モジュール java.base
パッケージ java.security

クラスIdentity

java.lang.Object
java.security.Identity
すべての実装されたインタフェース:
Serializable, Principal
直系の既知のサブクラス:
IdentityScope, Signer

@Deprecated(since="1.2", forRemoval=true) public abstract class Identity extends Object implements Principal, Serializable
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
このクラスは推奨されなくなり、Java SEの将来のバージョンで削除される可能性があります。 これは、java.security.KeyStorejava.security.certパッケージ、およびjava.security.Principalに置き換えられています。

このクラスは、アイデンティティを表します。アイデンティティは、人々、会社、組織などの実際の世界のオブジェクトで、そのアイデンティティがその公開キーを使用して認証できるものです。 アイデンティティはまた、デーモン・スレッドやスマート・カードのようなより抽象的、あるいはより具象的な構成概念であってもかまいません。

すべてのIdentityオブジェクトには名前と公開キーがあります。 名前は不変です。 Identityにはスコープを指定することもできます。 すなわち、Identityがあるスコープを持つように指定されている場合は、そのIdentityの名前と公開キーはそのスコープ内で一意的になります。

Identityはまた、自身の公開キーを証明する一連の証明書も持ちます。 それらの証明書に指定されている主体名は同一でなくてもかまいませんが、キーだけは同一である必要があります。

Identityはサブクラス化され、郵便用住所、電子メール・アドレス、電話番号、顔やロゴの画像などを含めることができます。

導入されたバージョン:
1.1
関連項目:
  • コンストラクタのサマリー

    コンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
    protected
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    直列化専用のコンストラクタです。
     
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    指定された名前を持ち、スコープが未定のアイデンティティを構築します。
     
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    指定された名前とスコープを持つアイデンティティを構築します。
  • メソッドのサマリー

    修飾子と型
    メソッド
    説明
    void
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティに証明書を追加します。
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティに対するすべての証明書のコピーを返します。
    final boolean
    equals(Object identity)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    指定されたオブジェクトとこのアイデンティティとが等しいかどうかを判定します。
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティに対して以前指定された一般的な情報を返します。
    final String
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティの名前を返します。
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティの公開キーを返します。
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティのスコープを返します。
    int
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティに対するハッシュ・コードを返します。
    protected boolean
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    指定されたアイデンティティとこのアイデンティティとが等しいかどうかを判定します。
    void
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティの証明書を削除します。
    void
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティに対する一般的な情報文字列を指定します。
    void
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティの公開キーを設定します。
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアイデンティティを記述する短い文字列で、その名前と存在する場合はスコープを示すものを返します。
    toString(boolean detailed)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    引数なしのtoStringメソッドよりも詳しい情報を持つ、このアイデンティティの文字列表現を返します。

    クラス java.lang.Objectで宣言されたメソッド

    clone, finalize, getClass, notify, notifyAll, wait, wait, wait

    インタフェース java.security.Principalで宣言されたメソッド

    implies
  • コンストラクタの詳細

    • アイデンティティ

      protected Identity()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      直列化専用のコンストラクタです。
    • アイデンティティ

      public Identity(String name, IdentityScope scope) throws KeyManagementException
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定された名前とスコープを持つアイデンティティを構築します。
      パラメータ:
      name - アイデンティティ名。
      scope - アイデンティティ・スコープ。
      例外:
      KeyManagementException - スコープ内に同じ名前のアイデンティティがすでに存在する場合。
    • アイデンティティ

      public Identity(String name)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定された名前を持ち、スコープが未定のアイデンティティを構築します。
      パラメータ:
      name - アイデンティティ名。
  • メソッドの詳細

    • getName

      public final String getName()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティの名前を返します。
      定義:
      getName 、インタフェース: Principal
      戻り値:
      アイデンティティの名前。
    • getScope

      public final IdentityScope getScope()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティのスコープを返します。
      戻り値:
      アイデンティティのスコープ。
    • getPublicKey

      public PublicKey getPublicKey()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティの公開キーを返します。
      戻り値:
      アイデンティティに対応する公開キー。
      関連項目:
    • setPublicKey

      public void setPublicKey(PublicKey key) throws KeyManagementException
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティの公開キーを設定します。 元のキーとこのアイデンティティのすべての証明書は、この操作によって削除されます。

      セキュリティ・マネージャが存在する場合、最初にセキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが引数として"setIdentityPublicKey"を指定して呼び出され、公開キーの設定をしてもよいかどうかを確認します。

      パラメータ:
      key - アイデンティティに対応する公開キー。
      例外:
      KeyManagementException - アイデンティティのスコープ内に同じ公開キーを持つ別のアイデンティティが存在する場合、または別の例外が発生した場合。
      SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、セキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが公開キーの設定を許可しない場合。
      関連項目:
    • setInfo

      public void setInfo(String info)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティに対する一般的な情報文字列を指定します。

      セキュリティ・マネージャが存在する場合、最初にセキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが引数として"setIdentityInfo"を指定して呼び出され、情報文字列の設定をしてもよいかどうかを確認します。

      パラメータ:
      info - 情報文字列。
      例外:
      SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、セキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが情報文字列の設定を許可しない場合。
      関連項目:
    • getInfo

      public String getInfo()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティに対して以前指定された一般的な情報を返します。
      戻り値:
      このアイデンティティの一般的な情報。
      関連項目:
    • addCertificate

      public void addCertificate(Certificate certificate) throws KeyManagementException
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティに証明書を追加します。 アイデンティティが公開キーを持っている場合は、証明書中のその公開キーは等しくなければいけません。アイデンティティが公開キーを持たない場合は、アイデンティティの公開キーには証明書中で指定されているものが設定されます。

      セキュリティ・マネージャが存在する場合、最初にセキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが引数として"addIdentityCertificate"を指定して呼び出され、証明書を追加してもよいかどうかを確認します。

      パラメータ:
      certificate - 追加される証明書。
      例外:
      KeyManagementException - 証明書が有効でない場合、追加される証明書中の公開キーがこのアイデンティティの公開キーと重複する場合、あるいはほかの例外が発生した場合。
      SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、セキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが証明書の追加を許可しない場合。
      関連項目:
    • removeCertificate

      public void removeCertificate(Certificate certificate) throws KeyManagementException
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティの証明書を削除します。

      セキュリティ・マネージャが存在する場合、最初にセキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが引数として"removeIdentityCertificate"を指定して呼び出され、証明書を削除してもよいかどうかを確認します。

      パラメータ:
      certificate - 削除される証明書。
      例外:
      KeyManagementException - 証明書がない場合、またはほかの例外が発生した場合。
      SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、セキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが証明書の削除を許可しない場合。
      関連項目:
    • 証明書

      public Certificate[] certificates()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティに対するすべての証明書のコピーを返します。
      戻り値:
      このアイデンティティに対するすべての証明書のコピー。
    • equals

      public final boolean equals(Object identity)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定されたオブジェクトとこのアイデンティティとが等しいかどうかを判定します。 最初に各エンティティが同じオブジェクトを実際に指しているかどうかを確認し、同じオブジェクトを指している場合はtrueを返します。 次に、各エンティティの名前とスコープが等しいかどうかを調べます。 等しい場合、このメソッドはtrueを返します。 それ以外の場合は、サブクラスがオーバーライドする必要があるidentityEqualsを呼び出します。
      定義:
      equals 、インタフェース: Principal
      オーバーライド:
      equals 、クラス:  Object
      パラメータ:
      identity - このアイデンティティと等しいかどうかが判定されるオブジェクト。
      戻り値:
      オブジェクトが等しいと見なされた場合はtrue、そうでない場合はfalse。
      関連項目:
    • identityEquals

      protected boolean identityEquals(Identity identity)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      指定されたアイデンティティとこのアイデンティティとが等しいかどうかを判定します。 このメソッドは、等価性をテストするためにサブクラスによってオーバーライドされる必要があります。 デフォルトの動作では、名前と公開キーが等しい場合はtrueを返します。
      パラメータ:
      identity - このアイデンティティと等しいかどうかが判定されるアイデンティティ。
      戻り値:
      アイデンティティが等しいと見なされた場合はtrue、そうでない場合はfalse。
      関連項目:
    • toString

      public String toString()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティを記述する短い文字列で、その名前と存在する場合はスコープを示すものを返します。

      セキュリティ・マネージャが存在する場合、最初にセキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが引数として"printIdentity"を指定して呼び出され、文字列を返してもよいかどうかを確認します。

      定義:
      toString 、インタフェース: Principal
      オーバーライド:
      toString 、クラス:  Object
      戻り値:
      名前や存在する場合はスコープの名前などの、このアイデンティティに関する情報。
      例外:
      SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、セキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが、このアイデンティティを記述する文字列を返すことを許可しない場合。
      関連項目:
    • toString

      public String toString(boolean detailed)
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      引数なしのtoStringメソッドよりも詳しい情報を持つ、このアイデンティティの文字列表現を返します。

      セキュリティ・マネージャが存在する場合、最初にセキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが引数として"printIdentity"を指定して呼び出され、文字列を返してもよいかどうかを確認します。

      パラメータ:
      detailed - 詳細情報を提供するかどうか。
      戻り値:
      このアイデンティティの情報。 detailedがtrueの場合は、このメソッドは引数なしのtoStringメソッドが返すよりも詳細な情報を返す。
      例外:
      SecurityException - セキュリティ・マネージャが存在し、セキュリティ・マネージャのcheckSecurityAccessメソッドが、このアイデンティティを記述する文字列を返すことを許可しない場合。
      関連項目:
    • hashCode

      public int hashCode()
      削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
      このアイデンティティに対するハッシュ・コードを返します。
      定義:
      hashCode 、インタフェース: Principal
      オーバーライド:
      hashCode 、クラス:  Object
      戻り値:
      このアイデンティティに対するハッシュ・コード。
      関連項目: