Java推奨標準優先メカニズム

この機能は非推奨であり、今後のリリースで削除される予定です。

次の項目について説明します。

はじめに

Java Community Process以外で作成される新バージョンの標準(推奨標準)を取り込んだり、プラットフォームに組み込まれたテクノロジのバージョンを、より新しいスタンドアロン・バージョンのテクノロジ(スタンドアロン・テクノロジ)に対応できるように更新したりするために、Javaプラットフォームの更新が必要な場合があります。

推奨標準優先メカニズムは、推奨標準またはスタンドアロン・テクノロジを実装する、より新しいバージョンのクラスおよびインタフェースをJavaプラットフォームに取り込める手段を提供します。

更新済みパッケージの配備

このメカニズムを通して更新されるパッケージは、JARファイルに保存するようにしてください。java.endorsed.dirsシステム・プロパティを使って、Java実行環境に対し、これらのJARファイルの検索先ディレクトリを1つ以上指定します。java.endorsed.dirsで複数のディレクトリを指定する場合は、各ディレクトリの間をFile.pathSeparatorCharで区切ります。java.endorsed.dirsに値を指定しない場合、OracleによるJavaプラットフォームの実装では、次のデフォルトのディレクトリでJARファイルが検索されます。

ここで、<java-home>は、ランタイム・ソフトウェアのインストール先ディレクトリ(Java SE Runtime Environmentのトップレベル・ディレクトリまたはJDKのjreディレクトリ)を指します。

Java SE実行環境では、出荷時にJavaプラットフォームに組み込まれているクラスの代わりに、これらのJARファイルに含まれている対応するクラスを使用します。

推奨標準のAPI

Java SEの推奨標準は、このセクションに記載されたパッケージに定義されているすべてのクラスとインタフェースを構成します。記載されたパッケージのサブパッケージに定義されているクラスとインタフェースは、サブパッケージ自体がここにあげられている場合を除き、推奨標準ではありません。推奨標準優先メカニズムは、この一覧にあるJava SEプラットフォームのパッケージをオーバーライドするために使用できます。これらのパッケージは、SunのリリースしたJavaプラットフォームによって提供されているパッケージのバージョンより新しいバージョンの推奨標準によってのみオーバーライドできます。ここに記載されたパッケージと後述の「スタンドアロン・テクノロジ」セクションに記載されたテクノロジを除き、Java SEプラットフォームAPI仕様の他のパッケージはオーバーライドできません。

javax.rmi.CORBA
org.omg.CORBA
org.omg.CORBA.DynAnyPackage
org.omg.CORBA.ORBPackage
org.omg.CORBA.portable
org.omg.CORBA.TypeCodePackage
org.omg.CORBA_2_3
org.omg.CORBA_2_3.portable
org.omg.CosNaming
org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage
org.omg.CosNaming.NamingContextPackage
org.omg.Dynamic
org.omg.DynamicAny
org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage
org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage
org.omg.IOP
org.omg.IOP.CodecFactoryPackage
org.omg.IOP.CodecPackage
org.omg.Messaging
org.omg.PortableInterceptor
org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage
org.omg.PortableServer
org.omg.PortableServer.CurrentPackage
org.omg.PortableServer.POAManagerPackage
org.omg.PortableServer.POAPackage
org.omg.PortableServer.portable
org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage
org.omg.SendingContext
org.omg.stub.java.rmi
org.w3c.dom
org.xml.sax
org.xml.sax.ext
org.xml.sax.helpers

SunのJava SEリファレンス実装を使用する場合は、推奨標準優先メカニズムを使って、Java SE仕様に含まれている上記パッケージのほかに、Sunのリファレンス実装で提供されているorg.w3c.domサブパッケージなど、これらのパッケージに関連した実装固有のクラスもオーバーライドできます。

スタンドアロン・テクノロジ

Java SEのスタンドアロン・テクノロジは、このセクションに記載されたテクノロジに定義および実装されているすべてのクラスとインタフェースを構成します。推奨標準優先メカニズムは、この一覧にあるJavaテクノロジをオーバーライドするために使用できます。これらのテクノロジは、Javaプラットフォームの元の実装に組み込まれているスタンドアロン・テクノロジの実装より新しく、かつ完全な実装を提供することによってのみオーバーライドできます。この一覧のテクノロジと前述の「推奨標準のAPI」に記載されたパッケージを除き、Java SEプラットフォームAPI仕様の他のパッケージはオーバーライドできません。

スタンドアロン・テクノロジ JSR サポートされる実装のバージョン パッケージ
Java API for XML Processing (JAXP) JSR 206 1.6.0 Java SE開発者ガイドの「Java API for XML Processing」を参照してください。
Streaming API for XML (StAX) JSR 173 1.3 javax.xml.stream
javax.xml.stream.events
javax.xml.stream.util
Java Architecture for XML Binding (JAXB) JSR 222 2.2.8 javax.xml.bind
javax.xml.bind.annotation
javax.xml.bind.annotation.adapters
javax.xml.bind.attachment
javax.xml.bind.helpers
javax.xml.bind.util
Java API for XML Web Services (JAX-WS) JSR 224 2.2.9 javax.xml.ws
javax.xml.ws.handler
javax.xml.ws.handler.soap
javax.xml.ws.http
javax.xml.ws.soap
javax.xml.ws.spi
javax.xml.ws.spi.http
javax.xml.ws.wsaddressing
Java Compiler API JSR 199 1.8 javax.tools
Pluggable Annotation Processing API JSR 269 1.8 javax.annotation.processing
javax.lang.model
javax.lang.model.element
javax.lang.model.type
javax.lang.model.util
Scripting for the Java Platform JSR 223 1.0 javax.script
SOAP with Attachments API for Java(SAAJ) JSR 67 1.3.21 javax.xml.soap

Copyright © 1993, 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.