プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseライセンス情報
11gリリース2 (11.2)
B56284-17
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

2 オプションおよびパック

この章では、特定のアプリケーション環境でのOracle Databaseの機能を拡張するために購入できる、個別のライセンスのOracle Databaseオプション、管理パックおよびその他の製品について説明します。この章は、次の項目で構成されています。

ここで説明するオプション、パックまたはその他の製品を使用するには、個別にライセンスの購入が必要です。これらのオプション、パックまたはその他の製品が、製品CDまたはダウンロード・ファイルに含まれていたり、受け取ったマニュアルに説明が記載されていても、適切なライセンスを購入しなければ使用権限は与えられません。

Oracle Databaseオプション

Oracle Database Enterprise Editionでは、すべてのOracle Databaseオプションを購入できます。Oracle Database Standard EditionにはOracle Real Application Clusters (Oracle RAC)が含まれています。Oracle Database Standard Edition OneおよびOracle Express Editionではオプションを購入できません。Personal Editionには、Oracle RACを除くすべてのオプションが追加費用なしで含まれています。

この項では、次のデータベース・オプションについて説明します。

Oracle Active Data Guard

Oracle Active Data Guardは、リソースを大量に消費する操作を1つ以上のスタンバイ・データベース(本番データベースの同期化されたコピー)にオフロードすることにより、本番データベースのサービスの品質(QoS)を向上します。Oracle Active Data Guardを使用すると、レポートと本番データ間の時差を最低限に抑えて、フィジカル・スタンバイ・データベースからリアルタイム・レポートを作成できます。従来のレプリケーションの方法と比べ、Active Data Guardは使用方法が簡単で、すべてのデータ型を透過的にサポートし、非常に高いパフォーマンスを実現します。また、Oracle Active Data Guardを使用するとバックアップ操作をスタンバイ・データベースにオフロードでき、インテリジェント増分バックアップを使用して高速にバックアップできます。このように、Oracle Active Data Guardは本番システムの対話型ユーザーやクリティカルなビジネス・タスクをこれらの長時間かかる操作の影響から分離できる、効果的な手段です。さらに、Oracle Active Data Guardは本番サイトの計画的または計画外の停止時に、すばやくスタンバイ・データベースにフェイルオーバーすることにより、高可用性および障害時保護を提供します。

Active Data Guardオプションに含まれる機能は、次のとおりです。

  • リアルタイム問合せを使用したフィジカル・スタンバイ

  • フィジカル・スタンバイでの高速増分バックアップ

  • 自動ブロック修復

Data Guard構成内のフィジカル・スタンバイ・データベースで前述のいずれかの機能を有効にしている場合、そのフィジカル・スタンバイ・データベースと、プライマリ・データベースに対し、Active Data Guardオプションのライセンスが必要です。

Oracle Advanced Compression

Oracle Advanced Compressionは包括的なデータ圧縮機能を提供し、あらゆる種類のデータ、バックアップ、およびネットワーク通信をアプリケーションから透過的に圧縮できます。Advanced Compressionでは、OLTPワークロードを対象とした表圧縮が可能なため、記憶域の消費量が削減され、問合せのパフォーマンスが改善される一方で、書込みパフォーマンスのオーバーヘッドを最小限に抑えます。Advanced Compressionでは、SecureFilesの圧縮を使用して、非構造コンテンツもすべて圧縮できます。重複除外機能により、重複するSecureFilesデータが自動的に削除されます。様々な環境の要件を満たすため、RMANには圧縮の高速化や圧縮率の向上の選択肢を含む、複数のバックアップ圧縮レベルが用意されています。RMAN DEFAULT COMPRESSオプションにはAdvanced Compressionが不要であることに注意してください。Advanced Compressionでは、データ・ポンプ・エクスポートを圧縮して、ディスク領域要件を削減できます。データ・ポンプのCOMPRESSION=METADATA_ONLYオプションにはAdvanced Compressionが不要で、これがデフォルトの動作であることに注意してください。さらに、Data GuardはREDOデータを圧縮できるため、ネットワーク・トラフィックが減少し、ギャップ解決が早まります。

Oracle Advanced Compressionオプションに含まれる機能は、次のとおりです。

  • Data Guardネットワークの圧縮

  • データ・ポンプ圧縮(COMPRESSION=METADATA_ONLYにはAdvanced Compressionオプションが不要)

  • 複数のRMAN圧縮レベル(RMAN DEFAULT COMPRESSにはAdvanced Compressionオプションが不要)

  • OLTP表の圧縮

  • SecureFilesの圧縮および重複除外

  • フラッシュバック・データ・アーカイブ(Total Recall)

    Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.4)より前のリリース: フラッシュバック・データ・アーカイブを使用するには、Oracle Advanced Compressionオプションのライセンスが必要です。

    Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.4)以降: 履歴表の最適化を行わないフラッシュバック・データ・アーカイブは、すべてのエディションで使用できます。

  • フラッシュバック・データ・アーカイブ履歴表の最適化。Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.4)から使用可能。

  • Exadataフラッシュ・キャッシュ圧縮: この機能はExadataストレージ・サーバーでのみ有効にすることが可能で、Exadataストレージ・サーバーにアクセスするすべてのデータベース・プロセッサには、Oracle Advanced Compressionのライセンスが必要です。

Oracle Advanced Security

Oracle Advanced Securityは、アプリケーションに対して透過的なデータベース内での暗号化を可能にすることで、機密情報を保護し、違反通知に関する法律やクレジット・カード業界データ・セキュリティ基準(PCI-DSS)などの様々なプライバシおよびコンプライアンス規制に遵守するのに役立ちます。

Oracle Advanced Securityに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 列用の透過的データ暗号化(TDE)

  • 表領域用の透過的データ暗号化(TDE)

  • SecureFiles用の透過的データ暗号化(TDE)

  • データ・ポンプ・エクスポート・ファイルの暗号化

  • RMANバックアップの暗号化

  • アプリケーションへ戻される機密データのデータ・リダクション。Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.4)から使用可能。

    • 完全、部分的、正規表現およびランダム手法

ネットワーク暗号化(ネイティブ・ネットワークの暗号化およびSSL/TLS)と厳密認証サービス(Kerberos、PKIおよびRADIUS)は、Oracle Advanced Securityの一部ではなくなり、ライセンスが供与されているすべてのOracleデータベース・エディションに含まれるようになりました。

Oracle Database Vault

Oracle Database Vaultでは、データおよびアプリケーションにアクセスできるユーザー、時間および場所を制御できます。これにより、最も一般的なセキュリティ上の脅威である悪意のある内部ユーザーから業務内容を保護できます。Oracle Database Vaultは、管理者間においても業務を独立させることで、厳格な遵守およびプライバシの要件に準拠するための強力な予防制御手段ともなります。

  • 機密情報へのアクセスおよびリリースの制御について定めたサーベンス・オクスリーおよびその他の規定などの遵守要件に、よりスムーズに対応できるようになります。

  • スーパーユーザーなどの高度な権限を持つユーザーによるアクセスに対しても、アプリケーションおよびデータベースのデータへのアクセスを制御します。

  • 柔軟なビジネス・ルールにより複数要素の認可を適用します。

  • 36以上の個別のセキュリティ・レポートにより、誰がいつどこにアクセスしているかを表示します。

Oracle Database Vaultは、Oracle Database 10g以上に付随するオプションです。ただし、一部のプラットフォームについては、それ以前のリリース(Oracle9i Databaseリリース2 (9.2.0.8)を含む)でも提供されていました。Oracle9i DatabaseのオプションとしてのOracle Database Vaultに関する詳細は、Oracleサポート・サービスにお問い合せください。

Oracle Database Vaultオプションに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 業務の独立

  • レルム

  • コマンド・ルール

  • 信頼パス

Oracle Label Security

Oracle Label Securityは、行ラベルに基づく高度で柔軟なセキュリティを提供しており、ファイングレイン・アクセス制御が可能です。このオプションでは、機密情報を保護し、データ分類を行うために、政府、防衛および営利組織で使用されるラベリングの概念を利用しています。このオプションには、ポリシー、ラベルおよびユーザー・ラベル認可を管理する強力なツールが含まれます。

デフォルトでは、Oracle Label Securityはすべてのポリシー管理にOracle Databaseを使用するように設定されています。Oracle Internet Directory (OID)を使用したポリシーの集中管理に関心があるユーザーは、Oracle Identity and Access Management Suite、Oracle Internet Application Server Enterprise Edition、もしくはOracle Directory Servicesライセンスが必要です。

Oracle Label Securityオプションに含まれる機能は、次のとおりです。

  • ラベル・ベースのアクセス制御(BAC)

  • 複数レベルのセキュリティ(MLS)

  • Database Vault用のラベル・ファクタ(Confidential、Sensitive)

  • ユーザー・ラベル認可(Confidential、Sensitive: PII)

  • データ・ラベル(Sensitive: PII)

Oracle Machine Learning

Oracle Machine Learning (旧Oracle Advanced Analytics)は、データベースにおける予測分析、データ・マイニングとテキスト・マイニング、および統計の機能を提供します。分析機能には、SQLとオープン・ソースのR言語という2つのインタフェースからアクセスできます。Oracle Machine Learning for SQL (OML4SQL) (旧Oracle Data Mining)は、データベース内でのモデル作成およびモデル展開用に、ネイティブSQL関数として機能する強力なデータ・マイニング・アルゴリズムを搭載しています。SQL Developerの拡張機能であるOracle Data Miner GUIを介してOML4SQLにアクセスすると、予測的な分析手法の構築、評価、共有および展開が可能です。Oracle Machine Learning for R (OML4R) (旧Oracle R Enterprise)は、オープン・ソースのRプログラミング言語をデータベースと緊密に統合し、Rの統計関数ライブラリでデータベースをさらに拡張します。OML4RのR/SQL透過層、SQL統計エンジン、および組込みRモードを使用すれば、RスクリプトをSQLに変換し、Rの機能をSQLに落とし込んで大幅なパフォーマンス向上を実現する機会を探り、データベースでのRコードの本番実行を可能にすることができます。さらに、RがSQL言語に統合されるため、SQLアプリケーションにOML4Rを組み込めるようになります。これらの機能が連携し、データ・マイニング、テキスト・マイニング、予測分析、サマリー統計と記述統計、探索的データ分析とグラフィック、比較統計、相関、単変量統計と多変量統計、高度な数値計算などを可能にする広範囲な分析機能でデータベースを強化します。

Oracle Machine Learningは、次の2つの主要コンポーネントで構成されています。

OML4SQL

OML4SQLでは、企業データベースを調査し、新しいパターンおよび関連性を明らかにし、それらの情報をビジネス・アプリケーションに統合する、高度なビジネス・インテリジェンス・アプリケーションを構築できます。このコンポーネントにより、データ・マイニング機能がOracle Databaseに組み込まれ、分類、予測および対応付けが可能になります。モデル作成、スコアリングおよびメタデータ管理の操作はすべて、ODMのSQL APIおよびPL/SQL APIを使用してアクセスできます。OML4SQLには次の機能が含まれます。

  • アルゴリズムにアクセスするためのAPI

    • SQL APIおよびPL/SQL API—モデルの構築、モデルの適用、およびデータ変換

  • アルゴリズム・カテゴリおよびサポートされているアルゴリズム

    • 分類: Naive Bayes、ディシジョン・ツリー、サポート・ベクター・マシン、ロジスティック回帰分析

    • 回帰: 多変量線形回帰、サポート・ベクター・マシン

    • 異常検出: 1クラス・サポート・ベクター・マシン

    • 属性評価: 最小記述長

    • 相関ルール: アプリオリ

    • クラスタリング: K-Meansクラスタリング、Oクラスタリング

    • 特徴抽出: Non-Negative Matrix Factorization

    • 予測分析(PL/SQLパッケージ): 予測、説明、プロファイル

OML4R

OML4Rは、広く普及したR統計プログラミング言語とその環境をエンタープライズ・データやビッグ・データに対応させるものです。大量のデータを伴う問題を想定し設計されたOML4Rを使用すれば、ユーザーはデータベース内のデータに対してRコマンドを実行し、Rスクリプトを開発、再定義して、データベースの並列性とスケーラビリティを活用することができます。データ・アナリストは、SQLを学習しなくても、最新のRオープン・ソース・パッケージを実行し、分析アプリケーション用のRスクリプトを開発して操作可能にするまでの作業を1ステップで行うことができます。OML4Rには次の機能が含まれます。

  • 主要コンポーネント

    • OML4R R透過層: この透過層により、RユーザーはR言語の構文を使用してデータベース内のデータと直接やり取りできます。

    • OML4R統計エンジン: 統計関数およびプロシージャの集まり。

    • 組込みR: OREが複数のRサーバーを起動できる一方で、データベースではデータ・フローを管理し、Rのパラレル・プロセスをそれぞれ独立して実行できるようにします。

  • OML4Rの機能はすべて、OREパッケージを使用して呼び出されます。

OML4R (Oracle R Enterprise) ServerはOracle Linux 6以上での動作に制限されています。

Oracle On-Line Analytical Processing (OLAP)

Oracle DatabaseのOLAPオプションは、Oracle Database Enterprise Editionに組み込まれている全機能を備えたOLAPサーバーです。Oracle OLAPキューブ・データ型では、優れた問合せパフォーマンス、豊富な分析、およびデータ・セットの高速増分更新が提供されるので、ビジネス・インテリジェンス・ツールおよびアプリケーションが改善されます。OLAPキューブは、キューブ編成のマテリアライズド・ビューおよびOLAPキューブ・ビューを介して、SQLベースのインテリジェンス・ツールによって容易に問合せを行うことができます。キューブ編成のマテリアライズド・ビューは、表ベースのマテリアライズド・ビューに代わるサマリー管理ソリューションを提供します。表ベースのマテリアライズド・ビューと同様に、OLAPキューブは、マテリアライズド・ビューの自動SQLクエリー・リライト機能を使用してSQLベースのツールから透過的にアクセスできます。SQLベースのツールは、OLAPキューブ・ビューからサマリー・データおよび豊富な分析コンテンツの両方に直接アクセスできます。マルチディメンショナルOLAPツールでは、Oracle OLAPのマルチディメンショナルAPIをキューブで使用することにより、完全なディメンショナルOLAP機能を提供します。単体のOLAPキューブは、これら各種のアプリケーションに対処できます。

Oracle OLAPオプションに含まれる機能は、次のとおりです。

  • OLAPキューブの定義、格納および問合せ

  • OLAP APIおよびメタデータ

  • OLAPキューブのマテリアライズド・ビュー

  • アナリティック・ワークスペース

  • OLAPキューブへのSQLアクセス

Oracle Partitioning

Oracle Partitioningは、基礎となる大規模データベースの表および索引に対して大幅な管理性、可用性およびパフォーマンス機能を追加することで、OLTP、データ・マート、データ・ウェアハウスおよびコンテンツ管理アプリケーションのデータ管理環境を拡張します。Oracle Partitioningを使用すると、アプリケーションレベルの単一のデータ・ビューを保持しながら、大規模な表を個別管理の小さなピースとして格納できます。

Oracle Partitioningオプションに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 表パーティションおよびサブパーティション

  • ローカル索引パーティションおよびサブパーティション

  • グローバル索引パーティションおよびサブパーティション

  • レンジ・パーティション化

  • ハッシュ・パーティション化

  • リスト・パーティション化

  • 間隔パーティション化

  • 参照パーティション化

  • システム・パーティション化

  • 仮想列ベース・パーティション化

  • コンポジット・パーティション化

  • サブパーティション・テンプレート

  • 高速パーティション分割

  • パーティション交換

Oracle RAC One Node

Oracle RAC One Nodeは、Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)の1ノード・バージョンです。Oracle RAC One Nodeでは、顧客のすべてのデータベース要件に対応できるように、単一のデプロイメント・モデルでの標準化が可能です。Oracle RAC One Nodeは、コンピュータのハードウェアやソフトウェアに障害が発生した場合や、ソフトウェアの計画メンテナンス・イベントが発生した場合に、データベースの高可用性を発揮します。障害の発生時に、クラスタ内の利用可能なサーバーでデータベース・インスタンスが再起動され、クライアント接続が新しいインスタンスに移動します。複数のサーバーに拡大するために、Oracle RAC One Nodeをフル・バージョンのOracle RAC (RACのライセンスが必要)にオンラインでアップグレードできます。

Oracle RAC One Nodeに含まれる機能は、次のとおりです。

  • サーバーまたはインスタンスに障害が発生した場合の、クラスタ内の別のノードに対するデータベースのコールド・フェイルオーバー

  • 別のサーバーに対するデータベース・インスタンスのオンライン移行

  • データベース、Grid InfrastructureおよびOSホームのオンライン・ローリング・アップグレードのサポート

  • Oracle Real Application Clustersへのオンライン・アップグレード

  • ポリシー管理型サーバー・プール

  • サービスの品質管理

Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)

Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)は、クラスタリング・テクノロジを使用して複数のインターコネクト・コンピュータの処理能力を利用する、データベース・コンピューティング環境です。Oracle RACでは、複数のサーバーで単一データベースのマウントが可能であり、すべてのアプリケーションに無制限のスケーラビリティと高可用性を提供します。Oracle RACは、コンピュータのハードウェアまたはソフトウェアに障害が発生した場合に、データベースの高可用性を発揮します。クラスタ内のあるコンピュータに障害が発生した場合でも、クラスタ内の障害のないコンピュータにより引き続きデータベース・サービスが提供されます。Oracle RACによりスケーラブルなパフォーマンスが提供されます。データベース・スループットに対する要求の高まりに応じて、停止時間なしでデータベース・クラスタにコンピュータを追加できます。Oracle RACでは、管理しやすいようにシングル・システムの概念もサポートしています。

Oracle Real Application Clustersに含まれる機能は、次のとおりです。

  • Oracle RAC One Nodeのすべての機能

    • 「別のサーバーに対するデータベース・インスタンスのオンライン移行」は例外

  • Real Application Clustersによる複数のサーバーへのスケーリング

  • 接続ロード・バランシング

  • 高速接続フェイルオーバー

  • ホット・クラスタ・フェイルオーバー

Oracle Real Application Testing

Oracle Real Application Testingオプションは、ハードウェアやソフトウェアのアップグレード、構成の変更、プラットフォームの移行など、日常的な変更による不要な影響からデータベース・アプリケーションを保護する一連の機能から構成されます。これらの機能により、実際に使用されるアプリケーションの包括的なテストが可能になり、システムの変更から発生する問題をテスト中に完全に識別および対処でき、本番システムでの変更時に発生する予期しない問題を最小限に抑えます。

Oracle Real Application Testingオプションに含まれる機能は、次のとおりです。

  • データベース・リプレイ

  • SQLパフォーマンス・アナライザ(SPA)

Oracle Real Application Testing機能は、データベース・サーバーのコマンドラインAPIを介してだけでなく、Enterprise Managerによってアクセスできます。どちらのインタフェースを使用する場合でも、Oracle Real Application Testingオプションのライセンスが必要です。

また、リプレイの期間比較レポートを使用する場合は、Oracle Diagnostics Packのライセンスが必要です。

コマンドラインAPI

データベース・リプレイ機能は、データベース・サーバーAPIおよびコマンドライン・インタフェースでもアクセスできます。

  • DBMS_WORKLOAD_CAPTUREパッケージは、Oracle Real Application Testingオプションのライセンスが必要です。

  • DBMS_WORKLOAD_REPLAYパッケージは、Oracle Real Application Testingオプションのライセンスが必要です。

    DBMS_WORKLOAD_REPLAY.COMPARE_PERIOD_REPORT()関数を使用する場合は、Oracle Diagnostics Packのライセンスも必要です。

SQLパフォーマンス・アナライザ機能は、データベース・サーバーAPIおよびコマンドライン・インタフェースでもアクセスできます。

  • DBMS_SQLPAパッケージは、Oracle Real Application Testingオプションのライセンスが必要です。

Oracle Real Application Testingのライセンスは、データベース・リプレイの取得システムおよびリプレイ・システムの両方で必要であり、これらのシステムでの合計CPU数に基づいてライセンス料が決まります。

Oracle Spatial and Graph

Oracle Spatial and Graphオプションには、空間データおよび空間分析と物理グラフ・アプリケーション、ネットワーク・グラフ・アプリケーションおよびソーシャル・グラフ・アプリケーション向けの高度な機能が含まれています。

空間機能

地理空間データ機能は、SQL言語および標準プログラミング言語でアクセス可能な2Dおよび3D位置データの格納、分析および索引付け、ならびに複合地理情報システム(GIS)アプリケーション、エンタープライズ・アプリケーションおよび位置ベース・サービス・アプリケーションをサポートする拡張機能を提供します。

この高度な空間機能には次のものが含まれます。

  • 選択した空間ファンクション(SDO_AGGR_UNION空間集計関数を含む)

  • 次のSDO_GEOMパッケージ・サブプログラム: SDO_GEOM.RELATESDO_GEOM.SDO_DIFFERENCESDO_GEOM.SDO_INTERSECTIONSDO_GEOM.SDO_UNIONSDO_GEOM.SDO_VOLUMEおよびSDO_GEOM.SDO_XOR

  • 空間Java APIのoracle.spatial.geometry (sdoapi.jar)およびoracle.spatial.util (sdoutil.jar)パッケージ以外のパッケージに含まれるクラス

  • 線形参照システム(LRS)サポート

  • GeoRasterの格納、索引付けおよび問合せ

  • ネットワーク・データ・モデル

  • トポロジ・データ・モデル

  • 空間分析およびマイニングのサブプログラム(SDO_SAMパッケージ)

  • 空間ルーティング・エンジン

  • ジオコーディング・エンジン

  • OpenLSを含む空間Webサービスのサポート(ジオコーディング、マッピング、ビジネス・ディレクトリ(Yellow Page)、およびドライビング・ディレクション(ルーティング)サービスのサポートを含む)、Web Feature Service (WFS)のサポート(SDO_WFS_PROCESSおよびSDO_WFS_LOCKパッケージ)、およびCatalog services for the Web (CSW)のサポート(SDO_CSW_PROCESSパッケージ)

  • 3-Dジオメトリ、等高線、不規則三角網(TIN)および点群の格納、索引付け、および問合せ

  • セマンティック・コンテンツの格納、索引付け、問合せ(RDF/OWLのサポート)、およびオントロジ管理

グラフ機能

グラフ・データベース機能には2つのグラフ・モデルが含まれています。

  • ネットワーク・データ・モデル(NDM)グラフ: 運輸、公益、通信などの業界で使用される物理ネットワークおよび論理ネットワークを表す、リンクノード・グラフのモデル化と分析を行います。

  • セマンティックRDFグラフ: ソーシャル・ネットワーク、リンク・データ、およびその他のセマンティック・アプリケーション用にトリプルとして表されたデータのモデル化と分析を行います。

ネットワーク・データ・モデル・グラフ機能には次のものがあります。

  • リンク表およびノード表のグラフとネットワークを表す記憶域モデル

  • メモリーで分析を実行するJava API

  • 最短経路、コスト範囲、最近傍、巡回セールスマン、スパニング・ツリーなどの多数のグラフ分析機能

  • リンクレベル属性とノードレベル属性によるグラフの明示的な記憶域および接続性

  • コストあり、またはコストなしの有向グラフおよび無向グラフのサポート

RDFセマンティック・グラフ機能には次のものがあります。

  • 圧縮されたパーティション表のトリプルとして表されるグラフ関係

  • 索引付け、問合せおよびオントロジ管理

  • RDFS、OWLおよびユーザー定義の推論(パラレル、バッチ、増分)

  • SPARQL 1.1およびSPARQLとSQLの混合問合せのサポート

  • Jena、Sesame、Joseki Web Servicesなどの拡張オープン・ソース・ツール

Oracle TimesTen Application-Tier Database Cache

Oracle TimesTen Application-Tier Database Cacheを使用すると、表のなかで、パフォーマンス・クリティカルなサブセットをOracleデータベースからアプリケーション層にキャッシュすることによって、アプリケーション・トランザクションの応答時間を改善できます。各アプリケーションでは、標準SQLを使用してキャッシュ表の読取り/書込み操作を実行し、Oracleデータベースとの自動的な永続性、トランザクション一貫性およびデータ同期が提供されます。

Oracle TimesTen Application-Tier Database Cacheに含まれる機能は、次のとおりです。

  • PL/SQL、JDBC、ODBC、ttClasses、OCIおよびPro*C/C++インタフェースを使用したデータ・アクセス

  • 変更通知用のトランザクション・ログAPI (XLA)

  • マルチノード・キャッシュ・グリッド

  • Oracleデータベースとの自動データ同期

  • インメモリー・キャッシュ・データベース間のトランザクション・レプリケーション

  • 自動障害検出およびデータベース・フェイルオーバー

  • TimesTen Extension for Oracle SQL Developer

  • TimesTen Plug-in for Oracle Enterprise Manager

Oracle Management Pack

次の各項では、Oracle Management Packについて説明します。Oracle Management Packは、Enterprise Editionでのみ購入できます。これらのパックに含まれる機能は、Oracle Enterprise Manager Database Control、Oracle Enterprise Manager Grid Control、デスクトップ・ウィジェットおよびOracle Databaseソフトウェアで提供されるAPIによってアクセスできます。

この項では、次のManagement Packについて説明します。

Oracle Change Management Pack

Oracle Change Management Packにより、管理者は、データベース・スキーマの変更を評価、計画および実装できます。Oracle Change Management Packを使用することで、管理者は、変更の調査と追跡、オブジェクトとスキーマの比較と同期化、スキーマ・オブジェクトの変更、変更による影響の評価、および以前加えられた変更のUNDO (必要な場合)が可能です。Oracle Change Management Packにより、変更の管理が単純かつ効率的になり、エラーのリスクが最小限になるため、データ消失の可能性が低くなり、システムの停止時間が短縮されます。

Oracle Change Management Packに含まれる機能は、次のとおりです。

  • ディクショナリ・ベースライン

  • ディクショナリの比較

  • ディクショナリの同期化

  • スキーマ変更のリアルタイム・トラッキング

  • リバース・エンジニアリング・ディクショナリ・オブジェクト

  • ディクショナリ・オブジェクトのコピー

  • オブジェクト定義の更新

  • 影響の変更の評価

  • スキーマのクローニングおよび伝播

Enterprise Manager

Enterprise Managerでライセンス供与されている次のページおよびリンクは、Oracle Change Management Packに適用されます。

Enterprise Managerホームページで、「スキーマ」プロパティ・ページを選択します。「変更の管理」セクションの次のリンクおよび関連するページは、Oracle Change Management Packの一部としてライセンスされます。

  • ディクショナリ・ベースライン: このページのすべてのリンク、ボタンおよびドリルダウンは、このパックでライセンス供与されている機能です。

  • ディクショナリの比較: このページのすべてのリンク、ボタンおよびドリルダウンは、このパックでライセンス供与されている機能です。

  • ディクショナリの同期化: このページのすべてのリンク、ボタンおよびドリルダウンは、このパックでライセンス供与されている機能です。

init.oraパラメータ

次のinit.oraパラメータの使用は、Oracle Change Management Packに基づいてライセンス供与されています。

  • ENABLE_DDL_LOGGING: TRUE (デフォルト: FALSE)に設定した場合

Oracle Configuration Management Pack

Configuration Management Pack for Oracle Databaseは、ソフトウェア構成、ソフトウェアおよびハードウェアのインベントリ追跡、パッチ適用、ポリシー管理およびコンプライアンスといった、時間とコストがかかりエラーが頻発するプロセスを自動化し、デプロイメント間の一貫性を確保します。Configuration Management Pack for Oracle Databaseの機能には、Enterprise Managerのライセンス供与されたリンクから、またConfiguration Change ConsoleおよびApplication Configuration Consoleをインストールすることで、アクセスできます。これら3つのすべてのコンポーネントによって、Configuration Management Pack for Oracle Databaseで提供される機能が構成されます。


注意:

Configuration Management Pack for Oracle Databaseのすべての機能を取得するには、ライセンス供与されているConfiguration Management Pack for Oracle Databaseが置かれたホストで、Grid ControlのConfiguration Management Pack for Non-Oracle Systemsを有効にする必要があります。Oracle Databaseのライセンス・パックをすでに持っている場合は、Configuration Management Pack for Oracle Databaseが置かれたホストで、Configuration Management Pack for Non-Oracle Systemsを使用する権利があります。

Oracle Configuration Management Packに含まれる機能は、次のとおりです。

  • データベースおよびホストの構成管理

  • パッチ適用

  • ポリシーおよびセキュリティ管理

  • ポリシー・グループ

  • パッチ・レベルを含むデプロイメント/インストール

  • クライアント・システム・アナライザ

  • セキュリティ一覧

  • 構成変更のリアルタイム検出

  • アプリケーション構成管理

Oracle Configuration Management Pack機能にアクセスするには、Enterprise Managerコンソール、デスクトップ・ウィジェット、コマンドラインAPIを使用するか、基礎となるデータに直接アクセスします。これには、Oracle Configuration Management Packのライセンスが必要です。

Enterprise Manager

Enterprise Managerでライセンス供与されている次のページおよびリンクは、Oracle Configuration Management Packに適用されます。

  • 「Grid Controlホーム」ページ:

    • 「すべてのターゲットのポリシー違反」セクションのすべてのリンク

    • 「デプロイ・サマリー」セクションのデータベース、ハードウェアおよびオペレーティング・システム関連の情報

    • 「セキュリティ・ポリシー違反」セクションのすべてのリンク

    • 「Oracleホーム用クリティカル・パッチ・アドバイザ」セクションのすべてのリンク

  • 「Grid Controlホーム」ページの「ターゲット」タブ、続いて「データベース」サブタブをクリックします。「データベース」ページの「ポリシー違反」リンクは、Oracle Configuration Management Packの一部としてライセンスされます。

  • 「Grid Controlホーム」ページの「デプロイ」タブをクリックします。「デプロイ」ページの次の項目は、Oracle Configuration Management Packの一部としてライセンスされます。

    • 「構成」および「クライアント構成」セクションのすべてのリンク

  • 「Grid Controlホーム」ページで、「コンプライアンス」タブを選択し、「違反」サブタブにグループ化されている「ポリシー違反」ページを表示します。データベースおよびホストに関連するポリシーで、Grid Controlの「ポリシー違反」ページから利用可能またはリンクされているすべてのリンク、サブナビゲーション・タブおよび機能は、このパックの一部としてライセンスされます。

  • 「Grid Controlホーム」ページの「コンプライアンス」タブを選択し、「ポリシー・グループ」サブタブを選択します。Grid Controlの「ポリシー・グループ評価の結果」ページのすべてのリンクおよび機能は、このパックの一部としてライセンスされます。

  • 「Grid Controlホーム」ページの「コンプライアンス」タブを選択し、「セキュリティ一覧」サブタブを選択します。Grid Controlの「セキュリティ一覧」ページのすべてのリンクおよび機能は、このパックの一部としてライセンスされます。

  • Grid Controlの「ホスト」ページで、特定のホストをクリックしてホストのホームページを表示します。次のリンクは、Oracle Configuration Management Packの一部としてライセンスされます。

    • 「セキュリティ」セクションのすべてのリンク

    • 「関連リンク」の次のリンクは、ライセンス供与されています。

      • デプロイメント

      • メトリックとポリシー設定

  • ホストのホームページで、「ターゲット」タブをクリックします。次のリンクと列はライセンス供与されています。

    • 「ポリシー違反」および関連するリンク

    • コンプライアンス・スコア(%)

  • ホストのホームページで、「構成」タブをクリックします。次のボタンはライセンス供与されています。

    • 保存

    • 履歴

    • 構成の比較

    • 複数の構成と比較

  • 「Grid Controlホーム」ページの「ターゲット」タブをクリックし、「システム」サブタブを選択します。「システム」ページの次の項目は、Oracle Configuration Management Packの一部としてライセンスされます。

    • 「ポリシー違反」リンク

  • 「システム」ページで、任意のシステム名をクリックします。「システム」ホームページの「ステータス」セクションと「アラート」セクションを除いたすべての項目は、Oracle Configuration Management Packの一部としてライセンスされます。

  • 「Grid Controlホーム」ページの「ターゲット」タブをクリックし、「グループ」サブタブを選択します。「グループ」ページの次の項目は、Oracle Configuration Management Packの一部としてライセンスされます。

    • 「ポリシー違反」リンク

  • 「グループ」ページで、任意のグループ名をクリックします。「グループ」ホームページの「ステータス」セクションと「アラート」セクションを除いたすべての項目は、Oracle Configuration Management Packの一部としてライセンスされます。

  • 「グループ」ホームページで、「管理」タブをクリックします。次のリンクと機能は、Oracle Configuration Management Packでライセンス供与されている機能です。

    • 「デプロイ・サマリー」セクションの「ハードウェア」および「オペレーティング・システム」の関連情報

    • 「構成の検索」セクションの「ホスト・オペレーティング・システムとハードウェアのサマリー」の選択項目

  • Enterprise Managerコンソールの右上隅にある「設定」リンクをクリックし、「監視テンプレート」リンクをクリックします。「監視テンプレート」ページで、任意の名前をクリックします。「監視テンプレートの表示」ページの「ポリシー」サブタブは、Oracle Configuration Management Packでライセンス供与されている機能です。

Configuration Management Packデータベース・レポート

次のレポートは、Configuration Management Pack for Oracle Databaseの一部です。次の各セクションのすべてのレポートは、このパックでライセンス供与されています。「レポート定義」ページを表示するには、「Grid Controlホーム」ページの「レポート」タブをクリックします。

  • 「デプロイおよび構成」のすべてのレポート

  • 監視レポート

    • アラートおよびポリシー違反

    • 無効化されたポリシー

  • セキュリティ・レポート

    • セキュリティ・ポリシー概要

ライセンス供与されている追加機能

Configuration Management Pack for Oracle Databaseを購入すると、次の各項で説明する機能も使用する権利を持つことができます。これらの機能は、Oracle Databaseホームおよびライセンス供与されているCPUのプラットフォーム(ハードウェアおよびオペレーティング・システム)のOracle Databaseターゲットに制限されます。

Configuration Change Console

Configuration Change Consoleは、次のようなリアルタイムの変更検出および統合機能を提供します。

リアルタイム変更検出 Configuration Change Consoleは、組織および管理者のITコンプライアンスの目標達成とユーザーが期待するサービス・レベルの向上を支援にするように設計されたポリシー・ベースのシステムです。このコンソールには、共通のコンプライアンス要件を満たすように、業界の専門家によって作成された事前定義済のフレームワークのセットが含まれます。これにより、IT部門は、SOX、PCI、ITILなどの政府の規制や業界標準に準拠していることを迅速かつ簡単に証明できます。

このフレームワークでは、アプリケーション、デバイスおよびユーザー・イベント検出ルールにマッピングされた事前定義済コントロールが提供されます。これらのマッピングにより、企業はベスト・プラクティスが順守されているかを集中管理ダッシュボードから監視し、レポート形式で内部および外部監査の具体的な証明を提供できるようになるため、コンプライアンスのリスクおよびコストの両方を軽減できます。このコンソールには、使いやすいインタフェースが備わっているため、管理者は各自のフレームワーク、ポリシーおよびコントロールを定義して、環境内の監視対象のデバイスにマッピングできます。

Configuration Change Consoleでは、ユーザーの入力を要求することなく、インフラストラクチャの変更につながるユーザーおよびアプリケーションのアクションを自動的に検出および取得します。これにより、コンプライアンスの監査証跡が自動化され、コンプライアンス違反の発見に必要な時間を最小限に抑えることができます。

構成変更で監視されるコンポーネントの例は次のとおりです。

  • ファイルおよびディレクトリ

  • プロセス

  • ユーザー・アカウント

  • サーバー・リソース

  • データベース

  • ミドルウェア

  • ネットワーク・デバイス

統合機能 Configuration Change Consoleでは、次の統合アプローチにより、多数の既存のITインフラストラクチャおよびサービス管理システムを補完します。

  • 変更管理システムの統合: Configuration Change Consoleは、クローズドループ型の変更管理ソリューションを作成するために、一般的な変更管理システム(Remedyなど)と統合されます。統合は、変更管理システムとConfiguration Change Console間の通信を可能にするアダプタを使用して実行されます。この統合により、変更管理システムでの変更のオープン・リスクエストで、変更が承認されたか未承認かをConfiguration Change Consoleで判断できます。

  • SNMP (Simple Network Management Protocol)トラップ: Configuration Change Consoleでは、特定の変更が検出された場合に常にアラートをサード・パーティのシステムに送信できます。

  • 標準ベースのAPI: Configuration Change Consoleは、Java Platform, Enterprise Edition (J2EE)やExtensible Markup Language (XML)などの業界標準に基づいており、同様の標準ベースのインタフェースと統合できます。

Configuration Change Consoleの使用制限付きライセンス Configuration Change Consoleサーバーには、Oracle Database (Enterprise Edition)、Oracle BEA Weblogic、およびOracle Business Intelligenceの使用制限付きライセンスが含まれており、Configuration Change Consoleリリース・サーバーの実行用にのみ使用されます。

  • Oracle Database (Enterprise Edition)の使用制限付きライセンス

    Oracleは、Oracle Database (Enterprise Edition)の使用制限付きライセンスとConfiguration Change Consoleリリースのライセンスを含めます。Oracle Database (Enterprise Edition)をConfiguration Change Consoleリリース・サーバーの実行以外に使用する場合は、Oracle Database (Enterprise Edition)のフル・ライセンスを購入する必要があります。

  • Oracle BEA Weblogicの使用制限付きライセンス

    Oracleは、Oracle BEA Weblogicの使用制限付きライセンスとConfiguration Change Consoleリリースのライセンスを含めます。Oracle BEA WeblogicをConfiguration Change Consoleリリース5サーバーの実行以外に使用する場合は、Oracle BEA Weblogicのフル・ライセンスを購入する必要があります。

  • Oracle Business Intelligenceの使用制限付きライセンス

    Oracleは、Oracle Business Intelligenceの使用制限付きライセンスとConfiguration Change Consoleリリース5 (10.2.0.5)のライセンスを含めます。Oracle Business IntelligenceをConfiguration Change Consoleリリース5 (10.2.0.5)サーバー内のデータのレポート以外に使用する場合は、Oracle Business Intelligenceのフル・ライセンスを購入する必要があります。使用制限付きライセンスは、(1) Configuration Change Consoleに付属しているデフォルトのレポートを使用する場合、(2)デフォルトのレポートの視覚化とレイアウトを変更する場合、(3)追加データの唯一のソースとしてConfiguration Change Consoleリポジトリを使用し、レポートにデータを追加する場合、(4)データの唯一のソースとしてConfiguration Change Consoleリポジトリを使用し、新しいレポートを作成する場合に使用できます。

Application Configuration Console

今日の企業は、ミッション・クリティカルなアプリケーションの基礎となるアプリケーション・インフラストラクチャを管理するための包括的なソリューションを必要としています。Application Configuration Consoleでは、ITインフラストラクチャ・チームに、ミッション・クリティカルなビジネス・アプリケーションの円滑な提供とサポートを可能にする、アプリケーション・インフラストラクチャ構成管理のための自動化されたゴールド・マスターのアプローチを提供します。ITインフラストラクチャ担当者は、IT資産の構成設定の現在の状態を取得して、変更がないかを監視し、開発からテスト、本番稼働までのアプリケーション・ライフサイクル全体で、変更のプロビジョニングのプロセスを自動化して、新しい環境を設定できます。

Application Configuration Consoleの機能は次のとおりです。

  • データベースおよびITインフラストラクチャの構成データの個別のプロパティ・レベルでの管理

  • システム・レベルの構成比較

  • テンプレート・ベースの構成収集

  • 個別の構成プロパティ・レベルでのポリシーの強制

  • 構成プロパティのインテリジェント・パラメータ設定

  • 変更トラッキングおよび構成プロパティの各変更のアラート

  • 100を超えるソフトウェア資産の構成収集の青写真

  • 構成データのロール・ベースのビュー

  • エージェントレス収集

Configuration Management Pack Enterprise Managerリポジトリ・ビュー

次のリポジトリ・ビューは、Oracle Configuration Management Packの一部です。

  • ポリシー定義ビュー

    • MGMT$POLICIES

    • MGMT$POLICY_PARAMETERS

    • MGMT$POLICY_VIOLATION_CTXT

    • MGMT$POLICY_VIOL_ANNOTATIONS

    • MGMT$POLICY_VIOL_NOTIF_LOG

  • ポリシー関連付けビュー

    • MGMT$TARGET_POLICIES

    • MGMT$TARGET_POLICY_SETTINGS

    • MGMT$TARGET_POLICY_EVAL_SUM

    • MGMT$TARGET_COMPLIANCE_SCORE

  • ポリシー違反ビュー

    • MGMT$POLICY_VIOLATION_CURRENT

    • MGMT$POLICY_VIOLATION_HISTORY

    • MGMT$POLICY_VIOLATION_CONTEXT

  • 構成ビュー

    • MGMT$DB_TABLESPACES

    • MGMT$DB_DATAFILES

    • MGMT$DB_CONTROLFILES

  • Oracleホームのパッチ適用

    • MGMT$CPF_ADVISORY_INFO

    • MGMT$CPF_HOMES_INFO

    • MGMT$CPF_PATCH_INFO

    • MGMT$EM_HOMES_PLATFORM

    • MGMT$HOMES_AFFECTED

    • MGMT$PATCH_ADVISORIES

    • MGMT$APPL_PATCH_AND_PATCHSET

    • MGMT$APPLIED_PATCHES

    • MGMT$APPLIED_PATCHSETS

  • Linuxパッチ適用

    • MGMT$HOSTPATCH_HOSTS

    • MGMT$HOSTPATCH_GROUPS

    • MGMT$HOSTPATCH_GRP_COMPL_HIST

    • MGMT$HOSTPATCH_HOST_COMPL

  • セキュリティ・ビュー

    • MGMT$ESA_ALL_PRIVS_REPORT

    • MGMT$ESA_ANY_DICT_REPORT

    • MGMT$ESA_ANY_PRIV_REPORT

    • MGMT$ESA_AUDIT_SYSTEM_REPORT

    • MGMT$ESA_BECOME_USER_REPORT

    • MGMT$ESA_CATALOG_REPORT

    • MGMT$ESA_CONN_PRIV_REPORT

    • MGMT$ESA_CREATE_PRIV_REPORT

    • MGMT$ESA_DBA_GROUP_REPORT

    • MGMT$ESA_DBA_ROLE_REPORT

    • MGMT$ESA_DIRECT_PRIV_REPORT

    • MGMT$ESA_EXMPT_ACCESS_REPORT

    • MGMT$ESA_KEY_OBJECTS_REPORT

    • MGMT$ESA_OH_OWNERSHIP_REPORT

    • MGMT$ESA_OH_PERMISSION_REPORT

    • MGMT$ESA_POWER_PRIV_REPORT

    • MGMT$ESA_PUB_PRIV_REPORT

    • MGMT$ESA_SYS_PUB_PKG_REPORT

    • MGMT$ESA_TABSP_OWNERS_REPORT

    • MGMT$ESA_TRC_AUD_PERM_REPORT

    • MGMT$ESA_WITH_ADMIN_REPORT

    • MGMT$ESA_WITH_GRANT_REPORT

  • クライアント構成ビュー

    • MGMT$CSA_COLLECTIONS

    • MGMT$CSA_FAILED

    • MGMT$CSA_HOST_OS_COMPONENTS

    • MGMT$CSA_HOST_SW

    • MGMT$CSA_HOST_COOKIES

    • MGMT$CSA_HOST_CUSTOM

    • MGMT$CSA_HOST_RULES

    • MGMT$CSA_HOST_CPUS

    • MGMT$CSA_HOST_IOCARDS

    • MGMT$CSA_HOST_NICS

    • MGMT$CSA_HOST_OS_PROPERTIES

    • MGMT$CSA_HOST_OS_FILESYSEMS

    • MGMT$ECM_CONFIG_HISTORY

    • MGMT$ECM_CONFIG_HISTORY_KEY1

    • MGMT$ECM_CONFIG_HISTORY_KEY2

    • MGMT$ECM_CONFIG_HISTORY_KEY3

    • MGMT$ECM_CONFIG_HISTORY_KEY4

    • MGMT$ECM_CONFIG_HISTORY_KEY5

    • MGMT$ECM_CONFIG_HISTORY_KEY6

    • MGMT$HW_NIC

    • MGMT$OS_COMPONENTS

    • MGMT$OS_FS_MOUNT

    • MGMT$OS_HW_SUMMARY

    • MGMT$OS_HW_SUMMARY

    • MGMT$OS_PATCHES

    • MGMT$OS_SUMMARY

    • MGMT$SOFTWARE_COMP_PATCHSET

    • MGMT$SOFTWARE_COMPONENT_ONEOFF

    • MGMT$SOFTWARE_COMPONENTS

    • MGMT$SOFTWARE_DEPENDENCIES

    • MGMT$SOFTWARE_HOMES

    • MGMT$SOFTWARE_ONEOFF_PATCHES

    • MGMT$SOFTWARE_OTHERS

    • MGMT$SOFTWARE_PATCHES_IN_HOMES

    • MGMT$SOFTWARE_PATCHSETS

Oracle Data Masking and Subsetting Pack

Oracle Data Masking and Subsetting Packは、本番データを実際に即した仮の値に置き換えて、本番以外の環境用に本番に近いデータを作成する場合に役立ちます。仮データの生成は、エクスポート時または別のステージング・サーバー上で実行できます。サブセット化機能では、データの一部を削除または抽出することで、データベースをサブセット化できます。サブセット化は、マスキング機能とともにインラインでオプションで使用できます。

機能

Oracle Data Masking and Subsetting Packに含まれるコンポーネントおよび機能は、次のとおりです。

  • アプリケーション・データ・モデリング

  • データ・マスキング・フォーマット・ライブラリ

  • データ・マスキング定義

  • データ・サブセット定義

  • アプリケーション・データ・モデリング、データ・マスキングおよびサブセットのEnterprise Managerコマンドライン・インタフェース(CLI)の動詞

  • Oracle E-Business Suiteの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

  • Oracle Fusion Applicationsの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

  • Oracle Fusion Applicationsの選択バージョン用のデータ・マスキング・テンプレート

  • Oracle E-Business Suiteの選択バージョン用のデータ・マスキング・テンプレート

Oracle Data Masking and Subsetting Packに含まれる使用制限付きライセンスは、次のとおりです。

  • Database Gateway for APPC

  • Database Gateway for DRDA

  • Database Gateway for Informix

  • Database Gateway for SQLServer

  • Database Gateway for Sybase

  • Database Gateway for Teradata

上にリストしたOracle Database GatewayをOracle Data Masking and Subsetting Pack以外に使用する場合は、Oracle Database Gatewayのフル・ライセンスを購入する必要があります。Oracle Data Masking and Subsetting Pack for non-Oracle databasesを使用する際に、Oracle Database Gatewayは別途ライセンス供与されているOracle Databaseにデータをステージングします。Oracle Data Masking and Subsetting機能は、Oracle以外のデータベースに対して直接実行できません。

Oracle Data Masking and Subsetting Packのライセンスが必要になるのはソース・データベース・サーバー(データが最初に生成されるデータベース)のみです。

マスキングおよびサブセット操作が実行されるステージング・データベース・サーバー、またはマスキングされたデータベースから作成されたコピーにパックのライセンスは不要です。

ライセンス供与されているリンク

Oracle Enterprise Manager内のOracle Data Masking and Subsetting Packでライセンス供与されているページおよびリンクは、次のとおりです。

ライセンス供与されているページ/リンク アクセス方法
アプリケーション・データ・モデリング エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「アプリケーション・データ・モデリング」の順にクリックします。

Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲット・ホーム・ページの「セキュリティ」メニュー、続いて「アプリケーション・データ・モデリング」をクリックします。

これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Data Masking and Subsetting Packの一部としてライセンスされます。

データ・マスキング定義 エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「データ・マスキング定義」の順にクリックします。

Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲット・ホーム・ページの「セキュリティ」メニュー、続いて「データ・マスキング定義」をクリックします。

これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Data Masking and Subsetting Packの一部としてライセンスされます。

データ・マスキング・フォーマット エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「データ・マスキングのフォーマット」の順にクリックします。

これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Data Masking and Subsetting Packの一部としてライセンスされます。

データ・サブセット定義 エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「データ・サブセット定義」の順にクリックします。

Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲット・ホーム・ページの「スキーマ」メニュー、続いて「データ・サブセッティング」をクリックします。

これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Data Masking and Subsetting Packの一部としてライセンスされます。


注意:

  1. Oracle Data Masking and Subsetting Packには、以前のOracle Data Masking Pack、Oracle Test Data Management PackおよびOracle Data Masking and Subsetting Pack for non-Oracle Databasesが含まれています。

  2. アプリケーション・データ・モデリングは、以前はデータ検出およびモデリングと呼ばれていました。

Oracle Diagnostics Pack

Oracle Diagnostics Packは、自動パフォーマンス診断および高度なシステム監視機能を提供します。

Oracle Diagnostics Packに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 自動ワークロード・リポジトリ

  • 自動データベース診断モニター(ADDM)

  • アクティブ・セッション履歴(ASH)

  • パフォーマンス監視(データベースおよびホスト)

  • イベント通知: 通知メソッド、ルールおよびスケジュール

  • イベント履歴およびメトリック履歴(データベースおよびホスト)

  • ブラックアウト

  • 動的メトリック・ベースライン

  • 監視テンプレート

  • メモリー・アクセス・ベースのパフォーマンス・モニタリング

  • ストリーム当たりのボトルネック検出およびコンポーネント当たりの上位待機イベント分析を実行するためのサポート機能

  • Real Application Testingのリプレイの期間比較レポートの実行

前述した機能を使用するには、Oracle Diagnostics Packのライセンスを購入する必要があります。新しい初期化パラメータCONTROL_MANAGEMENT_PACK_ACCESSにより、Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Packへのアクセスが制御されます。このパラメータは、次の3つの値のうちのいずれかに設定できます。

  • DIAGNOSTIC+TUNING: Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Pack機能がデータベース・サーバーで有効化されています。

  • DIAGNOSTIC: Oracle Diagnostics Pack機能のみがサーバーで有効化されています。

  • NONE: Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Pack機能がデータベース・サーバーで無効にされています。

Oracle Diagnostics Pack機能にアクセスするには、Enterprise Managerコンソール、デスクトップ・ウィジェット、コマンドラインAPIを使用するか、基礎となるデータに直接アクセスします。これには、Oracle Diagnostics Packのライセンスが必要です。

Enterprise Manager

Enterprise Manager Grid ControlおよびDatabase Control内のどのリンクがOracle Diagnostics Packの一部であるかを判断するには、Enterprise Managerホームページの右上にある「設定」リンクをクリックします。

  • 「設定」リンクをクリックした場合、ナビゲーション・バーには「管理パックのアクセス権」リンクが含まれます。このリンクをクリックします。

  • すると「管理パックのアクセス権」ページが表示され、ここですべての管理パックに対しアクセス権を付与および削除できます。

    • Enterprise Manager Database Controlの場合、Diagnostics Packの「アクセス権の削除」ラジオ・ボタンをクリックし、「適用」をクリックします。

    • Enterprise Manager Grid Controlの場合、Diagnostics Packの適切なチェック・ボックスをクリックし、「適用」をクリックします。

これによって、Enterprise Manager内のOracle Diagnostics Packに関連付けられたすべてのリンクおよびタブが無効になります。無効化されたリンクおよびタブはすべてOracle Diagnostics Packの一部であるため、パック・ライセンスが必要です。

コマンドラインAPI

Oracle Diagnostics Packの機能は、データベース・サーバーAPIおよびコマンドライン・インタフェースでもアクセスできます。

  • DBMS_WORKLOAD_REPOSITORYパッケージは、Diagnostics Packのライセンスが必要です。

  • DBMS_ADDMパッケージは、Diagnostics Packのライセンスが必要です。

  • advisor_nameパラメータの値としてADDMを指定した場合、またはtask_nameパラメータの値にADDM接頭辞で始まる値を指定した場合、DBMS_ADVISORパッケージはDiagnostics Packのライセンスが必要です。

  • DBMS_WORKLOAD_REPLAY.COMPARE_PERIOD_REPORT関数は、Diagnostics Packのライセンスが必要です。

  • V$ACTIVE_SESSION_HISTORY動的パフォーマンス・ビューおよびその基礎となる表X$ASHは、Diagnostics Packのライセンスが必要です。

  • DBA_STREAMS_TP_PATH_BOTTLENECKビューは、Diagnostics Packのライセンスが必要です。

  • DBA_ADDM_で始まるすべてのビューは、Diagnostics Packのライセンスが必要です。

  • DBA_STREAMS_TP_COMPONENT_STATの一部のデータは、Oracle Diagnostics Packのライセンスが必要です。DBA_STREAMS_TP_COMPONENT_STATに対する問合せの次のフィルタ句により、Diagnostics cPackに依存するデータが表示されます。

    where STATISTIC_UNIT  = 'PERCENT'
    

    たとえば、次の問合せにより、Diagnostics Packに依存するデータのみが表示されます。

    SELECT * FROM DBA_STREAMS_TP_COMPONENT_STAT
    where STATISTIC_UNIT = 'PERCENT';
    
  • 接頭辞DBA_HIST_で始まるすべてのデータ・ディクショナリ・ビューと、これらの基礎となる表は、Diagnostics Packのライセンスが必要です。例外は、DBA_HIST_SNAPSHOT、DBA_HIST_DATABASE_INSTANCE、DBA_HIST_SNAP_ERROR、DBA_HIST_SEG_STAT、DBA_HIST_SEG_STAT_OBJ、およびDBA_HIST_UNDOSTATの各ビューのみです。これらは、Oracle Diagnostics Packのライセンスがなくても使用できます。

  • 接頭辞DBA_ADVISOR_を持つすべてのデータ・ディクショナリ・ビューは、これらのビューに対する問合せで、ADVISOR_NAME列内に「ADDM」の値を持つ行、またはTASK_NAME列内に「ADDM*」の値を持つ行またはそれに対応するTASK_IDの行が戻された場合、Diagnostics Packのライセンスが必要です。

  • Oracleホーム・ディレクトリの/rdbms/admin/ディレクトリにあるawrrpt.sqlawrrpti.sqlawrgrpt.sqlawrgrpti.sqlawrgdrpt.sqlawrgdrpi.sqladdmrpt.sqladdmrpti.sqlashrpt.sqlashrpti.sqlawrddrpt.sqlawrddrpi.sqlawrsqrpi.sqlawrsqrpt.sqlawrextr.sqlawrload.sqlawrinfo.sqlspawrio.sqlおよびspawrrac.sqlのレポートは、Diagnostics Packのライセンスが必要です。

Oracle Diagnostics Pack Enterprise Managerリポジトリ・ビュー

  • 監視ビュー

    • MGMT$BLACKOUT_HISTORY

    • MGMT$BLACKOUTS

    • MGMT$ALERT_ANNOTATIONS

    • MGMT$ALERT_NOTIF_LOG

    • MGMT$TARGET_METRIC_COLLECTIONS

    • MGMT$METRIC_COLLECTIONS

    • MGMT$TARGET_METRIC_SETTINGS

    • MGMT$AVAILABILITY_CURRENT

    • MGMT$AVAILABILITY_HISTORY

    • MGMT$ALERT_CURRENT

    • MGMT$ALERT_HISTORY

    • MGMT$METRIC_DETAILS

    • MGMT$METRIC_CURRENT

    • MGMT$METRIC_HOURLY

    • MGMT$METRIC_DAILY

  • テンプレート・ビュー

    • MGMT$TEMPLATES

    • MGMT$TEMPLATE_POLICY_SETTINGS

    • MGMT$TEMPLATE_METRIC_COLLECTION

    • MGMT$TEMPLATE_METRIC_SETTINGS

Oracle Provisioning and Patch Automation Pack

Oracle Provisioning and Patch Automation Packは、ソフトウェア、アプリケーション、およびデータベースと基礎となるオペレーティング・システムのパッチのデプロイメントを自動化します。クリティカルなデータ・センターの運用が容易かつ効率的でスケーラブルになり、運用上のリスクと所有コストが低減します。オペレーティング・システムとデータベースを含むソフトウェア・スタック全体をプロビジョニングできる機能と、包括的なレポート・ツールを持つOracle Provisioning and Patch Automation Packは、システム管理全体において非常に重要な位置づけを占めます。

Oracle Provisioning and Patch Automation Packに含まれる機能は、次のとおりです。

  • Oracleデータベース製品およびオペレーティング・システムの自動パッチ適用

  • クリティカル・パッチ機能

  • ベアメタルOSプロビジョニング

  • シングル・インスタンスおよびRACプロビジョニング(Real Application Testingのコンテキストで起動される場合を含む)

  • シングル・クリックによるクラスタのスケールアップとスケールダウン

  • シングル・インスタンスのRACへの変換

  • 前述の操作のCLIドリブン・ランタイム

  • エンタープライズ・セキュリティ・アドバイザ

  • プロビジョニングおよびデプロイメント・レポート

Oracle Tuning Pack

Oracle Tuning Packを使用すると、データベース管理者は、SQLチューニングおよび記憶域の最適化を含む、Oracle環境の高度なパフォーマンス管理が可能になります。Oracle Diagnostics Packは、Oracle Tuning Packの前提となる製品です。したがって、Oracle Tuning Packを使用するには、Oracle Diagnostics Packも必要です。

Oracle Tuning Packに含まれる機能は、次のとおりです。

  • SQLアクセス・アドバイザ

  • SQLチューニング・アドバイザ

  • 自動SQLチューニング

  • SQL監視

  • オブジェクトの再編成

新しい初期化パラメータCONTROL_MANAGEMENT_PACK_ACCESSが導入され、データベース・サーバーでのOracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Packへのアクセスが制御されます。このパラメータは、次の3つの値のうちのいずれかに設定できます。

  • DIAGNOSTIC+TUNING: Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Pack機能がデータベース・サーバーで有効化されています。

  • DIAGNOSTIC: Oracle Diagnostics Pack機能のみがサーバーで有効化されています。

  • NONE: Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Pack機能がデータベース・サーバーで無効にされています。

Oracle Tuning Pack機能にアクセスするには、Enterprise Managerコンソール、デスクトップ・ウィジェット、コマンドラインAPIを使用するか、基礎となるデータに直接アクセスします。これには、Oracle Tuning Packのライセンスが必要です。

Enterprise Manager

Enterprise Manager Grid ControlおよびDatabase Control内のどのリンクがOracle Tuning Packの一部であるかを判断するには、Enterprise Managerホームページの右上にある「設定」リンクをクリックします。

  • 「設定」リンクをクリックした場合、ナビゲーション・バーには「管理パックのアクセス権」リンクが含まれます。このリンクをクリックします。

  • 「Management Packのアクセス権」ページが表示され、ここですべての管理パックに対しアクセス権を付与および削除できます。

    • Enterprise Manager Database Controlの場合、Tuning Packの「アクセス権の削除」ラジオ・ボタンをクリックし、「適用」をクリックします。

    • Enterprise Manager Grid Controlの場合、Tuning Packの適切なチェック・ボックスをクリックし、「適用」をクリックします。

これによって、Enterprise Manager内のOracle Tuning Packに関連付けられたすべてのリンクおよびタブが無効になります。無効化されたリンクおよびタブはすべてOracle Tuning Packの一部であるため、パック・ライセンスが必要です。

コマンドラインAPI

Oracle Tuning Packの機能は、データベース・サーバーAPIおよびコマンドライン・インタフェースでもアクセスできます。

  • DBMS_ADVISOR (advisor_nameパラメータの値が「SQL Tuning Advisor」または「SQL Access Advisor」である場合)

  • DBMS_SQLTUNE (注意を参照)

  • V$SQL_MONITOR

  • V$SQL_PLAN_MONITOR

  • Oracleホーム・ディレクトリの/rdbms/admin/ディレクトリにあるsqltrpt.sqlのレポートは、Tuning Packのライセンスが必要です。

注意: Oracle Database Enterprise Editionのライセンス供与を受けている場合は、Oracle Tuning PackのライセンスがなくてもDBMS_SQLTUNEパッケージ内の一部のサブプログラムを使用できます。詳細は、表1-1のSQLチューニング・セットの欄を参照してください。

レガシー: Oracle Data Masking Pack for Oracle and non-Oracle Databases

Oracle Enterprise Manager Cloud Controlでは、Oracle Data Masking Packは提供されなくなりました。レガシーのOracle Data Masking Packを購入したお客様には、Oracle Data Masking and Subsetting Packの次のコンポーネントと機能を使用する権利があります。

  • アプリケーション・データ・モデリング

  • データ・マスキング・フォーマット

  • データ・マスキング定義

  • 「表ルール」および「ルール・パラメータ」タブを除くデータ・サブセット定義

  • アプリケーション・データ・モデリングおよびデータ・マスキングのEnterprise Managerコマンドライン・インタフェース(CLI)の動詞

  • Oracle E-Business Suiteの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

  • Oracle Fusion Applicationsの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

  • Oracle Fusion Applicationsの選択バージョン用のデータ・マスキング・テンプレート

  • Oracle E-Business Suiteの選択バージョン用のデータ・マスキング・テンプレート

Oracle Data Masking Pack for non-Oracle Databasesに含まれる使用制限付きライセンスは、次のとおりです。

  • Database Gateway for APPC

  • Database Gateway for DRDA

  • Database Gateway for Informix

  • Database Gateway for SQL Server

  • Database Gateway for Sybase

上にリストしたOracle Database GatewayをOracle Data Masking Pack以外に使用する場合は、Oracle Database Gatewaysのフル・ライセンスを購入する必要があります。Oracle Data Masking Pack for non-Oracle databasesを使用する際に、Oracle Database Gatewaysは別途ライセンス供与されているOracleデータベースにデータをステージングします。Oracle Data Masking機能は、Oracle以外のデータベースに対して直接実行できません。

ライセンス供与されているリンク

Oracle Enterprise Manager内のOracle Data Masking Packでライセンス供与されているページおよびリンクは、次のとおりです。

ライセンス供与されているページ/リンク アクセス方法
アプリケーション・データ・モデリング エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「アプリケーション・データ・モデリング」の順にクリックします。

Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲット・ホーム・ページの「セキュリティ」メニュー、続いて「アプリケーション・データ・モデリング」をクリックします。

これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Data Masking Packの一部としてライセンスされます。

データ・マスキング定義 エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「データ・マスキング定義」の順にクリックします。

Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲット・ホーム・ページの「セキュリティ」メニュー、続いて「データ・マスキング定義」をクリックします。

これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Data Masking Packの一部としてライセンスされます。

データ・マスキング・フォーマット エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「データ・マスキングのフォーマット」の順にクリックします。

これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Data Masking Packの一部としてライセンスされます。

データ・サブセット定義 エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「データ・サブセット定義」の順にクリックします。

Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲット・ホーム・ページの「スキーマ」メニュー、続いて「データ・サブセッティング」をクリックします。

「表ルール」および「ルール・パラメータ」タブの機能を除き、これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Data Masking Packの一部としてライセンスされます。


レガシー: Oracle Test Data Management Pack for Oracle and non-Oracle Databases

Oracle Enterprise Manager Cloud Controlでは、Oracle Test Data Management Packは提供されなくなりました。Oracle Test Data Management Packを購入したお客様には、Oracle Data Masking and Subsetting Packの次のコンポーネントと機能を使用する権利があります。

  • アプリケーション・データ・モデリング

  • データ・サブセット定義

  • アプリケーション・データ・モデリングおよびデータ・サブセットのEnterprise Managerコマンドライン・インタフェース(CLI)の動詞

  • Oracle E-Business Suiteの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

  • Oracle Fusion Applicationsの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

Oracle Test Data Management Pack for non-Oracle Databasesに含まれる使用制限付きライセンスは、次のとおりです。

  • Database Gateway for APPC

  • Database Gateway for DRDA

  • Database Gateway for Informix

  • Database Gateway for SQL Server

  • Database Gateway for Sybase

上にリストしたOracle Database GatewaysをOracle Test Data Management Pack以外に使用する場合は、Oracle Database Gatewaysのフル・ライセンスを購入する必要があります。Oracle Test Data Management Pack for non-Oracle databasesを使用する際に、Oracle Database Gatewaysは別途ライセンス供与されているOracleデータベースにデータをステージングします。Oracle Test Data Management機能は、Oracle以外のデータベースに対して直接実行できません。

ライセンス供与されているリンク

Oracle Enterprise Manager内のOracle Test Data Management Packでライセンス供与されているページおよびリンクは、次のとおりです。

ライセンス供与されているページ/リンク アクセス方法
アプリケーション・データ・モデリング エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「アプリケーション・データ・モデリング」の順にクリックします。

Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲット・ホーム・ページの「セキュリティ」メニュー、続いて「アプリケーション・データ・モデリング」をクリックします。

これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Test Data Management Packの一部としてライセンスされます。

データ・サブセット定義 エンタープライズ・サマリー・ホーム・ページの「エンタープライズ」メニュー、続いて「クオリティ管理」「データ・サブセット定義」の順にクリックします。

Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲット・ホーム・ページの「スキーマ」メニュー、続いて「データ・サブセッティング」をクリックします。

これらのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Test Data Management Packの一部としてライセンスされます。


データベース・オプションおよび管理パックの使用状況の確認

データベース・オプション、およびデータベースでの管理パックの使用状況を確認できる、options_packs_usage_statistics.sqlスクリプトが用意されています。このスクリプトでは2つの異なるセクションがリストされます。

  • データベース・オプションおよび管理パックの使用状況

  • 各データベース・オプションおよび管理パックで使用される機能

これらのスクリプトは、次のようにしてMy Oracle Supportから取得できます。

  1. Webブラウザを使用して、My Oracle SupportのWebサイトを表示します。

    https://support.oracle.com
    
  2. My Oracle Supportにログインします。

    My Oracle Supportにユーザー登録していない場合は、登録をクリックし、登録の指示に従います。

  3. ドキュメントID 1317265.1を検索するか、次のURLからドキュメントに直接アクセスします。

    https://support.oracle.com/CSP/main/article?cmd=show&type=NOT&id=1317265.1
    

各データベースでスクリプトを手動で実行することも、Oracle Enterprise Managerジョブ・システムを使用して、複数のデータベースで自動的にスクリプトを実行することも可能です。Oracle Enterprise Managerジョブ・システムの詳細は、『Oracle Enterprise Manager Cloud Control管理者ガイド』を参照してください。


注意:

このスクリプトから得られる情報は、お客様の組織で使用されていると識別された、ライセンス供与可能なデータベース・オプションおよびEnterprise Managementパックの概要を説明するものです。情報として使用することを目的としたものであり、ライセンス資格または要件を表すものではありません。ライセンス要件については、http://www.oracle.com/us/corporate/license-management-services/index.htmlでLicense Management Servicesの担当者までお問い合せください。

その他のOracle製品

この章で説明したオプションおよびパックの他に、Oracleでは特定の顧客環境に対応する次の製品が提供されています。

Oracle Database Mobile Server

Oracle Database Mobile Serverは、モバイル・アプリケーションおよび埋込みデバイス用の中間層インフラストラクチャです。Oracle WebLogic ServerまたはOracle Glassfish上で実行できます。Oracle Databaseを使用したデータ同期を含め、Oracleエンタープライズ・バックエンドに対するリモート・クライアントにセキュアでスケーラブルな接続を提供します。同期プロセスは、堅牢性と回復性が高くなるよう設計されています。不安定なネットワーク接続上でも高い信頼性を保ちます。Oracle Database Mobile Serverでは、アプリケーション、ユーザーおよびデバイスを管理することも可能です。クライアント・データ・ストアとしてOracle Berkeley DBと連携するよう設計されており、モバイルや埋込みデバイス上で、効率的かつ信頼性が高く、セキュアなデータ管理をローカルで実行できます。また、広く普及しているオープン・ソース・データ・ストアであるSQLiteとも互換性があります。Database Mobile Serverは、埋込みJava、Android、LinuxおよびWindowsなど、モバイルとデスクトップのどちらでも、多くの一般的なデバイス・プラットフォームをサポートしています。

Oracle Programmer

Oracle Programmerは、アプリケーション・プログラマ用にすべてのエディションのOracle Databaseにプログラム・インタフェースを提供する、独立したOracle製品です。Oracle Programmerは、Oracle Databaseにアクセスして操作する企業アプリケーションを構築する開発者に対して、豊富なインタフェース・セットを提供します。この製品は、Oracle Database製品とは別にライセンスが付与されます。Oracle Programmerは、次の製品のファミリです。

  • SQL形式の3つの埋込みインタフェース: プリコンパイラ、SQL*ModuleおよびSQLJ

  • データベース・スキーマからホスト言語バインドを生成する2つのユーティリティ: Object Type TranslatorおよびJPub

Oracle Secure Backup

Oracle Secure Backupは、Oracle環境全体にテープ・バックアップ管理を提供します。Oracle Secure Backupを使用して、直接添付またはネットワーク添付テープ・ドライブにより、Oracleデータベースおよびホスト・ファイル・システムをテープにバックアップできます。Oracle Secure Backupでは集中管理が可能となり、バックアップおよびリストア操作を制御できます。

Oracle Secure Backupには、様々な開発とデプロイメントのシナリオに適した次の形式があります。

Oracle Secure Backup 多数のサーバーで構成される環境の場合、Oracle Secure Backupはサーバーからテープへ高パフォーマンスのデータ保護を提供します。この保護はビジネス・クリティカルなデータのローカルおよびオフサイトでの格納にきわめて重要です。

Oracle Secure Backup Express 単一サーバーで構成される環境の場合、Oracle Secure Backup ExpressはOracle Secure Backupと同じテープ・バックアップ機能を提供しますが、直接添付テープ・ドライブが1つである単一ホストに制限されています。