Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

jps

ターゲット・システム上で計測されたJava仮想マシン(JVM)を一覧表示します。このコマンドは試験的なものであり、サポート対象外になっています。

形式

jps [ options ] [ hostid ]

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

hostid

プロセス・レポートが生成されるホストの識別子。hostidには、通信プロトコル、ポート番号、実装に固有なその他のデータを指定したオプション・コンポーネントを含めることができます。「ホスト識別子」を参照してください。

説明

jpsコマンドは、ターゲット・システム上で計測されたJava HotSpot VMを一覧表示します。このコマンドで表示できるレポート情報は、アクセス権を持ったJVMに関するものに限定されます。

hostidを指定せずにjpsコマンドを実行した場合、ローカル・ホストで計測されたJVMが検索されます。hostidを指定して起動した場合、指定されたプロトコルとポートを使用して、指定されたホスト上のJVMを検索します。jstatdプロセスがターゲット・ホスト上で実行されていると想定されます。

jpsコマンドは、ターゲット・システムで計測された各JVMについて、ローカルJVM識別子、つまりlvmidをレポートします。lvmidは、一般的にはJVMプロセスに対するオペレーティング・システムのプロセス識別子ですが、必ずしもそうであるとは限りません。オプションを指定しない場合、jpsによって、各Javaアプリケーションのlvmidが一覧表示され、それぞれにアプリケーションのクラス名またはJARファイル名が簡単な形式で示されます。この簡単な形式のクラス名とJARファイル名では、クラスのパッケージ情報またはJARファイル・パス情報が省略されています。

jpsコマンドは、Java起動ツールを使用して、mainメソッドに渡されるクラス名と引数を検索します。独自の起動ツールを使用してターゲットJVMを起動した場合は、mainメソッドに渡されるクラス名(またはJARファイル名)と引数は利用できません。この場合、jpsコマンドは、mainメソッドへ渡されるクラス名(またはJARファイル名)と引数に対して、文字列Unknownを出力します。

jpsコマンドで生成されるJVMのリストは、このコマンドを実行するプリンシパルに与えられたアクセス権に基づき、制限される場合があります。このコマンドは、オペレーティング・システム独自のアクセス制御メカニズムによる決定に基づいて、プリンシパルにアクセス権が与えられているJVMのみを一覧表示します。

オプション

jpsコマンドでは、コマンドの出力を変更するオプションが多数サポートされています。将来、これらのオプションは、変更または廃止される可能性があります。

-q

ローカルJVM識別子のリストのみを生成するように、mainメソッドに渡されるクラス名、JARファイル名および引数の出力を制御します。

-m

mainメソッドに渡される引数を表示します。この出力は、組み込まれているJVMに対してnullになることもあります。

-l

アプリケーションのmainクラスのフル・パッケージ名、またはアプリケーションのJARファイルへのフル・パス名を表示します。

-v

JVMに渡される引数を表示します。

-V

ローカルJVM識別子のリストのみを生成するように、mainメソッドに渡されるクラス名、JARファイル名および引数の出力を制御します。

-Joption

JVMにoption (Javaアプリケーション起動ツールのリファレンス・ページに記載されているoptionsのいずれか)を渡します。たとえば、-J-Xms48mと指定すると、スタートアップ・メモリーは48Mバイトに設定されます。java(1)を参照してください。

ホスト識別子

ホスト識別子、つまりhostidは、ターゲット・システムを示す文字列です。hostid文字列の構文は、URIの構文に対応しています。

[protocol:][[//]hostname][:port][/servername]
protocol

通信プロトコルです。protocolが省略され、hostnameが指定されていない場合、デフォルトのプロトコルが、プラットフォーム固有の最適化されたローカル・プロトコルになります。プロトコルが省略され、ホスト名が指定されている場合は、デフォルト・プロトコルはrmiになります。

hostname

ターゲット・ホストを示すホスト名またはIPアドレスです。hostnameパラメータを省略した場合、ターゲット・ホストはローカル・ホストになります。

port

リモート・サーバーと通信するためのデフォルト・ポートです。hostnameパラメータが省略されているか、protocolパラメータで最適化されたローカル・プロトコルが指定されている場合、portパラメータは無視されます。そうでなければ、portパラメータの扱いは、実装によって異なります。デフォルトのrmiプロトコルの場合、portパラメータは、リモート・ホスト上のrmiregistryのポート番号を示します。portパラメータが省略され、protocolパラメータでrmiが指定されている場合、デフォルトのrmiregistryポート(1099)が使用されます。

servername

このパラメータの扱いは、実装によって異なります。最適化されたローカル・プロトコルの場合、このフィールドは無視されます。rmiプロトコルの場合、このパラメータは、リモート・ホスト上のRMIリモート・オブジェクトの名前を表す文字列になります。詳細は、jstatdコマンドの-nオプションを参照してください。

出力形式

jpsコマンドの出力は、次のパターンに従います。

lvmid [ [ classname | JARfilename | "Unknown"] [ arg* ] [ jvmarg* ] ]

すべての出力トークンは空白で区切ります。arg値の中で空白を使用すると、実際の定位置パラメータに引数をマッピングしようとするときに、あいまいになります。

注意: 将来のリリースでこの形式は変更される可能性があるため、jpsの出力を解析するスクリプトは作成しないことをお薦めします。jpsの出力を解析するスクリプトを作成する場合は、このツールの将来のリリースにより、そのスクリプトを変更する必要があることに留意してください。

このセクションでは、jpsコマンドの例を示します。

ローカル・ホスト上で計測されたJVMを一覧表示する場合:

jps
18027 Java2Demo.JAR
18032 jps
18005 jstat

次の例は、リモート・ホスト上で計測されたJVMを一覧表示しています。この例では、jstatサーバーと、その内部RMIレジストリまたは別の外部rmiregistryプロセスのいずれかが、リモート・ホストのデフォルト・ポート(ポート1099)で実行されていると想定しています。また、ローカル・ホストが、リモート・ホストへの有効なアクセス権を持っていることも想定しています。この例には、-lオプションも含まれ、クラス名またはJARファイル名を詳細な形式で出力します。

jps -l remote.domain
3002 /opt/jdk1.7.0/demo/jfc/Java2D/Java2Demo.JAR
2857 sun.tools.jstatd.jstatd

次の例は、RMIレジストリにデフォルトではないポートを使用して、リモート・ホスト上で計測されたJVMを一覧表示しています。この例では、内部RMIレジストリがポート2002にバインドされたjstatdサーバーが、リモート・ホスト上で実行していると想定しています。また、-mオプションを使用して、一覧表示されたそれぞれのJavaアプリケーションのmainメソッドに渡される引数を組み込んでいます。

jps -m remote.domain:2002
3002 /opt/jdk1.7.0/demo/jfc/Java2D/Java2Demo.JAR
3102 sun.tools.jstatd.jstatd -p 2002

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.