Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

6 セキュリティ

これらのコマンドは、ローカル・システムにセキュリティ・ポリシーを設定し、リモート・サイトで設定されたセキュリティ・ポリシーの範囲内で動作するアプリケーションを作成します。

このセクションには、次のコマンドが含まれます。

keytool: 暗号化鍵、X.509証明書チェーン、および信頼できる証明書を含むキーストア(データベース)を管理します。

jarsigner: Java Archive (JAR)ファイルの署名および検証を行います。

policytool: ユーティリティGUI経由で取得したユーザー入力に基づいて、プレーン・テキストのポリシー・ファイルを読み書きします。

kinit: Kerberos v5チケットを取得します。

klist: 資格キャッシュおよびキータブのエントリを一覧表示します。

ktab: キー表のエントリを管理します。

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.