Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

javah

JavaクラスからCヘッダーおよびソース・ファイルを生成します。

形式

javah [ options ] fully-qualified-class-name ...

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

fully-qualified-class-name

Cヘッダーおよびソース・ファイルに変換するクラスの完全修飾された場所。

説明

javahコマンドは、ネイティブ・メソッドを実装するために必要なCヘッダーおよびソース・ファイルを生成します。作成されたヘッダーとソース・ファイルは、ネイティブ・ソース・コードからオブジェクトのインスタンス変数を参照するためにCプログラムによって使用されます。.hファイルは、対応するクラスと一致する配置を持つstruct定義を含みます。structのフィールドは、クラスのインスタンス変数に対応します。

ヘッダー・ファイルとその中で宣言される構造体の名前はクラスの名前から派生します。javahコマンドに渡されるクラスがパッケージの内部にある場合、パッケージ名はヘッダー・ファイル名と構造体名の両方の先頭に付加されます。アンダースコア(_)が名前の区切り文字として使用されます。

デフォルトでは、javahコマンドはコマンド行にリストされる各クラスのヘッダー・ファイルを作成し、現在のディレクトリにファイルを置きます。ソース・ファイルを作成するには、-stubsオプションを使用してください。1つのファイルの中に、リストされたすべてのクラスの結果を連結するには、-oオプションを使用してください。

Java Native Interface (JNI)は、ヘッダー情報やスタブ・ファイルを必要としません。引き続きjavahコマンドを使用して、JNI形式のネイティブ・メソッドに必要なネイティブ・メソッド機能プロトタイプを生成できます。javahコマンドは、デフォルトでJNI形式の出力を生成し、その結果を.hファイルに格納します。

オプション

-o outputfile

コマンド行にリストされたすべてのクラスに対して、結果のヘッダーまたはソース・ファイルを連結して出力ファイルに格納します。-oまたは-dのどちらか一方のみを使用できます。

-d directory

javahコマンドがヘッダー・ファイルまたはスタブ・ファイルを保存するディレクトリを設定します。-dまたは-oのどちらか一方のみを使用できます。

-stubs

javahコマンドがJavaオブジェクト・ファイルからC宣言を生成するようにします。

-verbose

詳細出力を指定し、javahコマンドが生成したファイルのステータスに関するメッセージをstdoutに出力するようにします。

-help

javahの使用法についてのヘルプ・メッセージを出力します。

-version

javahコマンドのリリース情報を出力します。

-jni

javahコマンドがJNI形式のネイティブ・メソッド機能プロトタイプを含む出力ファイルを作成するようにします。これはデフォルトの出力であり、-jniの使用はオプションです。

-classpath path

javahコマンドがクラスを探すために使用するパスを指定します。デフォルトまたはCLASSPATH環境変数(設定された場合)をオーバーライドします。ディレクトリは、Oracle Solarisではコロンで区切り、Windowsではセミコロンで区切ります。pathの一般形式は次のようになります。

Oracle Solaris:

.:your-path

例: .:/home/avh/classes:/usr/local/java/classes

Windows:

.;your-path

例: .;C:\users\dac\classes;C:\tools\java\classes

便宜上、*のベース名を含むクラス・パス要素は、ディレクトリ内の拡張子.jarまたは.JARを持つすべてのファイルのリストを指定するのと同じと見なされます。

たとえば、ディレクトリmydira.jarb.JARが含まれている場合、クラス・パス要素mydir/*A.jar:b.JARに展開されます(JARファイルの順番は不確定)。このリストには、隠しファイルも含め、指定されたディレクトリ内のすべてのJARファイルが含まれます。*からなるクラスパス・エントリは、カレント・ディレクトリ内のすべてのJARファイルのリストに展開されます。CLASSPATH環境変数(定義されているとき)も同様に展開されます。クラス・パスのワイルドカード展開は、Java仮想マシン(JVM)の起動前に実行されます。Javaプログラムが展開されていないワイルドカードを認識するのは、環境の照会によってのみです。たとえば、System.getenv("CLASSPATH")を呼び出すことで。

-bootclasspath path

ブートストラップ・クラスをロードするパスを指定します。ブートストラップ・クラスは、デフォルトではjre\lib\rt.jarおよびその他のいくつかのJARファイルにある、コアJavaプラットフォームを実装するクラスです。

-old

古いJDK 1.0形式のヘッダー・ファイルを生成するように指定します。

-force

出力ファイルが常に書き込まれるように指定します。

-Joption

Java仮想マシンにoptionを渡します(optionは、Javaアプリケーション起動ツールのリファレンス・ページに記載されているいずれかのオプション)。たとえば、-J-Xms48mと指定すると、スタートアップ・メモリーは48Mバイトに設定されます。java(1)を参照してください。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.