Solaris 共通デスクトップ環境 上級ユーザ及びシステム管理者ガイド

メール印刷のカスタマイズ

CDE メール・プログラムは、DTMAIL_FILE データ型用に定義されている [印刷] アクションを使用して、メール・メッセージを出力します。OpenWindows のメール・ツールで指定した印刷スクリプトは使用しません。印刷の動作を変更するには、この [印刷] アクションを変更しなければなりません。

[印刷] アクションを変更するには

  1. エディタを使用して、次のファイルを作成します。

       
    HomeDirectory/.dt/types/dtmail.dt
  2. このファイルに次の行を入力します。

       #
       # Override default Print action for mailboxes
       #
       ACTION Print
       {
       LABEL           Print
       ARG_TYPE        DTMAIL_FILE
       TYPE            COMMAND
       WINDOW_TYPE     NO_STDIO
       EXEC_STRING     sh -c ' \
                   	 dtmailpr -p -f %(File)Arg_1% | mp -m -l | \
                   	 dtlp -u %(File)Arg_1%;'
       }

    注 –

    dtmailpr は、アタッチメントを削除して、プレーンテキストにする印刷フィルタです。dtlp は、lp に対する標準 CDE インタフェースです。%(File)Arg_1% は、印刷するファイルです。


  3. 印刷コマンドを含むように EXEC_STRING を変更します。

  4. メール・プログラムを起動し直します。