国際化対応言語環境の利用ガイド

ロケールに依存する prolog ファイル

prolog.ps ファイルは、特殊なフォントを設定するために使用されます。アプリケーションでは、あらかじめ定義されたこのような PostScript フォント名を使って印刷を行ないます。この prolog ファイルには、少なくとも、Desk Set Calendar マネージャや mp で使用する次のフォント名が定義されていなければなりません。

次の例では、これらのフォントを使って、指定された特定の文字セットを印刷します。

100 100 moveto
/LC_Times-Roman findfont 24 scale font setfont
(Any text string in your locale) show 

Solaris 地域対応化キットには、日本語環境向けのサンプル prolog.ps ファイルが含まれています。このファイルは、/usr/openwin/lib/locale/ja/print/ ディレクトリにも含まれています。

次の例では、既存の prolog.ps に対する合成フォントの追加や変更について説明します。

%
(Foo-Fine) makecodeset12 
(Base-Font) makeEUCfont
%

ここでは、LC_Base-Font という合成フォントを作成するものとします。

LC_Base-Font は、Foo-Fine と、Base-Font と呼ばれるベースフォントを合成したフォントです。Foo-Fine フォントには、ローカル文字セットが含まれています。フォントの追加や変更を行う場合には、PostScript の詳細についての知識は必要ありません。

prolog.ps ファイルを作成する際には、サンプルファイルが参考になります。サンプルの prolog.ps ファイルでは、makecodeset12 makeEUCfont という 2 つのルーチンを作成する必要があります。makecodeset12 では、ローカルのフォントエンコーディング情報を設定します。このルーチンはロケールによって異なります。makeEUCfont では、ベースフォントとロケールフォントを結合して合成フォントを作成します。 makecodeset12makeEUCfont の作成には、PostScript についてよく理解していることが必要です。

prolog.ps ファイルのサポートは、後方互換性を維持するために提供されるものです。したがって、特定のロケールの印刷ニーズのために新しい prolog.ps ファイルを作成しないでください。その場合には、mp.conf を使用してください。

prolog.ps ファイルのパスは次のとおりです。

/usr/openwin/lib/locale/$LANG/print/prolog.ps