ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseリファレンス
11gリリース2 (11.2)
B56311-08
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

V$STREAMS_CAPTURE

V$STREAMS_CAPTUREは、LCRをXStreamアウトバウンド・サーバーに送信する各取得プロセスに関する情報を示します。

データ型 説明
SID NUMBER 取得プロセスのセッションID
SERIAL# NUMBER 取得プロセス・セッションのセッション・シリアル番号
CAPTURE# NUMBER 取得プロセス番号。取得プロセスは、接頭辞cpを持つOracleバックグラウンド・プロセスである。
CAPTURE_NAME VARCHAR2(30) 取得プロセスの名前
LOGMINER_ID NUMBER 取得プロセスに関連付けられたLogMinerセッションのセッションID
STARTUP_TIME DATE 取得プロセスの前回の開始時刻
STATE VARCHAR2(551) 取得プロセスの状態:
  • INITIALIZING

  • CAPTURING CHANGES

  • EVALUATING RULE

  • ENQUEUING MESSAGE

  • SHUTTING DOWN

  • ABORTING

  • CREATING LCR

  • WAITING FOR DICTIONARY REDO

  • WAITING FOR REDO

  • PAUSED FOR FLOW CONTROL

  • DICTIONARY INITIALIZATION

  • WAITING FOR SUBSCRIBER TO BE ADDED

  • WAITING FOR BUFFERED QUEUE TO SHRINK

  • SUSPENDED FOR AUTO SPLIT/MERGE

  • WAITING FOR TRANSACTION脚注 1 

  • WAITING FOR INACTIVE DEQUEUERS脚注 1

関連項目: これらの値の詳細は、Oracle Database XStreamについてのマニュアルを参照。

TOTAL_PREFILTER_DISCARDED NUMBER 破棄されたフィルタ済メッセージの合計数
TOTAL_PREFILTER_KEPT NUMBER 保持されたフィルタ済メッセージの合計数
TOTAL_PREFILTER_EVALUATIONS NUMBER フィルタ評価の合計数
TOTAL_MESSAGES_CAPTURED NUMBER 最後に取得プロセスが起動してから、詳細なルール評価のために、LogMinerから取得プロセスに渡されたREDOエントリの合計数。取得プロセスの事前フィルタ処理で変更を廃棄できない場合、取得プロセスはREDOエントリをメッセージに変換し、そのメッセージに対して詳細なルール評価を実行します。
CAPTURE_TIME DATE 最新のメッセージが取得された時刻
CAPTURE_MESSAGE_NUMBER NUMBER 最後に取得されたメッセージの番号
CAPTURE_MESSAGE_CREATE_TIME DATE 最後に取得されたメッセージの作成時刻
TOTAL_MESSAGES_CREATED NUMBER 割合を計算するためにELAPSED_LCR_TIMEに対応付けられた回数
TOTAL_FULL_EVALUATIONS NUMBER 割合を計算するためにELAPSED_RULE_TIMEに対応付けられた回数
TOTAL_MESSAGES_ENQUEUED NUMBER 取得プロセスの前回の開始後にエンキューされたメッセージの合計数
ENQUEUE_TIME DATE 最後のメッセージがエンキューされた時刻
ENQUEUE_MESSAGE_NUMBER NUMBER 最後にエンキューされたメッセージの番号
ENQUEUE_MESSAGE_CREATE_TIME DATE 最後にエンキューされたメッセージの作成時刻
AVAILABLE_MESSAGE_NUMBER NUMBER ローカルでの取得の場合は、最後にログ・ファイルにフラッシュされたREDOログのSCN。ダウンストリームでの取得の場合は、アーカイブ・ログを介して最後にLogMinerに追加されたSCN。
AVAILABLE_MESSAGE_CREATE_TIME DATE ローカルでの取得の場合は、そのSCNがログ・ファイルに書き込まれた時刻。ダウンストリームでの取得の場合は、最新のアーカイブ・ログ(最新のSCNを含む)がLogMinerに追加された時刻。
ELAPSED_CAPTURE_TIME NUMBER 取得プロセスが前回開始された後の、REDOログ内で変更をスキャン中の経過時間(1/100秒)
ELAPSED_RULE_TIME NUMBER 取得プロセスが前回開始された後のルール評価中の経過時間(1/100秒)
ELAPSED_ENQUEUE_TIME NUMBER 取得プロセスが前回開始された後のメッセージのエンキュー中の経過時間(1/100秒)
ELAPSED_LCR_TIME NUMBER 取得プロセスが前回開始された後の、論理変更レコード(LCR)作成中の経過時間(1/100秒)
ELAPSED_REDO_WAIT_TIME NUMBER WAITING FOR REDO状態にある取得プロセスが要した経過時間(1/100秒)
ELAPSED_PAUSE_TIME NUMBER フロー制御停止の経過時間(1/100秒)
STATE_CHANGED_TIME DATE 取得プロセスの状態が変更された時刻
APPLY_NAME VARCHAR2(30) 予約済
APPLY_DBLINK VARCHAR2(128) 予約済
APPLY_MESSAGES_SENT NUMBER 予約済
APPLY_BYTES_SENT NUMBER 予約済
OPTIMIZATION NUMBER 取得プロセスで取得と適用の組合せを使用するか(0より大きい値)そうでないか(0)
PURPOSE脚注 2  VARCHAR2(10) 取得プロセスの目的:
  • Streams: 取得プロセスは、Oracle Streams構成の一部

  • XStream: 取得プロセスは、XStream構成の一部

SGA_USED脚注 2 NUMBER 割り当てられた容量(SGA_ALLOCATED)のうち、現在取得プロセスで使用されている共有メモリーの合計容量(バイト)
SGA_ALLOCATED脚注 2 NUMBER 取得プロセスのStreamsプールから割り当てられた共有メモリーの合計容量(バイト)
BYTES_OF_REDO_MINED脚注 2 VARCHAR2(64) 取得プロセスが前回開始された後にマイニングされたREDOデータの合計容量(バイト)
SESSION_RESTART_SCN脚注 2 VARCHAR2(64) 取得プロセスが前回開始されたときにREDOデータのマイニングを開始したSCN

脚注 1 この状態は、Oracle Database 11gリリース2(11.2.0.2)から使用可能です。

脚注 2 この列は、Oracle Database 11gリリース2(11.2.0.2)から使用可能です。


注意:

ELAPSED_CAPTURE_TIMEELAPSED_RULE_TIMEELAPSED_ENQUEUE_TIMEELAPSED_LCR_TIMEおよびELAPSED_REDO_WAIT_TIME列が移入されるのは、TIMED_STATISTICS初期化パラメータがtrueに設定されている場合か、STATISTICS_LEVEL初期化パラメータがTYPICALまたはALLに設定されている場合のみです。