Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

wsgen

Webサービス・エンドポイント実装(SEI)クラスを読み取り、Webサービスの配備と呼出しに必要なすべてのアーティファクトを生成します。

形式

wsgen [ options ] SEI

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

SEI

読み取られるWebサービス・エンドポイント実装(SEI)クラスです。

説明

wsgenコマンドは、JAX-WS Webサービスで使用されるJAX-WSポータブル・アーティファクトを生成します。このツールは、Webサービスのエンドポイント・クラスを読み取り、Webサービスの配備と呼出しに必要なすべてのアーティファクトを生成します。JAXWS 2.1.1 RIにはwsgen Antタスクも用意されています。次のサイトの「JAX-WS (wsgen)」ページで「Tools」タブを参照してください。
http://jax-ws.java.net/nonav/2.1.1/docs/wsgenant.html

wsgenコマンドを開始するには、次の処理を行います。

set JAXWS_HOME=c:\pathto\jaxws-ri
%JAXWS_HOME%\bin\wsgen.bat -help

オプション

-classpath path

入力クラス・ファイルの場所です。

-cp path

入力クラス・ファイルの場所です。

-d directory

生成された出力ファイルを格納する場所です。

-extension

ベンダー拡張を許可します。拡張を使用すると、アプリケーションの移植性が失われたり、他の実装で機能しなくなる可能性があります。

-help

wsgenコマンドに関するヘルプ・メッセージを表示します。

-keep

生成されたファイルを保持します。

-r directory

このオプションは、生成されたリソース・ファイル(WSDLなど)の格納場所を指定する際に、-wsdlオプションと一緒に使用します。

-s directory

生成されたソース・ファイルを格納する場所です。

-verbose

コンパイラのメッセージを表示します。

-version

リリース情報を出力します。

-wsdl [ :protocol ]

エンドポイント配備の前にレビューするためにWSDLファイルを生成するオプションのコマンドです。WSDLファイルには、サービスを呼び出す方法、予測されるパラメータおよび返されるデータ構造についての説明がマシンで読取り可能な形式で含まれています。

wsgenコマンドは、デフォルトでWSDLファイルを生成しません。protocol値はオプションであり、WSDLバインディング(wsdl:binding)で使用されるプロトコルを指定するために使用されます。有効なプロトコルはsoap1.1およびXsoap1.2です。デフォルトはsoap1.1です。Xsoap1.2プロトコルは標準ではなく、-extensionオプションと一緒でしか使用できません。

-servicename name

WSDLで生成される特定のWSDLサービス(wsdl:service)名(例: -servicename "{http://mynamespace/}MyService")を指定する際に、-wsdlオプションと一緒にのみ使用されます。

-portname name

WSDLで生成される特定のWSDLポート(wsdl:port)名(例: -portname "{http://mynamespace/}MyPort")を指定する際に、-wsdlオプションと一緒にのみ使用されます。

次の例では、stockディレクトリ内に@WebService注釈を付けたStockServiceのラッパー・クラスを生成します。

wsgen -d stock -cp myclasspath stock.StockService

次の例では、SOAP 1.1 WSDLおよび@WebService注釈を付けたstock.StockServiceクラスのスキーマを生成します。

wsgen -wsdl -d stock -cp myclasspath stock.StockService

次の例では、SOAP 1.2 WSDLを生成します。

wsgen -wsdl:Xsoap1.2 -d stock -cp myclasspath stock.StockService 

注: JAXWSランタイム環境ではサービスの配備時にWSDLが自動的に生成されるため、ユーザーが開発時にWSDLを生成する必要はありません。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.