Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

9 Java IDLおよびRMI-IIOP

これらのコマンドは、OMG標準IDLおよびCORBA/IIOPを使用するアプリケーションを作成します。

このセクションには、次のコマンドが含まれます。

tnameserv: Java IDLネーム・サーバーを起動します。

idlj: 指定したインタフェース定義言語(IDL)ファイルのJavaバインディングを生成します。

orbd: クライアントからCORBA環境のサーバーにある持続オブジェクトを検索して呼び出せるようにします。

servertool: アプリケーション・プログラマがサーバーを登録、登録解除、起動、およびシャットダウンするための使いやすいインタフェースを提供します。

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.