プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseライセンス情報
11gリリース2 (11.2)
B56284-17
  目次へ移動
目次

前
 
 

索引

A B C D E F H I L M N O P Q R S T U V W X Z

A

Active Directory, 1.2
アドバンスト・レプリケーション, 1.2
ASM。「Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)」を参照
自動ブロック修復, 1.2, 2.1.1
自動ワークロード管理, 1.2
非同期チェンジ・データ・キャプチャ, 1.2

B

バックアップおよびリカバリ, 1.2
バックアップ, 高速増分, 1.2, 2.1.1
基本レプリケーション, 1.2
基本表圧縮, 1.2
ビットマップ計画変換, 1.2
ビットマップ索引, 1.2
ブロックの圧縮, 1.2
ブロック修復, 1.2
ブロックレベル・メディア・リカバリ, 1.2

C

製品ライセンスにおける変更, 1.6
クライアント側問合せキャッシュ, 1.2
COMオートメーション, 1.4
現行ユーザーのデータベース・リンク, 1.5

D

Data Masking and Subsetting Pack。「Oracle Data Masking and Subsettting Pack」を参照
データ・ポンプ, 1.2, 2.1.2, 2.1.3
Database Gateways, 1.2
データベース・リンク, 1.5
データベース・オプション, 2.1
使用方法の確認, 2.3
Oracle Active Data Guard, 1.2, 2.1.1
Oracle Advanced Analytics, 1.2, 2.1.6
Oracle Advanced Compression, 1.2, 2.1.2
Oracle Advanced Security, 1.2, 1.5, 1.5, 2.1.3
Oracle Database Vault, 1.2, 1.5, 1.5, 1.5, 1.5, 2.1.4
Oracle Label Security, 1.2, 2.1.5
Oracle Machine Learning, 1.2, 2.1.6
Oracle On-Line Analytical Processing (OLAP), 1.2, 2.1.7
Oracle Partitioning, 1.2, 1.2, 1.2, 2.1.8
Oracle RAC One Node, 1.2, 2.1.9
Oracle Real Application Clusters, 1.1, 1.1, 1.2, 1.5, 2.1, 2.1.10
Oracle Real Application Testing, 1.2, 1.5, 1.5, 2.1.11, 2.1.11.1, 2.2.4, 2.2.5
Oracle Spatial and Graph, 1.2, 2.1.12
Oracle TimesTen Application-Tier Database Cache, 1.2, 2.1.13
データベース・リプレイ, 1.5, 1.5, 2.1.11, 2.1.11
データベース・リソース・マネージャ, 1.2
データベース・スマート・フラッシュ・キャッシュ, 1.2
遅延セグメントの作成, 1.2
多重化バックアップ・セット, 1.2

E

エンタープライズ・ユーザー・セキュリティ, 1.5

F

高速増分バックアップ, 1.2, 2.1.1
ファスト・スタート・リカバリ, 1.2
使用可能な機能, 1.2
ファイングレイン監査, 1.2
Flash Cache, 1.2
フラッシュバック
データベース, 1.2
表, 1.2
トランザクション, 1.2
トランザクション問合せ, 1.2
フラッシュバック・データ・アーカイブ, 1.2, 2.1.2

H

Hybrid Columnar圧縮, 1.2, 1.3

I

索引再ビルド, 1.2
インフィニバンド, 1.2
インフラストラクチャ・リポジトリ・データベース, 1.5
In-Memoryパラレル実行, 1.2
インスタンス・ケージング, 1.2

L

リンク, 1.5
Load Testing Accelerator, 1.5
書込みの欠落保護, 1.2

M

管理パック, 2.2
使用方法の確認, 2.3
Oracle Change Management Pack, 1.2, 2.2.1
Oracle Configuration Management Pack, 1.2, 2.2.2
Oracle Data Masking and Subsetting Pack, 1.2, 2.2.3
Oracle Diagnostics Pack, 1.2, 2.2.4
Oracle Provisioning and Patch Automation Pack, 1.2, 2.2.5
Oracle Tuning Pack, 1.2, 2.2.4, 2.2.6
マテリアライズド・ビューのクエリー・リライト, 1.2
メディア・リカバリ, 1.2
Messaging Gateway, 1.2
Microsoft分散トランザクション・コーディネータ, 1.2
Microsoft Transaction Server, 1.4

N

ネイティブ.NETデータ・プロバイダ, 1.2, 1.4
.NETストアド・プロシージャ, 1.2
NoSQL Database, 1.2, 1.2, 1.2

O

ODBC .NET, 1.4
OLE DB .NET, 1.4
OLTP表の圧縮, 2.1.2
オンライン索引再ビルド, 1.2
オンライン索引構成表編成, 1.2
オンライン表再定義, 1.2
option_usage.sql, 2.3
Oracle Active Data Guard, 1.2, 2.1.1
Oracle Advanced Analytics, 1.2, 2.1.6
Oracle Advanced Compression, 1.2, 2.1.2
Oracle Advanced Security, 1.2, 1.5, 1.5, 2.1.3
Oracle Application Express, 1.5
Oracle Application Server Containers for J2EE (OC4J)
Oracle Automatic Storage Managementクラスタ・ファイルシステム(Oracle ACFS), 1.5, 1.5
Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM), 1.5
Oracle Berkeley DB, 1.5
Oracle Change Management Pack, 1.2, 2.2.1
Oracle Clusterware, 1.5, 1.5
Oracle Configuration Management Pack, 1.2, 2.2.2
Oracle Connection Manager, 1.2, 1.5
Oracle Data Guard, 1.2, 2.1.2
Oracle Data Masking and Subsetting Pack, 1.2, 2.2.3
Oracle Data Mining, 2.1.6
Oracle Database Backup Cloud Service, 1.5
Oracle Database Enterprise Edition, 1.1
使用可能な機能, 1.2
管理パック, 2.2
オプション, 2.1
使用制限付きライセンス, 1.5
Oracle Database Express Edition, 1.1
使用可能な機能, 1.2
特殊な使用方法のライセンス, 1.5
Oracle Database Extensions for .NET, 1.4
Oracle Database Gateway for ODBC, 1.5
Oracle Database Mobile Server, 2.4.1
Oracle Database Personal Edition, 1.1
使用可能な機能, 1.1
オプション, 2.1
Oracle Database Standard Edition One, 1.1
使用可能な機能, 1.2
使用制限付きライセンス, 1.5
Oracle Database Standard Edition, 1.1
使用可能な機能, 1.2
使用制限付きライセンス, 1.5
Oracle Real Application Clustersと併用する特殊な使用方法のライセンス, 1.5
Oracle Database Vault, 1.2, 1.5, 1.5, 1.5, 1.5, 2.1.4
Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET, 1.2
Oracle Diagnostics Pack, 1.2, 2.2.4
Oracle Exadata, 1.2, 1.3
Oracle Fail Safe, 1.2
Oracle HTTP Server, 1.5
Oracle Internet Directory (OID), 1.5, 1.5
Oracle Label Security, 1.2, 2.1.5
Oracle Load Testing, 1.5
Oracle Load Testing Controller, 1.5
Oracle Machine Learning, 1.2, 2.1.6
Oracle Objects for OLE (OO4O), 1.4
Oracle OLE DB Provider, 1.4
Oracle On-Line Analytical Processing (OLAP), 1.2, 2.1.7
Oracle Partitioning, 1.2, 1.2, 1.2, 2.1.8
Oracle Programmer, 1.2, 2.4.2
Oracle Provisioning and Patch Automation Pack, 1.2, 2.2.5
Oracle R Enterprise, 1.2, 2.1.6
Oracle RAC One Node, 1.2, 2.1.9
Oracle Real Application Clusters, 1.1, 1.1, 1.2, 1.5, 2.1, 2.1.10
Oracle Real Application Testing, 1.2, 1.5, 1.5, 1.5, 2.1.11, 2.1.11.1, 2.2.4, 2.2.5
Oracle Secure Backup Cloud Module, 1.5
Oracle Secure Backup Express, 1.5, 2.4.3
Oracle Secure Backup, 1.5, 2.4.3
Oracle Spatial and Graph, 1.2, 2.1.12
Oracle Standard Edition
オプション, 2.1
Oracle Streams, 1.2
Oracle TimesTen Application-Tier Database Cache, 1.2, 2.1.13
Oracle Tuning Pack, 1.2, 2.2.4, 2.2.6
Oracle Wallet, 1.5
Oracle Warehouse Builder, 1.5, 1.6

P

パラレル
バックアップおよびリカバリ, 1.2
取得および適用, 1.2
索引作成/スキャン, 1.2
問合せ/DML, 1.2
空間索引作成, 1.2
ステートメント・キューイング, 1.2
統計収集, 1.2
パラレル・データ・ポンプ・エクスポート/インポート, 1.2
パーティション化された空間索引, 1.2
フィジカル・スタンバイ, 2.1.1
Pillar Axiom 600ストレージ, 1.3
PL/SQLファンクション結果キャッシュ, 1.2
Point-in-Timeリカバリ, 1.2
製品ファミリ, 1.1

Q

問合せキャッシュ, 1.2
問合せ結果キャッシュ, 1.2

R

リカバリ,
ブロックレベル・メディア, 1.2
ファスト・スタート, 1.2
パラレル・バックアップおよび, 1.2
Point-in-Time, 1.2
試行, 1.2
Recovery Manager (RMAN), 2.1.2, 2.1.3
REDO Apply, 1.2
レプリケーション
アドバンスト, 1.2
基本, 1.2
使用制限付きライセンス, 1.5
RMAN。「Recovery Manager」を参照
ローリング・アップグレード, 1.2

S

SecureFiles, 2.1.2
セマンティック・テクノロジ, 1.2
スマート・フラッシュ・キャッシュ, 1.2
スナップショット・スタンバイ, 1.2
ソフトウェアのエディション, 1.1
特殊な使用方法のライセンス, 1.5
SQL Apply, 1.2
SQLパフォーマンス・アナライザ, 1.5, 2.1.11
SQL計画の管理, 1.2
SQLチューニング・セット, 1.2
SQLJ, 1.2

T

表圧縮, 1.2
表領域のPoint-in-Timeリカバリ, 1.2
TDE。「透過的データ暗号化」を参照
サード・パーティ・ライセンス, A
透過的データ暗号化(TDE), 2.1.3
トランスポータブル表領域, 1.2
試行リカバリ, 1.2

U

アップグレード, ローリング, 1.2
used_options_details.sql, 2.3

V

Virtual Private Database, 1.2
VLMサポート, 1.4

W

Windowsプラットフォーム, 固有の機能, 1.4
ワークロード管理, 1.2

X

XStream, 1.2, 1.5

Z

ZFSストレージ, 1.3