Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

schemagen

Javaクラス内で参照されている名前空間ごとに、スキーマを生成します。

形式

schemagen [ options ] java-files

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

java-files

処理対象のJavaクラス・ファイルです。

説明

スキーマ・ジェネレータは、Javaクラス内で参照されている名前空間ごとに1つのスキーマ・ファイルを作成します。現時点では、生成されるスキーマ・ファイルの名前を制御できません。スキーマ・ファイル名を制御する方法については、次のサイトで「Using SchemaGen with Ant」を参照してください。
http://jaxb.java.net/nonav/2.2.3u1/docs/schemagenTask.html

ユーザーのプラットフォームのbinディレクトリにある適切なschemagenシェル・スクリプトを使用して、スキーマ・ジェネレータを起動します。現在のスキーマ・ジェネレータは、Javaソース・ファイルとクラス・ファイルのいずれも処理できます。

schemagen.sh Foo.java Bar.java ...
Note: Writing schema1.xsd

Javaファイルが他のクラスを参照している場合は、システムのCLASSPATH環境変数で、これらのクラスにアクセスできるようにする必要があります。あるいは、クラス・パスのオプションを使用して、これらのクラスをschemagenコマンド行で指定する必要があります。「オプション」を参照してください。参照されているファイルにアクセスできない場合やファイルが指定されていない場合は、スキーマを生成するときにエラーが表示されます。

オプション

-d path

schemagenコマンドによって、プロセッサで生成されたクラス・ファイルおよびjavacで生成されたクラス・ファイルが配置される場所です。

-cp path

schemagenコマンドによって、ユーザーが指定したクラス・ファイルが配置される場所です。

-classpath path

schemagenコマンドによって、ユーザーが指定したクラス・ファイルが配置される場所です。

-encoding encoding

aptまたはjavacコマンドを呼び出す際に使用されるエンコーディングを指定します。

-episode file

個々のコンパイルごとにエピソード・ファイルを生成します。

-version

リリース情報を表示します。

-help

ヘルプ・メッセージを表示します。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.