Solaris のシステム管理 (IP サービス)

ルーターの構成

TCP/IP がルーターに求める第 1 の必要条件は、少なくとも 2 つのネットワークインタフェースが取り付けられていることです。ネットワークインタフェースのどれか 1 つが使用可能な状態にあれば、ルーターは自動的に RDISC プロトコルと RIP プロトコルで「情報交換」します。これらのプロトコルは、ネットワーク上でのルーターの状態を監視し、ネットワーク上のホストにルーターを通知します。

ルーターを物理的にネットワークにインストール後、ローカルファイルモードの場合のホストの構成方法 の説明に従って、ルーターをローカルファイルモードで動作するように構成します。これで、ネットワーク構成サーバーがダウンしても、ルーターが確実にブートされるようになります。ホストと違って、ルーターには構成を要するインタフェースが 少なくとも 2 つあるということを忘れないでください。

ルーターを構成する (作業マップ)

表 4–4 ルーターを構成する (作業マップ)

タスク 

説明 

参照先 

マシンをルーターとして構成する 

hostname および hosts ファイルを作成し、アドレスを追加する

マシンをルーターとして構成する方法

ネットワーククライアントであるホスト上で静的ルーティングを選択する 

defaultrouter ファイルにエントリを追加する

ネットワーククライアントであるホスト上で静的ルーティングを選択する方法

ネットワーククライアントであるホスト上で動的ルーティングを選択する 

defaultrouter ファイルのエントリを編集する

ネットワーククライアントであるホスト上で動的ルーティングを選択する方法

マシンを強制的にルーターにする 

gateways ファイルを作成する

マシンを強制的にルーターにする方法

ルーターの両方のネットワークインタフェースの構成

ルーターは、複数のネットワーク間のインタフェースを提供するものなので、ルーターの各ネットワークインタフェースカードに、それぞれ一意な名前と IP アドレスを割り当てる必要があります。これで、各ルーターは、その一次ネットワークインタフェースのホスト名と IP アドレスに加えて、増設した各ネットワークインタフェースについて少なくとも 1 つずつ、一意な名前と IP アドレスを持つことになります。

マシンをルーターとして構成する方法

  1. ルーターとして構成するマシン上でスーパーユーザーになります。

  2. マシンにインストールされている追加の各ネットワークインタフェースについて、/etc/hostname.interface ファイルを作成します。

    例えば、hostname.ie0hostname.ie1 を作成します。詳細は、/etc/hostname.interface ファイルを参照してください。IPv6 を使用している場合は、IPv6 ネットワークインタフェース構成ファイルを参照してください。

  3. 各ファイルに、そのインタフェースに対して選択したホスト名を入力します。

    たとえば、hostname.ie0 ファイルに timbuktu という名前を入力し、hostname.ie1 ファイルに timbuktu-201 という名前を入力します。どちらのインタフェースも同じマシンに置かれることになります。

  4. 各インタフェースのホスト名と IP アドレスを /etc/inet/hosts に入力します。

    例 :


    192.9.200.20     timbuktu       #interface for network 192.9.200
    192.9.201.20     timbuktu-201   #interface for network 192.9.201
    192.9.200.9      gobi
    192.9.200.10     mojave
    192.9.200.110    saltlake
    192.9.200.12     chilean

    インタフェース timbuktutimbuktu-201 は、同じマシンにあります。timbuktu-201 のネットワークアドレスが、 timbuktu とは異なる点に注意してください。これは、ネットワーク 192.9.201 のメディアが timbuktu-201 ネットワークインタフェースに接続されるのに対し、ネットワーク 192.9.200 のメディアは timbuktu インタフェースに接続されるためです。IPv6 を使用している場合は、/etc/inet/ipnodes ファイルを参照してください。

  5. サブネット化したネットワークにルーターを接続する場合は、/etc/inet/netmasks を編集して、ローカルネットワーク番号 (たとえば 129.9.0.0) と、関連のネットマスク番号 (たとえば 255.255.255.0) を入力します。

起動スクリプトは、マシン上でルーティングプロトコル (RIP または RDISC) を起動するか、静的ルーティングを使用するかを決定します。

ネットワーククライアントであるホスト上で静的ルーティングを選択する方法

  1. ホスト上でスーパーユーザーになります。

  2. ネットワーク上のルーターのエントリを /etc/defaultrouter ファイルに追加します。

/etc/defaultrouter ファイルを参照してください。唯一の静的なデフォルトルートがルーティングテーブルに組み込まれます。この条件下では、ホストは動的ルーティングプロトコル (RIP や RDISC など) を実行しません。

ネットワーククライアントであるホスト上で動的ルーティングを選択する方法

  1. ホスト上でスーパーユーザーになります。

  2. /etc/defaultrouter ファイルが空であることを確認します。

    このファイルが空である場合、ネットワーククライアントは必ず動的ルーティングプロトコルを選択します。

使用される動的ルーティングのタイプは以下の判定条件に従って選択されます。

マシンを強制的にルーターにする方法

/etc/hostname.interface ファイルを 1 つだけ持つマシン (デフォルトではホスト) を、強制的にルーターにすることができます。

  1. マシン上でスーパーユーザーになります。

  2. 名前が /etc/gateways というファイルを作成し、空のままにしておきます。

この手順は、PPP リンクを構成することに決めた場合は特に重要です。詳細は、Solaris のシステム管理 (資源管理とネットワークサービス)を参照してください。