Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

unpack200

pack200(1)で作成されたパック・ファイルをWeb配備用のJARファイルに変換します。

形式

unpack200 [ options ] input-file JAR-file

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

input-file

入力ファイルの名前です。入力ファイルは、pack200 gzipファイルまたはpack200ファイルです。また、0,を設定すればpack200(1)で作成されたJARファイルも入力ファイルとして使用できます。この場合、入力ファイルの内容がPack200マーカーとともに出力JARファイルにコピーされます。

JAR-file

出力JARファイル名。

説明

unpack200コマンドは、pack200(1)で作成されたパック・ファイルをJARファイルに変換するネイティブ実装です。一般的な使用法は次のとおりです。次の例では、unpack200コマンドのデフォルト設定で、myarchive.pack.gzからmyarchive.jarファイルが作成されます。

unpack200 myarchive.pack.gz myarchive.jar

オプション

-Hvalue --deflate-hint=value

JARファイル内のすべてのエントリにtruefalsekeepとしてデフレーションを設定します。デフォルト・モードはkeepです。値がtrueまたはfalseの場合、--deflate=hintオプションはデフォルトの動作をオーバーライドして、出力JARファイル内のすべてのエントリにデフレーション・モードを設定します。

-r --remove-pack-file

入力パック・ファイルを削除します。

-v --verbose

最小限のメッセージを表示します。このオプションを複数指定すると、より詳細なメッセージが表示されます。

-q --quiet

メッセージを表示せずに動作します。

-lfilename --log-file=filename

出力メッセージのログが記録されるログ・ファイルを指定します。

-? -h --help

unpack200コマンドに関するヘルプ情報を出力します。

-V --version

unpack200コマンドに関するバージョン情報を出力します。

-Joption

Java仮想マシンにオプションを渡します。ここでoptionは、Javaアプリケーションランチャのリファレンス・ページに記載されているいずれかのオプションです。たとえば、-J-Xms48mと指定すると、スタートアップ・メモリーは48Mバイトに設定されます。java(1)を参照してください。

このコマンドとunpackコマンドを混同しないでください。これらは別製品です。

JDKに付属するJava SE API仕様との相違が見つかった場合には、仕様を優先してください。

終了ステータス

終了値(正常に完了した場合は0、エラーが発生した場合は0よりも大きい値)が返されます。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.