Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

serialver

指定されたクラスのシリアル・バージョンUIDを返します。

形式

serialver [ options ] [ classnames ]

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

classnames

返されるserialVersionUIDのクラスです。

説明

serialverコマンドは、1つ以上のクラスのserialVersionUIDを、展開しているクラスにコピーするのに適した形式で返します。引数を指定しないでserialverコマンドを呼び出すと、使用法を示す行が出力されます。

オプション

-classpath path-files

アプリケーションのクラスおよびリソースの検索パスを設定します。個々のクラスおよびリソースはコロン(:)で区切ります。

-show

簡単なユーザー・インタフェースを表示します。完全なクラス名を入力して、Enterキーまたは「Show」ボタンを押すと、serialVersionUIDが表示されます。

-Joption

Java仮想マシンにoptionを渡します。ここでoptionは、Javaアプリケーション起動ツールのリファレンス・ページに記載されているいずれかのオプションです。たとえば、-J-Xms48mと指定すると、スタートアップ・メモリーは48Mバイトに設定されます。java(1)を参照してください。

serialverコマンドは、指定されたクラスをその仮想マシン内に読み込んで初期化しますが、デフォルトではセキュリティ・マネージャの設定は行いません。信頼できないクラスとともにserialverコマンドを実行する場合は、次のオプションを使用してセキュリティ・マネージャを設定できます。

-J-Djava.security.manager

必要であれば、次のオプションを使用してセキュリティ・ポリシーを指定できます。

-J-Djava.security.policy=<policy file>

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.