
      NullPointerException - dateがnullの場合
      導入されたバージョン:
      1.8
    • toLocalDate

      public LocalDate toLocalDate()
      このDateオブジェクトから年、月、日を使用してLocalDateインスタンスを作成します。
      戻り値:
      同じ日付値を表すLocalDateオブジェクト
      導入されたバージョン:
      1.8
    • toInstant

      public Instant toInstant()
      このメソッドは常にUnsupportedOperationExceptionをスローします。SQL Date値は時間コンポーネントを持たないので、このメソッドは使わないでください。
      オーバーライド:
      toInstant、クラス: Date
      戻り値:
      このDateオブジェクトと同じ時系列上の時点を表すインスタント
      例外:
      UnsupportedOperationException - このメソッドが呼び出された場合