Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

servertool

開発者が永続サーバーを登録、登録解除、起動およびシャットダウンするための使いやすいインタフェースを提供します。

形式

servertool -ORBInitialPort nameserverport [ options ] [ commands ]

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

commands

コマンド行コマンドです。「コマンド」を参照してください。

コマンドを入力しないでservertoolを起動すると、コマンド行ツールとしてservertool>プロンプトが表示されます。servertool >プロンプトにコマンドを入力します。

コマンドを入力してservertoolを起動すると、Java IDLサーバー・ツールが起動し、コマンドを実行して終了します。

-ORBInitialPort nameserverportオプションは必須ですnameserverportの値には、orbdが実行され、着信要求を待機しているポートを指定する必要があります。

説明

servertoolコマンドは、開発者が永続サーバーを登録、登録解除、起動およびシャットダウンするためのコマンド行インタフェースを提供します。コマンド行コマンドを使って、サーバーに関する様々な統計情報を取得できます。「コマンド」を参照してください。

オプション

-ORBInitialHost nameserverhost

このオプションは必須です。ネーム・サーバーが実行され、着信要求を待機しているホスト・マシンを指定します。nameserverportの値には、orbが実行され、要求を待機しているポートを指定する必要があります。このオプションを指定しない場合のデフォルト値はlocalhostです。orbdservertoolが異なるマシン上で実行されている場合は、orbdが実行されているホストの名前またはIPアドレスを指定する必要があります。

-Joption

Java仮想マシンにoptionを渡します(optionは、Javaアプリケーション起動ツールのリファレンス・ページに記載されているいずれかのオプション)。たとえば、-J-Xms48mと指定すると、スタートアップ・メモリーは48Mバイトに設定されます。java(1)を参照してください。

コマンド

servertoolコマンドは、コマンド行コマンドを指定して起動することも、指定せずに起動することもできます。

  • コマンドを指定せずにservertoolを起動した場合は、コマンド行ツールでコマンドを入力できるservertoolプロンプト(servertool >)が表示されます。

  • コマンドを指定してservertoolを起動した場合は、Java IDLサーバー・ツールが起動し、コマンドを実行して終了します。

register -server server-class-name -classpath classpath-to-server [ -applicationName application-name -args args-to-server -vmargs flags-for-JVM ]

Object Request Broker Daemon (ORBD)に新規永続サーバーを登録します。サーバーが未登録の場合、登録して起動します。このコマンドによって、-serverオプションで識別されるサーバーのmainクラス内でインストール・メソッドが呼び出されます。このインストール・メソッドは、public static void install(org.omg.CORBA.ORB)になっている必要があります。インストール・メソッドはオプションであり、データベース・スキーマの作成などの独自のサーバー・インストール動作を開発者が指定できます。

unregister -serverid server-id | -applicationName application-name

サーバーIDまたはアプリケーション名を使用してORBDからサーバーの登録を解除します。このコマンドによって、-serverオプションで識別されるサーバーのmainクラス内でアンインストール・メソッドが呼び出されます。このuninstallメソッドは、public static void uninstall(org.omg.CORBA.ORB)になっている必要があります。uninstallメソッドはオプションであり、installメソッドの動作を元に戻すなどの独自のサーバー・アンインストール動作を開発者が指定できます。

getserverid -applicationName application-name

application-nameの値に対応するサーバーIDを返します。

list

ORBDに登録されているすべての永続サーバーに関する情報を一覧表示します。

listappnames

現在ORBDに登録されているすべてのサーバーのアプリケーション名を一覧表示します。

listactive

ORBDによって起動され、現在実行されているすべての永続サーバーに関する情報を一覧表示します。

locate -serverid server-id | -applicationName application-name [ -endpointType endpointType ]

登録されたサーバーで作成したすべてのORBの特定の型について端点(ポート)を検出します。サーバーが実行されていない場合、起動されます。endpointTypeの値が指定されていない場合、サーバーのORBごとに関連付けられているplain型またはnon-protected型の端点が返されます。

locateperorb -serverid server-id | -applicationName application-name [ -orbid ORB-name ]

登録されたサーバーの特定のObject Request Broker (ORB)で登録されたすべての端点(ポート)を検出します。サーバーが実行されていない場合、起動されます。orbidが指定されていない場合は、デフォルト値の""orbidに割り当てられます。ORBのいずれかが空文字列のorbidで作成されている場合、登録したポートがすべて返されます。

orblist -serverid server-id | -applicationName application-name

サーバー上に定義されたORBのORBIdを一覧表示します。ORBIdはサーバーで作成されたORBの文字列名です。サーバーが実行されていない場合は、起動されます。

shutdown -serverid server-id | -applicationName application-name

ORBDに登録されたアクティブなサーバーを停止します。このコマンドの実行中に、-serveridまたは-applicationNameパラメータで指定されたクラス内に定義されたshutdownメソッドも呼び出されてサーバー・プロセスをシャットダウンします。

startup -serverid server-id | -applicationName application-name

ORBDに登録されたサーバーを起動します。サーバーが実行されていない場合は、このコマンドでサーバーが起動されます。サーバーがすでに実行されている場合は、エラー・メッセージが表示されます。

help

サーバーでservertoolコマンドで使用できるすべてのコマンドを一覧表示します。

quit

servertoolコマンドを終了します。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.