Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

javap

1つ以上のクラス・ファイルを逆アセンブルします。

形式

javap [options] classfile...

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

classfile

注釈の処理対象となる1つ以上の(スペースで区切られた)クラス(DocFooter.classなど)。クラス・パスで見つかるクラスを、そのファイル名またはURL (file:///home/user/myproject/src/DocFooter.classなど)を使用して指定できます。

説明

javapコマンドは、1つ以上のクラス・ファイルを逆アセンブルします。出力は指定するオプションにより異なります。オプションを使用しない場合、javapコマンドは、そのパッケージ、渡されたクラスのprotectedおよびpublicのフィールドとメソッドを出力します。javapコマンドは、その出力をstdoutに表示します。

オプション

-help
--help
-?

javapコマンドのヘルプ・メッセージを出力します。

-version

リリース情報を出力します。

-l

行番号とローカル変数表を出力します。

-public

publicクラスおよびメンバーだけを表示します。

-protected

protectedおよびpublicのクラスとメンバーだけを表示します。

-private
-p

すべてのクラスとメンバーを表示します。

-Joption

指定したオプションをJVMに渡します。例:

javap -J-version
javap -J-Djava.security.manager -J-Djava.security.policy=MyPolicy MyClassName

JVMオプションの詳細は、javaコマンドのドキュメントを参照してください。

-s

内部の型シグニチャを出力します。

-sysinfo

処理されるクラスのシステム情報(パス、サイズ、日付、MD5ハッシュ)を表示します。

-constants

static final定数を表示します。

-c

クラスのメソッドごとに、逆アセンブルされるコード(たとえば、Javaバイト・コードで構成される命令)を出力します。

-verbose

メソッドのスタック・サイズおよびローカル変数と引数の数を出力します。

-classpath path

javapコマンドがクラスを探すために使用するパスを指定します。デフォルトまたはCLASSPATH環境変数(設定された場合)をオーバーライドします。

-bootclasspath path

ブートストラップ・クラスをロードするパスを指定します。ブートストラップ・クラスは、デフォルトではjre/lib/rt.jarおよびその他のいくつかのJARファイルにある、コアJavaプラットフォームを実装するクラスです。

-extdir dirs

インストールされた拡張機能を検索する場所をオーバーライドします。拡張機能は、デフォルトではjava.ext.dirsにあります。

次のDocFooterクラスをコンパイルします。

import java.awt.*;
import java.applet.*;
 
public class DocFooter extends Applet {
        String date;
        String email;
 
        public void init() {
                resize(500,100);
                date = getParameter("LAST_UPDATED");
                email = getParameter("EMAIL");
        }
 
        public void paint(Graphics g) {
                g.drawString(date + " by ",100, 15);
                g.drawString(email,290,15);
        }
}

javap DocFooter.classコマンドから生成される出力は、次のとおりです。

Compiled from "DocFooter.java"
public class DocFooter extends java.applet.Applet {
  java.lang.String date;
  java.lang.String email;
  public DocFooter();
  public void init();
  public void paint(java.awt.Graphics);
}

javap -c DocFooter.classコマンドから生成される出力は、次のとおりです。

Compiled from "DocFooter.java"
public class DocFooter extends java.applet.Applet {
  java.lang.String date;
  java.lang.String email;

  public DocFooter();
    Code:
       0: aload_0       
       1: invokespecial #1                  // Method
java/applet/Applet."<init>":()V
       4: return        

  public void init();
    Code:
       0: aload_0       
       1: sipush        500
       4: bipush        100
       6: invokevirtual #2                  // Method resize:(II)V
       9: aload_0       
      10: aload_0       
      11: ldc           #3                  // String LAST_UPDATED
      13: invokevirtual #4                  // Method
 getParameter:(Ljava/lang/String;)Ljava/lang/String;
      16: putfield      #5                  // Field date:Ljava/lang/String;
      19: aload_0       
      20: aload_0       
      21: ldc           #6                  // String EMAIL
      23: invokevirtual #4                  // Method
 getParameter:(Ljava/lang/String;)Ljava/lang/String;
      26: putfield      #7                  // Field email:Ljava/lang/String;
      29: return        

  public void paint(java.awt.Graphics);
    Code:
       0: aload_1       
       1: new           #8                  // class java/lang/StringBuilder
       4: dup           
       5: invokespecial #9                  // Method
 java/lang/StringBuilder."<init>":()V
       8: aload_0       
       9: getfield      #5                  // Field date:Ljava/lang/String;
      12: invokevirtual #10                 // Method
 java/lang/StringBuilder.append:(Ljava/lang/String;)Ljava/lang/StringBuilder;
      15: ldc           #11                 // String  by 
      17: invokevirtual #10                 // Method
 java/lang/StringBuilder.append:(Ljava/lang/String;)Ljava/lang/StringBuilder;
      20: invokevirtual #12                 // Method
 java/lang/StringBuilder.toString:()Ljava/lang/String;
      23: bipush        100
      25: bipush        15
      27: invokevirtual #13                 // Method
 java/awt/Graphics.drawString:(Ljava/lang/String;II)V
      30: aload_1       
      31: aload_0       
      32: getfield      #7                  // Field email:Ljava/lang/String;
      35: sipush        290
      38: bipush        15
      40: invokevirtual #13                 // Method
java/awt/Graphics.drawString:(Ljava/lang/String;II)V
      43: return        
}

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.