Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

jconsole

Javaアプリケーションのモニターと管理を可能にするグラフィカル・コンソールを起動します。

形式

jconsole [ options ] [ connection ... ]

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

connection = pid | host:port | jmxURL

pidの値は、ローカルのJava仮想マシン(JVM)のプロセスIDです。JVMは、jconsoleコマンドを実行しているユーザーIDと同じユーザーIDを使用して実行する必要があります。host:portの値は、JVMが実行されているホスト・システムの名前と、JVMを起動したときにシステム・プロパティcom.sun.management.jmxremote.portで指定したポート番号です。jmxUrlの値は、「JMXServiceURL」で説明されている接続先のJMXエージェントのアドレスです。

connectionパラメータの詳細は、次のJMXテクノロジを使用するモニタリングと管理に関するトピックを参照してください。
http://docs.oracle.com/javase/jp/8/technotes/guides/management/agent.html

次のJMXServiceURLクラスの説明も参照してください。
http://docs.oracle.com/javase/jp/8/api/javax/management/remote/JMXServiceURL.html

説明

jconsoleコマンドは、ローカル・マシンまたはリモート・マシン上のJavaアプリケーションと仮想マシンのモニターと管理を行うグラフィカル・コンソール・ツールを起動します。

Windows上では、jconsoleコマンドはコンソール・ウィンドウと関連付けられていません。ただし、jconsoleコマンドが失敗すると、エラー情報を示すダイアログ・ボックスが表示されます。

オプション

-interval=n

更新間隔をn秒に設定します(デフォルトは4秒)。

-notile

最初にウィンドウをタイリングしません(複数の接続のため)。

-pluginpath plugins

JConsoleプラグインの検索先となるディレクトリまたはJARファイルのリストを指定します。pluginsパスには、プラグインごとに1行ずつ含まれているMETA-INF/services/com.sun.tools.jconsole.JConsolePluginという名前のプロバイダ構成ファイルを含めてください。この行は、com.sun.tools.jconsole.JConsolePluginクラスを実装するクラスの完全修飾クラス名を指定します。

-version

リリース情報を表示して終了します。

-help

ヘルプ・メッセージを表示します。

-Jflag

jconsoleコマンドが実行されているJVMにflagを渡します。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.